2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2017年8月期のCMベスト5 | トップページ | FCT・小野紗由利アナウンサー33② »

2017年9月 1日 (金)

アンチエイジングの女性⑬

 TBSの「ひるおび」、水曜日・午後の部でコメンテーターとして出演中の伊藤聡子さん。彼女の年齢を聞いて驚いたが、今の50歳は10年20年前と比べて雲泥の差で、とても若い。決して若作りしている云々ではなく、見た目も可愛い人が多いし、肌の状態も良い印象を受ける。
 名前は知らなくても、この顔を見れば、ひと目で思い出す美人、それが伊藤聡子さんだ。容姿端麗にして才色兼備。そんな言葉がピッタリの彼女を今日は取り上げたい。まずはプロフ紹介から。

 「伊藤聡子」

 1967年7月3日生まれの50歳 血液型A 唐橋ユミアナと同じ「三桂」所属
 
 新潟県糸魚川市出身。新潟県立新潟高等学校を経て、東京女子大学文理学部英米文学科卒業。事業創造大学院大学修了。

Itosatoko Itosatoko2

  大学在学中の1989年から、TBSの『サンデーモーニング』にリポーターとして出演。その後も『スーパーモーニング』『ベストタイム』などのワイド番組のキャスターを務めた後、2002年から1年間ニューヨークのフォーダム大学に留学した。2010年からは事業創造大学院大学の客員教授を務める一方、文部科学省「原子力分野の研究開発に関する委員会」委員、川合俊一や永井大らと共に「糸魚川ジオパーク大使」を務めている。 またこの傍ら、講演会やシンポジウムにも出演している。

  やはり有名女子大を卒業されているだけあって、才色兼備という感じ。しかも大学院まで行っている才女。しかも、大学院の教授というからそのキャリアは確か。やはりアナウンサーと同じで知性と教養がある方は、美へのこだわりもあって、魅力を感じる。

 記事作成:8月16日(水)

« 2017年8月期のCMベスト5 | トップページ | FCT・小野紗由利アナウンサー33② »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