2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

2017年7月期のCMベスト5

 一昨年から2か月に一度ずつお送りして来た、その時期に流行ったり、何度も繰り返し放送され、注目を浴びた見慣れたCMを特集して掲載しているこの記事。しかし、あまりにも秀作が多いため、昨年からは毎月末に傑作CMを紹介しています。今回もこの7月に放送されたCMから気に入っているCMを5作品お送りします。

 1位 スターチャンネルCM[妻との時間]篇   

 “映画は人生を変えると思う。”
映画は感動、笑い、涙、そして人生を共有するもの。そんな映画によってもたらさる豊かな時間。スターチャンネルは、映画の素晴らしさを伝え、映画のある生活の豊かさをお届けします。

 2位 カルピスウォーター

 3位 Docomo  高畑充希がブルゾンちえみに?

 4位 乃木坂46「マウスダンス」篇 

乃木坂46のメンバー齋藤飛鳥、白石麻衣、西野七瀬、生田絵梨花、生駒里奈の5名によるマウスコンピューターのTVCM未公開のフルバージョン(60秒)です。

 5 メナード薬用ビューネ

 話題のCM集 あなたはどのビューネくん?動画を見て好きなビューネくんに投票しよう! 竹内涼真 薬用ビューネ   ダントツが「大人ビューネ」だった。

2017年7月30日 (日)

英語が上手い女優たち

 マギー、ホラン千秋、トリンドル玲奈などのハーフや田中みな実、杏、河北麻友子、宇多田ヒカル、忽那汐里、早見優、すみれなどの帰国子女が英語を話せるのは当然だが、国際派の女優ともなると、舞台挨拶や海外特派員協会のインタビューに答えたり、それはアドリブの英会話ということがある。そこで難なく挨拶できるのは実にカッコいい。

 今日は私が聴いて英語が上手だと思う女優を5人セレクトしたい。解説はしない。なぜなら実施に聴いてもらえば十分彼女たちの語学力を知ってもらえるだろうから。

 1 宮崎あおい

 2 中谷美紀

 3 木村佳乃

 4 二階堂ふみ

 5 冨永愛

 トップモデルの彼女だが、発音が半端ない。目を閉じて聴くとネイティブそのもの。感情移入が上手い。WFP国連世界食糧計画のオフィシャルサポーターや、国際協力NGO ジョイセフのアンバサダーとして2011年度から、社会貢献活動を行っている。

 しかし、こういう方たちは帰国子女でもなければ、ハーフでもない。まして配偶者がネイティブというわけでもない。海外留学してもいなさそうだ。ではどのようにしてここまでの語学力を身につけたのだろうか?血液型O型の人は、言語習得能力が高いと言われるが、単にそういう理由でもなさそうだ。
 女優は外国の映画祭でレッドカーペットを歩く機会があるだけに、何かしらの方法で習得したに違いない。まさかスピードラーニング?

 俳優で英語が堪能だと思う方

 1 西島秀俊 https://www.youtube.com/watch?v=RwSAlSrrrgg

 2 長谷川博己 https://www.youtube.com/watch?v=ThpCxQC30LA

 3 東出昌大 https://www.youtube.com/watch?v=w3nT3Zpkuwk

 4 生田斗真 https://www.youtube.com/watch?v=vZ3PG1R9D6U 

 外国作品に出演する機会が増えて来た日本人俳優たち。石原さとみも英語が流暢だが、北川景子や川原亜矢子も日常会話にはなんら遜色がない。
 またスポーツアスリートたちは外国で試合に出場することが多かったり、海外のクラブチームで活躍するためには意思の疎通の手段として英語が欠かせないため、サッカー選手を中心に英語が上手い選手が多い。宮里藍や安藤美姫、錦織圭、羽生結弦の英語力は凄まじいし、石川佳純と福原愛の中国語も凄い。

 芸能人をよき手本とし、どうすれば日常会話を始め、英会話をマスターできるのか探って欲しいと思う。英語を話せるだけで、行動範囲は格段に広がるし、語学を習得するだけで見識やものの見方が大きく変わる。それが国際交流だし、異文化理解ということに繋がるのだから・・・。

 最後におまけ映像を乗っけたい。ハリウッドで活躍する8人の日本人・日系俳優の英語インタビューだ。

 記事作成:7月17日(月)

2017年7月29日 (土)

有名人の姓de都道府県

 日本の都道府県は47ある。つまり北は北海道から南は沖縄まで1道1都2府43県だ。高校野球は北海道と東京代表が2代表出場できるので49校出場できる。それはさておき、47都道府県を眺めてみると、そのまま苗字に使えそうなものがある。例えば秋田さんとか福島さんなどだ。ではどんな人がいるか、実際に私がイメージできる有名人で当てはめてみたい。イメージ不能の都道府県もあるのであしからず。

 北海道・・・
 青森・・・
 岩手・・・
 宮城・・・ 宮城光(バイクレーサー) 宮城まり子
 秋田・・・ 秋田豊 秋田まどか
 山形・・・ 山形有朋 山形勲 ヒロ・ヤマガタ 山形由美
 福島・・・ 福島千里 福島瑞穂 福島弓子
 群馬・・・
 栃木・・・
 茨城・・・
 埼玉・・・
 千葉・・・ 千葉雄大 千葉真一 千葉すず 千葉景子  
 東京・・・ 東京ぼん太 東京一郎
 神奈川・・・
 山梨・・・ 山梨鐐平
 長野・・・ 長野博 長野美郷 長野久義(ちょうの) 長野翼
 新潟・・・
 静岡・・・
 愛知・・・ 愛知和男
 岐阜・・・
 富山・・・ 富山(とみやま)勝治 富山敬
 石川・・・ 石川さゆり 石川 啄木 石川遼 石川佳純 石川ひとみ 石川秀美
 福井・・・ 福井優也 福井謙一 福井烈 
 滋賀・・・
 京都・・・
 奈良・・・ 奈良くるみ 奈良富士子
 三重・・・ 中尾ミエ(名前・・・)
 和歌山・・・
 大阪・・・ 大坂志郎
 兵庫・・・
 岡山・・・ 岡山裕子
 広島・・・
 鳥取・・・
 島根・・・
 山口・・・ 山口良一 山口智子 山口達也 山口茜 山口香 山口果林 山口いづみ
 香川・・・ 香川慎司 香川京子 香川照之 香川伸行
 徳島・・・ 徳島えりか
 愛媛・・・
 高知・・・ 高知東生(たかち)
 福岡・・・ 福岡正行 福岡翼
 大分・・・
 宮崎・・・ 宮崎駿 宮崎あおい 宮崎美子 宮崎知子 宮崎総子 宮崎緑
 佐賀・・・
 長崎・・・ 長崎宏子 長崎慶一
 熊本・・・ 熊本マリ
 鹿児島・・・ 鹿児島俊光
 沖縄・・・ 

