2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

2018年3月期のCMベスト3

 その時期に流行ったり、何度も繰り返し放送され、注目を浴びた見慣れたCMを特集して掲載しているこの記事。今回は主にこの3月に放送されたCMから気に入っているCMを3作品お送りします。

 1位 あづま脳神経外科病院のCM

 地元限定のCM 看護師役にモデルの新野美紀子さんを起用。とても爽やかで清潔感があり、地元愛に溢れた感動CM。FCTで土曜日21:55からの天気予報絡みの映像は、長編を流している。

  そして天気予報で使われているロングバージョンはコチラです。

 2位 意識高すぎ高杉くん

 3位 小嶋陽菜CMユニクロWireless Bra(2018年)【CM】         

https://www.youtube.com/watch?v=_SHUo7Wg8e4

 なお、このシリーズ記事は来月27日の当ブログ終了に伴い、次回(4月25日掲載予定)が最終回となります。ご了承ください。

2018年3月27日 (火)

名球会入りしていない名選手

 投手は200勝以上、打者なら2,000本安打がその加入条件となるNPBの名球会。最近は分業制が常態化しているため、250セーブが付加された。そして日米通算での記録達成でも加入が認められるようになった。
 一方では、いずれの条件も満たしていながら、入会を拒否したり、脱退する方も見られるようになった。一流プロ野球選手の称号とは言えなくなった名球会だが、私達の記憶に残る名選手でありながら、惜しくも名球会に入っていない選手がわんさかいる。

 本日はそうした「名球会入りしていない名選手」をセレクトしてお送りしたい。

 まずは名球会入りの条件を満たした選手を一覧で紹介し、惜しくもあと僅かのところで引退した選手を続けたい。

 <先発投手>

1 400 勝 金田 正一 1950-1969
2 350 勝 米田 哲也 1956-1977
3 320 勝 小山 正明 1953-1973
4 317 勝 鈴木 啓示 1966-1985
5 310 勝 別所 昭(毅彦) 1942-1961
6 303 勝 V.スタルヒン(須田 博) 1936春夏-1955
7 284 勝 山田 久志 1969-1988
8 276 勝 稲尾 和久 1956-1969
9 254 勝 梶本 隆夫 1954-1973
10 251 勝 東尾 修 1969-1988
11 237 勝 若林 忠志 1936春夏-1953
11 237 勝 野口 二郎 1939-1953
13 224 勝 工藤 公康 1982-2010
14 222 勝 村山 昌史 1959-1972
15 221 勝 皆川 睦男(睦雄) 1954-1971
16 219 勝 山本 昌広(山本昌) 1984-2015
17 215 勝 杉下 茂 1949-1961
17 215 勝 村田 兆治 1968-1990
19 213 勝 北別府 学 1976-1994
20 209 勝 中尾 輝三(碩志) 1939-1957
21 206 勝 江夏 豊 1967-1984
22 203 勝 堀内 恒夫 1966-1983
23 201 勝 平松 政次 1967-1984
24 200 勝 藤本 英雄 1942-1955

 日米通算で野茂英雄も条件を満たしている。

 惜しかった投手

 長谷川良平 197勝  あと3勝
 秋山    登 193勝  あと7勝
 松岡    弘 191勝  あと9勝

 一方、一時期エース級の活躍をしながら、名球会に届かなかった投手は・・・

 桑田真澄  173勝 ダイビングキャッチして肘を負傷したことが悔やまれる
 高橋直樹  169勝 東映・日本ハムのエース
 杉浦  忠  187勝 南海のスーパーエース 
 江本孟紀  113勝 南海時代、野村とバッテリーを組み、エースとして活躍 阪神移籍
 高橋一三  167勝 V9時代の左のエース 堀内とともに巨人を支えた
 西崎幸広  127勝 日本ハムのハンサムエース
 阿波野秀幸  75勝 近鉄のエースとして君臨したが、僅か75勝しかしていない驚き
 渡辺久信  125勝 西武のエースとして黄金時代を築いたメンバーのひとり
 川口和久  139勝 広島のエース
 山口高志   50勝 44セーブ 阪急のストッパーとして黄金時代を築いた
 齋藤雅樹  180勝 巨人のエース スリークォーター投で鋭く曲がるスライダーが武器
 西本  聖  165勝 江川と並び、80年代の巨人を支えた
 江川  卓  135勝 鳴り物入りで入団。実働9年で引退 オールスター8者連続三振
 西口文也  182勝 西武のエース ノーヒットノーランをあと一人で2回逃す
 星野仙一  146勝 巨人への対抗意識が強く燃える男だった。
 今中慎二   91勝 1990年代の中日のエース 細身から鋭い速球と球速差50キロも
              あるスローカーブで打者を翻弄した
 

<リリーフエース>

1 404 セーブ 岩瀬 仁紀 1999-
2 286 セーブ 高津 臣吾 1991-2007
3 252 セーブ 佐々木 主浩 1990-2005

 セーブポイントでは、たった3人しか名球会入りしていない。

 惜しい選手はコチラ(外国人助っ人を除く)

 小林 雅英 228セーブ  あと22
 藤川 球児 223セーブ  あと27 現役なので達成可能
 江夏  豊  193セーブ 
 馬原 孝浩 182セーブ

 往年の名選手でリリーフといえば、宮田征典、山口高志、大野豊、潮崎哲也などがいる。
 宮田はセーブという概念が確立する前のオールドプレーヤーだし、山口の剛速球は今では伝説だが、長く活躍できたわけではない。大野は晩年に抑えに転向したが、148勝138セーブ止まり。私が尊敬する津田恒美は90セーブだ。

 <打者>

1 3085 安打 張本 勲 1959-1981
2 2901 安打 野村 克也 1954-1980
3 2786 安打 王 貞治 1959-1980
4 2566 安打 門田 博光 1970-1992
5 2543 安打 衣笠 祥雄 1965-1987
5 2543 安打 福本 豊 1969-1988
7 2539 安打 金本 知憲 1992-2012
8 2480 安打 立浪 和義 1988-2009
9 2471 安打 長嶋 茂雄 1958-1974
10 2452 安打 土井 正博 1961-1981
11 2432 安打 石井 忠徳(琢朗) 1989-2012
12 2371 安打 落合 博満 1979-1998
13 2351 安打 川上 哲治 1938春-1958
14 2339 安打 山本 浩司(浩二) 1969-1986
15 2314 安打 榎本 喜八 1955-1972
16 2274 安打 高木 守道 1960-1980
17 2271 安打 山内 和弘(一弘) 1952-1970
18 2228 安打 大杉 勝男 1965-1983
19 2204 安打 大島 康徳 1969-1994
20 2178 安打 新井 貴浩 1999-
21 2173 安打 若松 勉 1971-1989
22 2167 安打 稲葉 篤紀 1995-2014
23 2157 安打 広瀬 叔功 1955-1977
23 2157 安打 秋山 幸二 1981-2002
25 2133 安打 宮本 慎也 1995-2013
26 2122 安打 清原 和博 1986-2008
27 2120 安打 小笠原 道大 1997-2015
28 2119 安打 前田 智徳 1990-2013
29 2108 安打 谷繁 元信 1989-2015
30 2101 安打 中村 紀洋 1992-2014
31 2097 安打 古田 敦也 1990-2007
32 2095 安打 松原 誠 1962-1981
33 2084 安打 松井 稼頭央 1994-
34 2081 安打 山崎 裕之 1965-1984
35 2064 安打 藤田 平 1966-1984
36 2062 安打 谷沢 健一 1970-1986
37 2057 安打 江藤 慎一 1959-1976
37 2057 安打 有藤 通世(道世) 1969-1986
39 2055 安打 加藤 秀司(英司) 1969-1987
40 2050 安打 和田 一浩 1997-2015
41 2041 安打 小久保 裕紀 1994-2012
42 2038 安打 新井 宏昌 1975-1992
43 2036 安打 阿部 慎之助 2001-
44 2023 安打 荒木 雅博 1996-
45 2020 安打 野村 謙二郎 1989-2005
46 2018 安打 柴田 勲 1962-1981
47 2017 安打 A.ラミレス 2001-2013
48 2015 安打 鳥谷 敬 2004-
49 2012 安打 田中 幸雄 1986-2007
50 2006 安打 駒田 徳広 1981-2000

