2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

パソコン・インターネット

2018年4月12日 (木)

昭和を懐かしく思える映像集

 昭和生まれの私にとって、青春の想い出はすべて昭和とともにあり、昭和の終焉と共に終わりを告げた。最近。80年代に流行った「ダンシングヒーロー」を完全リバイバルした登美丘高校ダンス部のパフォーマンスや平野ノラの芸風は若い世代には新しく思えるだろう。一時期は70年代ファッションがブームになった時期も近年にあった。

 私は昭和64年(平成元年)で34歳だったので、若い頃の想い出は昭和にある。そこで同世代の方々や先輩諸氏に懐かしんでもらいたくて、今回このような記事を掲載させていただいた次第です。昭和の時代に流行したもの、世相、風俗などを回顧したいと思う。

 1 昭和の常識がとんでもなかった!今では信じられない昭和の常識ランキング   

 同じテーマのシリーズ記事は下のURLをクリックしてご覧ください。

 2 昭和の常識がとんでもなかった!今では信じられない昭和の常識ランキング  【Part2】

 https://www.youtube.com/watch?v=SEZKls-Kx4k

 3 昭和の常識がとんでもなかった!今では信じられない昭和の常識ランキング  【Part3】

  https://www.youtube.com/watch?v=xBEhjqVYcLs

  4  昭和の常識がとんでもなかった!今では信じられない昭和の常識ランキング  【Part4】

  https://www.youtube.com/watch?v=t3AegfptyYc

5 昭和の常識がとんでもなかった!今では信じられない昭和の常識ランキング  【Part5】

  https://www.youtube.com/watch?v=dIbI2j_EIHY

  6 昭和の常識が恐ろしい!これはビックリ!昔は当たり前だったこと 昭和生まれだったら懐かしいこと

 7 昭和の頃には当たり前にあったのに、いつの間にか見なくなったものといえば

 https://www.youtube.com/watch?v=cwGDlCLU8uE

 8 いつの間にか消えた!?昭和の懐かしい飲み物や昭和生まれなら懐かしい飲み物!

 9 いつの間にか消えた!?昭和の懐かしい飲み物まとめ!

 https://www.youtube.com/watch?v=DWNN4I7_u6k

10 今ではなくなった車の装備5選!昭和の時代には当たり前だった車の装備が凄すぎる!

11 昭和の常識、昔は当たり前だったことがヤバすぎる!?衝撃、アラフォー世代が懐かしいもの画像!

 https://www.youtube.com/watch?v=j39PJtlUXJY

 https://www.youtube.com/watch?v=DwOxZoH_WnQ

12 懐かしの昭和】今では絶対あり得ない、昭和の常識が面白すぎる

 https://www.youtube.com/watch?v=3esAkL8yKqs

13 昭和の頃には当たり前だった事がヤバすぎる!?アラフォーアラフィフ世代にはたまらない事まとめ!

  https://www.youtube.com/watch?v=Z4tBZoxAE0s&t=8s

14 昭和の頃には当たり前だった事がヤバすぎる!?アラフォーアラフィフ世代にはたま
  らない事まとめ!【part2】   

 https://www.youtube.com/watch?v=PluEHyU8KIg

15 昭和の頃には当たり前だった事がヤバすぎる!?アラフォーアラフィフ世代にはたま
  らない事まとめ!【part3】 

   https://www.youtube.com/watch?v=IyN8VZTQPNA&t=12s

16 昭和の頃には当たり前だった事がヤバすぎる!?アラフォーアラフィフ世代にはたまらない事まとめ!【part4】

 https://www.youtube.com/watch?v=7OnDqoALCM4

17  昭和の頃には当たり前だった事がヤバすぎる!?アラフォーアラフィフ世代にはたまらない事まとめ!【part5】   

  https://www.youtube.com/watch?v=PC4lrgejpdo

18 昭和の頃には当たり前だった事がヤバすぎる!?アラフォーアラフィフ世代にはたまらない事まとめ!【part6】   

  https://www.youtube.com/watch?v=KF5rB7326_U

19 昭和の頃には当たり前だった事がヤバすぎる!?アラフォーアラフィフ世代にはたまらない事まとめ!【part7】   

 https://www.youtube.com/watch?v=0ZjtyvhfadQ&t=42s

20 昭和時代の小学校にはあったのに今はなくなっている懐かしき「あれ」の数々。

 https://www.youtube.com/watch?v=pvYURI0qLhA

21 「昔流行った物」昭和時代を感じる物いろいろ   

 https://www.youtube.com/watch?v=DesjIKW6Myo

22 アラフォー世代が泣いて喜ぶ 懐かしい画像

 https://www.youtube.com/watch?v=PwVJs3CxnKI

23 アラフォー世代が泣いて喜ぶ!!昭和の懐かしいものがいっぱい ゲーム、おもちゃ、おかし…写真、画像!!   

24 少し切ない…画像に目が釘付け!!嘘のような本当の昭和のお菓子おもちゃ文房具!!画像・写真集まとめ   

 https://www.youtube.com/watch?v=Mf-WixP_UxU

25 昭和の時代に生まれた大人たちが「懐かしい!!」と叫びたくなるグッズwww今まで忘れていたけど、一目で思い出す懐かしいホビー!   

 https://www.youtube.com/watch?v=6OH-qz1hN48

 今日の記事は、アラフォーやアラフィフ世代には堪らない内容だったと思う。時の流れと共に、いつしか忘れ去られたものや、ついついそんなの昔あったっけなぁ~とか懐かしすぎて涙が出そうなくらいの代物ばかりだった。
 考えて見れば、私が9年前にこのブログを始めた理由は、「時遊人」、つまりタイムマシンの如く、過去を振り返って、昔を懐かしんだり、社会的変化で行く末を案じたり、それらを取り上げて、時々刻々の事象に一石を投じたり波紋を投げかけるところに目的があった。