 特定の都道府県に偏っている。面白いのは、その都道府県の姓であっても、そこが出身ではない点だ。読み方違いや漢字が違っているケースも多い。47都道府県中、有名人の名前が挙がったのは1都1府23県の合計25個。つまり25/47で全体の53%にしか過ぎない。都道府県名というのは必ずしも人の姓には関係性がないということが言える。ましてその人の姓と都道府県が一致しないのだからなおさらだ。

 記事作成:7月17日(月)

2017年7月18日 (火)

アンチエイジングの女性⑪

 年齢にそぐわないほど若々しい女性を取り上げてきたこの企画記事も第 弾を迎えた。今回は初となる私より年上の女性だ。しかし、そこはやはり美容に人一倍気を遣う「女優」さんだ。世間一般の同世代の女性とは明らかに違う。ゆえに今回の方は御歳56歳だ。でも全く年齢不相応で、私は45歳くらいかと思った。
 その方とは「筒井真理子」さんだ。

Tsutsui Tsutsui2

 彼女は私が20代の頃にフジテレビ系列で放送していた「季節はずれの海岸物語」で「90年冬」で樋口可南子さんがヒロインを演じたドラマで、その女友達チヒロ役を演じて、印象に残った。カラフルなスキーウェアに身を包んだ彼女は、慎重が高くスタイルが抜群だった。それもそのはず身長は162cmあった。


 上の動画の11分12秒から



 では彼女のプロフを紹介したい。

 誕生日: 1960年10月13日生まれの56歳
 出身地: 山梨県甲府市
 血液型: 魔性の女とよく形容されるAB型
 
 山梨県立甲府第一高等学校卒業。青山学院大学中退。早稲田大学社会科学部卒業。

  •  1993年から2006年まではアルファーエージェンシー、2007年からは茂田オフィスに所属。
  • 演技の幅は広く、気品ある女性の役から悪女役までなどを演じきる度量の広さが高く評価されている。
  •  特技はフィギュアスケート・フルート・日本舞踊。
     趣味は読書・映画鑑賞・観劇 学生時代にフルート演奏とフィギュアスケートを経験
     代表作:お葉といふ女(舞台)・赤毛とアン(NHK)
     受賞: 「毎日映画コンクール女優主演賞」「ヨコハマ映画祭主演女優賞」
          「高崎映画祭最優秀女優賞」

     上の動画では若い頃の萬田久子さんにも似ている。最近では吉田羊さんのような雰囲気もある。これからもずっと若々しくいてほしいと思える女優さんだ。

     記事作成:7月13日(木)

    2017年7月15日 (土)

    なぜか惹かれるO型女性

     以前にもおなじような類の記事を掲載したことがあるが、長年生きて来て、自分が惚れやすいタイプと言うのは決まってO型が多かった。色白で丸顔というのも好みのひとつだが、何でも許してくれそうな印象とおおらかで、癒しを与えてくれそうな雰囲気がたまらない魅力となっている。そこで今日は、私が過去から現在まで好印象を抱いた方やファンになった有名人を一堂に列挙したい。
     こんなことをカミングアウトしても仕方ないが、当ブログは「ひとりごと」というタイトルのため、個人の戯言と思って見逃してほしい。

     アナウンサー

     長野美郷 山岸舞彩 松尾由美子 伊藤友里 新井恵理那 加藤綾子 伊藤弘美
      曽田麻衣子 高見侑里 宮司愛海 久慈暁子

    20120302_1103_009YamagishimaiPhoto

     歌手

     天地真理 岡田奈々 桜田淳子 小泉今日子 島田奈美 富川春美 森高千里 
     西野七瀬

    OkadananaSakuradaMoritaka

     女優

     木之内みどり 坂口良子 市毛良枝 伊藤つかさ 田中美佐子 優香 有森也実 
     鶴田真由 深田恭子 吉高由里子 南沢奈央 瀧本美織 土屋太凰 キム・テヒ
     桜庭ななみ 川島海荷 高橋ひかる

    ItotsukasaMisako12Tsuruta



     モデル・タレント

     インリン・オブジョイトイ 小野真弓 安田美沙子 柳ゆり菜 中村静香 熊江琉唯

    YasudamisakoShizukanakamuraKumae

     アスリート

     浅尾美和(ビーチバレー) 西原加純(陸上)

     ちなみに他の血液型で好きだった有名人は

     A型・・・松坂慶子 石野真子 夏樹陽子 竹下景子 坂井泉水 チェ・ジゥ 磯山さやか  
          早瀬優香子 立花理佐 中江有里 小野紗由利  梅田澪理  名切万里菜
          岡村真美子 