 日米通算でイチロー、松井秀喜も条件を満たしている。投手に比べ倍以上の選手が名を連ねる現状を鑑みれば、打者の2,000本安打のほうが達成しやすいと言える。昔の選手は、先発なら40試合以上登板などザラだったが、今では分業制が進み、先発完投は少ないし、登板数も1シーズンで30試合程度だ。10勝を20年間続けてやっとなのに、そこまでたどり着くのは至難の業だ。

 惜しかった選手は・・・

 飯田徳治 1978安打 あと22本 名球会という組織が出来る前の選手
 毒島章一 1977安打 あと21本 名球会という組織が出来る前の選手
 内川聖一 1975安打 あと25本 現役(今季達成濃厚)
 小玉明利 1963安打 あと37本 名球会という組織が出来る前の選手
 福浦和也 1962安打 あと38本 現役(今季達成濃厚)
 谷  佳知  1928安打 あと72本 かつてはオリックスで首位打者を獲得 右打者
 井端弘和 1912安打 あと88本 高橋由伸の引退に感化されてユニホームを脱ぐ
 松永浩美 1904安打 あと96本 オリックスの核弾頭
 
 記憶に残る名球会に届かなかった名選手

 高田  繁  1384安打 柴田は名球会入りしているが、彼は13年で現役を終えた
 高橋由伸  1753安打 腰痛に苦しんだ まだまだやれたが、巨人監督就任で引退
 新庄剛志  1524安打 阪神、メッツ、ジャイアンツ、メッツ、日本ハムと渡り歩いた
 原  辰徳  1675安打 若大将もスランプに苦しんだ 巨人の4番の重責と闘い続けた
  篠塚利夫  1696安打 巧みなバットコントロールと広角打法で安打を稼いだが、腰痛
 真弓明信  1888安打 ナイスガイ 阪神の監督に就任したが結果出せず
 掛布雅之  1656安打 ミスタータイガースも2千本には遠かった 監督向きではない
 岡田彰布  1520安打 バックスクリーン三連発 阪神・オリックスの監督を歴任 
 石毛宏典  1833安打 原や岡田と同年代で、共に凌ぎを削った
 池山隆寛  1521安打 ブンブン丸の愛称でヤクルトの黄金時代を支えた 
 杉浦  亨    1434安打 若松一緒にヤクルトの功労者 長打力は凄かった
 高橋慶彦  1826安打 広島の俊足巧打の一番打者 遊撃手として守備も上手かった
 田淵幸一  1532安打 ホームランアーチストだったが、死球が選手寿命を縮めた
 大石大二郎 1824安打 近鉄の俊足巧打の一番打者 江川の三振記録を阻んだ
 松中信彦  1767安打 日本人で最後に三冠王を獲得したダイエーのスラッガー
  高木  豊  1716安打 俊足巧打 篠塚とタイプが似ていた スーパーカートリオ
 宇野  勝  1620安打 中日のショート 池山や山田タイプ 細身で長距離砲
 田代富雄  1321安打 中日の大島と似たスラッガー 大洋のオバQ
 島田  誠  1504安打 日本ハムの俊足巧打の中堅手 2074塁打
 柏原純一  1437安打 日本ハムの4番 お腹が出てホームランをかっ飛ばす
                 落合にタイプが似ていた 

 コメントはあくまで個人の感想です。

 さて、こうしてみると、一時期は大活躍しながら、ケガや故障、不調などで名球会に入れなかった名選手は大勢いる。記憶に残る名勝負を展開してくれたこうした選手達。これからも子ども達に夢や希望を与える存在であってほしい。
 

 記事作成:3月20日(火)

2018年3月26日 (月)

私が一番好きな場所

 人は誰しも自分のお気に入りの場所があると思う。悩みがある時、苦しい時、何かうれしいことがあった時、決まって訪ねたい場所が。そこに行けば妙に心が落ち着いて、自分自身を取り戻せる、そんな場所が。

 私にもそういう心のよりどころのような場所がある。それは、当ブログで何度も掲載しているが、郡山の西部、片平町よりさらに奥に行った河内という集落があるが、その外れの森林に覆われた小高い場所にそのスポットがある。

 そこは「菅舩神社」だ。実は、3月25日(日)の午前中にもお参りに行った。その時の模様をルポしたい。

 8:37 自宅発 小雨の中をインター線を西へ R49を横切り、セブンを左折
     片平のベニマルの前を通過し、右折して県道河内線へ。気温7℃
     小雨だが西の空は明るい 王宮伊豆神社前を通過 ここからまだ3.5kmある
     左折すれば逢瀬公園へ向かう十字路交差点をそのまま直進 河内集落を右左折
     菅舩神社の石碑へ。そしてくねくねした田んぼの一本道へ 小さな明神橋を渡る

       Img_7584_r    
       Img_7585_r

 8:52 菅舩神社の鳥居下へ到着 自宅から15分で来た 距離は10.1km
     いつものことながら誰も参拝者はいない。し~んと静まり返っている。
     早速苔むした石段を上る。距離にて150mくらいだ。
     各鳥居をくぐる際に立ち止まって拝礼。いつも誰もいない社務所に明かりが・・・
     みると宮司らしき人と目が合い、挨拶するが、無視された。ちょっと落胆

       Img_7586_r
       Img_7587_r_2

Img_7588_r Img_7589_r
Img_7590_r Img_7592_r

     2分ほどで境内の門へ ここでも一礼 ここは皇后陛下も訪れ、植樹した由緒正し
    き場所。境内(本堂)も立派。もちろん二礼二拍一礼して賽銭を入れ儀礼にのっとっ
    て拝礼し、平成29年度のお礼と新年度からの安全祈願をした。
     ここは訪れる人も少ないのに、なぜか防犯カメラがセットしてある。賽銭泥棒でもい
    るのか?3分ほどで戻る。何か祭事でもあるのか?駐車場の大きな家から荷物を
    持った男の人が石段を上がって社務所へ向かっていた。普段、人影がない場所でこ
    の動きは初だった。

Img_7593_r

Img_7596_r

Img_7597_r

Img_7598_r Img_7599_r

 9:01 菅舩神社を後にした。帰りトライアル喜久田店で買い物をし、9:44に帰宅した。
     自宅から往復で25.6km 1時間7分で往復し、寄り道も可能なお手軽スポット
     だ。

