2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月28日 (木)

2017年12月期のCMベスト5

 一昨年から2か月に一度ずつお送りして来た、その時期に流行ったり、何度も繰り返し放送され、注目を浴びた見慣れたCMを特集して掲載しているこの記事。しかし、あまりにも秀作が多いため、昨年からは毎月末に傑作CMを紹介しています。今回もこの12月に放送されたCMから気に入っているCMを5作品お送りします。

 1位 竹内涼真「レディーボーデン」

 第2話 https://www.youtube.com/watch?v=YhMvMNbBF3Q

 第3話 https://www.youtube.com/watch?v=-dTiRoZVRpM

 2位 日清どん兵衛

 星野源と吉岡里帆の「ほのぼのどん狐夫婦」のCMシリーズもツボに嵌ってきた。

 3位 ガぶっといっちゃえ!ww0秒チキンラーメンやってみた! 新垣結衣

 4位 カロリーメイト

 この時期から受験生の追い込みとなる。私も現役・一浪時代に経験し、春は本当に来るのかと不安に駆られていた。いっそ逃げ出してしまいたいと考えた時もあった。そんな受験生を激励するCMがカロリーメイトだ。

「受験に in ゼリー編」

https://www.youtube.com/watch?v=Tu0X49b1Xc0

「カゴメ」

https://www.youtube.com/watch?v=q8D0USuQOLk

 5位 JRA

  クリスマス前にさんざん流れていた「有馬記念」のCM。競馬の後もイブの夜を仲間と一緒に過ごしたい男と、それぞれに予定があって解散を希望する他のメンバー。そのギャップに笑えた。

2017年12月23日 (土)

球団名に使われそうもない動物

 プロ野球やJリーグ、NBA、アメフトのチーム名にはよく動物が使われている。阪神タイガース、埼玉西武ライオンズなどが好例だ。たまにそれ以外の人や物、たとえばジャイアンツ、ファイターズ、ブレーブス、オリオンズ、ブルーウェーブ、アトムズ、フライヤーズなどがあつらわれることもある。

 しかし一番多いのはやはり動物名だ。前述以外を挙げると

 福岡ソフトバンクホークス(鷹)
 東北楽天ゴールデンイーグルス(イヌワシ)
 オリックスバファローズ(猛牛)
 中日ドラゴンズ(竜)
 広島東洋カープ(鯉)
 東京ヤクルトスワローズ(燕)
 
 <かつて存在した球団>           <MLBの球団>

 阪急ベアーズ(熊)               デトロイトタイガース
 大洋ホエールズ(鯨)              
 大和軍イーグルス(鷲)

 野球以外では・・・
 
 ミネソタティンバー・ウルブズ(NBA)
 シカゴ・ブルズ(NBA)
 ニューオリンズ・ペリカンズ(NBA)
 アトランタ・ホークス(NBA)
 フィラデルフィア・イーグルス(NFL)
 デンバー・ブロンコス(NFL)
 シカゴ・ベアーズ(NFL)
 カロライナ・パンサーズ(NFL)
 マイアミ・ドルフィンズ(NFL)
 アトランタファルコンズ(NFL)
 デトロイトライオンズ(NFL)
 ジャックソンビル・ジャガーズ(NFL)
 シンシナティ・ベンガルズ(NFL)

 さて、ここからが本題に入る。5年前と今年、「あったら面白いプロ野球の球団名」というネタ記事を掲載したことがあったが、今回は、続編として「球団名に使われそうもない動物」を取り上げ、その理由も述べたい。はっきり言って今回の記事はパロディであり、ネタだ。あまり深刻に受け止めないで欲しい。

