2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

日記・コラム・つぶやき

2017年7月23日 (日)

どーでもいい疑問 Part23

 この世の中は不思議なことだらけで、特に国際的な見地で物事を見ると、解決困難で得体の知れない出来事ばかり起きている。
 今日は久し振りすぎるが、「どーでもいい疑問」というテーマで書いてみたい。今回で23弾となる。

1 北日本と東日本、西日本の区分は?

 天気予報でよく耳にする「北日本」「東日本」「西日本」の区割り。それぞれ一体、どこの県からどこまでを指すのか?

 北日本・・・北海道と東北6県

 東日本・・・関東甲信越、北陸、東海

 西日本・・・近畿、四国、中国、九州南部、九州北部、

 沖縄・奄美・・・奄美、沖縄

 気象庁によると、正しくは3区分ではなく、4区分に分かれている。しかも上の3区分は日本海側と太平洋側に分かれている。

 参考資料はコチラ

2 親が太っていると子どもやペットも太る?

 飼い主に似るとよく言う。ペットと飼い主がよく顔や体型が似ている。犬や猫を飼う場合、おそらく自然のうちに自分に似た顔立ちや体型のペットを好む傾向がある。もちろん、食生活が同じなので、自分の子どもも親に似るし配偶者も姿形が似るのは当然だ。野村克也・沙知代夫妻などそっくりだ。もちろん遺伝ではないが、自分に似た人には愛着が沸くのか?同一家計単位では、同じ食事を摂るために、体型が似るのは必然。アメリカ人はO型が約半数を占めるが、30代を超えると、肉食のせいもあるだろうが、皆、大柄でご立派な体型をされている。O型はもとから肉がつきやすい性質を持つ。
 また、女性のO型は色白で丸顔。胸が大きい人が多い。黒人さんを除き、欧米の白人が多いのは、このO型が半数を占めているからにほかならない。

3 アキラ100%の裸芸は公然わいせつ罪にならないのか?

 公衆の目に触れるような場所で公衆にけん悪の情を催させるような仕方で尻、ももその他身体の一部をみだりに露出しますと軽犯罪法違反です。

度が過ぎますと公然わいせつなどの罪に問われます。もちろん、街頭など公衆の面前で彼と同じ行為をすれば、間違いなく通報されて警察行きです。

 公然とわいせつな行為をした者は、六月以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。(刑法第174条)

 なんらかの理由でお盆を落としてしまい、公衆の面前にそれを晒してしまえば当然のことながら彼も公然わいせつ罪となるでしょう。

 最近はテレビの生番組にも出演しているアキラ100%ですが、仮に局部が見えてしまった場合は放送した側も刑法第175条わいせつ物頒布罪に問われる可能性があります。

4 シリアやイラクはISとの戦闘が激しく、国民生活もままならない状況なのに、どうしてサ
 ッカーワールドカップ予選などに出場できるのか?それどころではないのでは?

 国難に際し、イスラム国の無差別殺戮によって、街が瓦礫化し、日常生活も満足に遅れない国民や難民が溢れかえっているシリアやイラクにおいて、どうしてスポーツの国際試合に出場が可能なのだろうか?幼い子供までもが爆撃の犠牲にあったり、毎日のように銃撃戦やロケット弾が射ち込まれ、街や家が破壊されているのが現状だ。サッカーなんかやっている場合じゃないだろうに・・・。このような状態で試合の遠征費用などはどこから支出されているのか?
 国威発揚という意味合いから、政治とスポーツは一色単にはしないようで、国際舞台で自国をアピールできる特異な存在なのだ。ミサイル発射や核開発などで国際的な批判を浴びている北朝鮮もそうで、スポーツの試合ではあまり批判されないのはそういう理由。政治とスポーツは別なのだろう。

5  ヒアリは中国の謀略で、国家ぐるみでわざと混入させているのではないか? 

 強い毒性を持ったヒアリが日本国内で猛威をふるっている。ことの起こりは約一か月前に中国からのコンテナから見つかった。
 未だに日中戦争の恨みを根深く持った中国人が、日本を亡きものにしたいがために、陰謀としてわざとコンテナ内に混入させている可能性がある。中国と韓国は日本にとっては大敵であり、過去の歴史的事実から、決して相容れることなどない。互いに憎しみ合う関係から脱却できないで入る。日本人はそういう意識は薄いが、中国人や特に韓国人は、70年経とうが100年経過しようが、執拗に反日感情を繰り返すだけだ。
 日本憎しの憎悪感情が増幅し、無差別殺人を企て、日本には皆無だったヒアリを混入させた張本人であることは紛れもない事実だろう。現に外国から輸入されたコンテナは台湾や中国からのものしかヒアリは確認されていないのだから・・・。
 神戸港に始まり、横浜港、東京港、茨城でも見つかった。どんどん北上しているということは、国際貿易港でもある小名浜で発見されるのも時間の問題では・・・

 記事作成:3月17日(金)~7月16日(日)

2017年7月22日 (土)

お知らせ3

 本日より3日間ブログ記事の掲載を休止し、替わりにこれまで掲載した中で、比較的アクセス数が多かったパロディネタを再掲させていただきます。

 理由は今春から部長職に就き、職務多忙に加え、6月に2回(6日間)、7月に3回(9日間)、出張が続くことから記事の執筆が困難になったためで、2009年4月のブログ開設以来、震災の一週間を除き、毎日新作記事を更新を続けて参りましたが、このような事情ですので、どうかご理解いただきたいと思います。 (SUZU)  

 3 笑撃の突っ込みことわざ集

今回は、寒い冬に向かって季節は厳しくなるが、それを笑いで吹き飛ばそうというくだらない企画を考えた。ナンセンスだが、格言やことわざをいじって、笑えるものを作りたいという、関西風の発想で今回は行ってみたいと思う。実は有名なことわざには衝撃(笑劇)的なオチがあったのだった。スベッて逆に寒くなったらごめんなさい。ではどうぞ!

 猫に小判は使えない

 豚に真珠は似合わない

 秋の日はつるべ落とし まさか鶴瓶さんを屋上から・・・ 

 危ない橋を渡つもりが通行禁止やった!

 石の上にも三年いたら足が痺れて死ぬで!

 生き馬の目を抜くって動物虐待やぞ!

 蛙の子は蛙っておたまじゃくしやろ!

 急がば回で大遅刻!どないしてくれんねん!

 一姫二太郎は3人ちゃうんかい!?

 情けは人の為ならずって結局は打算的な損得勘定やないかい!

 一炊の夢とはご飯を食べるのが夢ではなかった

  一年で百八つの煩悩 そんなんあったらうつ病なるで・・・。

 井の中の蛙(かわず)大海を知らずって海水では生きられへんやろ!

 言わぬが花って言わなければ愛は伝わらない

 嘘ついたら針千本飲ますって脅迫罪で捕まるやろ!

 嘘も方便 大便じゃなくて良かった。

 馬の耳に念仏を唱えても馬は迷惑

 同じ穴の狢って気味悪ない?

 鬼のいぬ間に洗濯って鬼の縞々のパンツを洗って感謝されるんじゃないのか・・・

 「鬼に金棒」って鬼が強奪した金の延棒のこと?ちゃうちゃう鬼が手にしている武器や!

 鬼の目にも涙って鬼が泣いたらそれはそれで怖くない?

 「親の光は七光り」ってはげ頭は遺伝するってこと?

  飼い犬に手を噛まれたら保健所送りにしてくれるわ!

 火中の栗を拾って大やけど!

 金のなる木があったら育てたい

 河童の川流れで溺死・・・情けないし末代までの恥

 壁に耳あり障子に目あり って盗聴魔と盗撮魔か!

  「枯れ木も山の賑わい」って噴火でそうなったん?

 「可愛い子には旅をさせよ」でそのまま行方不明・・・。どないしてくれんねん!

 可愛さ余って憎さが百倍 これが原因で虐待や尊属殺人が生まれたのか・・・

 聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥 どっちみち恥かくのは一緒や!

 「雉も鳴かずば撃たれまい」 雉を撃つって国鳥やぞ!そんなん逮捕されるわ!

 窮鼠猫を噛む 何だトムとジェリーのことか

 綺麗な花には棘がある ならば一度刺されてみたい

 腐っても鯛 腐った魚は食べられない 食中毒で即入院!

 国破れて山河あり それは中国の話でベトナムでは枯葉剤によって変わり果てた

 虎穴に入らずんば虎子を得ず なんだタイガーマスクのミスターXのことか・・・

 暗がりから牛 やった~今日はすき焼きだ!

 蛍雪の功 雪の季節に蛍は飛ばない

 孤立無援 四面楚歌 なんだ家内での父親のことか

 藪から棒 新しいイノシシ退治法?

 犬猿の仲 本当は仲いいんじゃね?

 猫の手も借りたい って猫には手はない!あるのは前足と後ろ足だって 足に手はない

 郷に入っては郷に従う 郷ひろみに弟子入りすること?

 弘法筆の誤り 弘法筆を選ばず  どっちかにせい!

 転石苔を生ぜず 転がる石もいつかは止まって苔が生えるよ

 先んずれば人を制す 待てば海路の日和あり どっちかにせんかい!

 酒は百薬の長  やった~!毎晩飲んだくれてやる!

 去るものは追わず 後ろ髪ひかれる想い どっちかにせい言うたやろ!

 触らぬ神に祟りなし 神って触れるものなの?

 地獄で仏 悪いことしたから地獄に落ちたんだからほっとけっていう意味じゃないの?

 初心忘るべからず 忘れたい過去もある

知らぬが仏 知らぬ者はほっとけ!

 人事を尽くして天命を待つ 精神一到何事か成らざらん これで何度しくじったことか・・・

 雀百まで踊り忘れず  雀のダンス、死ぬまでにぜひ見てみたい

 船頭多くして船山へ登る   船で登山はでけへんがな!

 千里の道も一歩から  千里(4,000km)は遠いでぇ~ 無理ちゃうの?

 袖振り合うも多生の縁 相手がやっちゃんでも?

 宝の持ち腐れ  宝物って生ものだったの?

 立つ鳥後を濁さず  転勤して行った人の後っていつも大変でぐちゃぐちゃだが

 立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花  こんな人に会ったためしがない!

 旅の恥はかきすて  これは中国人観光客のこと?

 便りのないのはよい便り  行方不明でも? 拉致されて北朝鮮にいるかもよ

 竹馬の友  いつの時代よ?今ならLINEの友

 塵も積もれば山となる  こうしてゴミ屋敷は火事になった

 月とすっぽん 私はすっぽんがいい!月は観賞するだけだがすっぽんは食べて精力増強

 罪を憎んで人を憎まず  偽善者の放言だ じゃぁなんで死刑制度があるの?

