2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 私が一番好きな場所 | トップページ | 2018年3月期のCMベスト3 »

2018年3月27日 (火)

名球会入りしていない名選手

 投手は200勝以上、打者なら2,000本安打がその加入条件となるNPBの名球会。最近は分業制が常態化しているため、250セーブが付加された。そして日米通算での記録達成でも加入が認められるようになった。
 一方では、いずれの条件も満たしていながら、入会を拒否したり、脱退する方も見られるようになった。一流プロ野球選手の称号とは言えなくなった名球会だが、私達の記憶に残る名選手でありながら、惜しくも名球会に入っていない選手がわんさかいる。

 本日はそうした「名球会入りしていない名選手」をセレクトしてお送りしたい。

 まずは名球会入りの条件を満たした選手を一覧で紹介し、惜しくもあと僅かのところで引退した選手を続けたい。

 <先発投手>

1 400 勝 金田 正一 1950-1969
2 350 勝 米田 哲也 1956-1977
3 320 勝 小山 正明 1953-1973
4 317 勝 鈴木 啓示 1966-1985
5 310 勝 別所 昭(毅彦) 1942-1961
6 303 勝 V.スタルヒン(須田 博) 1936春夏-1955
7 284 勝 山田 久志 1969-1988
8 276 勝 稲尾 和久 1956-1969
9 254 勝 梶本 隆夫 1954-1973
10 251 勝 東尾 修 1969-1988
11 237 勝 若林 忠志 1936春夏-1953
11 237 勝 野口 二郎 1939-1953
13 224 勝 工藤 公康 1982-2010
14 222 勝 村山 昌史 1959-1972
15 221 勝 皆川 睦男(睦雄) 1954-1971
16 219 勝 山本 昌広(山本昌) 1984-2015
17 215 勝 杉下 茂 1949-1961
17 215 勝 村田 兆治 1968-1990
19 213 勝 北別府 学 1976-1994
20 209 勝 中尾 輝三(碩志) 1939-1957
21 206 勝 江夏 豊 1967-1984
22 203 勝 堀内 恒夫 1966-1983
23 201 勝 平松 政次 1967-1984
24 200 勝 藤本 英雄 1942-1955

 日米通算で野茂英雄も条件を満たしている。

 惜しかった投手

 長谷川良平 197勝  あと3勝
 秋山    登 193勝  あと7勝
 松岡    弘 191勝  あと9勝

 一方、一時期エース級の活躍をしながら、名球会に届かなかった投手は・・・

 桑田真澄  173勝 ダイビングキャッチして肘を負傷したことが悔やまれる
 高橋直樹  169勝 東映・日本ハムのエース
 杉浦  忠  187勝 南海のスーパーエース 
 江本孟紀  113勝 南海時代、野村とバッテリーを組み、エースとして活躍 阪神移籍
 高橋一三  167勝 V9時代の左のエース 堀内とともに巨人を支えた
 西崎幸広  127勝 日本ハムのハンサムエース
 阿波野秀幸  75勝 近鉄のエースとして君臨したが、僅か75勝しかしていない驚き
 渡辺久信  125勝 西武のエースとして黄金時代を築いたメンバーのひとり
 川口和久  139勝 広島のエース
 山口高志   50勝 44セーブ 阪急のストッパーとして黄金時代を築いた
 齋藤雅樹  180勝 巨人のエース スリークォーター投で鋭く曲がるスライダーが武器
 西本  聖  165勝 江川と並び、80年代の巨人を支えた
 江川  卓  135勝 鳴り物入りで入団。実働9年で引退 オールスター8者連続三振
 西口文也  182勝 西武のエース ノーヒットノーランをあと一人で2回逃す
 星野仙一  146勝 巨人への対抗意識が強く燃える男だった。
 今中慎二   91勝 1990年代の中日のエース 細身から鋭い速球と球速差50キロも
              あるスローカーブで打者を翻弄した
 

<リリーフエース>

1 404 セーブ 岩瀬 仁紀 1999-
2 286 セーブ 高津 臣吾 1991-2007
3 252 セーブ 佐々木 主浩 1990-2005

 セーブポイントでは、たった3人しか名球会入りしていない。

 惜しい選手はコチラ(外国人助っ人を除く)

 小林 雅英 228セーブ  あと22
 藤川 球児 223セーブ  あと27 現役なので達成可能
 江夏  豊  193セーブ 
 馬原 孝浩 182セーブ

 往年の名選手でリリーフといえば、宮田征典、山口高志、大野豊、潮崎哲也などがいる。
 宮田はセーブという概念が確立する前のオールドプレーヤーだし、山口の剛速球は今では伝説だが、長く活躍できたわけではない。大野は晩年に抑えに転向したが、148勝138セーブ止まり。私が尊敬する津田恒美は90セーブだ。