 今、9年が経過し、諸般の目的を達成できたと考え、このブログを終了する決心をした次第です。あと2週間程度で、当ブログは終了となりますが、これまでお付き合いいただいた方々に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 

2018年4月 6日 (金)

台湾のフラッシュモブプロポーズ集

 3~4年前に、当ブログで日本のフラッシュモブ形式のサプライズプロポーズ動画を特集記事で掲載したことがあった。求婚の形は万国共通のようで、日本のドラマチックなプロポーズを演出したフラッシュモブの動画が台湾でもリメイクされ、多くの映像が「Youtube」にアップされている。
 私は台湾が大好きで、4年前に震災のお礼を兼ねて訪問したことがあった。台湾人は皆、日本人に親切で、友人のように接してくれる様子は、同じ北京語を話す中国人とは異なり、同じ血が流れている同族のような印象さえ抱いている。

 何を隠そう、私の母親は台湾で生まれた。戦時中、母親の両親が警察官として台北に駐屯し、台北の治安を守っていた。もちろん祖父母。母親ともに日本人だが、何か台湾出身ということで、深い縁を感じるし、好印象しかない。

 そんな台湾で、日本のサプライズプロポーズを真似た動画が多数公開されている。その中から、私がお気に入りの映像を6作品紹介したい。

 1 SEAN & FLORA來自星星的你~驚喜浪漫求婚   

 彼女の方は清楚なイメージ。突然に彼氏の声がスクリーンから流れ、驚いた時の反応と表情がとても可愛い。昔の日本人女性を投影しているかのようだ。とても日本人に近い才色兼備、容姿端麗な印象が私のような世代には好感が持てる。往年の女優の篠ひろ子さんとか、かつてお嫁さんにしたい女優に君臨した市毛良枝さんのような印象を受ける。とても素敵なプロポーズだ。彼女の幸せそうな笑顔が感激の度合いを物語っている。

 2 真的不想嘴,以前追妳不說NO,現在想要求婚卻截然不同

 日本人も最近、サプライズ好きの若い人たちが多くなったが、この台湾の方々もドラマ以上にドラマチック好きのようだ。演出が凄い・・・。

 3 Shu+Claire 求婚錄影   

 女優さんかと思うくらいの超美人!彼氏が羨ましいくらいだ。台湾の方と結婚するのもありかも・・・。もちろん深い愛情があってのことだが。周囲の温かな祝福もほのぼのしてつい微笑んでしまう。そんな純愛の頃が自分にもあったと懐かしんでしまう。

 4 浪漫爆表台中大魯閣新時代百貨公司跳舞求婚

 5 『 超感人求婚!』 女孩不感動說YES才怪 ~ 感動的不要不要的。

 6 別再讓女友唸求婚這事~有TIN團隊的協助人人是求婚達人   

 台湾の女性はモデル並みの容姿端麗と可愛らしさを備えている。何か日本人がとうの昔に忘れていた清楚さや初々しさを感じる。

 その他の動画

https://www.youtube.com/watch?v=8zwBPncNbCU&t=219s

https://www.youtube.com/watch?v=V_pL6mzl16Y

https://www.youtube.com/watch?v=EBWy6pln0oA

https://www.youtube.com/watch?v=3q8xAZWj5Oc

https://www.youtube.com/watch?v=e6lRo0cgxQw

https://www.youtube.com/watch?v=s4fhORlKu7g&t=2s

https://www.youtube.com/watch?v=zTKFPCfpk7I

https://www.youtube.com/watch?v=0-W_fX_dJ-I

https://www.youtube.com/watch?v=HB3RAd7bZFY

https://www.youtube.com/watch?v=cl2HN5MQPbo

https://www.youtube.com/watch?v=DoQ8oPiHEEc

https://www.youtube.com/watch?v=Zlmsb9UPV1A

https://www.youtube.com/watch?v=vxd5VlbHdgc

https://www.youtube.com/watch?v=sSLi08UCEu8

https://www.youtube.com/watch?v=45-pPrlObtc&t=3s

https://www.youtube.com/watch?v=gMNbIRAdby0

https://www.youtube.com/watch?v=dQySmbWqv2U

https://www.youtube.com/watch?v=wGewvOAgQn8

https://www.youtube.com/watch?v=FmBBCeWVeGM

https://www.youtube.com/watch?v=qsg-AnaF13c

https://www.youtube.com/watch?v=W9emaMuMjtc

https://www.youtube.com/watch?v=zfa_ePooP2Q

https://www.youtube.com/watch?v=3j1LW58jXWs

https://www.youtube.com/watch?v=nzWhwvHxst4

 驚きなのは、カップルの女性が日本人以上に美人が多く、一瞬一般人ではなく芸能人かと見間違うほどだ。これほど大勢の人前でプロポーズされる幸せ。女性なら一度は描く夢のようなプロポーズではないだろうか。大掛かりな仕掛けでかなり凝っている。彼女を喜ばせたい一心で彼氏が一生懸命陰で準備し、踊りを練習したその姿を想像しただけでも感激だろう。
 そして一生の中で、女性が最も美しく輝いて見えるのは、大好きな彼氏にプロポーズして貰った瞬間のような気がする。

 30年以上も前の台湾なら、このような夢のような演出は想像もできないが、台湾人が日本文化を愛してくれ、このようなプロポーズを理想として実現してくれていることを素直に嬉しく思う。サプライズプロポーズ。それは予期せぬ場面に出くわし、当事者だけでなく、誰もがハッピーな気分に浸れることにある。

 記事作成:4月1日(日)

2018年3月23日 (金)

私の好きなミュージックビデオ(MV)

 最近、動画サイトで見て好きになったMV(ミュージックビデオ)がある。年相応ではないが、なぜか郷愁を誘うほのぼのしたストーリーに仕上がっているものに惹かれるようになった。
 今日は、興味本位で申し訳ないが、もうじき終わるこのブログの総仕上げとして備忘録の意味も含めてお送りします。