 鶴は千年亀は万年生きたためしがない

 出る杭は打たれる  じゃ誰も出なくなる あっ、Mの人は出るか・・・

 天は自ら助くる者を助く  頑張ったけど倒産やリストラ 世の中そんなに甘くない

 天網恢恢疎にして漏らさず  脱税、悪政、未解決事件、山ほどあるのはどうして? 

 豆腐に鎹 打っている奴を見たことがない せっかく買った豆腐、食べられない

 遠くの親類より近くの他人 都会では隣人の顔も知らない

 時は金なり  借金すれば利子で逆に苦しくなる

 毒をもって毒を制す  この発想でがんを根治できないのか!

 年寄りの冷や水  じゃぁ薬は何で飲む?やっぱ白湯か

 隣の芝生は青い  実際に青色だったら怖い・・・ 目がチカチカするわ!

 鳶が鷹を産んだら生態系大混乱!

 捕らぬ狸の皮算用   昔は狸ってそんなにいたの?エキノコックスは大丈夫?

 取りつく島もない  「取りつく暇もない」だと思ってたぞ 

 飛んで火にいる夏の虫  出た!悪代官の名ゼリフ!

 ないものねだり 確かにあるものは欲しくならないわ

 なくて七癖 早口言葉?

 2階から目薬を落としたら加速度ついて失明

 二兎を追う者は一兎をも得ず 一網打尽や一挙両得、一石二鳥の立場は・・・

 鳩に豆鉄砲  だから動物虐待だって!平和の使者に何てことを・・・

 人の噂も七十五日 ベッキーもそろそろ・・・

 百聞は一見にしかず  見た目に騙されることもある・・・

 貧乏暇なし  ホームレスは仕事がないので毎日暇なのが現状・・・・貧乏金なしの間違いでは?

 美人薄命 ってことはブスは長寿?

 
風前の灯  台風の火事は延焼するばかり 江戸の大火はまさにそれ

 覆水盆に返らず 元の鞘に戻る  どっちかにせい言うたやろ!

 (喫茶店で)ブルータス、お前モカ

 へそで茶をわかす  世界ビックリ人間?

 弁慶の泣き所  なぜか脛?実際の泣き所は頼朝の猛追じゃないのか?

 坊主憎けりゃ袈裟まで憎い まったく無税の上、戒名ひとつで幾ら巻き上げるの?

 仏作って魂入れず  坊さんもしょせんこの程度 死者も成仏できない

 負けるが勝ち  単なる負け惜しみで情けない

 馬子にも衣装 だからサラブレッドにマスク被せんの?

 まな板の鯉  魚にとっては処刑台

 眉に唾をつけたら臭くなる 

 ミイラとりがミイラになる ミイラって本当にいるの?やっぱり包帯ぐるぐる?

 身から出た錆  鉄人28号か?人だったら錆ではなく垢じゃないの?

 三つ子の魂百までは生きられない

 昔取った杵柄  杵はどこの家庭にもあるものじゃないし

 無理が通れば道理が引っ込む  強行採決を繰り返すどこかの政党の形容詞?

 焼け石に水をかけたら水蒸気 石焼きビビンバのことかと・・・

 安かろう悪かろう  中国製と韓国製品を指す言葉

 横槍を入れる 俺の人生、上げ足を取られたり横やり入れられっぱなし

 両手に花となった経験なし ハーレム状態に陥ってみたいものだ

  夢にときめけ!明日にきらめけ!って言いづらいやろ!

 吾輩は猫であるはずがない 自分を知れ! 

 笑う門には福来る 笑っても鈴木福くんはやって来ない


 
同じ例で交通標識編も考えてみた

 駐車禁止→注射禁止 ・・・子どもは大喜び
 駐車禁止→チュー禁止・・・カップルは失望

 一方通行→恋にはよくありがち
 Uターン禁止→ いったいどこに就職するの?親の面倒が見られない・・・。
           長男の嫁は大喜び?

 歩行者専用→浮浪者専用(人種差別の問題発言に付き自己反省)

 さて、どうでもいいことわざをもじってパロディ化してしまった。大の大人がこんなことばかり考えてる日常では目も当てられない。ろくな死に方はできないだろう。しかし、格言や教訓めいたことわざは、深読みすれば本当にそうなのか?と疑念を抱くものも少なくない。それは時代の変遷とともに、解釈が異なったり、現代の社会情勢には適さないものも増えて来た。そんな意味合いもあって、今回はこのような記事をしたためた次第だ。決して日本文学や国語を侮蔑する意図はないことを結びにあたり記しておきたい。

2017年7月21日 (金)

お知らせ2

 本日より3日間ブログ記事の掲載を休止し、替わりにこれまで掲載した中で、比較的アクセス数が多かったパロディネタを再掲させていただきます。

 理由は今春から部長職に就き、職務多忙に加え、6月に2回(6日間)、7月に3回(9日間)、出張が続くことから記事の執筆が困難になったためで、2009年4月のブログ開設以来、震災の一週間を除き、毎日新作記事を更新を続けて参りましたが、このような事情ですので、どうかご理解いただきたいと思います。 (SUZU)  

 2 あったら面白いプロ野球球団名

 今回は久々にネタである。今回は「もしこんな名前のプロ野球の球団があったら面白い」というパロディものだ。特に企業や会社の方は見て怒らずに、年の瀬に向かう時節柄、「しょーもね~」と笑い飛ばして欲しい。チーム名と特徴を記載したい。ではさっそくどうぞ!

 丸大ハムスターズ・・・日本ハムに対抗。かわいいマスコットで女性ウケしそう。とにかく
              ミートがうまい。ユニフォームは肌色を基調。小柄な選手が多い。
 
 日清ユーフォーズ・・・日清オイリオズも可。名誉監督は「ピンクレディー」で左投げの投
              手が多い。モンスターのような大柄の選手ばかりで相手はSOS。

 雪印ミルキーズ・・・制限時間を越えても試合をやりそう。期限は守ってほしい。

 大丸ロケッツ・・・大丸百貨店が親会社だが、芸人の名前をパクっただけのような・・・。

 キリン・ラガーズ・・・長年ファンに愛される伝統のあるチーム。毎年「アサヒ・ドライズ」と
             激しく首位争いを演じている。

 丸善ソーセージーズ・・・ホモの選手と双子の選手しか入団できない。ユニホームはもち
             ろんピンクと赤色のツートン。ねばりと結束力は強く、束になって挑
             む。

 パナソニック・ナショナルズ・・・「サンヨーズ」というのもアリだ。堅実な野球をやる。
                   球団経営はピカイチ。ナイター(照明)に滅法強い。

 東芝・ケミカルズ・・・企業名そのまま。「東芝エレベーターズ」でもイケそう。

 トヨタ・ハイブリッツ・・・持久力がある堅実な戦いだが、選手の海外流出が多い。

 キューピー・マヨネーズ・・・脂っこい戦法が得意。味のある戦い方が真骨頂。
                 間違っても球団名を「ブラックマヨネーズ」にしてはいけない。

 日通ペリカンズ・・・まんまだ。でも試合展開は早そう。グローブの口がやたらでかい。

 ヤマト運輸・ブラックキャッツ・・・クロネコヤマトだからってか。走力には定評がある。
            
 佐川急便・イケメンズ・・・ユニフォームは白に青のストライプ。選手は皆、体格が良い。
                客席は女性ファンの黄色い歓声がこだまする。
                しかし最近は、途中で仕事(荷物)を投げ出すってか・・・

 東京ガス・タンクス・・・危険なほど打線爆発?手がつけられない。球場内は絶対禁煙。

 パロマ・ファイヤーズ・・・これもヤバイ。燃えすぎて危ない。ドームでは試合はできない。

 セシール・ツーハン(通販)ズ・・・盗塁は得意だが、間違えて逆走することもしばし。

 タカタ・ジャパネッツ・・・これもまんま。もちろんオーナーはあのタカタ社長で、本拠地は
               佐世保。チケットは電話受付だが、なかなか繋がらない。

 ブリヂストン・スニーカーズ・・・安定した試合運び。選手はおとなしく丸い性格揃い。

 
 パルコ・バーゲンズ・・・連日スタンドは大賑わい。でも年俸は安そう・・・。

 明星チャルメラズ・・・試合展開は延びないだろう。応援席のラッパはお手の物。

 サッポロ・No.1ズ・・・「サッポロ一番」ってか?本拠地は北海道ではなく、なぜか前橋市。
             綿密な作戦を立てず、選手は面食らいながらも即席で対応する。

 サンリオ・キティーズ・・・サンリオ・ケロッピーズでも可。女性客に大人気の萌え球団。
               ヘルメットにリボンの絵が描かれてある。

 日本生命・ファクトリーズ・・・選手は終身雇用制。途中で解約(解雇)もあるので要注意。

 オリエンタルランド・ディズニーズ・・・着ぐるみのキャラクターで選手がプレーする。
                      客を喜ばせる工夫が随所にあり、リターン客が多い。

 集英ジャンプス・・・集英社が親会社。たぶん月曜日にしか勝てないからNPB向きではな
            い。息の長いチームになるだろう。

 東京電力・プラントボンバーズ・・・これはブラックすぎ。「ブレーカーズ」というのもアリだ。
                      しかし福島県にだけファンはいない。チェンジの際は
                      ナイターの照明を切り、計画的に停電してしまう。

 アサヒ・アワーズ(泡)・・・勝った日は毎回ビールかけ。球団旗が日章旗をあしらってある
                ので中国と韓国からサイバー攻撃をしょっちゅう受けている。

 
 朝日・シャインズ・・・親会社は「朝日新聞社」。球団歌は「あ~さひがサンサン、おはよ~
             さん」。もちろんシャインズは英語のSHINEから来ている。

 JR・トレインズ・・・選手の移動はすべてグリーン車、しかも無料待遇。団結力があり、速
           攻が得意。しかし故障者リスト入りする選手も多い。デッドボールなどで
           (人身)事故はしょっちゅう。選手がストライキを行うこともある。

 JTB・トラベラーズ・・・海外の球場での試合日程有り。助っ人外人がやたら多い。
              最近は入場料にまでサーチャージをかける。

 東急ハンズ・・・手先が器用で小ワザが得意。球場は収容力がある。球団事務所は渋谷

 ニッセン・ショッパーズ・・・勝ち(買い)すぎに注意。よくチケットが売り切れになる。

 武富士ダンサーズ・・・守備が脆く、投手陣は火の車。火事場の馬鹿力が必要・・・。観戦
              は計画的に。(配慮不足ですみません)

 リクルート・スーツ・・・ユニフォームは常に新品。折り目がついてピッカピカ。スライディン
             グで汚れたらすぐに履き替える。監督・コーチ・選手が全員株主。

