2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

芸能・アイドル

2017年5月21日 (日)

80年代アイドルめちゃ可愛い動画集

 今日はミーハーな記事で恐縮だが、私が高校生や大学生の頃に流行っていた1980年代のアイドルブームを回顧し、お気に入りの可愛かったアイドルたちを取り上げたい。なお、まったくの個人的趣味なのであしからず。おそらく、今見ても「乃木坂」にも引けをとらないくらいのルックスだと思う。

 小泉今日子

 

「素敵なラブリーボーイ」 https://www.youtube.com/watch?v=veDWWG-woGA

「半分少女」  https://www.youtube.com/watch?v=3RfYLPEt4a0

「真っ赤な女の子」 https://www.youtube.com/watch?v=tZVld0LNCos

 私の中で80年代アイドルと言えば、松田聖子でもなければ中森明菜でもなく、彼女を真っ先に思い浮かべる。スター誕生出身の正統派アイドルで、色白・丸顔はO型の典型。ファッショナブルで、髪型もちょくちょく変えてイメチェンを図った。NHKの「あまちゃん」でも魅せたが、彼女のアイドル時代の顔は有村架純にそっくりだ。

 菊池桃子

「Summer Eyes」 https://www.youtube.com/watch?v=PsWueep4QJ4

「雪にかいたLOVE LETTER」    https://www.youtube.com/watch?v=HeC10zZbG8U

 私が浪人~大学1年生の頃に一番盛り上がっていたアイドル。とにかく可愛かった。「卒業」というドラマをビデオに録画して何度見たことかしれない。制服姿が良く似合っていた。

 南野陽子

 「吐息でネット」 https://www.youtube.com/watch?v=VYQ7HJQrRxY

 「ハイカラさんが通る」 https://www.youtube.com/watch?v=NgWl8CWYJHM

                https://www.youtube.com/watch?v=1-707S32Su4 

 彼女は1980年代のアイドルの中でも長いストレートの黒髪と背丈があった。衝撃的な生い立ちの「二代目麻宮サキ」を名乗る「鉄仮面伝説」の「スケバン刑事Ⅱ」を演じきった。個人的には明治時代の着物スタイルで歌った「ハイカラさんが通る」が大好きだった。CMや歌番組に引っ張りだこだった。

 堀ちえみ

「潮風の少女」 https://www.youtube.com/watch?v=PJiVZ0FwjRw

 この時代のアイドルは、小柄な美少女風が多かった。彼女はその典型。しかし、スチュワーデス物語の「教官!」という臭い演技で、ストイックな面を見せた。その後、結婚離婚を繰り返し、子宝に恵まれ過ぎた。清純派で売り出したのに、性格がB型そのもので、凝り性で天然が入っていた。

 島田奈美

 「内気なキューピッド」 https://www.youtube.com/watch?v=jms41mxP8-M

 「ほほえみをあなたに」 https://www.youtube.com/watch?v=Gl7W0GfKyJ0

夢見る少女という印象が濃かった彼女。アンニュイな魅力とO型らしい丸顔で愛嬌のある笑顔は当時のアイドル像ドンピシャ。

 河合その子

「落ち葉のクレッシェンド」 https://www.youtube.com/watch?v=HHGH-HJZinw

「恋のチャプターA to Z」 https://www.youtube.com/watch?v=yPuCeLWoGRc

 おニャン子クラブの会員番号12番だった彼女。実は現役高校生アイドルグループだったおニャン子の中で、彼女は20歳だった。歯科衛生士を目指した中島美春と共に一番早く卒業したが、彼女はソロデビューも一番早かった。「涙の茉莉花LOVE」、「青いスタスィオン」などがヒットした。同じB型の相田翔子や小倉優子のように、まるでお人形のような美少女だった。
 プレイボーイ男だったやはりB型の後藤次利と結婚し、芸能界を引退した。

 さて、まだまだ多くのアイドルたちが登場しては消えて行ったアイドル全盛の頃を振り返ってみた。今日紹介したのは紛れもなくA級アイドルたちだ。 
 不思議なことに、当時のアイドルはB型とO型が多かった。上で紹介した6人のうち4人がB型でほかの2人がO型。ほかにもO型は中山美穂や浜田朱里、原真佑美、岡田有希子、西村知美、B型は酒井法子、松本伊代、荻野目洋子、吹田明日香、伊藤美紀、A型は石川秀美、早見優、立花理佐、浅香唯、水野きみ子、小出広美、ユニットはおニャン子クラブ、WINKなど大勢いた。