 1 最後の一歩

 元気が出る曲。歌詞が素晴らしく、耳にすると、勇気をもらえる。「こんなとこで負けんじゃねぇ、絶対に負けんじゃねぇ」というフレーズが心に響く。
 この日のためにずっと頑張ってきた自分なのに、本番を目の前にして臆病になっている自分を叱咤激励するメッセージソングだ。

 2 桜咲く頃

 卒業をテーマにした秀作。「Aniversary」に似たストーリーだが、卒業したくなくても時期が来れば青春の想い出を残して、学び舎を巣立って行かなければならない。過ぎ去ってしまえば、すべてがキラキラ輝く大切な想い出ばかりで、宝物のような存在になっていく。好きだった彼女も、自分と同じ気持ちでいてくれているかなと過去を回顧しながら、学生時代のことをしみじみ思い返すことがあるだろう。そんな切ない想いを描いた作品だ。

 3 ひとりじゃない ~繋がる想い~

 女子サッカーの名門・宮城常盤木学園とDUFFのコラボ企画のMV。スター選手揃いで黄金時代を築いたサッカー部が卒業に際し、友達を想い、そして仲間の大切さを共に歌い上げた作品で、感動を誘う。

 4 君に贈る詩

 

 卒業式シーズンにぴったりの感動ソング。一緒に過ごした時間が長ければ長いほど、思い出の数が多ければ多いほど卒業での別れは辛くなる。きっと今、辛い日常を過ごしている人も、過ぎ去ってしまえば、きっと「あの頃は良かった」と思える日が来るはずだ。そして仲間の顔がまた見たくなって母校を訪れたくなる。ふるさとを離れた人も、きっとまた自分が過ごした町を訪ねたくなるに違いない。夢を追いかけて過ごした日々は青春時代のかけがえの無い思い出として記憶の片隅にある。
 きっとまたいつか笑顔で逢おう。

 大学生達が大会に向かってモチベーションアップのPVを作成しているが、それによく使用されている。
 私のブログもあと一ヶ月で終了となり、ややセンチメンタルになっている部分もあるが、もうしばらくお付き合いください。

 記事作成:3月12日(月)

2017年8月11日 (金)

迫る米朝戦争開戦(Xデーは9.9?)

  北朝鮮の脅しは留まるところを知らない。常軌を逸した北朝鮮の核開発とICBM発射実験。6カ国協議では歯止めにならず、アメリカも北朝鮮の度重なる威圧行為と核の脅威に、堪忍袋の緒が切れるのも時間の問題だ。
 果たして北朝鮮の秘めたる軍事力とはいかほどのものなのか?単なるハリボテの見せ掛けだけではなく、核開発の威力を試したがっているとしか思えない。金正恩とは、若さゆえの暴走しやすい性質で、自らの威厳や人望をアピールするために、いやがおうにも攻撃姿勢で相手を威嚇し、かつ挑発するだろう。そして北朝鮮の軍事力を国際的にアピールしたいと考え、あの手この手を模索し、自国の威信や実力を見せ付けようとすることだろう。

 これまでの発射訓練は序章に過ぎず、来る9月9日の開戦に向けての準備に過ぎないのだ。然るに私は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が創建(成立)した9月9日がXデーであり、この日に大規模な祝賀パレードと軍事作戦に出る可能性が最も高いと踏んでいる。アメリカも静観ばかりしていられない。グァム島周辺にミサイル4発を射ち込むと警告し、風雲急を告げる様相を来たしている。すでにICBMの標的として、アメリカ全土がその爆撃対象となった今、北朝鮮のこうした動きに、後手後手となる迎撃だけでなく、これまでの生ぬるい対応を払拭するために、アメリカ軍による金正恩斬首作戦が展開されるであろう。

 私はアメリカ軍による北朝鮮総攻撃がもしありえるとしたら、以下の条件が揃った時だと踏んでいる。

 1 ICBMなどでワシントンD.Cを始めとするアメリカ本土が核攻撃の脅威にさらされたとき

 2 北朝鮮本土への上陸作戦ではなく、海軍のトマホークミサイルや戦闘機による爆撃で、平壌やミサイル基地を壊滅に追い込むことが可能だと判断されるとき

 3 アメリカ軍兵士への被害や犠牲が最小限に食い止められるという見通しが立つ場合

 4 ロシア、中国への被害が食い止められ、同国の了承を得られる場合

 5 国際社会の理解が得られやすい、北朝鮮がグァム島を始め、先制攻撃を受けたときの報復措置として攻撃が正当化されやすい状況になった場合

 そこで、「Youtube」にアップされている米朝戦争勃発へのシナリオをリンクしたい。

作戦計画5015 正恩斬首作戦準備完了

 ただ懸念材料はある。アメリカによる先制攻撃が起こりえるには、前述した条件がクリアにならなければならない。これまでは中国の後ろ盾を目一杯利用してきた「虎の衣を借る狐」だった北朝鮮を孤立無援に追い込むことが、爆撃へのGO!サインになると見ている。

 もしも北朝鮮による4発のミサイル発射が早まり、日本の終戦記念日にあたる8月15日に実行された場合、アメリカの対応も早まり、8月中にも北朝鮮のミサイル関連施設への爆撃やトマホークによるミサイル攻撃が展開され、全面戦争となる可能性は否定できない。そうなれば隣国である中国やロシア、韓国、日本も無傷では済まされない。

 最悪のシナリオは日本に展開する米軍基地がミサイル攻撃を受け、被弾し、それが首都圏に降り注ぐことだ。死者は300万人は出ると予想される。そうした最悪の事態に陥ることだけは回避しなければならない。