     B型・・・林寛子 蝦名由紀子 榊原郁恵 菊池桃子 南野陽子 松尾羽純 河合その子
         吉田真里子 ジョイ・ウォン 小倉優子 皆藤愛子

    AB型・・・手塚さとみ・香坂みゆき・森下愛子・斉藤とも子・酒井美紀・大江麻理子
         佐々木希・中村アン木村文乃・広瀬すず

     それにしても気が多すぎる。熱しやすく冷めやすいのかもしれないが、1~3年で入れ替わる気がする。己のミーハー根性丸出しで恥ずかしい限りだ。
     O型の特徴は、外見上は色白で丸顔だが、自分のチャーポイントを熟知し、感情表現もストレートで上手い。甘え上手だし、感受性もある。そしてぽっちゃり系も多いのだが、胸が大きい人が多い。O型女性を巡って男性が奪い合いというのもしばしばだ。モテまくるのがO型女性と言えるかもしれない。

     記事作成:7月5日(水)

    2017年7月12日 (水)

    FA選手の移籍後の成績(打者編)

     昨日は投手編をお送りしましたが、本日はFAを宣言して他球団へ移籍した選手が遺跡前と後で成績はどう変わったかを比較したい。では早速どうぞ!

       <打者>

     松永浩美      試合   安打   打率  本塁打  打点  盗塁数  三振数

      移籍前阪神   80    141  .298   3    39    15    70
      移籍後ダイエー 116     89  .294   8    31     3    70

     駒田徳広      試合   安打   打率  本塁打  打点  盗塁数  三振数

      移籍前巨人   122   109   .249   7    39    2     89
      移籍後横浜   130      149    .284   13    68    1     95

     落合博満      試合   安打   打率  本塁打  打点  盗塁数  三振数

      移籍前中日   119   113  .285   17   65    0     69    
      移籍後巨人   129   125  .280   15   68    1     56

     広沢克己      試合   安打   打率  本塁打  打点  盗塁数  三振数

      移籍前ヤクルト  130   136   .271  26    73    6    78
      移籍後巨人   131   107   .240  20    72    6    88

     石毛宏典      試合   安打   打率  本塁打  打点  盗塁数  三振数

      移籍前西武   111   101     .266  11    46    8    79
      移籍後ダイエー   52    24   .200   1    11    0    31

     清原和博      試合   安打   打率  本塁打  打点  盗塁数  三振数

      移籍前西武  130   125   .257   31   84    0    122
      移籍後巨人  130   115   .249   32   95    0    152

     江藤 智      試合   安打   打率  本塁打  打点  盗塁数  三振数

      移籍前広島  121   127   .291  27    79    9    80
      移籍後巨人  127   117   .256  32    91    7    92

     谷繁元信     試合  安打   打率  本塁打  打点  盗塁数  三振数

      移籍前横浜  137  117   .262  20    70    4    107    
      移籍後中日  130   96   .215  24    78    4    116

     片岡篤史      試合  安打    打率  本塁打  打点  盗塁数  三振数

      移籍前ハム   106  102   .254  16    62    1     62 
      移籍後阪神  120   97   .228  11    46    2    110

     金本知憲     試合  安打    打率  本塁打  打点  盗塁数  三振数

      移籍前広島  140  148   .274  29    84    5     99  
      移籍後阪神  140  156   .289  19    77    4     89

     稲葉篤紀     試合   安打   打率  本塁打  打点  盗塁数  三振数

      移籍前ヤクルト 135   116   .265  18   45    6     85
      移籍後日ハム 127   112   .271  15   54    3     82

     小久保裕紀    試合  安打   打率  本塁打  打点  盗塁数  三振数

      移籍前巨人   88   79   .256  19    55    1     68
      移籍後ソフトバンク124  129   .277  25    82    2     103

     小笠原道大    試合  安打   打率  本塁打  打点  盗塁数  三振数

      移籍前日ハム  135  155   .313  32   100   4     85
      移籍後巨人   142  177   .313  31    88   4     98

     新井貴浩     試合  安打   打率  本塁打  打点  盗塁数  三振数

      移籍前広島  144  161  .290   28   102   1     136   
      移籍後阪神   95  112  .306    8    59   2      83

     和田一浩     試合  安打   打率  本塁打  打点  盗塁数  三振数

      移籍前西武  138  158  .315   18    49    7     65
      移籍後中日  136  157  .302      16    74    1     71

     中村紀洋     試合  安打   打率  本塁打  打点  盗塁数  三振数

      移籍前中日  130  135   .274  24    72    0    119 
      移籍後楽天   77   58   .221   2    26    0     41

     内川聖一     試合  安打   打率  本塁打  打点  盗塁数  三振数

      移籍前横浜  144  182   .315   9    66    1     51
      移籍後ソフトバンク114  145  .338  12    74    4     48

     村田修一    試合  安打   打率  本塁打  打点  盗塁数  三振数

      移籍前横浜 144  134  .253   20   70    0     103
      移籍後巨人 144  130  .252   12   58    1      85

     片岡治大     試合  安打  打率  本塁打  打点  盗塁数  三振数

      移籍前西武  72   75   .290   4    28    9      35
      移籍後巨人 126  108   .252   6    32    24      51

     小谷野栄一    試合  安打  打率  本塁打  打点  盗塁数  三振数

      移籍前日ハム  84   72  .296   4    29    0     40  
      移籍後オリックス  56   54  .295    4    22    0     22

     今江敏晃    試合  安打   打率  本塁打  打点  盗塁数  三振数

      移籍前ロッテ  98  107   .287   1    38    2     35 
      移籍後楽天  89   89   .281   3        23    2     30