 <打者>

1 3085 安打 張本 勲 1959-1981
2 2901 安打 野村 克也 1954-1980
3 2786 安打 王 貞治 1959-1980
4 2566 安打 門田 博光 1970-1992
5 2543 安打 衣笠 祥雄 1965-1987
5 2543 安打 福本 豊 1969-1988
7 2539 安打 金本 知憲 1992-2012
8 2480 安打 立浪 和義 1988-2009
9 2471 安打 長嶋 茂雄 1958-1974
10 2452 安打 土井 正博 1961-1981
11 2432 安打 石井 忠徳(琢朗) 1989-2012
12 2371 安打 落合 博満 1979-1998
13 2351 安打 川上 哲治 1938春-1958
14 2339 安打 山本 浩司(浩二) 1969-1986
15 2314 安打 榎本 喜八 1955-1972
16 2274 安打 高木 守道 1960-1980
17 2271 安打 山内 和弘(一弘) 1952-1970
18 2228 安打 大杉 勝男 1965-1983
19 2204 安打 大島 康徳 1969-1994
20 2178 安打 新井 貴浩 1999-
21 2173 安打 若松 勉 1971-1989
22 2167 安打 稲葉 篤紀 1995-2014
23 2157 安打 広瀬 叔功 1955-1977
23 2157 安打 秋山 幸二 1981-2002
25 2133 安打 宮本 慎也 1995-2013
26 2122 安打 清原 和博 1986-2008
27 2120 安打 小笠原 道大 1997-2015
28 2119 安打 前田 智徳 1990-2013
29 2108 安打 谷繁 元信 1989-2015
30 2101 安打 中村 紀洋 1992-2014
31 2097 安打 古田 敦也 1990-2007
32 2095 安打 松原 誠 1962-1981
33 2084 安打 松井 稼頭央 1994-
34 2081 安打 山崎 裕之 1965-1984
35 2064 安打 藤田 平 1966-1984
36 2062 安打 谷沢 健一 1970-1986
37 2057 安打 江藤 慎一 1959-1976
37 2057 安打 有藤 通世(道世) 1969-1986
39 2055 安打 加藤 秀司(英司) 1969-1987
40 2050 安打 和田 一浩 1997-2015
41 2041 安打 小久保 裕紀 1994-2012
42 2038 安打 新井 宏昌 1975-1992
43 2036 安打 阿部 慎之助 2001-
44 2023 安打 荒木 雅博 1996-
45 2020 安打 野村 謙二郎 1989-2005
46 2018 安打 柴田 勲 1962-1981
47 2017 安打 A.ラミレス 2001-2013
48 2015 安打 鳥谷 敬 2004-
49 2012 安打 田中 幸雄 1986-2007
50 2006 安打 駒田 徳広 1981-2000

 日米通算でイチロー、松井秀喜も条件を満たしている。投手に比べ倍以上の選手が名を連ねる現状を鑑みれば、打者の2,000本安打のほうが達成しやすいと言える。昔の選手は、先発なら40試合以上登板などザラだったが、今では分業制が進み、先発完投は少ないし、登板数も1シーズンで30試合程度だ。10勝を20年間続けてやっとなのに、そこまでたどり着くのは至難の業だ。

 惜しかった選手は・・・

 飯田徳治 1978安打 あと22本 名球会という組織が出来る前の選手
 毒島章一 1977安打 あと21本 名球会という組織が出来る前の選手
 内川聖一 1975安打 あと25本 現役(今季達成濃厚)
 小玉明利 1963安打 あと37本 名球会という組織が出来る前の選手
 福浦和也 1962安打 あと38本 現役(今季達成濃厚)
 谷  佳知  1928安打 あと72本 かつてはオリックスで首位打者を獲得 右打者
 井端弘和 1912安打 あと88本 高橋由伸の引退に感化されてユニホームを脱ぐ
 松永浩美 1904安打 あと96本 オリックスの核弾頭
 
 記憶に残る名球会に届かなかった名選手

 高田  繁  1384安打 柴田は名球会入りしているが、彼は13年で現役を終えた
 高橋由伸  1753安打 腰痛に苦しんだ まだまだやれたが、巨人監督就任で引退
 新庄剛志  1524安打 阪神、メッツ、ジャイアンツ、メッツ、日本ハムと渡り歩いた
 原  辰徳  1675安打 若大将もスランプに苦しんだ 巨人の4番の重責と闘い続けた
  篠塚利夫  1696安打 巧みなバットコントロールと広角打法で安打を稼いだが、腰痛
 真弓明信  1888安打 ナイスガイ 阪神の監督に就任したが結果出せず
 掛布雅之  1656安打 ミスタータイガースも2千本には遠かった 監督向きではない
 岡田彰布  1520安打 バックスクリーン三連発 阪神・オリックスの監督を歴任 
 石毛宏典  1833安打 原や岡田と同年代で、共に凌ぎを削った
 池山隆寛  1521安打 ブンブン丸の愛称でヤクルトの黄金時代を支えた 
 杉浦  亨    1434安打 若松一緒にヤクルトの功労者 長打力は凄かった
 高橋慶彦  1826安打 広島の俊足巧打の一番打者 遊撃手として守備も上手かった
 田淵幸一  1532安打 ホームランアーチストだったが、死球が選手寿命を縮めた
 大石大二郎 1824安打 近鉄の俊足巧打の一番打者 江川の三振記録を阻んだ
 松中信彦  1767安打 日本人で最後に三冠王を獲得したダイエーのスラッガー
  高木  豊  1716安打 俊足巧打 篠塚とタイプが似ていた スーパーカートリオ
 宇野  勝  1620安打 中日のショート 池山や山田タイプ 細身で長距離砲
 田代富雄  1321安打 中日の大島と似たスラッガー 大洋のオバQ
 島田  誠  1504安打 日本ハムの俊足巧打の中堅手 2074塁打
 柏原純一  1437安打 日本ハムの4番 お腹が出てホームランをかっ飛ばす
                 落合にタイプが似ていた 

 コメントはあくまで個人の感想です。

 さて、こうしてみると、一時期は大活躍しながら、ケガや故障、不調などで名球会に入れなかった名選手は大勢いる。記憶に残る名勝負を展開してくれたこうした選手達。これからも子ども達に夢や希望を与える存在であってほしい。
 

 記事作成:3月20日(火)

« 私が一番好きな場所 | トップページ | 2018年3月期のCMベスト3 »

野球」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