 さて、私のブログはあとわずかで終了するが、私のブログを読んで、行ってみたいと思ってくれた方がいれば嬉しいし、たまたま偶然に居合わせて、「SUZUさんですか?」と訊かれるのを密かに期待していたが、そんな体験は今まで一度もない。それもそのはず、これまで私は2年前にこの神社の存在を知り、以来、土日を中心に10回以上足を運んで来たが、いつ行っても無人。そういう嬉しい出逢いなど起きようもない環境にある。 
 
 たぶん、郡山市民でもこんな素敵な心安らぐ場所があるなんて気づかない知らない筈だ。足掛け45年間も郡山に住んだ私でも知らなかったくらいだから・・・。

 次回は、逢瀬公園の桜が満開の週末に訪れたい。去年は「サタふく」の浜ちゃんぽの生中継中の浜中さんとすれ違った。今年もそんな偶発的な出逢いを期待したい。

 ぜひこのブログをご覧になった方も一度訪れてほしい。侘び寂を感じられる幽玄なパワースポットで、何か活力を得られる唯一無二の場所だ。「こんなところが郡山にあったのか」と驚くことうけ合いだ。地図はコチラ

 動画サイトに挙がっていた映像

  記事作成:3月25日(日)

2018年3月25日 (日)

福島県出身タレント増殖中!

 我が福島県出身の10代のタレントが今、全国区の人気を得つつある。最近は松井愛莉や武田玲奈、舞木香純(元AKBチーム8)、優希美青、「まこみな」らがいるが、従来とは違うジャンルで、華々しい活躍が期待されるヤングエイジだ。ぜひ応援して欲しい。

 竹内愛紗

 いわき市出身の16歳。血液型はAB型

 「いわき市に、すごくかわいい中学生がいる」という噂を聞きつけたスウィートパワーのスタッフによりスカウトされる。社長も自ら現地へ赴くなど、2016年4月から10か月近くかけて本人や家族と交渉を重ね、デビューにこぎつける。2017年4月の高校入学と同時に上京。

 2017年、芸能界入りとほぼ同時にY!mobileのCM出演を決め、デビュー3か月で『週刊ヤングジャンプ』表紙に起用される。10月スタートの『明日の約束』(フジテレビ)でドラマデビュー。12月23日に公開の『リベンジgirl』で映画デビュー。福島の奇跡と呼ばれる美少女。

  • 趣味:乗馬、音楽鑑賞。
  • 特技:トロンボーン(小中で全国大会出場・県選抜)。
  • 好きな食べ物:苺、オムライス、キャベツの千切り。
  • 尊敬する女優:高畑充希。
  • タイトスカートがお気に入り。
  •  「ブルガリ」Fit My Style Vol.4 ​ 桐谷美玲・竹内愛紗篇 ​ ​​ ブルガリの似合う女性をめざす“美人姉妹”

     https://www.youtube.com/watch?v=dgxwjVnfI34

     

     箭内夢菜

     生年月日:2000/6/21(17歳)
     出身地:福島県須賀川市
    ※郡山市在住(小原田中卒で清陵情報高校在学中との噂がある)
     身長:164cm スリーサイズ:B81 W67 H89
     趣味:雑誌を読むこと特技:柔軟職業:モデル所属事務所:irving(アービング)
     
     2代目ポカリガールに抜擢され、一躍注目のタレントとなった。

     「めざせ甲子園2017」 https://www.youtube.com/watch?v=UwyGhd83IdA

     彼女は地元では「福島民友」や「うすい百貨店」などのCMに出演しており、そのルックスの良さで引っ張りだこな状態。身長が高くスタイルが抜群なので、モデルとしても活躍している。「箭内」という姓は、福島県の田村郡に多い。須賀川市出身の有名人と言えば、ウルトラマンやゴジラの生みの親「円谷英二」、俳優の「ディーン・フジオカ」、東京五輪のマラソン銅メダリストの「円谷幸吉」らがいる。

     さて、今日は2人を紹介したが、今年ブレイクすること間違いない面々だ。福島県出身者がこんなに人気が出ることは、風評被害を払拭するステータスになり得るかもしれない。ぜひ、いろいろなジャンルに挑戦し、福島県の良さをPRして欲しいと願う。

     記事作成:3月20日(火)

    2018年3月24日 (土)

    なぜか閉店する私の行きつけ

     過去、郡山で私が行きつけだったり、常連だった店は、どういうわけか潰れたり、撤退したり、あるいは閉店に追い込まれたりするケースが多かった。とんだ疫病神状態だが、私が気に入ると閉店するというジンクスが生まれた。
     では「論より証拠」そのリストを取り上げたい。

     1 BLUE HOUSE・・・郡山ビューホテルのあるビルの2階にあったおしゃれ雑貨屋
     2 サンテミリオン・・・猪苗代町上戸にあったレストラン スキーの帰りに立ち寄った
     3 ユアファクトリー・・・ブラインドや観葉植物を買った 現在は中古車屋
     4 ユニデン→ジャンボエンチョー・・・自転車を購入した 現在はカワチ薬品とゲオ
     5 庄司デンキ→電激倉庫・・・現在は業務スーパー

     6 カンセキ開成店・・・現在はダイソー ここで花壇用ブロックを大量購入した 
     7 ケイヨーD2・・・現在はTSUTAYAとみどり書房
     8 アルペン・・・うねめ通り沿いにあったスキー専門店 現在は中古カー用品店
     9 創夢館・・・レンタルビデオ&CD店 もちろん会員だった 当時はまだVHSだった
    10 ぽえむはうす・・・現在はマクドナルド 石焼きハンバーグステーキは最高だった

    11 ワンスアポンアタイムインアメリカ(アークアメリカ村)・・・元カノとよく訪れた
    12 カフェ&レストラン飛行船(朝日・横塚・安積町にあった)最近復活した
    13 チムニー・・・イオンタウンにあったバイキング店 
    14 点心・・・郡山北工東向かいにあった中華料理屋 Bランチ(700円)が大好きだった
    15 かっぱ寿司長者店・・・東日本大震災で柱が崩れ、撤去

    16 ブックオフさくら通り店・・・東日本大震災で閉店 行きつけだった
    17 半田屋郡山東口店・・・撤退した 学食スタイルで好きなおかずをチョイスできた
    18 ビデオフォーラム・・・内環状線沿いの朝日にあった2階建てレンタルCD&ビデオ店
    19 ビクトリア・・・内環状線沿いにあったスポーツ店 スキー専門だった
    20 金美堂朝日店・・・3度、メガネを購入した。

    21 亀井鮨・・・緑町の「リトルビル」の隣りにあった鮨屋
    22 ピノキオ・・・中町にあった老舗おもちゃ屋
    23 まるさた・・・震災で解体された野替ビルにあったおもちゃ屋
    24 おのざわ・・・虎丸にあった駄菓子&お好み焼き屋 後継者がいなくて閉店
    25 不二家(八山田店)・・・ペコちゃんでお馴染みの店だった