 <球団名に使われそうにない動物>

 1.モンキーズ(猿)・・・・・バンド名みたい マスコットはモンチッチ 本拠地は日光
 2.ラビッツ(ウサギ)・・・・可愛いがライオンズ、タイガースなど肉食系球団には負ける
 3.スネークス(蛇)・・・・・ねちっこいプレーが信条ベルトは蛇革、ぬいぐるみは売れず
 4.シャークス(鮫)・・・・・強そうだが、陸上では弱いスタンドは水着使用の海水プール
 5.キャメルズ(ラクダ)・・親会社はJT。動きは鈍いが暑さには強い。
 6.マイス(ねずみ)・・・・・mouseの複数。相手にかじりつくのが得意だが、時々照明の
                 コードをかじり、しょっちゅう停電に ペット(猫)連れお断り。
 7.エレファンツ(象)・・・・100kg以上が入団条件 巨漢でパワーはあるが足が遅い。
 8.ジラフズ(キリン)・・・・キリンビールが球団を持ったらこうなる?千里眼はあるが、
                 優勝できない。ファンは優勝を首を長くして待っている。 
 9.クロウズ(カラス)・・・・相手のミスを誘うプレーが真骨頂でずる賢い。ホークスとゴー
                 ルデンイーグルスには勝てないのでセ・リーグ向き。
10.ピッグズ(ブタ)・・・・・・売り子さんの焼肉弁当は絶賛だが臭いが気になる。
11.ヒポポタマス(カバ)・・・ふだんは大人しいがいったん火がつくと誰も止められない。
                  球団マスコットは「ムーミン」
12.シープ(羊)・・・・・・・・・おとなしく従順な選手ばかり。監督はペーターという。
13.パンダーズ・・・・・・・ユニホームは白地に黒の水玉 手拍子が上手い(シャンシャン)
14.カンガルーズ・・・・・・・いつも飛び跳ねてばかり。地に足をつけた野球ができない。
15.コアラズ・・・・・・・・・・・童顔の選手しか入団できない。
16.ハニービーズ(ミツバチ)・・打者はブンブン振り回して三振の山。相手を刺すのは
                    得意だが・・・。
17.アンツ(蟻)・・・・・・・チームワーク抜群 役割分担がきっちりし、束で襲い掛かる
18.オラウータンズ・・・・・・腕が長いので外角もめっぽう強い。
19.チンパンジーズ・・・・・知能は高い。すばしっこいため、盗塁は上手い。
20.アルパカズ・・・・・・・・・優しい性格が災いし、戦闘モードにならず惨敗続き。

21.アリゲーターズ・・・・・カイマンズでも可。最近はアリゲーターガーのほうが有名?
22.クロコダイルズ・・・・・敵無しで雨の日もメチャ強い。ベースをロールするのが上手い
                 ユニホームはなぜか半袖のポロ
23.ダイナソーズ・・・・・・ユニバーサルスタジオがスポンサー?恐竜だけにドラゴンズに
                はめっぽう強い。寒いスタジアムでは弱くボロ負けして絶滅?
24.マンモス・・・・・・・・ 寒さには強いが大きすぎてストライクゾーンが広すぎ
25.コブラーズ・・・・・・・手当たり次第に相手を飲み込む。
26.アナコンダズ・・・・・気色悪い。相手を飲み込むのは上手いのだが・・・。
27.カメレオンズ・・・・・スポンサーはカメレオンクラブ?
28.フロッグズ・・・・球団マスコットはケロッピー。 
29.モスキートーズ・・・人を刺すのは得意中の得意だが、春先とデイゲームは弱い
                CSシリーズと日本シリーズには絶対に出れない。
30.スパイダース・・・・ 雁字搦めで相手に好きなようにはさせない。ネット攻撃が得意

31.ピューマズ・・・スパイクは立派。足も速い選手が勢揃い。
32.バッツ(蝙蝠)・・・ナイトゲームはいいが、デイゲームはまるっきり力が出せない。
33.ポニーズ・・・・闘うイメージがない。
34.セイナレラス(サイ)・・・呼びづらくてアナウンサー泣かせ
35.フライズ(ハエ)・・・・集るのが得意。
36.マングース・・・すばしっこい動きを見せ、敵をかく乱する戦法でやっつける。
37.キャッツ・・・きまぐれでチームワークは悪い。盛りがつくと手がつけられない。
           しかし、息が長くロングランの球団経営が続いている。
38.アウルズ(梟)・・・ナイトゲームは強いが、デーゲームはからっきしダメ。周囲を気に
               しすぎ。
39.トータス・タートルズ・・・足が遅い選手しかいないので機動力ゼロ。ヒットを打っても
                  簡単にアウトになる。 
40.チキンズ・・・見るからに弱そう。心臓が小さく、大舞台では緊張して実力を出せない。
41.ゴリラズ・・・めちゃ強そうで、集団行動が得意。監督(ボス)には逆らえない。
42.シーガルズ(鴎)・・・スワローズに対抗。本拠地は海のそば。ファンのポプコーンやポ
               テチを奪い、元気百倍。
43.サーモンズ(鮭)・・・金の卵がいっぱいいる。育成上手でファンへの恩を忘れない。
44.イグアナズ・・・監督はもちろんタモリ 天敵に襲われると一目散に逃げだす。
45.リザーズ・・・選手を大事にしない。失敗した選手はすぐに尻尾を切られる。