      今年移籍した糸井(阪神)、山口・森福・陽(巨人)、岸(楽天)は今年度の移籍で実績が無いために掲載は控えさせていただきます。

      さて、この結果をどうみるか。ずっと同じチームでやってきてそれなりの実績を残してきた選手も、所属チームが変ると、その環境に慣れるのに時間がかかるようだ。特に他リーグへの移籍は、対戦相手の投手や打者のクセや球種を覚えたりするのがひと苦労。投手の場合は配球も変るし、捕手のリードも異なる。打者も本拠地が変り、広い球場だと本塁打数が減る。したがって移籍が良いか悪いかは一概には言えないが、調査結果を見ると、移籍一年後はどの選手も苦労しているのがわかる。額面通りの働きが出来ないと期待はずれとか給料泥棒と叩かれる。プロも、お金に固執せず、まずは練習を一生懸命に行い、研究心を忘れず、絶えず努力をして欲しい。お金はシーズンオフに考えればいい。

     それにしても今年の巨人は異常。2年連続リーグ優勝を逃した結果なのか、FAで他球団の主力を根こそぎ獲ったという印象。まずトレードで日本ハムから吉川を獲得。その見返りに大器といわれ続けられながら育てられなかった太田を放出。そしてFAではDeNAのエース、山口とソフトバンクの中継ぎエースの森福を同時獲得。さらには元楽天の主砲、マギーまで獲得。そして12月中旬には日本ハムの一番打者、陽にも食指を伸ばした。また、メジャーの160キロ右腕のカミネロまで獲得した。全くの寄せ集め集団で、これでは生え抜きがやる気を失う。球団の浮沈は人づくりからという基本に立ち返って欲しい。

     平成28年11月下旬~平成29年7月5日(水)

    2017年7月11日 (火)

    FA選手の移籍後の成績(投手編)

     フリーエージェント制度が1993年に日本のプロ野球に導入されて早24年、それ以降、マネーゲームと呼べるほど、毎年シーズンオフには主力選手の争奪戦が展開される。しかも金持ちの特定球団ばかりが参入する恒例行事だ。
     このFAは、ドラフトで希望球団に入団できなかった選手が、一定期間、その球団にご奉仕し、実績を積んだ選手に与えられる恩恵で、反面、年俸が跳ね上がったり、主力選手を引き抜かれる見返りに、人的補償でとばっちりを受ける選手もいる。この時期、戦々恐々とする面持ちで迎える選手も多いことだろう。
     このFAによって他チームへ移籍した選手が、果たしてその後、どういう成績を残しているのだろうか?

     他リーグへの移籍は、対戦投手の球種や打者のクセを覚えるのに時間を要し、対応に苦慮する。また同じリーグでの移籍では、古巣との対戦では、強烈なバッシングを受ける。選手は、「他球団の評価を聞いてみたい」とか「より高い環境で野球をやりたい」などと口をそろえて言うが、大っぴらに口にしないものの実際は金。プロなのだから、より給料が高いところを目指すのは当然で、生活がかかっている。辞めて欲しいのは古巣への愛着とか言ってFAの席上で泣く選手が多いこと。感謝の涙を流せばファンが許してくれるとでも思っているのか?チームへの愛着があるのならFAを選択するなと言いたい。
     それはさておき、FAする選手というのは、一軍で実績を残し、一定期間活躍した選手と言うことができる。ゆえにレギュラーだったり、主力選手だったりする。それらの選手が他球団に移籍したからと言って、同じような成績を挙げられるものではない。特に年齢のピークを過ぎた30歳過ぎの選手が権利を取得するわけで、経験と実績だけで決断するのもどうかと思う。では論より証拠、FAした選手が翌年どういう結果を残しているか、移籍前と比較したい。なお、全員は紹介しきれないので、主力選手のみとしたい。

     参考にしたのは右のサイト http://baseballking.jp/ns/55006

     Wikipedia FA                  

     <投手>

     工藤公康     試合  勝  敗  セーブ  勝率   防御率  奪三振数

      移籍前西武   24  11  7    0   .611  3.44   124    
      移籍後ダイエー 22  12  5    0   .706  3.64    138    

     川口和久     試合  勝  敗  セーブ  勝率   防御率  奪三振数

      移籍前広島   27   7  10   0    .412   4.72   96
      移籍後巨人   17   4   6   0        .400   4.42   66

     武田一浩     試合  勝  敗  セーブ  勝率   防御率  奪三振数

      移籍前ダイエー 28  13  10   0    .565  3.62   103
      移籍後中日   25   9  10   0    .474  3.50    92

     星野伸之     試合  勝  敗  セーブ  勝率   防御率  奪三振数

      移籍前オリックス  26   11  7   0    .611  3.85    96 
      移籍後阪神      21   5  10   0    .333  4.40    85

     川崎憲次郎    試合  勝  敗  セーブ  勝率   防御率  奪三振数

      移籍前ヤクルト  20   8  10   0    .444  3.55   66
      移籍後中日   3    0   1   0    .000 34.71    3

     野口茂樹     試合  勝  敗  セーブ  勝率   防御率  奪三振数

      移籍前中日   13   3  6   0    .333  4.00    57    
      移籍後巨人    1   0  0   0    .000  9.00     1

      豊田 清     試合  勝  敗  セーブ  勝率   防御率  奪三振数

      移籍前西武   35   3  1   19   .750   3.97    31 
      移籍後巨人   38   1  4   13   .200   3.32    46  

      藤井秀悟    試合  勝  敗  セーブ  勝率   防御率  奪三振数

      移籍前日ハム  22   7  5    0    .583  3.53    63
      移籍後巨人   23   7  3    0    .700  3.76    91 

      杉内俊哉    試合  勝  敗  セーブ  勝率   防御率  奪三振数

      移籍前ダイエー  23   8      7       0    .533  1.94   177
      移籍後巨人   24  12   4   0     .750  2.04   172

     寺原隼人     試合  勝  敗  セーブ  勝率   防御率  奪三振数

      移籍前オリックス  16   6  8   0    .429   3.92   61
      移籍後ダイエー  16   4  6   0    .364   4.65   56

     久保康友     試合  勝  敗  セーブ  勝率   防御率  奪三振数

      移籍前阪神   44   3  4   6    .429   2.85   46  
      移籍後横浜   28  12  6   0    .667   3.33  119 