朝鮮半島危機① 先制攻撃 斬首作戦と限定空爆   

https://www.youtube.com/watch?v=VCfZVQUNMPw

朝鮮半島危機② 北朝鮮滅亡か 首都圏壊滅か 先制攻撃   

https://www.youtube.com/watch?v=yLQA_zpff14

朝鮮半島危機③金正恩暴走 日本の被害は300万人以上   

https://www.youtube.com/watch?v=EZei_RUqXGU

朝鮮半島危機④ 日米韓共同作戦 自衛隊は本当に実戦でも力を発揮できるのか

https://www.youtube.com/watch?v=sz4NETletqc

朝鮮半島危機⑤ 有事の際の準備 シミュレーション

https://www.youtube.com/watch?v=FmM7Fo104gs

朝鮮半島危機⑥ 自衛隊が半島上陸作戦 海兵隊共同訓練   

https://www.youtube.com/watch?v=VMspqqaEm64

 これほどまでに日本近海で人類滅亡の危機が差し迫っているのに、日本国民は無防備で平静を装っている。今すぐにでも憲法第9条を改正しなければ、日本は攻撃さえできず、ただ指を咥えて北朝鮮のミサイル攻撃を傍観することしかできない。集団的自衛権を発動し、ミサイルの迎撃は出来ても、参戦することは出来ない。多くの日本人の生命が危険にさらされているのに、核攻撃を受けても、反論するだけで、反撃ひとつできない。有事はそこまで差し迫っている。在日米軍の軍事力に頼るだけで、何一つ対応策を講じられないのだ。

 丸腰でこの難局を乗り越えようとのんびり構えすぎだ。今こそ、最悪のシュミレーションを思い描き、行動を起こすべきだ。さもなくば、日本国が丸ごと吹き飛ばされて滅亡するだけだ。
  すでに北朝鮮は、グァム島を真っ先に攻撃のターゲットに挙げた。日本人の多くが観光やバカンスで出かけるリゾート地だ。日本人が巻き込まれ犠牲になる危険性は一段と高まった。もう一刻の猶予もならない。生命の危険に晒されているのに、ことあるごとに抗議することしかできない日本政府の対応は、果たして国の財産を守れるのか常に疑念を抱く。米朝開戦は実質日本も参戦することを意味する。ロシア、中国への配慮を考えすぎて手出しできなかった過去の背景が、結果的に北朝鮮の一連の暴走と核開発を招いたことは既知の事実だ。
 早急の対応が求められる。

 記事作成:8月4日(金)

  追記(9/10)

9月9日(土)の北朝鮮の建国記念日に、予想されたミサイル発射などの挑発、威嚇は自重した模様だ。これは前日の9月8日に太陽フレアが発生し、それが地球上に到達したためで、電子機器が誤作動して誤爆する恐れがあったためだ。しかし、米朝開戦が回避されたわけではない。横須賀基地に停泊していた米空母「ロナルドレーガン」を朝鮮半島沖へ派遣したり、三沢基地の爆撃機を旋回させれなど、風雲急を告げている状況に何ら変わりはない。次のXデーは来月10月10日の党創立記念日となる。ここまで緊張状態は継続し、日本はミサイル防衛構想を確立するのが急務となる。軍事用の高出力レーザーを開発し、それをマッハ20で落下して来るミサイルに向けて照射して撃ち落とすなどの対策が有効だ。鉄砲の弾丸を鉄砲で撃ち落とすくらい難しい速さなので、点と点ではなく、線で迎え撃つしかない。9月9日が無事過ごせたからといって、安泰ということは絶対にない。
 それどころか、北朝鮮は新手の攻撃を示唆した。それはアメリカ映画「24」でも取り上げられた「電磁パルス攻撃」だ。日本上空でミサイルを自爆させ、その衝撃によって電磁波を発生させ、コンピューターを誤作動させ、麻痺させるというもの。ありとあらゆる攻撃策を準備している。
 日本は安倍首相が断固とした厳しい制裁を要求するなど、矢面に立っている。北朝鮮の怒りを買い、攻撃の矛先が韓国やアメリカではなく、日本がその標的になりつつある。あまり強烈な制裁を声高に叫ぶのは、逆に北朝鮮の攻撃対象になることを意味する。出方を誤れば、日本が核攻撃を受ける危険性は高まってしまうのだ。

 ところで、Xデーと誰もが予想した9日(土)だが、我が郡山市もいつもと違う雰囲気に包まれた。午前中から何度も上空を自衛隊のヘリがけたたましく爆音を轟かせて上空を何度も往来した。これは10日も続いた。それほど厳戒態勢を施したということだ。郡山には陸上自衛隊の駐屯地があり、攻撃目標にされたら、郡山市の被害は甚大なものとなる。いよいよもって家庭に一台核シェルターが必要となる時世なのか・・・。

2017年2月14日 (火)

昭和の東北本線急行の映像集

  過去、当ブログで何度も鉄道の話題をお送りしたが、我が街「郡山」は東北本線、磐越西線&東線、水郡線、そして東北新幹線と高速鉄道も充実している土地柄で、かつてはL特急で上野まで約2時間半、鉄道の旅を満喫したものだ。今は東京駅まで、当時の約半分の1時間20分足らずで出向くことが出来るまでになった。今日は、私が幼少の頃から、そして学生時代を過ごした北海道と東京のへの移動手段としてよく使った鉄道路線の懐かしい映像をお送りしたい。

 1977年当時の急行「八甲田」と青函連絡船 (上野~青森・函館)
八甲田アナウンスはコチラ→ https://www.youtube.com/watch?v=cbHNg3hEYnY
黒磯駅で直流→交流変換のため、機関車交換の模様
 「八甲田」と聞けば、上野発の夜行急行列車という印象。私も5~6回は乗車した懐かしの列車だ。19時台に郡山駅を出発し、夜中の2時頃に青森駅に到着。その後、青函連絡船に乗り換え、約4時間で函館港に到着。そして室蘭本線経由の特急「おおぞら」か「おおとり」で札幌まで向かった。この頃の夜行急行列車は「津軽」もあった。
 八甲田は客車がブルートレインのような外観だったが、寝台車ではなかった。4人掛けのボックス席で、リクライニングが利かないので、長時間乗っていると腰が痛み、足が痺れたりしたものだ。常連客の中には、シートを外してベッドに改造する輩もいた。
 急行「津軽」の映像
 87年6月、上野-青森間(奥羽本線経由)14系急行「津軽」車内放送を収録。車内放送チャイムは電子音ではない旧式の「ハイケンスのセレナーデ」が流れます。
 「津軽」は真夜中の運行で、八甲田よりも遅い時間に走る急行列車だった。
 「青函連絡船」の懐かしい映像
 「羊蹄丸」
 https://www.youtube.com/watch?v=8Us2r3JMowc
                                                                 