 
 JT・スモーカーズ・・・主催試合ではドームで喫煙し放題。球場内が曇って見えない。最近
              は冷凍庫のような寒い場内でゲームを行っている。

 IHI・オーシャンズ・・・戦略は長けているが船での移動なので選手が酔って勝てない・・・。

 NTT・フレッツ・・・早いのが命だが、たまに試合中に選手が暴走してキレる。情報戦には
           めっぽう強い。NTT・コミュニケーションズに身売り話もある。

 みずほ・ファイナンシャルズ・・・球団を買収してどんどん有力選手を増やしている。

 三井住友・メガバンクス・・・選手補強に対し、金に糸目は付けない。攻めが手堅い。                                                                                                           
                                                       
 

 あおぞら・ローンズ・・・デイゲームはメチャ強いがナイトゲームはからっきし弱い。
              退団後のセカンドライフの支援は万全で手厚い。  

 山一ハタンズ・・・負けても「選手は悪くありませんから」と監督が泣きながらかばう。

 資生堂ツバキーズ・・・選手は皆イケメンで、球団職員とチアリーダーは美人揃い。
               球場自体がいい香り。ホームランを打つとシャボン玉が舞う。 

 日産ゴーンズ・・・選手のクビきりが多い。選手統合や合理化を進めてばかりいる。オー
           ナーがチーム経営に深入りしすぎて選手のプレッシャーは半端ない。

 日石エネオス・エナジーズ・・・火の玉打線が売り。爆発すると手がつけられない。

 セイコー・クロックス・・・時間には忠実で、開始時刻と終了時刻が予め決まっている。

 全日空エアウェイズ・・・「全日空アテンダンツ」でも可能。ユニフォームはアナだらけ?

 NEC・ダイレクツ・・・ファンの苦情処理にも真摯に対応。ナイター照明の消費電力が大き
             い。NECバリュースターズに鞍替えしても良い。

 ベネッセ・チャレンジャーズ・・・ID野球を超える頭脳的プレーが持ち味。1月に査定あり。
                    大量点をとるとご褒美がいっぱい貰える。

 アフラック・ダックス・・・足の遅い選手が多いのがガン。助っ人外人が多い。病人やケガ
               人も続出。でも対応が早く、安心感抜群。

 日立ゾーセンズ(造船)・・・パワー野球が売り。チームワーク抜群で茨城が本拠地。

 代ゼミローニンズ(浪人)・・・苦戦が多いが、最後は大逆転優勝の吉報が待っている。
                  帽子のマークはサクラでユニフォームは薄紅色。

 象印エレファンツ・・・巨漢の選手が多く、足は遅い。しかし鼻が利く選手が多く、相手を
             力ずくでねじ伏せる。コンピューターづくめの魔法のような試合運び
             が特徴。

 マクドナルド・バーガーズ・・・球場で売っているのはコーラとポテト、ハンバーガーのみ。
                  ファミリーシートが人気があっていつも満員。

 ケンタッキー・チキンズ・・・名前からして弱そう。巨人と阪神には弱く、食われてばかり。
                 勝つためには「カーネルサンダース」と改名が必要。

 任天堂DS's・・・ゲーム感覚で試合に臨み、いい線まで行くがゲームオーバーで負け。

 京樽スシクイネーズ・・・球場で売っているのは寿司と茶そばのみ。毎回、試合も延びて
               終電に間に合わない。

 MIZUNOウェアーズ・・・野球用品・ユニフォームは好きなだけ支給。

 ユニ・チャーム・ナプキンズ・・・乱闘で流血騒ぎが多い。(これはセクハラ・・・)

 紀伊国屋ブックス・・・ベンチシートではなく立ち見客が多い。

 タマホームズ・・・立て(建て)直しが効かないチーム状態。ハッピースマイルがモットー。

 宝くじドリームズ・・・選手起用の当たり外れが激しいが、年俸は12球団一!
             二軍のチーム名は「宝くじ・ナンバーズ」

 東急ストアズ・・・選手の出入りが激しく、年俸ではなく時給で給料が支払われる。

 伊藤ハムウィンナーズ・・・肉を切らせて骨を断つが信条のプレースタイル。日ハムへの
                 対抗意識が強すぎる。

 ヤマダ・ポイントゲッターズ・・・平日は客の入りが悪いが土日は超満員。入場券も交渉
                   次第で安くなる。複数年契約で選手は長期保証!

 コジマ・カデンズ・・・日本一に挑戦するも返り討ちにあってばかりいる。本拠地は栃木。

 キャノン・コピーズ・・・相手の野球スタイルの模倣がお手の物。キャノンイクシーズも可。

 東レ・カーボンズ・・・相手を戦意(繊維)喪失させるのが上手い。情報戦にも強い。
             チアリーダーが水着なので、相手チームは注意力散漫で珍プレー続
             出。

 福助タビーズ・・・足に自信アリ。地に足をつけたような安定した戦いっぷりが信条。

 東京海上ホケーンズ・・・とにかく選手の年俸が高いことで有名。FAで皆移籍したがる。

 新日本製鐵・・・滅多なことでは怪我をしない鉄人揃い。意思が固い鉄壁集団。監督は鉄
          拳制裁も辞さない。チーム名は「アイアンキング」。           

 シャープ・クラスターズ・・・本拠地は三重県。戦法の目の付け所は良かったが、戦力分
                析のシャープさに欠けた結果、戦力の大幅な入れ替えや大量
                解雇やコンバートで配置転換が必至。

 富士通・ゼネラルズ・・・ハイテクな戦法で相手を撹乱する。奇襲戦法も得意。

 ツルハ・ホールディングス・・・ケガ人の手当や処置は抜群。選手の待遇も厚い。

 セコム・セキュリティーズ・・・守備はピカイチ。手堅い攻撃で連携プレーが抜群。

 グリコ・オマケーズ・・・点を取ってもサービス精神が旺盛で、必要以上に点を与えてしま
                               う。どうしても詰めが甘い。おまけ(負け)が込んでどうしようもな
              い。

 花王マジックリンズ・・・クリーンな試合運びが持ち味。客は負けても怒らず水に流してし
              まう。「メリーズ」と改名し、漏れのない試合を!

 ゼビオ・メンズ・・・福島県が本拠地。スポーツ用品も無料支給。折り目正しい紳士集団。

 帝拳・ボクサーズ・・・乱闘が多く、けが人や退場者を多く出してしまう。たまにチャンピオ
                             ンになることもある。WBCに数多く選手を送り込んでいる。

 角川ベストセラーズ・・・選手は粒ぞろいだが団結力が強い。ゲーム運びに定評アリ。
                選手の活躍を定期的に映画化して放映する戦略。

 東京メトロズ・・・快足(速)揃い。しかし、成績は潜り専門でたまにしか日の目を見ない。

 カゴメ・ジューシーズ・・・ユニフォームは緑と赤のツートン。塩味の効いた試合運びでスタ
                ミナがあって、終盤戦にめっぽう強い。

 鹿島ゼネコンズ・・・もちろんドーム球場所有。大技炸裂のパワー野球が得意。

 富士・フィルムズ・・・選手の見栄えは良い。最近はデジタル戦術にやられている。

 野村ショーケンズ・・・福利厚生に優れ、年俸の給料管理は全て会社任せ。プロ球団でも
              退職金制度を導入。

 JHハイウェイウォーカーズ・・・とにかく脚力がある。管理野球を徹底し、中継はラジオ放
                   送(周波数は1620KHz)。一時は入場料を無料にするな
                   ど、優遇措置サービス付き。時々打線がストップする。
                   死球などの事故も多い。

 SMBC日興コーディアルズ・・・複数のチームが合併して誕生。投打のバランスがイマイチ
                   で博打感覚のどっちつかずの試合展開が多かったが、合
                   併後、安定した堅実な(マネー)ゲームで首位に立つ。

 SHIDAXマイクハナサーズ・・・9回で終わらず、延長(戦)が多い。100点とった試しがな
                   い。応援は必ず曲に乗せて行い、選手もノリがいい。客の
                   応援はタンバリンとマラカスを使う。

 SANKYOウチドメーズ・・・球場に入場の際に手荷物検査あり。不正応援は退場処分あり

 双日グローバリズムズ・・・年俸はどこよりも高い。チャンスに強く、新人でも抜擢の実力
                 主義。メジャー挑戦が断然多い。早稲田実業OBが幅を利かせ
                 ている。

 GREEベンチャーズ・・・ゲーム感覚に優れ、ひとり勝ち状態。誘客は抜群。巨額な業績
               で、選手の給料も大盤振る舞い。
               ハード・ソフトの両面から経営支援している。

  バンダイ・ナムコズ・・・買った日は客におもちゃを配る。世界初のロボット助っ人登場。
               リモコンで指令を与える。

 サイゼリア・デニーズ・・・ほとんどがファミリーシート仕様。サービスがモットー。観客席に
                ワイン付きの飲食物を届けてくれる。投打のバランスが抜群。

 白木屋ドランカーズ・・・威勢が良いが、いつも選手は二日酔いで動けず、デーゲームは
               極端に弱い。

 永谷園チャズケーズ・・・監督はもちろん高見盛関。ロボットみたいな動きでサインを見破
               られてばかり。たまに勝つと元気百倍。まるで鬼の首を取ったか
               のような浮かれようでインタビューに応じるが、負けるとがっくり肩
               を落としてしょぼくれて帰っていく。

 小田急ロマンス・・・運命共同(経堂)隊で戦い、勝敗を分けるヤマ場には強い。 

 東武スクエアーズ・・・世界中から有望な選手を獲得。スケールの大きな戦いが真骨頂。
              ドーム球場が小さすぎて天井によく当たる。

 カルビーポテチーズ・・・一度勝ったら止まらない。入場料がたった100円。バーベQを食  
               べながら試合観戦が可能。

 ハウスカリーズ・・・本拠地は北海道。インドとジャワ島から選手を発掘し、大抜擢。

 なとりチンミーズ・・・攻撃が細かくマメ。ひとつまみで相手を食ってしまう打線は脅威。

 ヤマザキデイリーズ・・・客寄せのため、来場者には毎回シールを配り、貯まるとお皿を
               プレゼントする。

 富士薬品タブレッツ・・・ホームゲームよりビジターでめっぽう強い。押しの一手やダメ押
               しが得意。

 カルピスウォーターズ・・・夏場にめっぽう強い。ユニフォームは白色に青の水玉模様。

 アステラスガッペーズ・・・監督は山之内氏でヘッドコーチが藤沢氏。怪我や病気に強い。

 ワコールランジェリーズ・・・ユニホームはシースルー。縫い目にワイヤー入り。本拠地は
                 京都。帽子のマークはピンクのリボン。女性の選手も多い。
                 チアリーダーの色気が凄くて試合に集中できない。