 今思えば、古き佳き時代だったのだろう。ニューミュージックブームとバンドブームの狭間でこのような時代があったことを私は忘れ得ない。

 記事作成:5月5日(金)

2017年5月13日 (土)

可愛い系 VS 綺麗系

 女性というのは、いつの時代も綺麗なものや美しいものに憧れを抱き、それを追求する生きもののようで、美容やダイエットに励むのはその一例だろう。それは男性がかっこよさを求めるのと似ている。しかし、女性の場合、「美」に対して2つの観念があって、ひとつは綺麗だが、もう一つ、可愛いという表現がある。果たして女性はどちらに強い憧れを持つのだろうか?

 芸能界を見ていると、私個人は可愛い子を好む傾向がある。別にロリ趣味があるとかではなく、確かにTVタレントやモデル、女優には美人が多いのだが、綺麗な人は近寄りがたいオーラがある。ツンデレだったり、見下すような印象だ。それは年齢的に25歳以上の大人の女性である場合が多く、メイクアップやスタイルに気遣い、ファッションもエレガントであり、まるで別世界の人間という印象を抱くからだ。

 一方、可愛い子というのは、10~20代前半が多く、キュートで親しみがあって、妹的な存在で、誰からも好かれる雰囲気がある。国民的美少女とかNHKの朝ドラのヒロインに抜擢されるのもそうした傾向を見越しての起用かもしれない。

 では、芸能人で綺麗な人と可愛い人とを分別してみたい。なお、あくまで個人の感想や趣向なのであしからず。羅列するだけでは見づらいので、毎度のことで申し訳ないが、血液型別にわかりやすく分類したいと思う。

 女優・歌手・モデル・アスリート

 綺麗系

 A型 吉瀬美智子・石原さとみ・桐谷美玲・武井咲・白石麻衣・中谷美紀・石田ゆり・
     壇れい・松嶋菜々子・水野真紀・黒木瞳・堀田茜・坂井泉水・泉里香・葉月里緒奈

 B型 ローラ・綾瀬はるか・井川遥・堀北真希・比嘉愛未・大塚寧々・佐藤美希

 O型 北川景子・天海祐希・蛯原友里・朝比奈彩・佐久間由衣・森高千里・桜庭ななみ

AB型 松下奈緒・鈴木えみ・鈴木杏樹・永野芽郁・中村アン・手塚理美・森下愛子

 綺麗系は黒髪のロングで色白の方が多い。

 可愛い系

 A型 新垣結衣・長澤まさみ・芳根京子・磯山さやか・山川恵里佳

 B型 有村架純・小倉優子・相田翔子

 O型 土屋太凰・深田恭子・上戸彩・鶴田真由・柳ゆり菜・映見くらら・広末涼子・
     有森也美・島田奈美・木之内みどり・岡田奈々・裕木奈江

AB型 佐々木希・広瀬すず・木村文乃・橋本環奈・加藤夏希

 可愛い系は小柄で丸顔の人が多い。瞳が大きく、人形的

 女子アナ

 綺麗系

 A型 秋元玲奈・椿原慶子・名切万里菜・青山愛・小田切いくみ

 B型 鈴江奈々・鈴木奈穂子・伊藤綾子・鷲見玲奈

 O型 山岸舞彩・首藤奈知子・堤礼実・新井恵里那・曽田麻衣子

AB型 大江麻理子

  不明 膳場貴子・森川夕貴

 可愛い系

 A型 皆川玲奈・田中みな実・三田友梨佳・近江友里恵・桑子真帆・小林麻耶・
     岡村真美子・平井理央・広瀬麻知子 

 B型 高島彩・皆藤愛子・狩野恵里・川田裕美・牧野結美・狩野恵里・小野塚愛美

 O型 伊藤友里・長野美郷・宮澤智・宮司愛海・夏目三久・伊藤弘美・竹内由恵
     松尾由美子・加藤綾子・田中萌・林美沙希・生野陽子・宇垣美里・

AB型 三ト麻美・江藤愛・中島芽生・畑下由佳・尾崎里紗

 不明 宇賀なつみ

 なお、外見重視でこのように分類したが、性格的に分類もできるだろう。天然(B型に多いが)が入っていると、見た目は綺麗であっても、可愛い印象を持つ。ローラや綾瀬はるかは綺麗系だが、あの性格で国民的に好かれる存在になるのはそのためだ。