    26 酒天国八山田店・・・ここの298円弁当は安かった かつ丼やハンバーグ弁当をよく
                   買った
    27 幸楽苑・・・会津っぽ、き伝、チーファンと名前を変えたが、幸楽苑になり、最近「いきな
             りステーキ」とチェーン契約し事業拡大
    28 岩瀬書店(桑野店)・・・よく夜に本を買いに行った 現在は「ビデオ1」
    29 カラオケヒットスタジオ・・・郡山庭球場の向かいにあったカラオケボックス
    30 とんかつなにわ(大町店)・・・現在は朝日町の今泉西病院近くへ移転 

    31 ラーメン麒麟・・・市役所の北隣りにあったラーメン屋 その後「あさひ」 現在は「山ね
                こ亭」
    32 ラーメン鎌倉屋・・・虎丸町のカトリック教会の向かいにあったラーメン屋
    33 大野屋・・・49号線の喜久田安子ヶ島にあった饅頭屋 ここの「きんつば」は最高だっ
             た
    34 赤レンガ・・・清水台の銀座美容室の並びにあったイタリアン中心の洋食屋 とにかく
              おしゃれだった
    35 さざ波(小波)・・・咲田にあった寿司屋でよく母親と食べに行った
    36 志乃屋・・・実家の近くにあったさくら通り沿いのすし屋 よく出前をとった
    37 ボローニャパン・・・さくら通り沿いの虎丸にあった「ほっかほっか亭」を改装して出来た
                  ミニスタンド形式のパン屋 甘いくて大きな食パンが大人気だった
    38 かに料理甲羅(朝日店)・・・かに雑炊が大好きだった
    39 メガマート(イオンタウン内)・・・ここで数多くの雑貨や洋服を買ったものだ
    40 見聞録・・・桑野にあった本屋 細長いオシャレな内装だった

    41 山の井・・・店内でL字型に折れる 漫画を描く道具一式を購入した なぜか土間
    42 ロッテリア朝日店・・・郡山で最初のファーストフード店 イタリアンサンドは絶品だった
    43 ドライバーズスタンド・・・2輪専門店と四輪専門店に分かれていたが、二輪グッズを
                     買った覚えがある
    44 青木書店・・・黎明高校前にあった本屋 オカマの店員が窃盗で逮捕され閉店
    45 朴GS・・・現在のモールの斜め向かいにあった昭和シェルのGS 現在はツルハ

     潰れてはいないが、メニューが無くなったり、営業時間が変更になった店

     1 吉野家・・・大好きだった人気メニューの朝定食の「ハムエッグ納豆定食」が消えた
     2 まるまつ・・・6時からだったのが10時からになり、朝定食が無くなった
              納豆と生卵、ひじき、味噌汁がついて298円だった・・・。さらにおにぎり
              が一個サービスで付いた。この1年で、早朝60回訪問して食べに行った
              のに、営業時間短縮以降、一度も行っていない。
     3 山忠・・・今でも営業しているが、朝日から桑野に移転した。ランチの定食は美味しい
            茶碗蒸し付きで大好物だった 

     以上のように、私が行きつけになった店はことごとく閉店に追い込まれる。店からすると大迷惑な話だ。私自身が味がわからず、人気がない店に行くから潰れるのか、それとも見えざる何者かの仕業か。この有様では怖くて常連になれない気がする。

     記事作成:3月17日(土)
      

    2018年3月23日 (金)

    私の好きなミュージックビデオ(MV)

     最近、動画サイトで見て好きになったMV(ミュージックビデオ)がある。年相応ではないが、なぜか郷愁を誘うほのぼのしたストーリーに仕上がっているものに惹かれるようになった。
     今日は、興味本位で申し訳ないが、もうじき終わるこのブログの総仕上げとして備忘録の意味も含めてお送りします。

     1 最後の一歩

     元気が出る曲。歌詞が素晴らしく、耳にすると、勇気をもらえる。「こんなとこで負けんじゃねぇ、絶対に負けんじゃねぇ」というフレーズが心に響く。
     この日のためにずっと頑張ってきた自分なのに、本番を目の前にして臆病になっている自分を叱咤激励するメッセージソングだ。

     2 桜咲く頃

     卒業をテーマにした秀作。「Aniversary」に似たストーリーだが、卒業したくなくても時期が来れば青春の想い出を残して、学び舎を巣立って行かなければならない。過ぎ去ってしまえば、すべてがキラキラ輝く大切な想い出ばかりで、宝物のような存在になっていく。好きだった彼女も、自分と同じ気持ちでいてくれているかなと過去を回顧しながら、学生時代のことをしみじみ思い返すことがあるだろう。そんな切ない想いを描いた作品だ。

     3 ひとりじゃない ~繋がる想い~

     女子サッカーの名門・宮城常盤木学園とDUFFのコラボ企画のMV。スター選手揃いで黄金時代を築いたサッカー部が卒業に際し、友達を想い、そして仲間の大切さを共に歌い上げた作品で、感動を誘う。

     4 君に贈る詩

     

     卒業式シーズンにぴったりの感動ソング。一緒に過ごした時間が長ければ長いほど、思い出の数が多ければ多いほど卒業での別れは辛くなる。きっと今、辛い日常を過ごしている人も、過ぎ去ってしまえば、きっと「あの頃は良かった」と思える日が来るはずだ。そして仲間の顔がまた見たくなって母校を訪れたくなる。ふるさとを離れた人も、きっとまた自分が過ごした町を訪ねたくなるに違いない。夢を追いかけて過ごした日々は青春時代のかけがえの無い思い出として記憶の片隅にある。
     きっとまたいつか笑顔で逢おう。

     大学生達が大会に向かってモチベーションアップのPVを作成しているが、それによく使用されている。
     私のブログもあと一ヶ月で終了となり、ややセンチメンタルになっている部分もあるが、もうしばらくお付き合いください。

     記事作成:3月12日(月)

    2018年3月22日 (木)

    近頃話題の福島県出身者

     我が福島県には、野口英世博士を始め、有名人を多く輩出しているが、ここ数年は、良きにつけ悪しにつけ、県内出身者が多くの話題を振りまいている。
     今日は、そうした方々をテーマにしたい。

     唐橋 充

     イラストレーター兼俳優。血液型はB型。文教大学卒業。早稲田大学の演劇研究会・劇団「Cretan Crete」(現在は解散)に所属する舞台専門の俳優だった。祖父は政治家で元喜多方市長の唐橋東、妻は女優の水野美紀。

    Karahashi

     喜多方には唐橋という姓が多い。アナウンサーの唐橋ユミも喜多方市出身。

     田母神俊雄

    Tamogami  福島県郡山市田村町の農村に生まれる。その後地元の中学校をへて福島県立安積高等学校へ進学。1967年(昭和42年)3月、福島県立安積高等学校を卒業。防衛大学校に入校し、1971年(昭和46年)3月に卒業(第15期、電気工学専攻)。防衛大学校卒業後、航空自衛官となる。その後、航空自衛隊の主要ポストを歴任した。2007年(平成19年)3月28日:第29代航空幕僚長に就任するほどのエリートとなった。

     2016年4月14日、都知事選における選挙運動の中に、公職選挙法違反と疑われる行為があり、逮捕となった。

     立候補した東京都知事選で運動員らに現金を配ったとして、公選法違反(運動員買収)罪に問われた元航空幕僚長、田母神俊雄被告(69)の控訴審判決で、東京高裁(青柳勤裁判長)は3月13日、懲役1年10月、執行猶予5年とした一審東京地裁判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。
      判決によると、2014年2月に投開票された都知事選に立候補した田母神被告は同年3~5月、選対事務局長らと共謀し、運動員ら6人に計480万円を渡したとされる。