 
 カシオキーボーズ・・・IDを超える計算野球が持ち味。しかし時に打算的な采配。年俸交
             渉で選手にSHOCKばかり与えてしまう。                

 出光コーサンズ・・・名前(興産=降参)が悪く、負けてばかりいる。火に油を注いでばか
             り。          

 吉野家ブルズ・・・本当はバファローズを使いたいが、「狂牛(病)」を連想させるのでボ
            ツ。球場の売店では牛丼弁当が人気。「牛丼食ってうまかった(勝っ
            た)」がキャッチフレーズ。急に入場料値上げで客は戸惑いを隠せな
            い。

 さがみサークルズ・・・選手のユニホームは白黒。選手の愛車は黒塗りのキャディラック。
              選手は全員坊主頭で、昼夜関係なく24時間一日中強い。 

 フジテレビネットワークス・・・選手は韓国人ばかり。最近はアナウンス嬢の独立が多い。
                 偏向報道や野球中継時の放送事故も多く問題視されている。

  
 合計108社、年の瀬に笑い飛ばしていただけたでしょうか。中には笑えないブラックネタも含まれていたが、悪意はないので見逃して欲しい。信じがたいが、「松竹ロビンス」や「名古屋金鯱軍」(戦前)という名前の球団が実在した。「阪急ベアーズ」や「近畿グレートリング」などという嘘っぽい名前のチームもあった。「東急」ではなく、「急瑛フライヤーズ」とか、「西鉄クリッパーズ」、「太陽ロビンス」いう球団も事実存在した。ほかにも星が重複している「金星スターズ」や「トンボユニオンズ」、「黒鷲」とか「大和」、「産業」、「大東京」という球団もあったというから信じられない。どれだけ球団経営が苦しくて身売りしたかしれない。

 さて、いきなりの話題だったが、私はノンプロとプロ野球の線引きが難しい上に、どうして特定の企業だけがプロ野球の球団を経営でき、それ以外の一流会社がプロではなく実業団野球を経営しているのか長年、疑問に抱いていた。親会社の業績など遜色ないはずなのに。かつては各時代ごとに栄えていた産業がプロ野球の球団経営に乗り出していた。例えば、黎明期には新聞会社が球団を持っていた。

 黎明期・・・巨人(1936年・読売新聞社)、中日(1936年・中日新聞社)、
        毎日(1950年・毎日新聞社)、サンケイ(1965年・産経新聞社)

 そして、戦後間もない頃には、各家庭にテレビが普及しておらず、国民の娯楽といえば専ら映画であった。GHQの指導もあって、昭和20年代から30年代にかけて様々な映画が制作され、各映画会社ごとに銀幕のスターが誕生した。吉永小百合、美空ひばり、石原裕次郎、上原謙、加山雄三、小林旭、三船敏郎などが代表的な面々だ。映画が隆盛を極めた時代には、プロ野球の球団もまた親会社は映画製作を手がけた会社が経営していた。
 
 映画会社・・・・大映(1949年)、松竹ロビンス(1950年)、東映フライヤーズ(1954年)

 40年代以降には鉄道会社(百貨店)と食品メーカーが台頭した。

 鉄道会社・・・・阪神(1936年)、阪急(1936年)、南海(1938年)、西鉄(1943年)、
          東急(1947年)、近鉄(1950年)、国鉄(1950年)、西武(1979年)

 食品メーカー・・大洋(1950年)、ロッテ(1969年)、ヤクルト(1970年)、
          日本ハム(1974年)

 そして平成以降は、IT産業(ゲームを含む)が隆盛し、プロ野球の球団経営の母体も様変わりした。

 IT関連会社・・ソフトバンクホークス(2005年)、東北楽天(2005年)、横浜DeNA(2011年)

 球団の身売り=産業や経済の転換期ということが言える。

 参考記事:「ビジネスモデルに見るプロ野球再生の道」

http://www.president.co.jp/pre/backnumber/2009/20091102/12570/12578/

2017年7月20日 (木)

お知らせ

 本日より3日間ブログ記事の掲載を休止し、替わりにこれまで掲載した中で、比較的アクセス数が多かった「パロディネタ」を再掲させていただきます。

 理由は今春から部長職に就き、職務多忙に加え、6月に2回(6日間)、7月に3回(9日間)と出張が続くことから記事の執筆が困難になったためで、2009年4月のブログ開設以来、震災の一週間を除き、毎日新作記事を更新を続けて参りましたが、このような事情ですので、どうかご理解いただきたいと思います。 (SUZU)  

  あったら怖いモノ (2013年5月28日掲載) 

 以前(2012年7月20日付)、当ブログで「笑いのネタ100連発!」と題した記事を書いたことがある。同じ類で「ブラックユーモア」、「笑えないネタ50連発」という記事も書いた。そこで嘉門達夫の歌「あったら怖いセレナ~デ」を引き合いに出し、私なりのオリジナルのアイディアを列挙した。今回はそれに味をしめた私が第二弾として「あったら怖いもの」を思いついたまま発表したい。今回の記事は、はっきり言って嘉門達夫のパクリである。あまり目くじら立てずに聞き流して、綾小路きみまろ風にこの暗い世相を笑い飛ばして欲しい。

 嘉門達夫氏の秀作「あったら怖いセレナ~デ」

 包丁のつかみ取り
 千手観音の往復ビンタ
 全力疾走する大名行列
 時速300キロで回る回転寿司
 本当に海の中にある海の家

http://www.youtube.com/watch?v=OvL2z3LEXCc

 私のパクリネタ 「あったら怖いモノ」 or 「こんな○○はイヤだ!」

 ガラス張りの棺桶(ガラス張りの霊柩車)
 総入れ歯の千年前のミイラ
 片道の燃料しか積んでいない宇宙ロケット
 本物の墓地に作ったお化け屋敷
 扇風機で飛ぼうとするプロペラ飛行機

 ドアが透明アクリル製の「開かずの扉」(意味がない・・・)
 花占いで決める花時計
 ナメクジのおみくじ
 ノンストップなのに次の停車駅で乗客が減っている列車
 無人で運転する路線バス(ゆりかもめならわかるが・・・)

 外れると1億円請求される宝くじ
 あしながおじさんに対抗して短足おばさん(いっぱいいそうだが・・・)
 舌切り雀に対抗して首切りカラス(なんか怖い・・・)
 寝台車に対抗して手術列車
 食堂車に対抗してコインシャワー車

 古戦場でキャンプ(絶対見てはいけないものを見てしまう)
 F1サーキット場での直前横断ごっこ
 ヤクザの組事務所でピンポンダッシュ
 やる気がなく、被告に訴えられた弁護士
 あきらめの早い外科医

 1年間開店休業状態のスーパー
 檀家のいない寺
 壇蜜、檀れい、檀ふみしか檀家のいない寺
 火事で全焼した墓地
 99.9%誤診の医者

 到着まで5時間かかる救急車
 2日遅れて届く新聞(どんだけ離島・・・)
 未来新聞が届く家
 明日、自分が死亡する記事が載っている新聞
 日本では残念な名前・名称(アホウドリ・アホネン・ふんころがし)

 エンドレスのマトリョーシカ
 永遠に続くコザックダンス
 エンドレスの太鼓の達人
 100歳以上限定のフルマラソン大会
 シャッターを押すたびに幽霊が写ってしまう人

 死後の世界への入口がある家
 本物の死体が並べてある蝋人形の館
 蝙蝠とゴキブリが1,000匹いる家
 台風の渦に突っ込むジャンボ旅客機
 年間100回落雷のある家

 トイレの便器から声がする家
 鮮血に染まる露天風呂のある旅館
 アイコが100回続くじゃんけん
 3時間、無言が続くお見合い
 意味もなくエンジンから黒煙を吐き続ける飛行機 

 四方八方が墓地に囲まれている家
 町内のすべての電柱に花束が結わえてある地区
 高層ビルの真下に人の形をチョークでなぞってある場所
 竜巻の通り道に建つ家
 殺人事件が相次ぐアパート

 毎晩死神が出てくる夢(金縛りが解けんわ~)
 前世がナメクジだとわかった瞬間
 金のなる木(毎日強盗に襲われる)
 ボディーガードが100人いないと安心できない家
 出口のないトンネル
 
 まわりに人食いザメがうようよいる海上ハウス
 ピラニアのつかみ取り
 うなぎつかみ大会に対抗して電気ウナギつかみ大会
 始発と終電の間がない路線
 ヒルの踊り喰い
 
 クマと格闘する死刑執行(ブラック・・・)
 アナコンダが放し飼いのプール
 心霊写真専用カメラ
 壁・床・天井が総ガラス張りの家(落ち着かない・・・)
 何もしないのに照明が暗くなったり明るくなったりを繰り返す家

 体の悪い部分が写る家庭用デジカメ(ある意味欲しい・・・)
 10年に一回しか点検整備をしない航空会社
 医者と看護師が喪服を着ている病院(用意周到すぎ・・・)
 全身血まみれの救急隊員
 部屋中がカビだらけのホテル

 人の本心まで映し出すX線がある病院
 廃病院をリフォームして売り出したマンション(どこが霊安室?手術室は?)
 地下核実験場の真上に建つ家
 風車に囲まれた家(少なからず健康被害が・・・)
 某国のスパイ(諜報員)がうろちょろしている町
 
 髪の毛が逆立つほど静電気が充満している家
 教えてもいないのに生まれつきスワヒリ語を話す九官鳥
 風が吹くだけで倒れる家
 地震多発地帯に建つ総ブロック造りの家
 5回も当たってしまった裁判員
 
 いくら歌っても0点しか出ないカラオケマシン
 いない人まで写ってしまう心霊プリクラマシン
 地震が来るたび豪快に崩れるピラミッド
 鍵穴が前方後円墳でできている地球
 イグアスの滝で水修行

 硫酸の露天風呂
 地上50mからスカイダイビング
 42.195kmハードル競技
 三原山の噴火口にあるヘリポート
 馬とウマが合う人の上手すぎる話にうまかったと乗せられた話

 死んでも死にきれない人
 30年間潜りっぱなしの原子力潜水艦(浦島太郎状態)
 8割の村人が村八分にされている村
 死亡率が最も高いのが殺人という国
 嘘の表示しかしない嘘発見器
 
 酔っぱらいのアルコールチェッカー
 中国産痩せる石鹸は使うたびに石鹸が痩せるの意味だった(中国人は騙していない)
 オカマの忍者(くノ一とは呼べない・・・)
 強盗防止のために偽札しか扱っていない銀行
 ぐうたらで怠け者のアイドル歌手(idleってことなんだけど・・・わかります?)
 