 記事作成:4月16日(日)

2017年3月26日 (日)

AKBグループにいても売れそうな80年代アイドル

 過去に当ブログで「80年代アイドル」についてのミーハー記事を何度も書いた。私が高校生から大学生の頃は、空前のアイドルブームで、その影響からか、未だにアイドルには目がない。ロリコンオヤジと罵られそうだが、自分の娘と同じくらいの年齢の子たちが、アイドルとしてデビューし、トップスターを夢見て頑張っている姿には、ついつい親心として応援したくなってしまう。決して不純な怪しい動機からではない。
 この歳になって思うのは、80年代のアイドルは皆、健康的な少女たちが多かった。それは血液型がB型とO型が圧倒的に多く、天真爛漫で陽気で裏表がなさそうな性格と多少天然がかった癒し系のおおらかな雰囲気を醸していたからにほかならない。当時のアイドルたちは、今でも乃木坂や欅坂、AKBグループにいてもセンターが狙えそうな可愛い娘ちゃんばかりだった。今日は、またまたミーハーを絵に描いたような話題で恐縮だが、そんな80年代アイドルを取り上げたい。
 

 1 水谷麻里

  生年月日:1971年7月18日  (45歳) 出身地:愛知県津島市 血液型はO型

 水谷 麻里は、1980年代後半に活動した日本の元女性アイドル歌手。本名、江口 葉子。旧姓:水谷。 愛知県津島市出身。現役時代の所属事務所はサンミュージック、レコード会社はビクター音楽産業。堀越高等学校卒業。デビュー年はアイドルブーム真っ只中で、年末には銀座音楽祭・メガロポリス歌謡祭・新宿音楽祭・日本レコード大賞など多くの音楽祭が行われており、山瀬まみ・ポピンズ・真璃子・少年隊らと各新人賞を争い、彼らと共に多くの新人賞を獲得した。漫画家の江口寿史と結婚した。

https://www.youtube.com/watch?v=JMAnFcMX0Z8

 ちなみにこの「乙女日」和は、夜の「FTVお天気情報」のOPテーマに使われている。

FTVお天気情報→ https://www.youtube.com/watch?v=JVqm8XcuskA

 2 伊藤美紀

 愛知県 名古屋市名東区出身。かつてホリプロに所属していた。血液型はB型。現在は45歳。
 1986年 - ホリプロタレントスカウトキャラバン・グランプリ。
 1987年5月21日 - CBS・ソニーのHOLLYWOOD LABELより『小娘ハートブレイク』で歌手デビュー。

 3 中山忍

 東京都小金井市出身。現在は44歳。所属事務所はオフィスミューズ。血液型はB型

 グラビア写真集 https://www.youtube.com/watch?v=lzLv6JR78Zo

 ご存知、中山美穂の実の妹。男なら守ってあげたくなるような妹にしたいアイドルだった。

 4 島田奈美

 東京都出身。私立富士見中学校・高等学校卒業。46歳。現在も島田奈央子の名前で音楽活動を続けている。血液型は色白丸顔の典型のO型

https://www.youtube.com/watch?v=jms41mxP8-M

https://www.youtube.com/watch?v=ZwUz2aam3JY

https://www.youtube.com/watch?v=hsaAIBHgfLM

笑って歌えなくなる https://www.youtube.com/watch?v=QnDq-0TPRmg

 明るくて陽気な健康的アイドルの典型だった。笑顔がたまらなくキュートで「クレアラシル」のCMに出演していた。同じO型のおニャン子クラブの高井麻巳子(現在・秋元康夫人)に似ていた。

 5 吉田真里子

 1980年代後半から1990年代前半にかけて活躍した日本のアイドル、シンガーソングライター。 兵庫県姫路市出身。身長156cm、体重45kg。B型。スリーサイズはB79cm W59cm H80cm。ヤングマガジンのグラビアクィーンとなった。現在46歳。

https://www.youtube.com/watch?v=vXpmX6buenQ

https://www.youtube.com/watch?v=VGFBi8ZIOW4

https://www.youtube.com/watch?v=o_gBeclq2z8

 私が社会人1~3年目に活躍したグラビア系アイドル。写真集がバカ売れした。やはり妹にしたいロリフェイスで、アンニュイな感じも男心を刺激した。
 今でいう橋本環奈に似ていた。