     佐川宣寿

     元理財局長、前国税庁長官で日本の財務官僚。第48代国税庁長官。
     
     Sagawa福島県平市(現在のいわき市)生まれ。平市立平第一小学校、いわき市立平第一中学校で学ぶ。中学3年の時、父を亡くす。その後、東京都内の中学校に

    転校。九段高校に進学した際には、3人の兄が学費を負担してくれた。 1982年、東京大学経済学部卒業、大蔵省入省。 1984年、大阪国税局調査部。 1987年、名古屋国税局高山税務署長。 1998年7月、近畿財務局理財部長。 2001年、財務大臣秘書官。 2004年、財務省主計局主計官。2008年、主税局総務課長。2010年、財務省大臣官房審議官(主税局担当)。2011年7月1日、東日本大震災復興対策本部事務局次長。2012年2月10日、復興庁統括官付審議官。2013年6月28日、大阪国税局長。2014年7月、国税庁次長。2015年7月7日、関税局長。2016年6月17日、理財局長。2017年7月5日、国税庁長官(第48代)などの高級官僚ポストを歴任。

  •  2018年3月9日、森友学園問題で、電子データ書き換えに関与したとして麻生太郎財務大臣により懲戒処分(減給20%3ヶ月)を受け、同日、依願退官。
  •  この問題は「とかげの尻尾切り」という政治家の逃げ細工が見え隠れする。現に自殺者まで出しているのだから徹底的に究明しなければ犠牲になった本人も遺族も浮かばれない。
     だが、予算委員会の審理を見ていると、政治家が佐川氏に全責任をなすりつけて幕引きを図ろうという意図(裏工作)が見え隠れする。
     かつて汚職(ロッキード・リクルート・佐川急便)で自民党の政治家が辞職に追い込まれたように、安倍首相もこの一件で退陣に追い込まれなければいいが。なぜなら、今の日本の政治家で、世界各国首脳と対等に渡り合えるのは安倍氏以外に見当たらないからだ。
  •  岸田氏では党内を指導できない。石破氏はウンチクは素晴らしいが、求心力は無い。政治思想や方向性が独特すぎて、彼を全面バックアップできる挙党一致態勢を築くのは難しく、不協和音が増幅しそうだ。あの仏頂面では若者ウケはしないだろう。
  •  梅沢富美男

    Umezawa かつては下町の玉三郎として女形として活躍した、大衆演劇「梅沢劇団」第3代座長。血液型はB型。

     福島県福島市出身。1939年に旗揚げした剣劇一座「梅沢劇団」の創設者にして戦前・戦後まもなくの大衆演劇隆盛期のスターであり、浅草「常盤座」などの劇場を満員にした花形役者の父・梅沢清と娘歌舞伎出身の母・竹沢龍千代の間に8人兄弟の五男(7番目)として生まれる。

     富美男が中学校に進学した年に兄の武生が清から一座を引き継いだ。富美男は当初男役を演じていたが、1975年以降は兄の勧めで女形に変身する。独学で得た女形の美しさが一躍話題となり、「下町の玉三郎」と呼ばれる一座のスターになった一方で、副座長として兄を支えた。2012年10月に武生から座長を引き継ぎ、武生はその後見に回る。梅沢劇団は、歌舞伎演目のパロディー芝居、ミュージカル仕立てのショー、レビューを得意とする(これらに富美男の歌謡ショーを織りまぜた3部構成で舞台が行われている)。

     歌手としては、1982年に『夢芝居』が大ヒットしている。翌1983年には同曲で『第34回NHK紅白歌合戦』に初出場。

     最近は、リバイバルで大人気。それは毒舌で世の中の悪しき風潮をバッサリ切り捨てる活舌の良さで、ご意見番としての立ち位置を確立した。
     また、マイペースで自己中ながら、プレバト!!などでは俳句の特待生として、時には生け花のセンスのよさでそのマルチな才能を発揮し、人気が再爆発した。

     ちなみに私が考える福島県出身の有名人は以下の通りだ。

     1 野口英世     11  秋吉久美子    21 本名徹次      31 西郷四郎
     2 西田敏行     12 円谷幸吉     22 田部井淳子    32 松井愛莉
     3 齋藤 清      13 箭内道彦     23 江川卓       33 先代 栃東関
     4 渡部恒三           14 中畑 清       24 芦名 星      34 川島廣守
     5 加藤 茶      15 市川昭介          25 野村沙知代    35 遠藤一彦
     6 佐藤栄佐久        16 児玉誉志夫    26 白鳥久美子    36 山猿
     7 春日八郎           17 あばれる君    27 柏原竜二      37 大熊正二
     8 ディーンフジオカ    18 猪俣公章     28  大山忠作      38  小林浩美
     9 円谷英二     19 高村智恵子       29  三瓶         39 酒井美紀(ゴルフ)
    10 伊東美咲        20 松平容保      30  武田玲奈      40 相楽晴子 

     福島県は東北の田舎というイメージが付きまとうからなのか、福島県出身というのを隠している芸能人がいるのは残念だ。伊東美咲や秋吉久美子もかつてはそうだった。
     あと他には元宝塚の娘役だった白羽ゆりや俳優の佐藤慶、佐藤B作、齋藤暁、千葉麗子、芸人のあかつ、ゴージャス、アルコ&ピースの平子なども福島県出身

     記事作成:3月12日(月)

    2018年3月20日 (火)

    世紀の脱出王日米対決

     あなたは「スーパーマジシャン」と聞いて誰を想像しますか?
     1970年代の日本を超能力ブームに陥れた「ユリ・ゲラー」?それともサイキックエンターティナーとして1980年代後半から華々しく登場し、「超魔術」の世界を確立した「Mr.マリック」?はたまた異次元の奇才「セロ」?私なら迷わず2人の魔術師を挙げる。魔術師と言っても手品やマジックのような生易しい類ではなく、命を張った脱出劇を演じたスパーエキセントリックなHEROだ。ひとり目は、オーストリアが生んだ脱出王の「ハリー・フーディーニ」だ。彼は欧州出身だが米国で名声を挙げたため、アメリカ人として扱いたい。

     ハリー・フーディーニ

     1874年生まれの彼は、「脱出王」の異名を取った、オーストリア=ハンガリー二重君主国ハンガリー王国ブダペスト市七区(エルジェーベト町)出身のユダヤ人で、アメリカ合衆国で名を馳せた奇術師。本名ヴェイス・エリク (Weisz Erik) [ˈvæjsˌerik](ハンガリー人は姓を先に、名を後に表記するので、ヴェイスが姓)。「現在でもアメリカで最も有名な奇術師」と呼ばれるほど認知度は高く、奇術師の代名詞ともなっている。