 ハリセンボンまたはウニで行うお手玉遊び
 おネエ系言葉で脅かしてくるヤクザ
 成功より失敗のほうが多い人体切断マジシャン
 手さばきが下手なカード&コイントリックマジシャン
 握力100以上ある超能力者によるスプーン曲げ

 二級建築士しか持っていないのに「自分は匠だ」と言い張る建築家
 24時間営業のセブンイレブン(いい加減名前変えたら?)
 野次を飛ばす相手チームファンを狙ってファールを打つプロ野球選手
 美人以外は乗車拒否するタクシードライバー 
 ひと場所で「待った」を10回以上する力士

 ひとシーズンで退場10回以上喰らうプロ野球の監督(元広島のブラウン?)
 幽霊と仲の良い友達
 パワーボートで三途の川を渡る船頭
 床下から人骨が次々発見されるアパート(昔墓地?それとも前に住人の仕業?) 
 テレビの街角インタビューに引っかかった不倫カップル

 日本国民全員にGPSを持たせることを義務付けする政府
 透明人間になれる薬を開発して自動車にひき逃げされた発明家
 タイムカプセルを埋めた場所を忘れた卒業生たち
 どこでもドアを開発し、ドアを開けた瞬間に人食いザメの餌食となった発明家 
 標高5000mにある家(毎日酸欠で高山病)

 血を吐くジェット型洗浄機
 ストーカー行為を繰り返す自動お掃除ロボット
 俺が死んだら生命保険の受取人は家内なのに家内が死んだら受取人が子供
 夜泣きを繰り返すテディベア
 お地蔵さんが運転している地蔵車

 感電死したヘビメタのギタリスト
 下駄占いをする気象予報士
 亡霊が運転する路線バス
 プロキシを知らないプロ棋士
 きゃりーぱみゅぱみゅが言えないアナウンサー  

 落雷に遭ったカーネルサンダース人形
 自分ですべて金を出すグルメリポーター
 本当に行水をするカラス
 黒猫に取り囲まれた家
 気分次第で居座る台風

 転送すると中から人が出てくるFAX
 寝てる間に針の筵に変わる敷布団
 相手によって声が変わる受話器
 加齢臭のする香水
 天声人語を否定する神様

 暴走するメトロノーム
 頑なな風見鶏
 NではなくSM好きな磁石
 開くと痛いと言うコンパス

 目を回す方位磁石
 正体がバレバレなすっぴんピエロ
 作り話が得意な新聞記者
 太りすぎて脱げなくなった着ぐるみ
 調理師免許を持っていないふぐ料理屋

 用を足した後で紙がないと気づいた瞬間
 用を足した後で水が流れないことに気づいた瞬間
 悩み多き心理カウンセラー
 空想ベタなSF作家
 犯人がわからなくなり謎が解けなくなった推理小説家

 オオカミ少年のニュースキャスター
 コウモリに血を吸われすぎて死んだドラキュラ
 雷がしゅっちょう落ちる家
 毎日、入院患者のひとりが死ぬ病院
 走行中、ポルターガイストに襲われる車

 水が止まらないトイレ
 毎日ゴキブリが100匹獲れる台所がある家
 額の絵の裏にお札が貼ってあるホテルの客室
 爬虫類だらけの家(飼い主は蛇の生まれ変わりか?)
 しょっちゅう遺骨盗難に遭う墓地

 毎日少しずつ移動する大仏
 毎晩殺される夢を見てうなされる
 毎日炎上するブロガー(上西議員?)
 プロ野球のオールスター観戦に行ったら、選手が12球団のマスコットキャラだった・・・
 
 

 どうでしょうか?こんな感じで一週間、古い記事を掲載します。ご容赦願います。                                    

2017年6月25日 (日)

私がお参りした有名人の墓

 生前会うことのできなかった方々に近づくには、歴史書や自伝を読むこともそうだが、その歴史の現場となった場所を訪ねて歩くことが手っ取り早い。しかし、大偉業や歴史に名を轟かせた偉人たちを偲ぶことが何よりの供養であり、思いを馳せるには近道だ。
 私は旅の先々で、こうした有名人たちの墓参りを実施してきた。今日ままず、それを題材にしたい。

 ~私がお参りした歴史上の人物のお墓~

 1 近藤勇・・・新撰組組長 会津若松市天寧寺 過去2度お参りした。

 2 正宗・・・ 天下の名刀「正宗」を生んだ刀鍛冶職人 鎌倉大覚寺にお墓がある

 3 中野竹子・・・薙刀の名手で、会津戊辰戦争で活躍した 坂下の法界寺にある

 4 佐々只三郎・・・坂本龍馬を暗殺したと言われる 京都見回り組 会津武家屋敷内

 5 西郷頼母・千恵子・・・会津藩の筆頭国家老で会津戊辰戦争で中心的役割を果たし
              た。妻の千恵子は、西郷頼母邸で身内21人と共に自刃した。

 6 萱野権兵衛・・・会津戊辰戦争の家老で、戦争責任を一手に背負い切腹 天寧寺

 7 松平容保・・・会津藩最後の君主 松平家御廟にある

 8 白虎隊士・・・自刃した飯盛山に眠っている 唯一生き残った飯盛貞吉も分骨された

 9 二本松少年隊士・・・二本松市の大隣寺に墓がある

 ~私がお参りした芸能人・スポーツアスリートの墓~

 1 天知茂・・・明智小五郎役として一世を風靡した。知性とニヒルさに長けていた

 2 石原裕次郎…日活の大スターで「太陽にほえろ」や「西部警察」のボス役 

 3 坂井泉水・・・ZARDのヴォーカル 2007年5月に不慮の死を遂げた 墓の場所は秘密

 4 円谷幸吉・・・1964年東京五輪の男子マラソン銅メダリスト 郷土の誇り

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 死ぬまでにお参りしたい有名人

 1 乃木希典・・・日露戦争時の陸軍大将 明治天皇崩御の際に夫人と共に自決

 2 三島由紀夫・・・作家だったが、革命を起こそうと自衛隊員に決起を呼びかけ自決

 3 福沢諭吉・・・私の大学の創始者 学問のすゝめの著者 

 4 諸葛孔明・・・三国志の英雄にして名軍師 「三顧の礼」「水魚の交わり」 

 5 手塚治虫・・・漫画の神様 ブラックジャック、ジャングル大帝レオ

 6 土方歳三・・・新撰組副長 会津のために戦い、函館戦争に参戦して戦死した

 7 山本五十六・・・連合艦隊の総司令官 

 8 赤穂浪士四十七士・・・忠臣蔵の英雄 泉岳寺に眠っている

 9 いかりや長介・・・ザ・ドリフターズのリーダー

10 尾崎豊・・・カリスマシンガー 若くして謎の怪死を遂げた

11 美空ひばり・・・戦後の銀幕のスター 数多くの伝説を残した

12 テレサ・テン・・・時の流れに身をまかせ、愛人、つぐないなど日本で活躍した台湾人歌手

13 村下孝蔵・・・ギターの弾き語りで「初恋」「踊り子」「少女」など名曲を生んだ

14 河島英伍・・・ギターやピアノの弾き語り 男臭さが滲み出た

15 高倉健・・・孤高の名優 「網走番外地」「幸福の黄色いハンカチ」「駅」「鉄道員」

16 津田恒美・・・広島カープの守護神 炎のストッパーと呼ばれた 脳腫瘍で若くして亡くなった

17 シンボリルドルフ・・・1980年代に活躍した最強馬 トーカイテイオーの父

18 オグリキャップ・・・奇跡の名馬 引退レースの有馬記念で伝説を残した

19 田中好子・・・キャンディーズの元メンバー 解散後は女優として復帰した

20 夏目雅子・・・未だに語り継がれる名女優 「鬼龍院花子の生涯」の演技は圧巻

21 河島英五・・・男臭い歌が良く似合う「酒と泪と男と女」「時代おくれ」「野風増」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私が思う往年の名優30人

 1 高倉健          16 森繁久彌      31 牟田悌三
 2 石原裕次郎       17 志村喬        32 岡田英次
 3 天知茂          18 芦田伸介      33 荒井柱
 4 萬屋錦之助       19 三国連太郎     34 若山富三郎
 5 渥美清          20 原田芳雄      35 根津甚八
 6 勝新太郎         21 長谷川一夫     36 夏夕介 
 7 大滝秀治         22 上原謙        37 荻島真一
 8 松田優作         23 加藤嘉        38 田村高廣
 9 緒形拳          24 宇津井健      39 川口浩
10 夏八木勲         25 竹脇無我      40 松山英太郎
11 丹波哲郎         26 蟹江敬三      41 和田浩二
12 小林桂樹         27 川谷拓三      42 中条静雄
13 菅原文太         28 名古屋章      43 大川橋蔵
14 二谷英明         29 松方弘樹      44 赤木圭一郎 
15 笠智 衆         30 小林昭二      45 本郷功次郎 

   記事作成:5月23日(火)

2017年6月 5日 (月)

結構怖い私の体験実話

 かつて当ブログにて、2013年6月12日(水)付けで「ちょっと怖い話」を、2015年4月17日(金)には「超常現象~祟り~」というタイトルで記事を書いた。そこでは「怖い」話を随分してきた。特段オカルト好きな訳でもないし、まして心霊マニアなどでもない。
 今回はさらに輪をかけた「怖い話」をお送りしたい。5月22日時点で、全国で30℃を超える猛暑が続く中、納涼の意味合いもある。この手の話が苦手な方は、ここで退室願います。ではさっそくどうぞ!