     大竹 寛    試合  勝  敗  セーブ  勝率   防御率  奪三振数

      移籍前広島 25  10  10   0   .500   3.37   100  
      移籍後巨人 22   9   6   0   .600   3.98    79

     中田賢一     試合  勝  敗  セーブ  勝率   防御率  奪三振数

     移籍前中日    40   4  6    0   .400   3.40   83 
     移籍後ソフトバンク  25  11  7    0    .611   4.34  116

     涌井秀章    試合  勝  敗  セーブ  勝率   防御率  奪三振数

     移籍前西武   45   5  7    7   .417   3.90   79  
     移籍後ロッテ    26   8  12   0   .400   4.21  116 

     成瀬善久     試合  勝  敗  セーブ  勝率   防御率  奪三振数

     移籍前ロッテ   23    9  11      0    .450   4.67   88
     移籍後ヤクルト 14   3   8       0    .273   4.76   46

     さて、投手編をお送りしたところで、今回は相当な量になってしまったので、打者編は明日お送りしたい。
     FAで移籍する球団は巨人が多い。しかし、他球団へ移籍して成功しても、なぜか巨人に来た投手はイマイチの成績に落ちることが圧倒的に多い。私は投手の成績を見る際には、勝利数ではなく、防御率が大事だと考えている。強力打線を味方につければ、多少点を奪われても、打撃でカバーしてくれる。防御率が3点台後半でも勝利数が多いのはそういうカラクリなのだ。移籍後のほうが防御率が低い投手は15人のうち、たった3人しかいない。したがって、移籍後に打者の特徴をを掴み、苦手コースを把握するのも時間を要することが歴然。

     明日は打者編をお送りしたいと思う。 

     記事作成:平成28年11月下旬~平成29年7月4日(火)

    2017年7月 8日 (土)

    開成山屋内水泳場内覧リポート

     当ブログで、過去3度に渡って郡山市開成に建設中だった「開成山屋内水泳場」の工事の進捗リポートをお送りしてきましたが、このたび工事が竣工。郡山市内の小中学生が夏休みに入る今月の22日(土)にオープンを迎える運びとなった。
     そこで7月8日(土)に現地で内覧できる機会を得たので、それに参加して来た。今日はその報告をしたい。なお、見学時間は13:20~14:45

    Img_3698_r Img_3621_r
    中は予想以上に広く、暖かい 屋内長水路は県民の悲願だった
    Img_3623_r Img_3625_r
    北側が10レーンの長水路で南側が床可動式の8レーン短水路
    Img_3627_r Img_3629_r
    コンピューター室と最新のデルPCなどが10台以上設置
    Img_3631_r Img_3632_r
    電光掲示板 これだけで数億円  内部へと潜入
    Img_3633_r Img_3635_r
    左がロッカールーム兼更衣室 ここに360名分のロッカー設置
    右はシャワー室 入口にカーテンがつく
    Img_3637_r Img_3638_r
     洗面室と下足入れ 男子は緑、女子はオレンジ色に統一
    Img_3640_r
    長水路 北側を望む その先には陸上競技場が見える
    Img_3642_r Img_3643_r
    こちらは25mの短水路 車いす用のスロープまで完備
    Img_3644_r
    スタンドを望む 648席あるが、ベンチタイプで仕切られてはいない
    12ブロックで高さ5列 席の間がかなり広くて余裕ある 身障者を考えての仕様
    Img_3647_r Img_3622_r
    水深はなんと2m 大人も足がつかない深さ だから泳力テストが必要
    Img_3648_r Img_3649_r
    アリーナからギャラリースタンドを望む左側が階段と会議室
    Img_3651_r Img_3652_r
    採暖室 男女で仕切られている 電光掲示板の文字も大きくて見やすい
    Img_3655_r Img_3656_r
    スタート台はまだ設置されていない ロビーにあるモニター
    Img_3658_r Img_3657_r
    左が券売機 右は事務室から先に広がるロビー 正面はエレベーター
    Img_3659_r Img_3660_r
    長い通路 各部屋へと通じる     右はスタンドに上る階段
    Img_3661_r Img_3662_r
    身障者専用のエレベーター      右は階段を上がって会議室方向
    Img_3664_r Img_3665_r
    スタンドも十分 盛岡市民プールに造りがそっくり
    Img_3667_r Img_3671_r
    Img_3668_r
    スタンドの南側の奥より全景を望む 結構な広さ
    Img_3669_r Img_3670_r
    ベンチの段差の間がかなりゆとりがある 車いすでも移動可能
    Img_3672_r Img_3676_r
    二階からプールを見下ろす 2階の通路も広く、マットで選手は休養可
    Img_3683_r Img_3684_r
    採暖室方面を望む 事務室兼通告(放送)室 ちょっとした会議が持てる
    Img_3685_r Img_3686_r
    各音響や空調の機械類 右は防犯カメラのモニター 不審者をシャットアウト
    Img_3689_r Img_3687_r
    機械室 普段は絶対にお目にかかれない
    Img_3696_r Img_3690_r
    左が倉庫(用具入れ)スタート台、タッチ板、バックストロークレッジを収納
    右は会議室で見晴らしは最高
    Img_3697_r
    これは入口ロビーにある会場の見取り図

     <注意事項>

      ここで泳ぐには、事前に泳力テストを受けて合格したものだけとなる。したがって一般の大人や高校生が飛び込みで行って泳ぐことは出来ない。
     そして泳がずにスタンドで見学だけの人は料金が無料とのこと。

     <データ>

     開館時間 9:00~21:00
     休館日 毎月第1月曜日、年末年始
     料金   一般600円 高校生400円 小中学生300円 幼児200円
     レーン数 50m(長水路)は10レーン、25m(短水路)は8レーン
     深さ・・・50mは2m 25mは0~1.4mの可動式
     観客席 長ベンチタイプで648席
     駐車場 47台分
     他の設備 会議室・事務室・ロッカールーム・更衣室・WC・温水シャワールーム・採暖室
            電光掲示板 
      総工費 43億円(34億円は復興災害交付金で9億円は郡山市負担)