    Harry1 Harry2

     飛行機や陸上競技への造詣が深かった。超能力や心霊術のいかさまを暴露するサイキックハンターとしても知られる。
     脱出術を得意とし、各国の警察の留置場や刑務所に収監されての手錠外しによる脱出や、また凍った運河やミルク缶からの脱出を行い、話題となった。「フーディーニに脱出できない所は無い」「不死身の男」「脱出王」と大規模に宣伝するなど、マスコミを利用した売り込み技術はずば抜けた才能があり、当時のアメリカのトップスターとなった。 また、それまであったトランクからの脱出を、助手と奇術師が一瞬で入れ替わるトリックへと進化させ、奇術にスピード性と鮮やかさをもたらした。妻のベアトリス(ベス)  と行ったこの入れ替わりマジックは「メタモルフォーゼ(完全変態)」と呼ばれる。

     https://www.youtube.com/watch?v=TFMngeJ8IHs

     https://www.youtube.com/watch?v=KrnCPoTky9s

     https://www.youtube.com/watch?v=iKG_S-nKu0I

     しかし1926年、楽屋に訪れた大学生のホワイトヘッドに「腹部を強く殴られても平気」という芸を見せる際、フーディーニが準備していない段階で殴られたことが原因の急性虫垂炎で10月31日に死亡した。葬儀に参列したフローレンツ・ジーグフェルドは、棺の前で「賭けても良いが、彼はこの棺の中にもういない!」と言ったという。フーディーニは死の直前、妻ベスに対して「死後の世界があるのなら、必ず連絡をする」と伝えたが、その後何のコンタクトも無かったとベスは語っている。

     彼の死に様もまだ予期せぬものだった。誰にも死を予感させず、急に逝った。

     引田天功(初代)

     水中や爆発などの極限状態からの脱出マジックを得意とし、「日本の脱出王」の異名を取った。また催眠術にも長けていた。
     1968年から1975年まで7回にわたって日本テレビの特番(主に木曜スペシャルの枠内)として放送された脱出イリュージョンは「死のジェットコースター大脱出」、「死の火煙塔大脱出」「死の水道管大脱出」「油地獄水面炎上大脱出」といった従来のマジックからは考えられないほどのスケールの大きさで毎回高視聴率を記録し、日本中に脱出ブームを巻き起こした。脱出のアイディアは自身が尊敬する“脱出王”ハリー・フーディーニの脱出劇にヒントを得たものであり、大量の火薬をセッティングした大掛かりなパフォーマンスであった。彼はこれらの脱出を成功させるため、練習中に瀕死のアクシデントを経験している。脱出の際の爆薬の威力は凄まじく音と熱と煙に相当悩まされたとも自身の著書に記している。

    Tenko1 Tenko2_2

     テレビメディアと組んだ大規模な脱出イリュージョンの日本におけるパイオニアとして、日本のマジック界をリードする存在だったが、中年期より心筋梗塞など重度の心臓疾患に苦しんだ。しかし、自身の病状の進行等の事情から果たせず、1979年大晦日に死去。45歳没。「引田天功は脱出マジックに失敗して命を落とした」「煙を吸い込んで、肺を痛めたのが早世につながった」との噂もたったが、公式の死因発表は心臓病死である。

     一世を風靡した世紀の大脱出

    1.ダイジェスト

     2.「死のジェットコースター大脱出」(昭和48年3月)

     3.「死の火煙塔大脱出」(昭和50年4月)

     4.「油地獄水面炎上大脱出」(昭和50年10月)

     この油壺の脱出については、彼の死後、今から25年ほど前に彼がどのようにしてこの脱出を成功させたか、事細かに検証する番組を放送した。福留功男アナのナレーションで、いかに緻密に仕組んだ計画だったかを逐一解説して行った。私は当時VHSビデオに録画し、繰り返し何度も見て、彼の天才ぶりを賞賛した覚えがある。また、初期の「死の水道管大脱出」については映像がないので、こちらのHPをどうぞ!(削除の場合あり)

     http://homepage3.nifty.com/arb/subpage4-03.htm  

     フーディーニに憧れて脱出マジックを考案し、世間に衝撃を与えた彼は、奇しくも同じような境遇を辿り、早世してしまった。

     私は当時、小学生だったが、彼の織り成すスペクタクルな脱出劇にテレビの前でハラハラドキドキしながら手に汗握って固唾を呑んで見ていたのを覚えている。彼の急死の知らせもまた衝撃的だった。マジシャンの彼が病気で死ぬなどと思わなかったからだ。
     彼の壮大な計画の下で繰り広げられた世紀の脱出劇は、死後、彼の弟子だった2代目引田天功(現:プリンセス天功)に引き継がれた。
     あまりにも突然に死の報に、当時私は悲しみに暮れた覚えがある。今も存命ならば、その後も壮絶な脱出劇を見せていたに違いない。いや、逆に彼は早世したからこそ、伝説になっているのかもしれない。

     <参考資料>

     当ブログで掲載した記事「引田天功の「世紀の大脱出」」はコチラ

     記事作成:3月12日(月)

    2018年3月11日 (日)

    震災の記憶(7周年)

     今日であの未曾有の大災害をもたらした「東日本大震災」から丸7年が経過し、8年目を迎えることとなった。2万人近い人々が地震や津波によって命を落とした。街を見渡せば、未だに瓦屋根があの日のまま放置されていたり、ブルーシートがかけられたままの光景があちこちに見られる。一見、表面上は平静を取り戻したかのように見えるが、主な施設や公園には忌々しい放射線値を測るモニタリングポストが立ち、未だに農業・水産業は大打撃を受けたままである。外部&内部被曝によって、いつ甲状腺がん発病するかわからない状況下で、我が故郷・郡山は、あまりニュースで取り上げられなくなった「原発」の見えない恐怖と背中合わせの中で、生活しているのである。今日は、丸7年を迎えた震災記念日にあたることから、早く忘れたい記憶ではあるが、決して忘れてはならぬあの日の出来事を記憶の中に残すべく、震災の日のことを回顧し、亡くなられた方々のご冥福を祈り、合わせて黙祷を捧げ、追悼も行いたい。

     平成23年3月11日(月)午後2時46分

     その日は休暇を貰い、午前中、息子の中学校の卒業式に参列した。その後、和風レストラン「まるまつ」で昼食をとり、その後、「K'sデンキ」でブルーレイデッキの商談をし、時間潰しに思いつきで「ブックマート」に立ち寄り、立ち読みをしていたのだった。

    P7161959 P7161960

    左上の場所で携帯の「緊急地震速報」が鳴り、急いでカウンター左側の出口へ駆け足。

                         ↓

    P7161961 P7161962

    間髪入れずに体験したことがないような大きな揺れが襲いかかった。外では車が前後に激しく揺れ、今にも飛び出しそうだった。大きなガラスにヒビが入った。長くてなかなか収まらなかった。

                         ↓
    P7161963 P7161967

    この外灯が倒れてきそうな感じだった。ほどなく入口から次々と人が外へ飛び出してきた。車に飛び乗り、車が前に飛び出ないように必死でブレーキペダルを踏み続けた。

                         ↓

    P7161964 P7161966 

      車内から見ると、目の前の4階建てマンションが前後に傾くように大きく揺れ、隣りの和風レストランの瓦屋根が次々と落下。運転席で必死にブレーキをかけながら「早くおさまれ!」と祈りながら「うわっうわっ!」としか言葉が出て来なかった。この時、とんでもない大変な出来事が起こってしまったことを悟った。