 6 志村香

 東京都墨田区出身の歌手、タレント。堀越高等学校卒業。血液型:B。現役当時の所属事務所は芸映プロダクション、レコード会社は日本コロムビア。47歳

 彼女のVTRを見るたびに、なぜか私は欽ちゃん球団の片岡安祐美(彼女もB型)とイメージがダブる。やはりB型同士、雰囲気が似たり、相通ずるものがあるのだろう。

 7 河合その子

 1985年、夕やけニャンニャンから生まれた「元おニャン子クラブ」、会員番号12番。血液型はB型。フランス人形を彷彿させるようなアンニュイでロリっぽい雰囲気があった。

 https://www.youtube.com/watch?v=bmAM87GjKhs

 https://www.youtube.com/watch?v=d9HPUKPYojs

 https://www.youtube.com/watch?v=QB0-aeYvq-k

 https://www.youtube.com/watch?v=TygQdaUagZs

 かつて70年代アイドルだった木之内みどりと恋の逃避行を行ったプレイボーイ、後藤次利(B型)と結婚して芸能界を引退した。

 80年代はB型アイドルが多かった。

 松本伊代、堀ちえみ、吉本美代子、三田寛子、菊池桃子、斉藤由貴、南野陽子、伊藤さやか、伊藤美紀、伊藤麻衣子、吹田明日香、志村香、中村由真、中山忍、河合その子、酒井法子、かわいさとみ、吉田真里子、本田理沙などがそうだ。

 ところで、現在のアイドルでB型は少ない。乃木坂46はB型が多いが、個人ではトップアイドルとまではいかない。AKBでは柏木由紀、松井珠理奈くらいだ。B型は個性が強く、天然っぽい印象がある。女優の綾瀬はるかやタレントのローラが典型で、マニアックというか、特別な目線で見られがちだ。
 しかし、今日取り上げた7名の80年代アイドルは、今、AKBに加入したとしても、「神セブン」的な存在で、センター候補になるのは間違いない。南野陽子や菊池桃子のように、独特なカリスマ的な存在で、熱狂的なファンがつく。よって、グループ内にいても目立つことうけあいだ。

 記事作成:3月8日(水)

2017年2月27日 (月)

頑張る昭和の大御所俳優たち

 去年の暮れに俳優・根津甚八さん、そして1月に松方弘樹さん、2月には藤村俊二さんが亡くなられた。昭和生まれの人間にとって、この時代に大スターとして活躍された巨星が次々と天に召されるニュースを聞くと、一抹の寂しさを禁じえない。私は、石原裕次郎さん、美空ひばりさん、三船敏郎さん、天知茂さん、鶴田浩二さん、森繁久彌さん、勝新太郎さん、萬屋錦之助さん、緒形拳さん、藤田まことさん、夏八木勲さん、高倉健さん、菅原文太さんが亡くなられた時に、「昭和がまたひとつ終わった」と思ったが、現在、頑張っている昭和の名優や大御所がほかにもいること忘れてはいけないと思い、エールを送る意味で掲載したい。なお、還暦以上の大御所限定であることをご理解ください。

 1 里見浩太朗 

 彼こそ大御所俳優という代名詞が似合う。主に時代劇で大活躍。長らく務めた「水戸黄門」、1980年代の年末の大型時代劇シリーズ「忠臣蔵」「白虎隊」「田原坂」などで主役を張った。存在感があってオーラも他の役者とはひと味もふた味も違う。現在80歳のご高齢になられたが、歴代の黄門様は「おじいちゃん」という印象が濃かったが、里見さんは体格の大きさもあってか、若々しい以外の何者でもない。やはり長年務めた「助さん」のイメージが強いからか?