     なお、西側の空きスペースはゲートボール場となり、大きな大会では駐車場として使用も可能だとか。そうなれば200台は駐車できそう。

     <感想>

     当初は、震災復興支援金で放射線被害などにより運動不足になった子供たちの解消目的で建設される筈が、市会議員の働きかけで国際大会も開催可能な施設、設備を整え、ここまで立派な屋内水泳場が完成した。
     屋内の長水路を整えたプールの建設は福島県民の念願でもあった。平成7年に開催された「ふくしま国体」では、カルチャーパークに仮設スタンドを建てて行われた。あれから22年。やっと悲願が叶った。
     7月22日(土)のオープンに向けて、最後の外回りの工事が最終段階に入った。あとは駐車場の問題をどうクリアしていくかだ。8月後半の「市民体育祭」、9月の「県高校新人体育大会」、10月の「東北新人体育大会」とすでに予定が入っているようだ。
     どのように使われていくのかが大いに楽しみであり、期待が持てると思う。

     記事作成:7月8日(土)

    2017年7月 7日 (金)

    盛岡出張1泊2日の旅

     今回の出張は仕事なので旅とは言えず掲載をどうすべきか迷ったが、4月に部長職に就任してしまい、仕事以外での旅行はかなり制限された生活を余儀なくされるために、観光ではないものの、敢えてアップする決断に至った。
     今回は盛岡市への1泊2日の強行軍となったが、何かの備忘録や参考資料になればと思い、記録としてしたためたい。

     7月6日(木)晴れ

      午前中は出張の準備のため、自宅で過ごす。
     12:45 自宅発 徒歩で郡山富田駅へ 5分くらいと思っていたら甘かった。12分もか
         かった。
     12:57 初めて富田駅を利用。しかし奥羽大学の生徒が10人程度いる。
         券売機で190円区間を購入。1分遅れ 優先席に座る。向かい側には若いカップ
         ルが我が物顔で優先席に陣取る。マナーもへったくりもないバカども。立ち席も多
         い。5分ほどで郡山駅へ。便利になった。以前なら車で行き、駐車場の心配があ
         った。新幹線改札口ですでに待っていた連れ2人と合流。待合室で30分時間を
         潰す。NEWDAYS お茶151円
     14:04 郡山駅発 やまびこ51号 女性車掌カッコいい。8号車4番ABC 話込んでい
         たらあっという間に仙台へ。早い。仙台駅乗り換え 隣りのホーム 8号車同士
         歩かずに済む。でも暑い・・。鈴木沙喜代アナのいる仙台 楽天スタジアムは見え
         ず・・・。
    Img_3371_r

     14:54 仙台駅発「はやぶさ51号」8号車12番ABCに やはりはやぶさは速過ぎ
     15:37 盛岡駅着 こちらも仙台から40分で到着の早業炎天下、ホテルまで結構歩く  
           北上川の橋を渡る 土手の花々きれい 盛岡は郡山より人口少ないが街が大
           きい。   
     15:50 ホテル東日本へ 赤茶色 ビューホテルアネックスのような作り チェックイン
           808号室 なんとツインにひとり!朝食のみで9,300円のカラクリはこれ!
           シャワーを浴びる!職場のメールが届く 遠野英治郎の水戸黄門再放送
           岩手はテレビ局が民放4局 フロントに宿泊証明依頼

    Img_3372_r Img_3373_r

     17:00 ロビー集合 徒歩で夕食会(情報交換会)へ 街角に案内板を持ったオレンジ
                 色のTシャツを着た方々があちこちに!わかりやすい
     17:15 メトロポリタンニューウィング盛岡へ なんと立食で2時間・・・
          先月、ハワイアンズで会ったいわき地区の女性と再会 美人の女性も
          福島地区の元同僚とも再会

    Img_3377_r Img_3378_r

     17:30~19:30 バイキング形式の夕食会 セレモニーが長くて乾杯まで暇食う
           鏡割り 余興で地元出身のオペラ&ボサノバ歌手の歓迎ソング
           その後、ミスさんさ踊り4人+お囃子10人によるさんさ踊り披露
           ミスさんさ踊りの4人が全員美人揃い 本田美奈子似の小顔美人、私好みの
           色白美人も・・・来場者560人の視線を釘付けに。
           バイキング形式のオードブル+岩手県の地酒コーナー、盛岡三大麺(じゃじゃ
           麺わんこ、冷麺)の食べ放題も!何度も取りに行く。肉ばっかり 満腹
           途中から連れの会長が行方不明に・・・。副会長とお開き後に戻る
           徒歩でホテルに戻る。19時半過ぎても夕暮れで明るい 岩手山がくっきりシ
           ルエット 盛岡は一昨年の7月依頼 去年は秋田訪問で素通り

    Img_3382_r Img_3379_r
    Img_3400_r Img_3399_r
    Img_3404_r Img_3392_r
    Img_3410_rImg_3412_r



     左から於本莉枝さん、駒井理咲さん、恒川舞さん、日山佳那子さん、村山優さん

     この日は村山さんはお休みだった。恒川さんの人気は凄かった!