     そして突如周辺は猛吹雪に・・・。この世の終わりを思わせるような長くて激しい揺れが続いた。3分くらい大きな揺れが続いた後、ようやく収まってきたところで、自宅や実家の状況が気になり、ひとまず自宅へ向かう。信号が消え、かっぱ寿司の東側の狭い通路を迂回した。ファミマの交差点から左折し、R49に入り、バイパスを駆け上がってとにかく自宅まで飛ばして帰った。すると幸いにも自宅は崩れてはいなかった。断続的に大きな揺れが襲いかかり、自宅前の電柱が大きく揺れる余震が続いた。家具が倒れ、玄関から容易に室内に入れない状況だった。やがて昼食から息子たちが帰宅し、家族の無事を確認した。更にワンセグで状況確認。次々飛び込んでくる情報で、災害の状況が明らかに。「大津波警報」という聞きなれない文言がテロップで流れ、アナウンサーの必死の形相で事の重大さを認識したのだった。幸い自宅は停電は免れたが、水道がストップした状態だった。電話は震災直後からまるで通じず、実家の安否は不明だった。

     動画で振り返る福島県(郡山中心)の状況

     ① ラジオ福島(2分41秒から)

     スタジオの物音から判断すると、2分41秒から5分24秒までずっと大きな揺れが続いていたことが解る。つまり2分43秒もの長い間、震度6クラスの大地震が継続して発生していたことになる。深作アナウンサーは努めて冷静に身の安全の確保を訴え続けた。一切取り乱すこともなく、アナウンサーの鑑だ。

     ② 郡山市内の店舗のカメラ

    http://www.youtube.com/watch?v=iuL5szlZIkY

    http://www.youtube.com/watch?v=RAA18wCKpzw

    http://www.youtube.com/watch?v=FX7l1-0CXRc

    http://www.youtube.com/watch?v=w3dy4DUPH88

     ③ 堂前の小料理屋の客が撮影した動画

    http://www.youtube.com/watch?v=FqQIc0Jic0g

     ④ アミューズパーク郡山(旧郡山スケートセンター)

    http://www.youtube.com/watch?v=DwP5VLVonJ4

     ⑤ FTVの社内カメラ

    http://www.youtube.com/watch?v=bAlrizLNN9M

     ⑥ 4号バイパス(日和田のJUSCO前付近)

    http://www.youtube.com/watch?v=hJvidAganrc

     ⑦ うすい百貨店周辺

    http://www.youtube.com/watch?v=J7yubGtkKMQ

    http://www.youtube.com/watch?v=QK2O5lrRurk

     ⑧ 郡山駅

    http://www.youtube.com/watch?v=NWuwHtZtHfY

    http://www.youtube.com/watch?v=emyJZTklhhs

     ⑨ 富田町界隈(カインズホーム)

    http://www.youtube.com/watch?v=RUY5buYYLWM

     ⑩ 震災後の状況(外国人撮影)

    http://www.youtube.com/watch?v=zUGs3V85uAo

    http://www.youtube.com/watch?v=jWfNct5imr8

     ⑪ 福島第一原発の水蒸気爆発

    http://www.youtube.com/watch?v=r3tG_E0XGck

    http://www.youtube.com/watch?v=eLr5_UxhoTA

    http://www.youtube.com/watch?v=7V-0XBdS86A&list=PLD19730E43CC6D63F

     「東日本大震災120秒で振り返る衝撃映像集」 *閲覧注意

     「東日本大震災」国家存亡の危機180秒映像! *閲覧注意

     「1000年後に残したい映像」

    http://www.youtube.com/watch?v=dkdHZKefQOI

     「MIRAI2061」

     これは私の中学の同級生(同じクラスだった)箭内道彦がプロデュースしたムービーだ。私の好きな清野菜名さんが出演している。

     今も放射線被害が続き、風評被害にも苛まれている状況が続いている。農業、水産業は再開の目処が立たない状況が続いている。原発周辺の町(大熊・双葉・浪江・富岡)は未だに立ち入り制限されたままで、誰も住めない状態である。避難所生活や仮設住宅に移住したままである。県外に散らばった県民は、一体いつになれば故郷に戻れるかわからない。この2年、未曾有の災害だったこともあり、政府の対応は後手後手で、未だに私が暮らす郡山市は除染が進まないでいる。いつになったら元の平穏な生活に戻れるか先が見えないが、福島県民としてプライドを失わず、前を向いて協力しながら一歩ずつ前進していきたい。

     今、あの日から6年たっても未だに疑問に思うことがある。それは2,556人もの人たちが津波で行方不明になっているが、海沿いに住んでいた人たちは、あれほどの体験したことがない巨大地震に襲われ、「大津波警報」が出されていたにもかかわらず、なぜ津波の犠牲になったのか?津波の襲来まで20~30分は逃げる時間があった筈だ。津波に対しての過信があって逃げなかったのか?それとも逃げるための足が無かったのか?みすみす津波が来るのを傍観していたのか?家族の安否を気遣い、自宅に戻る途中で巻き込まれて犠牲になったのか?防波堤を越えて、まさかここまでは津波がやって来ないだろうという油断があったのか?
     私だったら、海釣りをやる身として、海の近くに住んでいる方々というのは、私以上に、地震や津波に対する備えや気構えはあったと思うのだが・・・。
     犠牲になられた方には不謹慎かもしれないが、逃げずしてみすみす命を落とした人も多いのではないだろうか?

     最後に被災者の皆さんに激励のソングをお届けしたいと思います。

      門馬よし彦 「願い」

    https://www.youtube.com/watch?v=KQP9WIPRwHc

     震災からの記録「願い」」が完成しました。写真は、3月11日の東日本大震災以来、ラジオ福島の大和田新アナウンサーが報道取材時に撮影したものです。写真一枚一枚に人々の苦悩や悲しみを感じ、復興への道を力強く歩まなければならないことを再認識させられます。まだまだこれからです。私たちは歩み続けます。子どもたちの未来のために・・・・

     群青

     福島県南相馬市小高区。東京電力福島第一原子力発電所から20キロ圏内に位置し、原発事故後に「警戒区域」に指定された。今もおよそ1万2000人の住民が避難生活を送っている。その小高区で唯一の中学校だった小高中学校は、現在、原発から北に37キロ離れた鹿島小学校の一角に建てられた仮設校舎で授業を行っている。

     <普天間かおり 「Smile Again」

      ♪負けないで 負けないで 生きてゆくこと あきらめないで

               がんばって がんばって たくさんの愛が見守っているよ♪

      福島県で亡くなられた方、1,612人、行方不明者202名 

     また東日本大震災で犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。合掌

    2018年3月 8日 (木)

    福島のテレビ局のオープニング映像集

     テレビ局の放送開始時に流れるオープニング映像をご存知でしょうか?福島県のテレビ局だと、朝4時台に放送が始まり、夜中の2時過ぎにクロージング映像が流れて終了する。福島県には民放のテレビ局が4局あるが、そのOP映像とED映像はそれぞれ違う。
     古くは「福島テレビ」(本社・福島市)と「福島中央テレビ」(本社・郡山市)の2局体制がずっと続いていたが、その後、昭和50年代に「福島放送」(本社・郡山市)、「テレビユー福島」(本社・福島市)が相次いで開局した。
     福島テレビは以前はフジテレビとTBSをネットしていたが、今ではフジテレビ系列に、そして福島中央テレビは日本テレビとテレビ朝日をネットしていたが、4局体制になってからは「日本テレビ」系列になった。新設の福島放送が「テレビ朝日」をネットして、テレビユー福島は「TBS系列」に衣替えした。私が大好きな「テレビ東京」は4局どこでも放送している。番組だけを4局が買いとる方式で運営している。