 2 高橋英樹 

 1961年、高校在学中に日活ニューフェース第5期として日活株式会社に入社。第5期の同期には、中尾彬や竜崎勝(高島彩の父)がいる。同年の映画「高原児」でデビュー。「桃太郎侍」はシリーズ化し、その風変わりな衣裳と奇抜な決め台詞で視聴率が高かった。

 3 仲代達也 

 御年84歳のベテラン俳優。劇団俳優座出身で演劇・映画・テレビドラマで活動を続け、戦後の日本を代表する名優の1人とされている。代表作は「人間の条件」、「切腹」、「新・平家物語」、「二百三高地」などで主演をはった。1975年には無名塾を開設。若手の俳優の育成にも尽力した。2003年には勲四等旭日小綬章を受章した。

 4 田中邦衛 

 加山雄三の「若大将シリーズ」では「青大将」として親しまれた。また「北の国から」はレギュラーシリーズだけではなく、数年に一度の特番として何度も登場。純と蛍の父親である黒板五郎役で、北海道富良野に大自然に包まれて、子どもたちの成長を見守る姿は感動的だった。独特な語り口調で物まねされることが多かった。

 5 松平 健 

 「暴れん坊将軍」がシリーズ化し、将軍・徳川吉宗を演じきった。あの風貌は20代からで、意外にもまだ若い。お御所ながら「マツケンサンバ」などおちゃらけコスプレなどでイメチェンを図ったり、奇想天外、天然ぶりを発揮した。

 6 渡 哲也 

 石原裕次郎の盟友。「大都会」「西部警察」シリーズなど刑事役で一世を風靡した。ハードボイルドで硬派なイメージ。 

 7 北大路欣也 

 昭和の時代劇や戦争映画などの大型番組には欠かせない存在だった。最近は社長役が板に着いて来た。

 8 梅宮辰夫 「明日の刑事」

 50年来の大親友だった松方弘樹を失い、意気消沈して憔悴しきっているとともに、自らも重病と闘っている。かつては日活映画や刑事ドラマのボス役でその存在感を示した。

 9 小林  旭

 日活映画「ギターを抱いた渡り鳥」など、「渡り鳥シリーズ」で人気を博した銀幕のスターという印象。美空ひばりと結婚・離婚し、話題となったり、「自動車唱歌」や「昔の名前で出ています」、「熱き心に」など歌手としてもヒット曲を飛ばしている。

10 宍戸  錠

 かつて銀幕を席巻した「日活」の大スター。タフでハードボイルドな役柄で、小林旭らとともに名を知られ、日活アクション映画の需要もあって、その強面から悪役が多かったが、「エースのジョー」と呼ばれて親しまれた。とりわけ「渡り鳥シリーズ」では大人気を博し、一世を風靡した。 

11 加山雄三

 「若大将シリーズ」でその時代の寵児となった。私の中では、慶應卒のお坊ちゃまで、名優だった上原謙の息子で「サラブレッド」という印象。近年はドラマ出演を控え、もっぱら歌謡ショーに出演したり、24時間テレビでしかお目にかかれなくなった。私の中では石原裕次郎と並ぶ往年の大スターという認識。

12 山崎 努

 去年80歳になられた大ベテラン俳優。「必殺シリーズ」の梅安役がハマリ役 
 2007年、秋の叙勲で旭日小綬章を受章した。ほかにも「八つ墓村」、「お葬式」、「おくりびと」に主演し、強面だが、熟達した味のある役をこなした。

13 古谷一行

 私の中では1970年代から80年代にかけて放送されたテレビドラマ版の「横溝正史」シリーズの金田一耕助役の印象が濃いが、「オレゴンから愛」とか「金曜日の妻たちへ」、「失楽園」など不倫を扱った妖しい男役が多かった。『混浴露天風呂連続殺人』シリーズにも主演した。今年73歳になられたが、数年前には自らがん告白を行っただけに健康が気遣われる。

14 役所広司

  彼の印象は「Shall We Dance?」だ。当初は所属する無名塾の舞台公演に出演。1980年(昭和55年)のNHK連続テレビ小説『なっちゃんの写真館』でテレビデビューを果たす。主に時代劇で評価を得ていた。1983年(昭和58年)のNHK大河ドラマ『徳川家康』の織田信長役で注目を集め、1984年(昭和59年)のNHK新大型時代劇『宮本武蔵』の主人公・武蔵役で初めて主演に抜擢される。民放の時代劇作品では、『三匹が斬る!』シリーズなどが代表作。映画では、伊丹十三監督作品の『タンポポ』などに出演。オーロラの下で』で初めて日本アカデミー賞の優秀主演男優賞を獲得する。