 私が北海道に住んでいた1984年~1986年頃には「大雪丸」「桧山丸」「摩周丸」「八甲田丸」「羊蹄丸」など6本が運航していた。
 急行ざおう1号・まつしま3号
 急行「あづま」号の車内アナウンス
 他に、郡山に停車する急行には、クリームと小豆色のツートンカラーを配色した福島止まりの「あづま」や仙台止まりの「まつしま」、喜多方止まりの「ばんだい」、山形方面の「出羽」などがあった。
 国鉄だと実感する風物詩が、始発の発車直後と終着駅間近になると車内を流れる「鉄道唱歌」だ。これを聴くと東京に来たという気持ちが高まったものだ。
 こうした昔ながらの古い鉄道の映像を懐かしんで貰いたいのと、人生を彩ってくれた電車の想い出に感謝したい。
 最後に、私が昭和59年4月から昭和61年3月まで住んでいた北海道で、豪雪の中、道なき道(線路)を突き進む列車のパワフル映像をご覧いただき結びとしたい。
 記事作成:2月1日(水)

2017年1月25日 (水)

或る政党制作の怖すぎる警告映像 

 私自身は特段、支持政党は無い。流行や気運に流されず、時々刻々にその選挙後との政策でどの政党を支持するかを決めている。しかし、それで乗せられて民主党にはまんまとやられ、裏切られた。すべてあの愚相の鳩山由紀夫のマニフェストに騙され、いざ政権交代を実現した途端に、政策履行が不可能とみるやそそくさと政権を丸投げして表舞台から消えた無責任野郎だった。
 私は今回のテーマにした「幸福実現党」なる政党が存在していたことすら念頭になかったが、「反日批判」の度が過ぎる憎き韓国をこき下ろす動画がないか、Youtubeなどのサイトを見てみたら、「朝鮮半島情勢」を巡る恐るべき危機的予言を立てた動画があった。2009年以降、随時制作・公開された映像だが、これがあながち現実離れしている妄想とは思えぬ出来栄えに恐怖すら覚えた。
 「幸福実現党」が真剣に警鐘を鳴らす「警告映像」を今日は取り上げたい。なお、あくまでフィクションということを前置きしたいが、今の朝鮮半島情勢を考えれば、可能性はゼロではないことを認識してほしくて敢えて掲載したい。

 シュミレーション1 「もし北朝鮮の核ミサイルで攻撃されたら?」【被害想定】

 シュミレーション2 「北朝鮮、核ミサイル発射!」

 シュミレーション3 「北朝鮮が韓国・日本を侵攻する日」

   

 シュミレーション4 北朝鮮、先制攻撃!!【北朝鮮ミサイル完結編】

 かなり以前からこの党は、悲観的な展望により、危機的状況を想定してこのような警告動画を制作していたのだ。それは先見の明なのか、それとも単なる取り越し苦労なのか。

 それにしても韓国の愚か者どもは、中国に総スカンを喰らい、北朝鮮の核開発&核攻撃の脅威にさらされても、トップ企業の汚職や発火事故などで経済破綻しても、現職の大統領を民意で倒しても、自分たちがたいそう素晴らしい民族だと自負しているらしく、ここに到っても強烈な反日行動や挑発行為を繰り返し、四面楚歌、孤立無援への道をまっしぐらだ。

 シュミレーション5 尖閣紛争近未来ムービー

 以下、幸福実現党の主張をそのまま引用して掲載します。

 いま中国と言う国は、覇権主義的野心を持った中国共産党政府は、沖縄の地を属領化する意図を明確に持っています。
「沖縄の地を属領化する」のが目的です。

 そして、その前提として日本の国家主権の範囲を飛び出すように、琉球王国としての独立を働きかけているのです。
沖縄が独立する事でいとも容易く属領化出来る事をわかっているからです。
属領化された時点で、沖縄県は沖縄県ではなくなるのです。
沖縄県民ではいられなくなるのです。
日本人ではなくなるのです
 
 もう、沖縄県民は何人も騙されてはいけません!
現実から目を離してはいけません!

はっきりと言います。

「普天間基地の移設先は同じ沖縄辺野古のキャンプシュワブである!」

その選択肢以外にない!
沖縄の地を本当に愛して本当に責任を持って守り抜きたいならこれ以外の結論はないのです。
それを言わない政治家は卑怯である!売国奴である!ということです。

どうか沖縄県民の皆様はこの現実から目を離さないでください!
この現実に気付いて下さい!

 シュミレーション6 中国が尖閣諸島・沖縄を侵略する日

 南シナ海を埋め立てて基地を建設し、中国独自の空母まで完成した。軍事力は今やアメリカに匹敵する勢いで、急速に軍拡に進んだ。これらの軍事力にまっとうに対抗できる兵力は日本にはなく、日米安保に頼るしかない日本は、トランプ氏の大統領就任で、根本から見直す必要性を迫られる。もしもアメリカ軍が日本から撤退したら、中国の猛攻を防ぐ術を持たない。
 ただでさえ、日本の領海を侵犯したり、中国の軍艦が津軽半島を通過したり、挑発とも思えるような行為を、指を咥え見守ることしかできない日本政府。何かといえば外交ルートを通じて「遺憾の意」を伝えることしか策がない。つまり中国には舐められっ放しということだ。
 2017年以降、その挑発はいっそう激しさを増すだろう。その時、日本はどう対処するのか、安倍首相が憲法改正を急ぐ意図を読み取れない呑気な日本人たち。まったくもって世界情勢に疎いおめでたき人々だ。
 これ以上中韓の横暴を許さないためには、日本は駐留アメリカ軍を越えるだけの軍事力を配備しなければ到底太刀打ちできなことを認識すべきだ。