     さて、話を戻すと、各局共に放送開始&終了時の映像は、工夫が凝らしてある。それぞれが開局前に宣伝媒体として流していた、今では使われていない映像は懐かしさ以外の何物でもない。今日はそれをテーマとしてお送りしたい。県内出身者はもとより、故郷を離れた方々にもぜひ懐かしんで貰えたら幸いです。

     1 福島テレビ(FTV)

      1986年当時のオープニング

     現在はコチラ https://www.youtube.com/watch?v=QjUVOLDvEa0

     1986年当時のクロージング

     現在のクロージングはコチラ https://www.youtube.com/watch?v=_MM74WXuUGY

     2 福島中央テレビ(FCT)

     昔のクロージング

     3 福島放送(KFB)

     「ビッグスカイ」の初代オープニング

     1989年のクロージング(20秒後より)

     開局前のジングルのようなPR映像は、外人女性がスピードスケートのような、あるいは「とんねるずのみなさんのおかげです」のモジモジくんのようなコスプレだった。

     4 テレビユー福島(TUF)

     現在はコチラ https://www.youtube.com/watch?v=ip2abJlK8yc

     クロージング

     1983年のクロージング

     現在はコチラ https://www.youtube.com/watch?v=NEBY9fflQMs

     さて、こんなことを記事のテーマにするのも、まもなく当ブログが終了するからで、何か福島愛を爪痕として残したかったからだ。我が福島県の魅力は様々あるが、テレビの話題でこれだけ盛り上がれるのもまた一興だ。私は往来のテレビっ子だったため、この関連であれば話題に事欠かない。

     記事作成:2月28日(水)

    2018年3月 6日 (火)

    郡山の魅力再発見 ! 54~県外の方に訪ねてほしいスポット7選~

     この記事も長くなった。今回で54弾を数える。今回は、福島県や我が街・郡山をあまりよく知らない方のために、観光意欲を掻き立てる意図で掲載したい。

     1 震災で一部が崩落したきのこ岩

     郡山の西部に多田野という地名がある。そこに昔からじゃる浄土松公園が広がる。この地区は自然豊かで、かつては飛行場の格納庫があったとされる。そして大戦中は防空壕があった。私の亡き父は、ここや片平町河津に疎開したと聞いていた。
     ここの名所は、断層で分断された地層が風化突出した「きのこ岩」と呼ばれる白亜の奇岩と、松の緑が織りなす美しい景観は、さながら「陸の松島」。県の名勝天然記念物に指定されているが、私はトルコのカッパドキアのミニチュア版だと思っている。小学生時代は隣接する少年自然の家でフィールドワークの中継地点になっていた。残念ながら2011年3月に発生した東日本大震災で岩が崩落し、その景観が損なわれてしまった。散策時間は約1時間。

           震災前         →        震災後

    Kinokoiwa2    Kinokoiwa3

     2 千本鳥居もどき?

     郡山市街地から東部へ5km。南北に貫く農免道路の道すがら、いきなり現れる無数の赤鳥居の群れ。それが丘の上まで連なっている奇妙な光景に出くわす。私も「ドミソラ」で見て、そんな場所が郡山にあるのか?と疑問に思い、実際に訪ねてみてビックリ。京都の伏見稲荷のように朱色の鳥居が並んでいた。そこは「高屋敷稲荷神社」という。
     郡山にはまだまだ知らない場所があるものだと衝撃を受けた珍スポットだった。

    Takayashiki

     詳しくはコチラ→ http://tsuri-ten.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-edc4.html

     3 なぜ郡山にピラミッド?一体誰の墓?

     田村町にある古墳時代前期後半頃の築造と推定される前方後方墳1基、円墳4基からなる古墳群。平成3年に発見され、以後、測量調査や6回の発掘調査が実施されました。1号墳は、4世紀後半(今から約1,600年前)に造られた、全長が約83mの東北地方では最大の前方後方墳です。また、2~5号墳は、5世紀後半(今から約1,500年前)に造られた円墳です。1号墳、2号墳を含めた2.3haが平成12年9月に国史跡に指定されています。また、1号墳や頂上に立ち並んでいたと思われる壺などの出土品が、平成15年3月に福島県の重要文化財に指定されています。 平成21年に整備された公園として全面オープン。
    Ohyasuba1 Ohyasuba2
             

     4 銚子ヶ滝

    Choshifall 熱海町からインターチェンジ方向に進み、10kmほど北に進むと「石莚ふれあい牧場」がある。その入口側に折れ、駐車場には入らず、その周囲を東側に回って坂道を3kmほど登ると、「銚子ヶ滝」への入口(登山口)となる路肩風の小さな駐車場が現れる。そこから2km森の中を分け入って山道を行けば分岐点にたどり着く。そこから崖を下るように遊歩道を下りると、やがて滝の爆音が聞こえて来る。かなり急な崖だけに十分な注意が必要だが、沢に降りれば、一気に視界が開け、目の前に高低差のある見事な滝と滝つぼが姿を現す。それがちょうどお銚子に似ていることからその名がついた。
     夏に訪れると、深い緑に覆われて涼むのには最適。清水は冷たく納涼気分。あまり人が立ち寄らないので、相当な注意が必要。崖下転落やツキノワグマの目撃例が多いスポットだけに、鈴は欠かせない。それに帰りは相当な急斜面の上りになるだけに、息切れ必至。私は4年半前に訪れたが、駐車場から往復でも1時間でこの景観を堪能できた。

     詳しくはコチラ→ http://tsuri-ten.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-6318.html

     5 旧福島県尋常中学校本館 安積歴史博物館

     福島県郡山市にある歴史博物館。昭和59年(1984)創立。福島県立安積高等学校創立100年を記念して開設。国指定重要文化財である旧福島県尋常中学校本館を修理・保存して公開。郡山市と安積高校に関する資料を収蔵・展示する。

    Asaka

     私がこれで覚えているのは、高校時代に、中森明菜が「ザ・ベストテン」の中継で、ここから歌ったこと。大変な人だかりができた。
     映画「坂の上の雲」や二宮和也主演のテレビドラマ「坊ちゃん」のロケに使われた由緒ある建造物だ。明治時代を代表するような造りになっている。

     それ以外の2選は、市内西部の片平町にある「菅舩神社」と西田町の「ペグマタイト岩脈」を推したい。菅舩神社は、私が個人的に大好きな場所で、2年前から行き始めて、3か月に一度は訪れている。たぶん7回くらいは参拝している。杉林に囲まれた石段を上り、厳かで格式ある神殿が大好きだ。いつ行っても先客がいたことはなく、知る人ぞ知る名所だ。また、ペグマタイト岩脈は世界遺産にあるような佇まい。西田町から三春町は岩盤が堅く、地震があっても他の地域よりも震度1~2は弱い。それくらい頑強な土地だ。

     記事作成:2月24日(土)

    « 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

    福島県の天気


    無料ブログはココログ