    Img_3436_r Img_3443_r

     19:37 ホテルへ すでに会長は部屋に戻っている
           その日は疲れて「モニタリング」を見ながらウトウト寝入る。
           この日の行事は、いわゆる歓迎レセプションで、明日が本番。

     7月7日(金)快晴

          七夕の日に盛岡の地にいる不思議。4時台に目覚める。6:30過ぎに会長の部
         屋へTEL 昨日消えた真相は、知り合いに会って、あちこち連れまわされていた
          何気に帰りのJR券を眺めていたら、近ツーやはり発見ミス 精算時にやけに
         安いと思ったら、乗車券は郡山駅までだったが、新幹線の仙台からのやまびこの
         新幹線特急券が福島駅までとなっていた。速攻で担当者の携帯に電話するが出
         ない。
          7:00朝食は14Fの朝日が眩しいスカイレストラン。バイキング形式。
         地元の食材の海鮮丼や冷麺もある。またしても食いすぎ 
          部屋に戻って近ツーから折り返しTEL 事情説明したら平謝り
          朝のうちに駅で切符の変更をして差額を支払うようアドバイスを貰う
          連れから3,000円ず徴収し、旅費と日当を渡す。押印。
          シャワーを浴びて速攻髪の毛乾かし
          8時半ロビー集合のはずが、先にチェックアウト 宿泊証明書を受け取る

    Img_3445_r Img_3446_r

      8:23 先にホテルを出て、灼熱の中、700m歩いて8:28盛岡駅へ 地下から入り
         みどりの窓口探すのにひと苦労。朝からオレンジTシャツ案内係が道案内
         北口の窓口へ。いつもの通り、俺の前には客待ち多い。
          事情を話し切符3枚、乗り換えも含めて変更。せっかくはやぶさとやまびこ、出
         入り口近くの号車だったのに、2号車と6号車に変わる。差額2,250円(ひとり
         750円) 2人と合流 係員のTシャツお揃い 金遣うわ・・・。看板も
         東西通路を渡り、西口へ。郡山よりも都会で公共施設充実 駅近くにホールがな
         いと不便 岩手朝日放送も目の前 デッキも広い。革靴足痛い。

    Img_3617_r Img_3554_r

     8:52 会場入り いったんエスカレーターで降りて受付 クロークあり わんこキャラ
         席は指定 前から4列目の中央の通路側
     9:30 オープニングセレモニー 詩の朗読 挨拶長い
         午前中、研究協議 各6県代表のプレゼン 最後の寸劇は笑い
    12:00 昼食幕の内弁当とお茶 ホール内で食す 
          その間 演奏 古い・・・ピンクレディーメドレーほか
    12:38~13:00 駅へ往復 暑い・・・地下道から入る遠回り みどりの窓口
         事情を説明し、領収書を発行してもらう その間、催しひとつ見逃す
    13:00 毛越寺の住職の「藤里明久」氏の講演を聞く 
    15:20 伝統芸能「鹿踊り」
    15:40 最後のアトラクション(合唱)やはり古い ピンクレディー&キャンディーズほか
          引継ぎ楽都くん 最後は「川の流れのように」で会場一体となって大合唱
    16:10 閉会 合唱でお見送り 駅の土産屋のレジめちゃ混む
          カモメの玉子ミニ3箱3,077円 連れにコーヒーとカフェオレをおごる。380円

    Img_3450_r Img_3513_r
    Img_3544_r Img_3563_r
    Img_3592_r Img_3610_r

    15:50発 はやぶさ24号 こどもが大挙して降りる。なかなか乗れず。2号車16番ABC
          E氏、他の乗客の迷惑を顧みず、大きな声でしゃべりっ放し ワゴンサービスの
          女性の足が綺麗でびっくり!いわきの元同僚女性も3つ前の席に
          同じく乗り換え

    Img_3619_r Img_3620_r

    16:29 仙台駅着 隣りにいたやまびこ148号に乗り換え 6号車まで歩く 7番ABC
    16:35 仙台駅発 ここでもしゃべりっ放し スピードゆっくりに感じる 
    17:14 郡山着 在来線の切符売り場へ 190円で購入 ここで東北本線のE氏と別れ
          1番戦へK氏と2人でホームに並ぶ 4両編成だが、17時台の帰宅ラッシュと
          重なり人だかり 気温30℃越える蒸し暑さ
    17:42 郡山駅発 何とか座る K氏と別れる 次回は8月5日のバスによる視察研修
          13日後には仙台3泊4日、来月は新潟長岡へ 忙しい
    17:46 富田駅下車 暑さの中徒歩。革靴きつく、左足の裏が痛む 水ぶくれ
          西日眩しい やはり徒歩12分は遠い。自転車が必要か?
    18:00 帰宅 結局背広は手に持って2日間移動しただけで、シワになっただけ。

     費用

     旅費と宿泊代、弁当代は職場から
     お茶代 151円+380円
     JR代  380円
     土産代 3,077円          
     情報交換会(夕食)3,000円      総費用 6,988円  
            

        
     
              

     

     
          
     
     

     

    2017年7月 6日 (木)

    郡山の魅力再発見!46 ~私のルーティーンスポット~

     突然ですが、私の稚拙なブログを読んでくださっているみなさんは、思い悩んだときや壁にぶつかったときに、どうしていますか?酒?スポーツ?逃避行?

     私はそんな時、決まって訪れる場所がある。この4月から部長職を仰せつかり、仕事に行き詰ることが多くなった。人間関係で躓くことも多く、解決困難な窮地に追い込まれた際、私は必ず郡山市西部にある「菅船神社」へ足を運ぶ。この場所は、私が週一で訪れている「ユラックス熱海」のフロントに置いてあった逢瀬町のガイドマップに掲載されていたパワースポットで、一昨年の5月に初めて訪れてすっかり嵌まってしまった。
     郡山在住45年目の私だが、こんな素晴らしい場所があったとはつゆ知らず、それ以来、2ヶ月に一度のペースで訪れ、すでに8回も訪ねている大好きな場所となった。

     何が魅力なのか?いつ訪れても無人で、じっくりと情緒感や神聖な気分を満喫できる点にある。杉並木に囲まれたそこは、途中斜めに曲がった200mほどの石段を上り、境内もご立派。まさかこんな人里離れた山奥に、これほど荘厳な拝殿などの古い佇まいがあるとは夢にも思わなかった。周囲は侘び寂びの雰囲気が満載で、そこに佇むと、自分自身を取り戻せそうな気がする。なぜなら何を隠そう私の姓は、元を正せば「神主」などの聖職にあったらしい。自然のまま、無意識のうちにこうしたパワースポットを求めて足を運んでしまう。

