2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 私がお参りした有名人の墓 | トップページ | この歳になってひしひし伝わる曲 »

2017年6月26日 (月)

子役タレントの現在との比較

 子役時代に脚光を浴びた芸能人は、その後、成長するにつれて出演回数が減ったり、数年間仕事が無くなり、貧窮した生活を強いられるケースが多いようだ。
 昭和時代の天才子役と呼ばれた宮脇康之、齋藤こずえ、坂上忍、杉田かおる、小林綾子らが好例だ。子供の頃にチヤホヤされると天狗に陥りやすく、人間関係を損ねて、いわゆる「干される」ことが多い。また、子役の印象が強く残り、大人の役をやっても、どこか昔の姿や役のイメージが強くなるからだ。
 NHKのEテレで放送していた「天才てれびくん(MAX)」もまた然り。一部を除いて、今も第一線で活躍しているタレントは少ない。

 しかし、一方で根強いファンに支えられて生き残っている俳優や成長して見違える美人になったタレントや女優がいる。今日は子役時代と今の「成長の跡」を比較したい。

 <女性子役だった芸能人>

 宮沢りえ

 三井のリハウスのCMは衝撃的だった。こんな美少女がいていいのか?と世間の注目を集めた。その後、ヌード写真集を発売したり、貴花田との婚約騒動などゴシップが多かった。血液型はB

 間下このみ

 東京都葛飾区出身。1980年代にドラマ・バラエティ・CM・舞台などを中心に活躍した人気子役。中学入学後、学業を優先し芸能活動を自粛するが、2004年から女優、タレントおよび写真家として活動を再開。アミューズメントハウス所属。愛称は「このみちゃん」。「がんばれがんばれ玄さん」のCMで一世を風靡した。なんと現在39歳になられた。色白丸顔、ぽっちゃりで太りやすいO型そのまま。


現在は
Mashita

 安達祐美

 「家なき子」で鮮烈なデビューを果たし、「同情するなら金をくれ」という強烈台詞でインパクトを残した。血液型はA


現在は
Adachi

 美山加恋 

 1996年12月12日生まれの20歳 子役として2002年の舞台『てるてる坊主の照子さん』でデビュー。
 2004年、草彅剛主演の『僕と彼女と彼女の生きる道』で小柳凛役を演じ、一躍「天才子役」として注目を集め]、第40回ザテレビジョンドラマアカデミー賞にて助演女優賞と新人賞をダブル受賞。その後も数々のテレビドラマ、映画、舞台に出演し、2012年の『神様の観覧車』で舞台初主演、2016年、『「終わりのセラフ」The Musical』でミュージカル初出演。2016年の日本テレビ系『エンドライド』のアリシア役でアニメ声優にも初挑戦、「エンドライド」プロジェクトの生放送番組『美山加恋のエンドライブ!!』(AbemaTV)にて初MCにも挑戦する。2017年の『キラキラ☆プリキュアアラモード』の宇佐美いちか/キュアホイップ役でテレビアニメ初主演。血液型はAB

 芦田愛菜

 受験勉強のため芸能活動を停止していたが、この度、慶應学舎の中等部へ入学した。偏差値70を超える超一流中学だ。血液型はA


現在は
Ashida

 本田美結

 誰が見ても「可愛い」という感想しかない。お人形さんみたいな愛くるしい容姿。色白で丸顔はO型の典型だが、モデルや子役タレントとして芸能活動を行う傍ら、本業はフィギュアスケーターというそのギャップにしてやられる。お姉さんの真凜を追いかけ、二束のわらじは難しいが、数年後には世界で活躍できるスケーターに成長しそう。

 天てれ戦士の昨今

 <男性子役だった芸能人>

 伊藤淳史

 千葉県船橋市出身。身長162cm、体重49kg、足のサイズ24.5cm。血液型はA型。既婚。 クォータートーン所属。同じく俳優だった伊藤隆大は弟。
 元々、子役として数多くのテレビ番組に出演していたが、フジテレビ系列で放送されていたバラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげです』の中の1コーナー、「仮面ノリダー」のチビノリダー役で知名度を上げ、1990年からスタートした裏番組のTBS系『渡る世間は鬼ばかり』に第2シリーズまでレギュラー出演していた。2000年秋から放送された大塚製薬の健康食品「カロリーメイト」のテレビコマーシャルのワカゾー役で人気を決定的なものにする。

Ito2Ito

 加藤清史郎

 神奈川県出身。劇団ひまわり所属。現在15歳 血液型はA

 1歳1か月で芸能界デビューした。3歳から劇団ひまわりの幼稚部のレッスンに通っている。
 2009年9月2日、NHK・みんなのうたで2009年夏に流れた演歌「かつおぶしだよ人生は」で歌手デビュー。同年12月時点でCD売上約2万枚、音楽配信と着ボイスの合計で13万ダウンロードに達している。同年10月16日に書籍『こども役者 加藤清史郎のきもち』で作家デビュー。

Kato1Kato2

 神木隆之介

 1993年5月19日生まれの24歳 B型
 1995年、CMデビュー。1999年、テレビドラマ『グッドニュース』でドラマ・デビューをしたKamiki1 Kamiki2

 須賀健太

 1994年10月19日生まれの22歳 血液型はA

  •  1999年に子役デビューし、2002年のドラマ『人にやさしく』の五十嵐明役で注目を集めた。当時は小学校で自作の名刺を好きな子に渡していたという。
  • 『ALWAYS 三丁目の夕日』(2005年11月公開・シリーズ1作目)撮影時から『ALWAYS 続・三丁目の夕日』(2007年11月公開・2作目)撮影時までの約2年間で18cmほど身長が伸びたが、2作目は前作の4か月後という時代設定だったため、声変わりと併せて監督を困らせた。また、『ALWAYS 三丁目の夕日』撮影時から『ALWAYS 三丁目の夕日'64』(2012年1月公開・3作目)撮影時までの約6年間では40cmほど身長が伸びた。
  • SugaSuga2

    テニスの桃田選手に似ている

     山上兄弟(てじな~にゃ)

     兄の山上佳之介と弟の山上暁之進によるギネス・ ワールド・レコーズ認定の世界最年少イリュージョニスト。
     山上兄弟は、2000年に兄の佳之介が北見伸の演出ステージの子役として6歳でデビュー。翌、2001年に弟の暁之進がケージマジックの仕掛けに入ったため、兄弟で出演するようになった。2001年、TX系列のテレビ出演を皮切りに海外局を含む様々なテレビジョンプログラムに出演。国内外のイベントやマジックの大会、出版メディアなど積極的に進出した。
     2002年10月にはギネス・ワールド・レコーズ(ギネスブック)にて「世界最年少イリュージョニスト」の認定が受理された。

    Yamagami

     一時はレギュラーを持っていた子役

     吉田友紀(俺はあばれはっちゃく)、カケフくん

     記事作成:5月16日(火)~

    « 私がお参りした有名人の墓 | トップページ | この歳になってひしひし伝わる曲 »

    芸能・アイドル」カテゴリの記事

    福島県の天気


    無料ブログはココログ