 ① 私がこれまでに体験した怖すぎる実話

 1 真夏の午前零時過ぎ、寝苦しくて、近所の自販機にジュースを買いに行ったら、スー
  ツ姿のサラリーマン風の中年男がひとり、公園のブランコに座り、勢い良くスイングして
  いる場面を目撃した。一瞬見てはいけないものをみてしまった気がした・・・。

 2 大学4年生の夏、バイクで川越街道を走っていた時、交差点で信号停止していたら、
  横断歩道を渡っていた着物姿のおばあさんが、信号無視して交差点に進入してきた車
  にはねられ、宙を舞い、路面に叩きつけられる場面を目撃してしまった。反対車線側だ
  ったことと、当時、携帯など無かったので、なす術がなかった・・・。

 3 12月の寒い日の夜、バイクで実家に帰るため、勿来町から石川町方面に抜ける峠
  で、街灯など全く無い暗闇の中をヘッドライトだけを頼りに、寒さに耐えて山道を走行
  中、道路に転がっていた猫の轢死体の上をふん上って通過してしまった。怖くてミラー
  で確認できなかった。

 4 伊達政宗の800人なで斬りの現場となった「小手森城址」をひとりで訪ねた時、急勾
  配の石段を登っている時に、左の膝の裏の腱を痛めてしまった。しかし、その後、1年
  間に渡り、痛みが止まなかった。死霊の祟りか?探検気分で多くの村民が犠牲になっ
  た場所に足を踏み入れたばかりに罰が当たったとしか思えない。 

 5 大学生の頃、バイクで本宮にある「岩角山」を訪れた。しかも夕方で、そこは霊山だっ
  た。そんなことを知らずに、岩に刻まれた彫刻や不思議な仏像、奇岩群を見ようと軽い
  気持ちで訪れたのがまずかった。

 6 麓山公園の怪

 私はここで何度も不幸に見舞われた。それは児童文化会館や市民会館があった頃、つまり小学生時代には、庭のような場所で、しょっちゅうここで遊んでいた。しかし、当時、かくれんぼをしていた私は、慰霊塔の西側の禁断の場所に足を踏み入れてしまった。その階段を降りると、慰霊塔の出入口のドアになるが、その鍵穴から中を覗きこむと、多くの位牌と遺骨を入れる木箱、骨壷が見えたのだった。思わずぞっとしてその場から逃げたが、これは英霊たちへの冒涜にほかならない。祟られたとしか思えない出来事が私の身に降りかかった。まず、小4の頃、その公園の土手を自転車を引いてよじ登ろうとしたら、勢いが足りず、逆走して、自転車が倒れた瞬間に、スタンドの鋭利な部分で右足の肉を抉り取られた。大怪我をして病院に運び込まれて、7針を縫うことになった。また、今の中央図書館の東側にある神社の境内で、首吊り自殺があったと聞き、ぞっとした。
 不幸は足の怪我だけに留まらず、初めて出来た彼女との初デートをこの場所にしてしまい、曜日を間違えた私は、僅か1日で振られてしまった。 

 7 大学生の頃、北海道でアパート暮らしをしていた私。その夜、テレビで「UFO」特集を
  放送した。すると夜中に、急に金縛りに遭い、目を開けると、窓ガラスが、真昼のように
  光り輝き、眩しくなった。これはUFOが俺をさらいに来たと思った私だったが、金縛りで
  体が動かず、布団だけをかぶって「早く消えてくれ」と祈った。すると、その光はスーッと
  遠ざかり、金縛りもゆっくりと解けて行ったのだった。マジで怖い体験をした。

 8 やくざの子分がアパートに殴りこみに来た!

 これも大学の頃、休日に部屋でくつろいでいると、電話がかかってきて、ドスの利いたおっさんが「夕べはウチの若いもんを可愛がってくれたな」「今から行くから待っとれ!」と一方的に言われて切られた。ほどなくドアを激しくノックされ、開けてみると、見ず知らずの若者2人が息を切らして部屋の中に割り込んできた。俺の顔を見るなり、「こいつじゃねぇ」と言い放って退散していった。たぶん、昨夜、何かのトラブルで喧嘩して殴られた奴が、俺の名を語って、でたらめに俺のアパートと苗字を名乗ったと悟った。
 後から考えるとやくざっぽい輩だったので、いちゃもんをつけられたが、その後、何事も無くてほっとした。

 9 北海道からバイクで実家の郡山まで帰る際、観光しながら2泊3日で気長に帰ろうと
  して、松前町の海岸でテントを張って野宿をしていたら、夜中に急にヒグマの鳴き声が
  聞こえて来たときは、生きた心地がしなかった。その晩はほとんど眠れなかった。

10 罰当たりなミステリースポット探検

 ① 炭鉱事故があった炭鉱を訪問 (北炭夕張・三菱夕張南鉱)
   1984年に100人以上が亡くなるガス突出事故が起きた。その翌年に訪問した。

 ② 万念寺のお菊人形・・・髪の毛が伸びる日本人形が祭られていた。

 ③ 滝ノ上

  単独ツーリングの途中、滝ノ上という地名の「竜仙峡」にある滝の写真を撮りたくて、たった一人で急勾配の斜面を降りたまでは良かったが、トンネルの下を激流が流れているのを見て、ビビリ、その後、降りてきた崖を見て絶句。帰りは登りきれるのか?ドキドキでトライしたら、途中で足が前に出なくなり、立ち往生。このままでは転落して死ぬ!と死を覚悟した瞬間、奇跡的にも脇に鎖綱を発見。これを掴んでなんとかよじ登って生還できた。まさに「命綱」で、天の助けだと思った。

11 就職後、スキーを始めた私。天元台スキー場で一人乗りリフトに乗っていた時、終点
  でもないのに、前に乗っていたスキーヤーが忽然と姿を消したのだった。手袋を落とし
  そうになってバランスを崩し、そのまま5m下の雪の塊にどっぷり嵌まってしまっていた
  のだった。神隠しかと思った!

12 三森峠の怪

 今でこそトンネルは大きな橋が開通し、郡山から猪苗代湖の湖畔(舟津)に行き易くなったが、ほんの20年前までは旧カーブが連続する大変な難所で、頂上付近に明かりもない真っ暗なトンネルがあった。私が会津に住んでいた時に、夜に何度もこの道を通って郡山に帰ったが、その時、人家もない峠のカーブに、一台ぽつんと放置されているような車が置き去りになっていた。どうしてこんなところに車が?どうみても無人。怖くて停車して確認できなかったが、ひょっとすると中で練炭自殺でもしているのでは・・・。

13 小学生の頃、郡山市神明町にある神社の境内。その前にはなぜか滑り台が一個だ
  けある小公園。そこでかくれんぼをして遊んでいると、境内の神社の床下からヒゲを生
  やしたマントを着た髪もボサボサの男がのっそりと現れた。どうやら乞食が住み着いて
  いた。それ以来、私の友達は、その出入り口に向かって石を投げつけたり、不用意に
  呼びかけたり悪戯していた。そんな矢先、いきなり現れて、その男に追い掛け回された
  事件が起きた。どう考えても友達が悪い。

14 天神浜の怪

 私はここの場所については、過去、当ブログで記載しているので、これ以上書きたくは無い。ぜひクリックしてご覧ください。

 「猪苗代湖に纏わる悲話」

 http://tsuri-ten.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-a870.html

 さて、本当はこんなに長編にするつもりはなかったが、書いているうちにいろいろと思い出してつい、長くなってしまった。本当はこの後に、メインとなる「福島県で起きた衝撃事件」と「福島県の最恐オカルトスポット」、「郡山の最恐殺人現場」なる記事を書こうと思ったが、これだけでスペースが足りなくなってしまった。私くらいの年齢になると、いろいろな体験を積んでいるので、この手の数多く出てくる。これらの記事は、近いうち掲載したいと思うので、平気だという人はぜひご覧ください。

 記事作成:5月22日(月)   

2017年6月 3日 (土)

念願のフラガールショーを満喫!

 「スパリゾートハワイアンズ」。旧名は「常磐ハワイアンセンター」。そこは私にとって因縁の曰くつきの場所だった。
 幼少の頃、プールで迷子になった私は、危うくプールに落ちそうになったところを近くにいた人に助けてもらったという出来事があったらしい。3~4歳の頃のことで、私は全く記憶に無い。また、平成初期、いわきの職場にいた時に、忘年会で訪れたことがあった。そして6年前にフラガールのロケ地を探訪した際に、無人の仮設ステージを見物しに建物を覗いたとき以来だった。

 その時の記事はコチラ
 http://tsuri-ten.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-245b.html

 今回、6月1日(木)・2日(金)の両日、仕事で会議がこの場所であって、久し振りに訪れたのだが、私にとって「フラガール」の踊りを生で見るという長年の悲願がようやく叶った。今日はその模様を画像で紹介したい。

 夜の部のショーは、20:40から21:10まで連日レイトショーで行われているが、その日は強制的に二次会への出席を義務付けられ、途中、抜け出してちゃっかり見物したのだった。

 フラガールは私にとって憧れの存在だった。それは震災で「全国きずなキャラバン」を展開し、被災者たちを勇気づけ、義援金への感謝を伝えるものであった。

 当時の主要メンバーであるマルヒア由佳里さん(震災時リーダー)やソロダンサーのプアリリア樹さん、オーリノ苑未さん、モアナ梨江さんなどは引退されてしまったが、今も多くがメンバーとして残っていて、知り合いであるウイラニ綾華さんやロゼラニ幸恵さん、マカレア麻衣さん、レイピカケ水貴さんなどは未だに現役で頑張っている。

 私が見たのは21:00~21:30までの「ポリネシアン・グランドステージ」だった。

 前半は見過ごしたが、ハワイノ踊り、「負けないで」、体験コーナー(50人以上がステージ上へ)、ファイヤーナイフダンス、タヒチの踊りからメインの「オテア」、エンディングの「虹を」までだった。次回はいつ見られるかわからなかったため、100枚以上デジカメで撮影し、同時に動画撮影も実行した。

Img_2477_r Img_2482_r
Img_2487_r Img_2493_r
Img_2507_r Img_2511_r
Img_2512_r Img_2514_r
Img_2522_r Img_2523_r
Img_2525_r_2
Img_2538_r
Img_2539_r Img_2547_r
Img_2554_r_2
Img_2559_r

Img_2569_r

 有料の予約席「プレミアムシート」(土日1,500円)の観客は、ショー終了後、フラガールと一緒に記念撮影が出来る時間があった。
 ところで、私の知り合いの大河原綾華さんは、「ウイラニ綾華」というソロネームを貰い、練習中の怪我で若干遅れたが、3月3日にソロデビューを果たしていた。
 私が見に行った時は、ソロでのダンスはなかったが、今や「レイピカケ水貴」さんと二枚看板(ツートップ)になった彼女のデビュー時の映像をリンクしてこの記事を閉じたい。

 3月3日の映像→ https://www.youtube.com/watch?v=aNMz8VdrWC4

 高校時代、高飛び込みの選手だった彼女は、度胸が素晴らしい。彼女の笑顔は癒しを与えてくれる。今ではリーダー格と言っても良いくらい、ダンシングチームの中でも欠かせない存在となった。

  時間が無くて、フラガールミュージーアムを見ることが出来なかったのは残念だった。

 記事作成:6月2日(金)

2017年5月20日 (土)

身の回りに暗躍するDQNたち

 自分は気づかなくても、周囲に不快な思いをさせたり、迷惑な行為を平気でしていて、何食わぬ顔で生活をしている輩を私は許せない。マイペースで自分本位な生活を送り、身の回りの人々を不幸に追いやる人物のことだ。最近では振り込め詐欺が横行し、善良なお年寄りを平気で騙し、金品をせしめる連中は成敗してやりたくなる。
 ではどんなケース-がDNQに相当するか、私がよく目にする例を挙げてみたい。