 <ありそうでなかった球団名>

 チーターズ・・・肉食系で俊足ぞろいで強そうだが・・・。
 ジャガーズ・・・GSのイメージが強くてあったかのような錯覚
 フェニックス・・・仙台ライブドアフェニックス?のイメージが残る。

 <絶対にありえない球団名>

 ナマケモノ・・・戦う意思がゼロ。
 アリクイ・・・・・イメージがよくない。
 エスカルゴ・・・炎上しそう。
 アリジゴク・・・・相手を騙してわなに誘い込む戦法にファンはついていけない。

 <あってもよさげな球団名>

 キングコング・・・ゴジラとともに版権が高く、実現できそうにない。
 ゴジラ・・・オーナーは東京電力。海から上がり、街を破壊し、人が住めない。監督は
      もちろん松井秀喜氏。負けてばかりでファンへの謝罪が後を絶たない。   
 ビートルズ・・・オールドファンからのクレーム必至。
 ドリームズ・・・漫画にはあるが。優勝したくてもいつも夢で終わりそう。
 アタッカーズ・・・バレーのチーム名なら納得だが・・・。
 ラブズ・・・同性愛の選手ばかりでファンにまで手を出しそう。
  チャレンジャーズ・・・打線が爆発?おっとこれは禁句

  プロ野球の球団経営できる財力があるのに実現しない企業

 住友         パナソニック          りそなグループ
 三井         JRグループ          セブン&アイホールディングス
 三菱         朝日新聞社          イトーヨーカドーグループ
 トヨタ        オリエンタルランド       伊藤忠商事
 日立         三越              東京海上火災
 第一生命      日本生命           ヤマダ電機   

 記事作成:11月27日(月)~  

 

 

 

2017年12月 3日 (日)

彼氏・彼女が欲しくなる名作 Xmas CM

 クリスマスまで一か月を切り、街角にはイルミネーションが夜の闇を鮮やかに照らし、いやがおうにもクリスマスムードを掻き立てる季節、テレビをつければ、同じように甘い恋人同士の映像が流れている。師走にお馴染みの光景が今年もやって来た。
 過去、何度も当ブログで、クリスマスを彩るCMを特集して来たが、今年はその中でも名作と思えるものを4つお送りしたい。

 1 ペプシネックス CM Pepsi NEX 「X'mas Lover」篇   

 

 B’zの「いつかのメリークリスマス」が切なくて、冬の情景にはピッタリ。待ち合わせ場所になかなか現れない彼氏にしびれを切らす彼女の表情が堪らない。目隠しからバッグハグは女子の憧れのシチュエーションだろう。
 ♪「い~つまでも手を繋いでいられる気がしていた~」からの「好きな人をもっと好きになる季節です」はジーンと来るナレーション。本音が垣間見えて共感できる。
 私にも20代の頃、このようなシーンが何度かあった。今見るともどかしさ半分、微笑ましく思えること半分だ。

 2 アルペン CM 加藤晴彦 1996年 「待ち合わせクリスマスツリー」篇

 アルペンのCMは1980年代頃から始まり、出演者を替えて繰り返し放送されて来た。クリスマス直前にスキー場がオープンし、大晦日・正月、バレンタインデーまでドラマチックなゲレンデシーンが展開する。そこでは誰もが純愛ドラマや映画の主人公になり得る要素を秘めている。

 3 新垣結衣Mobage cm   

 恋人が出来て初めて迎えるクリスマスデート。彼氏を待つ時間の長さ。彼氏が来ない時間、不安に駆られている彼女の表情が切ない。やがて大遅刻して待ち合わせ場所に現れた彼氏。曇りがちの表情が一瞬で変わるその瞬間が素敵だ。

 4 東京ディズニーシー クリスマスウィッシーズ CM(2010年)   

 彼女の本心がいじらしい。ディズニーランドはカップルで訪れると恋の魔法が醒めないようだ。

 今回は毎回ダントツ1位にしている「JR東海」を敢えて掲載しませんでした。

 最後に、てっぱんクリスマスCM動画をどうぞ!

クリスマスに聞きたい曲!定番の邦楽クリスマスソング。おすすめの名曲や人気曲 2017

https://www.youtube.com/watch?v=F71AcFBUG-o

 さて、年甲斐もなくはしゃいだ記事を書いてしまったが、クリスマスシーズンは誰もが心躍り、メルヘンチックな雰囲気に浸りたくなる。そんな光景を彩り、鮮やかに演出してくれるCMを今日は紹介しました。

 記事作成:11月27日(月)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

福島県の天気


無料ブログはココログ