 記事作成:1月7日(土)

 後記

 念のため付記するが、私は「幸福実現党」の党員でもなければ支持者でもない。しかし、今から震災前である7年前に日本の行く末を案じ、このような警告映像を制作するあたりは、先を読む力があると認めざるを得ない。中国の横暴、韓国の目に余る反日行動、ここへ来て北朝鮮の核開発、核実験、ミサイル発射など、アジアは一刻の猶予もならない戦々恐々とした状況下にあるというこだ。事態は切迫している。対応を誤れば、朝鮮有事を発端に第三次世界大戦の引き金になる危険性は大いに孕んでいるということだけは声を大にして言いたいと思う。
そして日本がとるべきは、日米安保頼みではなく、「自分の国は自分で守る」という発想の転換であり、安倍首相が推し進める「憲法改正」しかない。70年以上も前の法律にしがみついていては、いつまでも遺恨をくすぶり続けるどこかの国家に成り下がってしまう。今こそ周辺有事の際の手を打たなければならない時だ。

2016年10月 5日 (水)

九死に一生映像集(閲覧注意)

 今日は、思わず目をそむけたくなる間一髪で事なきを得た映像をお送りします。それは人の生死にかかわる手に汗握る瞬間映像で、心臓に悪い動画だ。念のためにお断っておきますが、この映像集を見るか見ないかは自己責任でお願いします。

 1 飛び込み自殺を寸でのところで回避する映像集

  ① 警察官が飛び込み自殺を止める   

 ② 飛び込み自殺を図った女性を間一髪で救出 地下鉄の監視カメラが捉えた緊迫の瞬
  間   

   

 ③ 線路に飛び込んだ女をギリギリで救出する衝撃映像   

 自殺を決意し、それを決行しようとしている人は、自分が死んだ後のことまで考えが及ばないと思うが、自らが取った軽率な行動が一体どれだけの人の迷惑になるか考えて貰いたい。この事故で電車がストップし、ビジネスチャンスを逸したり、大事な用事に遅刻して間に合わなかったり、旅行者は、ここで緊急停車したために足止めを食い、接続の電車や飛行機に間に合わないなど。後続の列車にも多々大影響が出る。事故処理にあたる救急隊員や現場検証も行われる。偶然その場に居合わせた乗客も恐怖を味わい、精神状態を損ねる結果になる。そこまで考えが及ばずに勝手に死後の世界に行かないで貰いたい。
 また、2001年には、新大久保駅で起きた痛ましい事故があった。泥酔男性がホームから線路に転落したが、その男性を正義感で助けようとした韓国人留学生と日本人カメラマンが、入線して来た電車に撥ねられ亡くなるという痛ましい事故だった。さらには、つい3年前にも横浜線の踏切で、線路で倒れた高齢者を助けようとして踏切内に入った女性が女性が巻き添えで亡くなった。人助けのつもりが自分が犠牲になる大参事に見舞われるという不幸。この世に神など本当にいるのだろうか。それとも神は見て見ぬふりをする人たちに微笑むとでもいうのか・・・。

 2 【危機一髪】心臓に悪すぎる九死に一生動画まとめ!   

 3 生と死の境目 九死に一生を得た人々の映像コンピレーション   

 4 【世界の衝撃】まさに危機一髪!死が直前まで迫った瞬間…

 5 【海外】危機一髪とはこのこと!奇跡の瞬間をとらえたラッキー特集 2016   

 本日お送りした映像はショッキングなものばかりだが、一歩間違えば、あるいはあと一秒でもずれていたら大惨事になっていたし、対象者はこの世にいなかったと容易に想像できる場面に出くわした方たちだ。万が一とか十中八九という言葉は、ほぼ絶望的な状況にありながら、その僅かに残された可能性で運命よろしく生き残った命だ。ほんの一瞬の運命のいたずらで、運悪く失われた命もあれば、このように首尾よく生き残った命もある。いったいその差は何なのか?単に「運が良かった」だけでは済まされない。まさに天国と地獄だ。こういう映像を目の当たりにすると、ひとつしかない命を粗末には出来ないと思えてしまう。一度死んだ命と考え、今後の余生を懸命に生きてほしいの願うばかりだ。

 記事作成:9月22日(木)

2016年1月 6日 (水)

少年時代の想い出が蘇る映像集

 今回は、「時遊人」というテーマに相応しいテーマとなる。このブログを始めたきっかけは、人生を振り返り、その時代時代で過ごしてきた出来事や、それに関わる世の中の事象や流行りものなどをピックアップして、その時代を回顧し、懐かしむという主題に合致するものだ。

 特に、小学生~中学生の頃、いわゆる思春期の青い時代が懐かしい。今日は、少年時代の出来事や想い出が蘇るような映像やCM作品、MV、PVなどを紹介したい。

 ハックルベリーフィンエクスプレス

 ひと夏の想い出。田舎で過ごす夏の日の出来事。海で泳いだり、虫取りしたり、かくれんぼや花火を見に行ったり夏祭りに出かけたり、そして、好きな女の子と短い夏を一緒に過ごす。そんな甘酸っぱい少年時代、そんな夏の日の出来事を回顧するのにふさわしいCMだと思う。

 そばにいて

 誰にもモテキというのがあると思うが、私は幼稚園から小学生の時だった。いつも周りには女の子がいて、毎日迎えに来てくれる女の子と一緒に学校へ通ったし、ラブレターをもらったことも何度もあったし、告白も何回もされた。しかし、どう反応してよいかわからず、適当にごまかしてしまっていた。
 頭は悪かったが、ソフトボールに明け暮れ、鼓笛隊でトランペットを吹き、合奏部ではホルンを演奏し、コンクールでは金賞を連続受賞した。中学に入るとその反動で全くモテなくなったが、今思えばもったいなかった。