     では、過去何度もこの場所を当ブログで紹介しているが、改めて紹介します。

    Img_1013_r Img_0995_r
    Img_0998_r Img_1001_r
    Img_1004_r Img_1005_r
    Img_1006_r Img_1011_r
    Img_1009_r Img_1010_r
    Img_3855_r Img_3845_r

     この境内は花見の季節、桜があるわけでもなく、梅雨の季節の風物詩である紫陽花がるわけでも何もない辺鄙な場所だ。しかし、私は神道や宗教に傾倒しているわけでも何でもないのに、この場所に吸い寄せられるように足を運んでしまう。年に4回は訪れている。

     杉林が林立し、昼間でも薄暗く、過去7回の訪問で、誰ひとりとして参拝者と出くわしたこともない静寂なこの地は、人を原点に立ち返らせるような魔力すら感じてしまう。

     この場所は、人に紹介せず、私だけの秘密のスポットにしておきたかったが、このような市街地から10km以上も離れたこの地に、このような厳かで森羅万象を感じ取れる神社があることを知ってほしいという一念で、今回この記事をしたためた次第です。

     記事作成:平成29年6月中旬

    2017年7月 3日 (月)

    ありがとうの東北新幹線(35周年)

     かつてJRのキャッチフレーズで「ありがとうの新幹線」というのがあった。国鉄時代の1982年に大宮~盛岡間で暫定開業し、その後JRとなって、上野駅、東京駅開業に至った東北新幹線。私が住む郡山市もその恩恵にあやかり、それまで在来線特急で2時間半以上かかっていた上野までの片道所要時間が1時間半と大幅に短縮され、高速交通時代を迎えた。その後も、東北新幹線は北へと伸び、新青森までつながり、昨年は遂に道民悲願の函館北斗駅への北伸が実現した。
     このように時間の経過とともに新幹線は整備が進み、日本全国にそのネットワークが広がっている。新幹線の開通は人の往来を活発化し、交流が盛んになる。青森~東京間の日帰りはもはや夢ではなく現実のものとなった。
     そこで今日は、開業から35周年を迎えた東北新幹線が、どのような変遷を辿ったか、その歩みを画像や映像を交えながらDATAを紹介したい。

     画像貼り付け中心で 映像はリンクのみ

     1971年(昭和46年)11月28日 東北新幹線着工 福島・仙台駅など起工式

     1982年(昭和57年) 6月23日 大宮~盛岡間開業 「やまびこ」「あおば」

    Omiyakaigyo Ohmiyaliner

     1985年(昭和60年) 3月14日 上野~大宮間開業

    Ueno

     1987年(昭和62年) 4月 1日 JR東日本(民間営業)へ移行

     1990年(平成 2年) 6月23日 2階建てグリーン車登場

     1991年(平成 3年) 6月20日 東京駅開業

     1994年(平成 6年) 7月15日 オール2階建て新幹線「MAX」登場

     1997年(平成 9年)10月 1日 「あおば」廃止
                   12月20日 新オール2階建て新幹線「MAX」登場

     2002年(平成14年)12月 1日 盛岡~八戸間開業 「はやて」運行開始

     2010年(平成22年)12月 4日 八戸~新青森間開業 東北新幹線全線開業

     2011年(平成23年) 3月 5日 「はやぶさ」運行開始
                    3月11日 東日本大震災発生全線運行停止
                        4月29日  全線運転再開

     2016年(平成28年) 北海道新幹線開業(新青森~函館北斗間)

     東北新幹線車両

     200系・・・初代営業車両。先頭車両は2種類の形状があった。緑色のライン。通称「鼻
           高美人」。雪の多い東北を走るのに耐雪・耐寒設備が施された。
           昭和57年~平成25年まで使用

     E1系・・・・新幹線では初めて全車2階建て車両とされ、「MAX」の愛称で親しまれた。
           平成6年~平成24年まで使用

     E2系・・・JR東日本の新幹線標準型車両として位置づけられて登場した。現在でも東北   
          新幹線と上越新幹線で活躍している。平成9年以降使用

     E4系・・・E1系と同様に全車2階建て仕様車両。独特なロング・ノーズデザインが印象
          的。現在では上越新幹線でのみ使用。平成9年~平成24年まで使用

     E5系・・・最高速度320km/hを誇る東北新幹線の最新型車両。新幹線初の「グランク
          ラス」が設定された。 

     参考記事:6月23日付「福島民報」

    さて、東北新幹線の東京駅乗り入れによって、我が東北も高速鉄道のネットワークの仲間入りを果たした。かつては特急や急行で上野駅まで行き、山手線か京浜東北線に乗り換えて東京駅まで向かったものだ。それが今やホームの移動で乗り換えが可能になった。これは楽チンだ。同時に時間短縮だけでなく、日本列島が近く感じられるようになった。今や函館北斗から鹿児島中央まで日本列島を縦断した。これがリニアへ移行すれば、半分の時間になる。その頃はもう私はこの世にいないが、おそらくは狭い日本がますます狭く感じるだろう。その礎を築いたのはこの新幹線の開業だと思う。
     私は個人的には旧国鉄カラーのクリーム色と赤いライン入りのL特急に思い入れが強いが、緑のラインが田園風景が多い東北の地にはよくマッチする。最近は「はやぶさ」や「こまち」、「つばさ」の新型車両が闊歩しているが、この新幹線が私の第二の故郷の札幌の地まで延伸することを楽しみに待ちたいと思う。

     記事作成:6月23日(金)

    « 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

    福島県の天気


    無料ブログはココログ