 <車の運転>

 1 右折するのに道路の左側で→ウィンカーを出して通過待ちをするDQNドライバー

 渋滞の元を作る張本人。センターラインの右側ギリギリで対向車の通過待ちをすれば、後続車がその左側をスルーできるのに、こういう運転マナーを知らない輩がひとりいると、後ろは渋滞を作る。この手のマナーは教習所で教えないので、人柄がモロに出ることになる。空気を読めず、周囲に配慮できない無知なドライバーがいると周りは迷惑を被る。

 2 割り込みしてノロノロ運転するDQN

 走行中、急に路地や店の駐車場から本線に割り込んできたと思ったら、マイペース走行し、それまでの流れを断ち切るDQNがいる。しかも信号機のある交差点で、自分だけギリで通過し、後続車を赤信号に引っ掛け、イラつかせる利己的かつ独善的な運転をする輩。 

 3 片側一車線で前が詰まっているのに車間距離を詰めて煽るDQN

 何を急いでいるのか知らないが、国道の一本道で、片側一車線にもかかわらず、後続車が車間距離を詰めて、煽っている車をよく見かける。ハンドルを持つと、自分が一番偉いとでも錯覚しているとしか思えない勘違いドライバーだ。とかく車内という密閉された空間で、誰も見ていないと、人は豹変し、素の自分が出る。
 特にA型の人は、普段自分を抑制した生活を送りがちで、ハンドルを持つと性格が変わる人が多い。スピード狂になって暴走したり、他人を気遣わないなりふり構わぬ運転をしたり、普段の人柄とは二重人格の如く変貌することが多いのだ。

 4 渋滞を作っているのに絶対に道を譲らないDQNドライバー

 郊外の片側一車線の国道などでよく見かける光景だが、先頭車両がトロいと後続車が長蛇の列になっているケースがある。本人は気づいていないのだろうが、そういう車に限って渋滞の元になっているのに、絶対に側道に止めて道を譲ろうとしない。途中、待避所や空き地があって、譲ろうと思えばいくらでも後続車を先に行かせる機会があるのに、なぜかそうしない。50キロ制限の道路を50キロちょうどで走れば、教習所ではそれが正しいかもしれないが、実際に、追い越し車線のない一本道でこれをやられると、たちまち長い車列が出来るのは必然。運転にはゆとりが大事なのはわかっているが、急いでいる時にこれをやられると正直きつい。一般的にこういう運転をするのは高齢者の軽自動車に多い。

 5 歩行者より車優先と勘違いしているDQN

 最近は横断歩道に歩行者がいるのに停車する車を見かけない。対向車が止まっているのに、突っ込むドライバーも多い。車が優先だと勘違いしている輩だ。本来はこれはれっきとした違反になる。また、歩行者が歩道のない道を歩いているのに、徐行もせず、どけどけと言わんばかりに高速で通過するばか者もいる。ありえない。どうして心にゆとりがないのか?

 6 丁字路や店の出入口をわざと塞いで停車するDQN

 これも教習所ではあまり教えないマナー。気遣いゼロでマイペース、我が物顔のドライバーの成れの果て行為。自分のほうが正しいと思い込み、他人への配慮がない。第一、譲ろうとする気持ちがないドライバーが蔓延っている。譲られた相手にハザードで感謝をされれば、人間的な温かみを感じられるのに・・・。自己中ばかりに、人の優しさも感じられない所業に終始するのだ。

 <平気で人をだまし、雲隠れする輩>

  金の切れ目は縁の切れ目を地で行く事例

 「開運なんでも鑑定団」を見ていると、壷や掛け軸など大金を出して購入したのに、偽物を掴まされている依頼者が毎回出る。しかも、借金の片にし、「これは凄いお宝で数千万の価値がある」と言われ、それを鵜呑みにして信じ込み、大金をはたいて買った途端、借主が雲隠れしてしまい、結果騙される。人の信用を裏切り、友達などお構い無し、人間関係を平気で断ち切り、忽然と姿を消す。人を騙して良心が痛まないのか?こういう輩が人を裏切り、友達を失くし人生を棒に振るのだ。騙すのが悪いのか騙されるほうが悪いのか・・・・。自分は騙す側には絶対になりたくない。

 <払っているのがバカを見る現実>

 不公平なNHK

 私はNHKの受信料をきちんと払っている。大学生で一人暮らしをしている息子と娘のアパートの受信料も正直に割引制度を使って、満額払っている。しかし、世の中にはテレビを所有しているのに、NHKの受信料の契約や支払いを拒絶し、払わない輩が私の身の回りにもたくさんいる。今、テレビを所有しない家庭などない。99%は普及している。にもかかわらず、NHKは逃げ得を見逃している現実がある。年間24,000円(衛星契約)も払っている真面目な家庭と、10年間もなんだかんだクレームをつけて払っていない家庭では、30万円近い差が生じる。こうした現状を認識しておきながら、放置しているNHKには納得がいかない。

 

 記事作成:4月20日(木)~

2017年5月 9日 (火)

若き天才たち

 去年・今年と10代とは思えない活躍を見せている若手がいる。東京オリンピックに向けて明るい材料と言える。特に女子選手などは、10代後半にピークを迎えるとよく言われるが、最近は男子も負けてはいない。大の大人に混じって、弱冠10代の若者が、ベテランを凌ぐ結果を残しているのだ。それはスポーツに留まらず、小学生や中学生であっても独特な世界で頑張っている。今日はそんな並外れた才能をいかんなく発揮している「若き天才」たちを取り上げたい。

 久保建英

 神奈川県川崎市出身のサッカー選手。 FC東京U-18所属。ポジションはFW、MF。血液型はA型。
 2009年8月、小学2年生で参加したFCバルセロナキャンプでMVPに選ばれる。2010年4月、FCバルセロナスクール選抜としてベルギーで開催されたソグデソ・ヨーロピアン・ルーサスカップに参加。チームは3位に終わったが、通常は優勝チームから選出される大会MVPに輝いた。帰国後、小学校3年生の時に川崎フロンターレの下部組織に入団。
 2011年8月、FCバルセロナの下部組織カンテラ入団テストに合格し、10-11歳で構成されるアレビンCに入団した。
 2012‐13年は30試合に出場し、74得点を挙げリーグ戦得点王になる。
 2013‐14年は地中海カップU-12トーナメントで大会得点王とMVPになり、またリーグ、カタルーニャ杯などのトーナメント制覇に貢献した。
 2014-15年はインファンティルA(13-14歳で構成)に所属。しかしFCバルセロナの18歳未満の外国人選手獲得・登録違反により久保の公式戦出場停止処分が続き、2015年3月、日本に帰国してFC東京の下部組織に入団した。
 2016年、中学3年ながらFC東京U-18に飛び級で昇格。日本クラブユースサッカー選手権では飛び級で出場し、大会史上初となる中学生ながら得点王(5得点)に輝いた。9月、FC東京のトップチームに2種登録される。同年11月5日に行われたJ3リーグ第28節AC長野パルセイロ戦に後半開始から出場し、Jリーグ史上最年少記録を塗り替えた。
 2017年3月12日、J3開幕戦のカターレ富山戦では初の先発フル出場を果たした。4月15日、J3第5節のセレッソ大阪U-23戦では15歳10カ月11日でJリーグ最年少得点を決めた。
 5月2日には飛び級でU-20の日本代表に抜擢された。

 驚きのスペイン語インタビュー

 https://www.youtube.com/watch?v=5xATJMwiWbc

 https://www.youtube.com/watch?v=e4h0gi7KNxs

 中井卓大

 弱冠13歳にして名門レアルマドリードの下部組織に入団。幼少期からその類まれなボールコントロールと何人のDFをも欺き抜き去る驚異のテクニックは、次世代の日本のエースになること疑いなし。



https://www.youtube.com/watch?v=-qbH9IdXwpk

https://www.youtube.com/watch?v=dxrBT7rzDtA

 私の予想では、2020年の東京五輪の中心メンバーに、久保選手と中井選手が入っていることは間違いない。

 藤井聡太四段

 今年、マスコミを賑わせている14歳の中学生が彼、将棋の藤井四段だ。プロ転向後、破竹の15連勝を飾った。その中には加藤一二三九段やあの羽生三冠もいる。凄い人が現れたと羽生に言わしめた逸材だ。対局には初々しくも学生服で臨み、その落ち着いた差し手は堂に入っている。
 将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)は26日、大阪市の関西将棋会館で指された棋王戦予選で平藤真吾七段(53)を140手で破り、自身の持つプロ公式戦デビュー後の連勝記録を「14」に更新した。昨年12月のプロデビュー戦で、現役最高齢の加藤一二三・九段(77)を破ってから快進撃を続け、今月4日の対局に勝ってデビュー後11連勝の新記録を達成。さらに記録を伸ばしている。藤井四段は愛知県瀬戸市在住の中学3年生。昨年10月、史上最年少の14歳2カ月でプロ入り。これまで加藤九段が持っていた14歳7カ月の最年少記録を62年ぶりに塗り替えた。

 なお、5月4日(木)時点で16連勝を飾った。竜王戦の予選を順当に勝ち上がっている。

 https://www.youtube.com/watch?v=dvQ1ZxeR5ig

 https://www.youtube.com/watch?v=LY-U9zvhulE

 826aska

  彼女は10歳以下の時から天才エレクトーン少女として「Youtube」に動画をアップして来た逸材。その演奏は大の大人も顔負け。どんな曲でも華麗に弾きこなすひとりオーケストラ。鯖江在住のまだ弱冠15歳。これから動画サイトだけではなく、メジャーデビューして活躍が期待できるが、何せそのロックスやビジュアルが抜群。とても可愛い。

 ミヤネ屋出演時の映像(スターウォーズを生演奏)

宇宙戦艦ヤマト https://www.youtube.com/watch?v=TwI3lIghaJY

 ルパン三世 '78  https://www.youtube.com/watch?v=vQFeXG3X1vs

 TRUTH https://www.youtube.com/watch?v=8Y_Bl-PI-Vc

 ルパン三世 https://www.youtube.com/watch?v=bXsmtgAaX7M

 威風堂々 https://www.youtube.com/watch?v=au1SrEKoTNQ

 ベビーフェイスの顔立ちでこれだけの技量でなんでも弾けちゃうそのギャップが堪らない魅力だ。若い時の島田奈美に似ている。たぶん色白で小顔、そしてピアノが上手はO型だろうと察しがつく。今春から高校に入学したようで、今後は世界での活動を期待したい。