 さよなら夏の日

https://www.youtube.com/watch?v=nifX8qgRNPY

https://www.youtube.com/watch?v=V4xQpVAq19E

 ひと夏の想い出は、星屑に似て、煌めく瞬間の華やかさと、消えゆくさだめのもの悲しさが背中合わせ。また来年も一緒にいれるといいねと誓い合った恋人同士でも、翌年は、ひとりで寂しく過ごす場合もある。花火のように燃え上がった恋、つかの間の休息。秋の訪れとともに、その影も訪れる。避けようのない現実。秋の夕暮れが足早に迫り、まるで引き潮のように砂浜も人影はまばら。ひと夏の想い出を抱えて、人は家路を急ぐ。夏の海岸は、そうした人々の残り香だけが波間に揺れて漂う。そんな情景がふと浮かぶ。

 ダイドーブレンドコーヒー1993年

 人間が成長する過程で、恋愛模様も変化する。中学時代のあどけない、ほのかな恋心。広く浅くが定番の考え。しかし、20代になると、お互いの生き方を尊重し、一人の男女として意識してみるようになる。やがて恋が愛に育つ過程で、結婚を意識し、将来、ともに生きるパートナーとして真剣に考えるようになる。結婚は人生の縮図であり、運命の出会いを果たす時まで紆余曲折あって、しかし、それでも辿り着く先は同じなのだ。これを運命の赤い糸とか縁と言うのだろう。人生を重ねると、こうした人生の重みをひしひしと感じる。

 少女

 夏にはよく旅行に出かけた。バイクでひとり北の大地を巡った時期もあったし、紅葉を探しに信州を旅したこともあった。旅先で出会う人と萎びた町並み。観光地は人の波、通りの石畳をそぞろ歩きで通り過ぎる訪問者たち。ふと今、すれ違った美しい女性。一瞬目線がぶつかり、はっとする。しかし、その人とは、おそらくもう二度と会うことはないだろう。この一瞬だけの運命の悪戯だ。不思議な感じ。若い頃、私と結婚する人は、今、どこで何をしているのだろう。そんなことをよく気にかけたものだ。それが変えられない運命、つまり赤い糸だとしたら、ずっと途切れずに堅く結ばれてているのだろうか・・・。迷い迷う20代の時分だった。

 キセキ

 

 GreeeeNは我が住む街にゆかりがある。おそらくこの地でこの歌を完成したのだと思うと、妙に愛着がわく。運命の人と巡り合う奇跡、一生を過ごす親友と出会った奇跡、小学生の頃、たまたま同じクラスになった奇跡、人生はいろいろな奇跡的な運命の上に成り立っている。不思議な縁だが、私はこうして奇跡が重なって巡り合えた出会いを大切にしていきたい。

 告白 ファンキーモンキーベイビーズ

 私の小学生時代は、好きな子に素直に、正直な気持ちで好きだと告白など出来なかった時代。勇気がなかったといえばそれまでだが、初恋が重くのしかかって、その先どうすればいいのかすら先が読めない。後悔先立たずだが、振られた時のことばかり考え、そしてその後の周囲の反応や視線が気になり、思い切りがつかなかった。今思えば、偏屈で消極的極まりないダメ男だが、そんな気持ちを代弁してくれているのが、この曲のような気がしてならない。

 ファイトエクスプレス

 人生の節目。受験、進学、卒業、就職して見知らぬ土地へ出向く不安、人生の新たな門出である伴侶との結婚、子どもが生まれて、自分も人の親になった瞬間、いろいろな節目がある。そうした人生の門出に相応しい、応援歌でもあり、激励ソングでもあるのがこの歌であり、このCMだと思う。

https://www.youtube.com/watch?v=6E6UuBFVbNY

 その他

 井上陽水の「少年時代」 https://www.youtube.com/watch?v=0zb941Admo4

 さて、今日の記事は、「少年時代の想い出」と謳っていたが、後半は、人生観を描くような歌だったり、CM動画だったりを取り上げてしまった。それほど、一生1回限り。無駄な時間などない。いつ何時でも人生ドラマのカメラは回っている。残り少ない余生、果たしてどんな劇的なドラマが待ち構えているのか、太く短く生きるのか、細く長く生きるのかは誰にも分らないが、この寿命が尽きるまで、一瞬一瞬を大事に思い、想い出多き人生を全うしたいと思う。

 記事作成:12月2日(水)

2015年12月11日 (金)

感動!SLに手を振ろうプロジェクト動画集

 今年、福島県は県産品を県内外に広くアピールするために、大々的に「ふくしまDCキャンペーン」を全国展開した。数多くの方々が福島県に足を運び、福島の復興に貢献してくれた。この福島県を挙げての戦略は大成功を収めた。その締めくくりに、SLを郡山駅~福島駅を走らせ、感謝の気持ちを表すイベントを行った。当日は雨にもかかわらず実に数多くの人出で賑わい、沿線には福島県民の人並みが途絶えることはなかった。これは震災の翌年にも、JR東日本スマイルプロジェクトとして初めて実施され、今回は2度目の試みとなった。

 こうした取り組みは、人々の感動を呼び、多くの方々が参加し、動画サイトにアップされて、大反響を巻き起こした。日本人なら「涙腺崩壊」の感動イベントとなった。今回は、こうした「SLに手を振ろう」の動画をいくつかピックアップし、ぜひ感動を分かち合いたいと思う。

 1 SLふくしまDC号に手を振ろう~ふくしまDCファイナルイベント~   

 震災以降、復興支援で手を差し伸べてくれた全国の方々に、「福島は元気です」という報告と、感謝の意を表したイベント。6月29日(土)に郡山駅から福島駅までSLを走らせ、沿線には多くの人が溢れ、思い思いのプラカードを自作して掲示し、手を振った。