 本田真凜

 京都市出身の現在15歳。血液型はA型。 関西大学高等部在籍中。スケートを始めたのは2才のときである。1番好きな選手や憧れ、尊敬している選手は荒川静香。
 5人兄弟の3番目で、兄と姉、そして2人の妹がいる。兄の太一、三女の望結、四女の紗来もフィギュアスケーターであり、望結は女優業、紗来は子役もこなしている。
 2016年世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝(金メダル)。2017年世界ジュニア フィギュアスケート選手権準優勝(銀メダル)。2015年ジュニアグランプリファイナルフィギュア3位。
 彼女の場合、ルックスが良く、国民的アイドルだった浅田真央のような天真爛漫な明るさ実力を兼ね備えている。

 

 伊藤ふたば ボルダリング

 2002年4月25日、岩手県盛岡市出身。盛岡市立松園中学校在学中。
 父がスポーツクライミングを趣味にしていたことから、自身も小学校3年からクライミングを始める。競技を初めて間もなく、一発で15mも登ってしまい、父らを驚かせるなど、早いうちから天賦の才を発揮したという。
 2014年から公式競技会に出場するようになり、第17回JOCジュニアオリンピックカップ大会のリード競技のアンダーユースBで2位入賞を果たす。
 2015年はクライミング日本ユース選手権リード競技(アンダーユースB部門)、全日本クライミングユース選手権ボルダリング競技大会(ユースC)の二大会を制覇した。また同年には国際スポーツクライミング連盟公式大会であるIFSC クライミング・アジアユース選手権(マレーシア)では、日本代表選手として女子ユースC部門に出場してリード・ボルダリングの2種目を制覇した。
 2016年は全日本クライミング日本選手権リード競技大会(全日本ユース選手権も兼ねた)に出場、女子のシニアの部で3位に入り、ユースBの部で優勝。さらに同年11月のIFSC世界ユース選手権(中国)に日本代表選手として出場し、ボルダリング女子ユースBで2位に入った。
 2017年1月に開催されたスポーツクライミング第12回ボルダリングジャパンカップ(東京)に出場、女子の部で日本の第一人者である野口啓代、野中生萌らを抑えて優勝した。なお、伊藤の14歳9ヶ月でのジャパンカップ優勝は第1回大会(2005年)に野口が優勝した時の16歳3ヶ月を更新する最年少記録を更新するものでもあった。

 平野美宇

 2017年現在、大原学園高等学校在籍中。静岡県沼津市生まれ、山梨 県中央市出身。右シェーク両面裏ソフトドライブ主戦型。

 同学年の伊藤美誠とは友人、ライバル関係であり幼少期から「みうみま」の愛称でダブルスを組み、最年少でITTFワールドツアーを優勝、ワールドツアーグランドファイナルを優勝した。また彼女達2000年前後生まれは女子卓球黄金世代とも呼ばれる。
 
 リオ五輪ではサブメンバーとして団体戦をサポートした。福原愛、石川佳純、伊藤美誠ら層の厚い日本女子卓球界において、出場こそならなかったが、今年に入って悔しさをばねに変え、急成長した。
 2017年開催のアジア選手権で石川佳純や世界ランキングトップクラスの中国選手を撃破し、シングルス優勝を果たした。伸び盛りの17歳だ。
 東京五輪は彼女が日本のエースとして活躍するのは明白だ。

  卓球界で言えば、弱冠13歳にして世界大会で大活躍している張本智和もまた若き天才と呼ぶに相応しい逸材だ。世界卓球で第一人者の水谷準を破る快挙を見せた。

 他にも女子ジャンパーの成田楓(日本大学在学中)も注目すべき若き天才だ。10代ではないので名前だけ覚えておいて欲しくて追加で掲載した。 

 さて、ご覧のように、今年が始まってまだ半年足らずだが、これだけ10代の選手が大人顔負けの活躍を見せている。とりわけ3年後に迫った「東京五輪」に明るい兆しで、ヤングパワーは恐れを知らないだけに守りに入らず、どんどん攻めていける。かつての岩崎恭子のように、実力以上のものを発揮し、日本に金メダルをもたらす逸材になるとも言える。

 今後も彼ら、彼女たちから目が離せない。

 記事作成:5月3日(水)

2017年5月 6日 (土)

ちょっと昔の旅 ~想い出の場所回顧~

 このGWを利用して、過去にタイムスリップする意図で、想い出のスポットへ足を運んでみた。それはもう四半世紀近く経つ、家内と出会った場所や結婚式を挙げた場所、そして14年が経過した実の父とお別れをした場所だ。
 時間と言うのは無情なもので、人を老化させるだけでなく、記憶まで薄らいでしまうものらしい。そうした想い出のひとコマまでも奪われないように、今回、この訪問を思い立った次第だ。ちなみに訪問したのは朝から快晴青空の5月4日(金)のAM6:14~AM7:00だ。
なお、時系列ごとではなく、この日に訪問した順番に掲載します。

 1 家内と出会った場所 「カフェテラス四季」

Img_2162_r Img_2164_r
                                                内部はこうなっている
Img_2163_r Cafe_shiki

 平成5年に私たちは叔母の紹介で出会った。ガーデンテラスがあってオシャレな造りだった。ここのパスタは美味かった。「ワンスアポンアタムインアメリカ」や「カフェドカフェ」、「飛行船」が定番の食事場所だった。

 https://tabelog.com/fukushima/A0702/A070201/7000242/

 https://tabelog.com/fukushima/A0702/A070201/7003718/

 2 結婚式を挙げた場所 「椿山荘」(現在は記憶の森)

Img_2165_r Img_2166_r

 久留米の桜の名所、五百渕公園のほとりにある結婚式場。平成6年7月3日、ここの神殿式で結婚式を挙げ、その後、新装なった「グランプラス」(実際は当て字の漢字表記)という会場で披露宴を行なった。

 https://kiokunomori.cocolonet.jp/

 訪れて見て驚愕。純白なイメージを漂わせえる白亜の式場にリニューアルし、昔の面影はどこにもない。外観もエントランスの造りも劇的に変わった。一周したが、池の周囲では付近住民によるボランティア活動が朝早くから行われていた。

 3 父親を見送った「懐想記念館久留米」(現:たまのやこころ斎苑久留米)

Img_2167_r Img_2168_r

 父親の高校時代の同級生が社長を務めていた「サークル」という互助会に入会していたため、やはり久留米にあったセレモニーホールで葬儀告別式を執り行った。平成15年の年も押し迫った12月29日に亡くなり、大晦日に須賀川市の火葬場で焼骨し、正月明けの1月6日、雪が降る中で告別式を行った。

 http://www.e-sogi.com/detail_hall/id1000000000-009676.html

  訪ねたこの日は催事はなさそうで、駐車場もガラガラで閑散としていた。催事場が暇なのは喜ばしいことと認識・・・。

 4 水天宮

 小学生の頃に亡き父親と何度もキャッチボールやノックをしてもらった想い出の場所。親父が亡くなった時、この目の前にある「懐想記念館」で通夜をやった折、夜中に水天宮を訪れ、夜空を見上げたら、真冬だったため、満天の星空が美しかったことを思い出した。

Img_2170_r Img_2169_r

 子供の頃はあんなに広く感じたのに、とても小さく狭く感じたのは、自分が成長した証と実感した。早朝にもかかわらず、バックネット付近で親子がキャッチボールしていた。あの日の自分と重ね合わせることができた。

 5 結納を交わした場所 

 平成6年1月に結納を交わした。家内の振袖姿を初めて見た。家内は当時、鈴木杏樹に似ていて、身長も164cmあってスリム美人だった。

 http://www.homemate-research-wedding.com/dtl/20000000000000001147/

 残念ながら、いくら探しても持つからず。もしかしてもう解体した?趣のある屋根がドーム型でエレガントな造りの建造物だったのだが・・・。
 その後、内環状線沿いのステーキ宮と郡山信金にあったその建物は「オフィスタツミ」という会社になり、そこからR49線を越え、200mほど南東に行った「記憶の森」の北側へ移転したことが判明した。

 6 父親が亡くなった病院跡

Hosina_2Img_2171_r_2

 震災で損傷を受け、その後閉鎖。しばらくはそのまま建物自体はそこにあったが、希望が丘へ移転した。その後、取り壊された。
 平成15年12月28日の仕事納めに母親から電話を貰い、病院嫌いで渋る親父を無理やり連れて行ったら、40℃の高熱で即入院。翌朝には亡くなってしまった。私は痰を器官に詰まらせた医療ミスだと疑っていたが、タバコの吸いすぎで肺気腫を患い、呼吸器疾患だったと思う。翌日、医師に呼び出されたときには意識不明。心電計は横に一直線の波形で、長男到着時を死亡時刻とした。看病もせず、ひとりで天国へと旅立ってしまった。
 年の暮れだったこともあり、実家から至近で、当番医がここしかなかったため、やむを得ずこの病院に連れて行ったが、大病院に行っていたら、もしかしたら助かったかもしれないという懺悔の気持ちがしばらく続いた。

 7 結婚前、結婚後に最初に移り住んだ富久山町のアパート

Img_2173_r Img_2174_r
Img_2175_r Img_2176_r
Img_2177_r Img_2178_r

 「愛の巣」はR288から少し入ったところにあった久保田字本木のアパートだった。平成6年4月から移り住み、子供が生まれた後の平成7年12月下旬まで約1年8か月暮らした。当時は益子建築工業の参加のマストモ設備が工事を請け負った新築物件だった。部屋が3つある3DKで、家賃は56,000円だった。2階の南端の角部屋だった。
 家内の実家からも近く、当時私は船引町にある職場へ通勤していたので、郡山市街地を通らなくて良かったので、通いやすいメリットがあった。

 http://www.homes.co.jp/archive/b-9182694/u-20476940/

 実際に訪ねてみると、住んでいたのはもう20年前なので、いくら当時新築とはいえ、かなり年季が入って古くなっていた。20年の歳月とはこんなにも変わらせてしまうのか・・・。

 さて、個人の感傷に浸るような手前味噌な記事になったが、「人に歴史あり」を地で行くものとなった。この四半世紀、様々なことがあった。2人の子供に恵まれ、両者ともに大学生となり、長男は一流のハウスメーカーへの就職が内定した。技術職で設計を希望している。

 今回は個人情報を暴露してしまった感が強い記事になってしまったが、他人が見たら何の変哲も無い個人の感傷のようなものになってしまった。しかし、人には忘れられない人生の足跡や証のようなものがあり、それを備忘録としてどこかに留めておきたいと願ってのものだということを理解いただきたい。

 最後に、長い歳月を経て、名称が変わったスポットも多い。いろいろあったが、半生を振り返ると決して良いことばかりではなかったが、波乱万丈ではなく、大過なく、安定した生活を送れたことは、家内に感謝しなければならないだろう。

 記事作成:5月4日(木)~5日(金)

より以前の記事一覧

福島県の天気


無料ブログはココログ