 BGM担当は、福島県出身の歌手のShimva。「果てなき路へ」

 車内からの映像はコチラ https://www.youtube.com/watch?v=agC_jfH3p0Q

 2 水郡線SLにみんなで手を振っちゃおう♪プロジェクト「本編」常陸大宮CM 【茨城県 震災復興の思いを乗せて】   

 予告編(180秒)はコチラ https://www.youtube.com/watch?v=kGU6y6aTMA4

 3 JR東日本 千葉支社 手を振ろうプロジェクト

埋め込み処理無効 https://www.youtube.com/watch?v=CKM7KrKRrEU

 2013年2月9日~11日の3日間、佐原-銚子間で「SLおいでよ銚子号・DLおい­でよ佐原号」を運転し、手を振ろうプロジェクトを実施しました。沢山のお客さまに笑顔­でSL・DLに手を振っていただきました。

 次に、SLではないが、地元密着のローカル線に手を振るイベントを紹介したい。

 【スマイルプロジェクト100】第2回フラワー長井線に手を振ろう

 2014年5月31日に行われた「おしょうしな号」
元気いっぱいの笑顔で、フラワー長井線にご乗車いただいたお客様へのおもてなし!
たくさんのご参加ありがとうございました!
テーマソング 「百年線路」/影法師

 長井線といえば、山形県の女子高生を舞台にした映画「スウィングガールズ」に登場したローカル線だ。地元密着で、地元民に愛され、その生活を支えて来た列車だ。その列車に感謝を伝える感動のイベント。なんと半年ごとで3回も開催されている。

 第1回スマイルプロジェクト https://www.youtube.com/watch?v=2PgoSdcg1lk

 第3回スマイルプロジェクト https://www.youtube.com/watch?v=hwjJmlxpbBM

 さて、どう感じたでしょうか?私は福島県在住なので、こうした映像を見ると、つい目頭が熱くなる。震災を経験し、今も多くの被災者が自分の住み慣れた家を追われ、被災者住宅に移り住んでいる方々がいる。愛する故郷を離れ、懸命に生きている人々が大勢いる。人生は「旅人」に例えられることがあるが、鉄道はそうした人生の水先案内人であり、明るい未来を照らす象徴だと思う。人の生活に密着し、支える唯一無二の存在、それがローカル線であり、SLの力強い歩みと希望の汽笛が多くの人を励ましてくれてるように思えてならない。

 記事作成:11月29日(日)

2015年8月25日 (火)

度肝を抜く映像集

 最近何かとサプライズ番組が多い。おじゃマップやモニタリングなど、度肝を抜かれるような映像を放送し、周囲をあっと言わせている。Youtubeの映像もまた然り。びっくりさせるような映像や度肝を抜くようなありえない映像がアップしてある。

 1 のど自慢大会 「北海男節」

お昼の茶の間に衝撃が走った!
関西歌謡大賞グランプリ、安来節全国大会少年の部優勝と輝かしい実績を持つ米子市在住の高校2年生だった八田保乃香­嬢。
力強さと共に繊細さ、優しささえも感じさせる歌唱に感銘を受けた。
もちろんその日のチャンピョンに選ばれました。

 ルックス、歌唱力抜群の素人 https://www.youtube.com/watch?v=S7qoZQOKSOo

 2 史上最悪のPK戦

 始めこの映像は、ドッキリで作ったものだと思っていた。あまりにも偶然が重なり、狙って作らないとこのような連続してGK直撃の映像はできない。しかも瀕死の重傷の選手を、チームドクターが一人で引きずって行く様は、わざととしか言いようがない。もしこれが現実の出来事ならなんと野蛮で、人命より勝負優先であることか・・・。残酷すぎてありえない。たぶんネタだろう。

 3 【威風堂々】 第1番 エレクトーン演奏

 エレクトーンの技術力の凄さと音域の広がりと深みに圧倒されると同時に、これを演奏している女の子の高い演奏技術に感服した。一体どこまで自分で演奏して、どこまでが機械で出しているのか?大袈裟だがオーケストラと遜色ない演奏に仕上がっている。そしてこの女の子は、ほかにも多数の難しい楽曲を卓越した技術で軽々と演奏してのけている。

 4 スーパーキャッチ

 これを捕ったのはメジャーリーガーではなく、ボールガール。しかもフェンスによじ登ってジャンプ一番!最初はCGによる加工だと思ったが、実際にスーパーキャッチしているように見える。観客の声援もドンピシャだし、作られた感は無い。

 5 中国京劇変面ショー

 超美人変面師はコチラ↓

https://www.youtube.com/watch?v=MgKwsi0NVvw

https://www.youtube.com/watch?v=4V7JPwZLKig

 瞬時に次々と異なるお面に切り替わる。その早業は凄すぎる。一体どうやって変わっていくのかその仕組みは不明。瞬きせずに凝視しても全く分からない。これは国家機密的の門外不出事項なので、絶対に仕組みやからくりをバラすことはないようだ。中国には変面の人間国宝までいると聞く。私も一度でいいから生で見てみたい。

 6 ピアノを弾いているのはなんと・・・

 この聞き惚れるような美しい名演奏。弾いている主はなんと御年90歳のおばあちゃん。とてもそんな年齢には思えないほど、指先が器用に動くし、通行人がつい立ち止まって聞き入ってしまう。

 女子高生忍者

 バック転やバック宙は当たり前。高層ビルから飛び降りたり、壁を垂直によじ登ったり、とても人間業とは思えないCG動画。かなり手が込んでいるが、完成度は高い。

 YouTubeを毎日必ずチェックしている私だが、残念に思うことがある。それはそうした映像に寄せるコメントだ。どの映像を見ても、必ず喧嘩や汚い言葉で罵りあいを始めることだ。日本人の悪い点で、顔が見えなければ、本性を表し、面と向かっては言えないことを、平気で掻き立てては口論をしている点だ。実に情けない。

 記事作成:3月28日(土)~6月7日(日)

福島県の天気


無料ブログはココログ