15 渡辺 謙

 世界各国において映画を中心にテレビドラマ、舞台、テレビコマーシャルと幅広く活躍している俳優の一人。1987年(昭和62年)のNHK大河ドラマ『独眼竜政宗』で主役(伊達政宗役)を演じ、39.7%という大河ドラマ史上最高の平均視聴率を獲得。一躍全国的な人気を獲得、スターダムにのし上がる。しかし、1989年、映画初主演となるはずであった『天と地と』の撮影中に急性骨髄性白血病を発症し降板。再起はおろか生命も危ぶまれたが、約1年の闘病の後、治療を続けながらも俳優業に復帰。妻は女優の南果歩で、娘は女優の杏

 語幣があるといけないので、ここでお断りしておきますが、今回取り上げたのは、昭和しか活躍していない「往年の名優」ということではない。今も第一線で活動中であり、昭和の時代から継続して映画やテレビドラマなどで、知らない人がいないくらい有名で、平成29年1月現在もご健在で大御所となられている名優であるということを力説しておきたい。

 さて、昭和の時代から活躍している名優たちも、さすがに歳をとった。毎年のように訃報が舞い込み、ひとり去りまたひとりと天国のスターになっていく。同じ時代を生きた者として寂しい以外の何ものでもない。

 今回名を挙げた方々は、ぜひお元気で長く活躍し、ひとつでも多くの名作を残して欲しいと願ってやまない。

 記事作成:1月24日(火)

2017年2月 7日 (火)

伝説の男⑳ ~CM作曲の第一人者~

 2017年の今年、彼は今もご健在で84歳となられた。最近は彼の息子さんの小林朝夫氏の予言が脚光を浴びているが、彼は私が幼少の時から、多彩な才能を発揮し、「テレビの申し子」とさえ思える活躍をしていた。「伝説の男」として、今回私が名を挙げたい人は作曲家の「小林亜星」さんだ。
 彼はその巨漢体型にして、愛らしい風貌、しかし、昔から日本の父親を彷彿させる「頑固親父」キャラでドラマで主役も張った。俳優という印象があったが、本業は作曲家だというから二度驚く。彼は高齢になったせいか、最近はマスコミにあまり登場しなくなったが、彼の顔を見れば、すぐに思い出すと思う。ではまず、彼の存在を知らない若い人でも、彼の作品を耳にすれば理解できるということを示したい。何故、今回私が彼を取り上げたのか?彼がどれほど凄い人物なのかを振り返りたい。

 <小林亜星> 

Asei 1932年8月11日、東京都杉並区生まれの84歳。
  昭和30年、慶応義塾大学経済学部卒業。作曲を服部正氏に師事。
 昭和36年のCMソング、レナウン「ワンサカ娘」「イエイエ」をはじめ、サントリー「オールド」、明治製菓「チェルシー」、ブリヂストン「どこまでも行こう」、日立「この木なんの木」等、 次々とヒットCMを作曲。他に、ドラマ音楽(向田スペシャル、裸の大将、三匹が斬る、他)、歌謡曲、ポップス、アニメ(狼少年ケン、ガッチャマン、ひみつのアッコちゃん、魔法使いサリー、他)の音楽を作曲。 昭和47年、ピンポンパン体操が200万枚を超す大ヒット。レコード大賞童謡賞を受賞。
 昭和49年には巨体を買われて、向田邦子作のTVドラマ「寺内貫太郎一家」に主演、大好評を得る。以来、作詞・作曲、タレントの両面で活躍する。今までに古賀賞、中山晋平賞、ギャラクシー賞を受賞し、昭和51年には都はるみ「北の宿から」でレコード大賞を受賞する。
 クラシックからジャズ、ロック、演歌まで、小林亜星ならではの音楽活動を続ける。また平成14年4月から9月まで放送されたNHK連続テレビ小説「さくら」では、主人公さくらの祖父として出演した。(小林亜星オフィシャルサイトより)

 絶対に聞き覚えのある彼の代表作

 <CM>

 1. 日立グループ 「この木なんの木」

 2. 明治製菓 「チェルシー」

  3. 積水ハウス 「家に帰れば、積水ハウス。」   

 4. サントリー 「オールド」

 5. ブリジストン 「どこまでも行こう」

 6. 大関 「酒は大関心意気」 https://www.youtube.com/watch?v=5XbKfe-w6hA

 7. ライオン 「振り向かないで」 https://www.youtube.com/watch?v=94gJ5jjnDxI

 8. ライオン 「ブルーダイヤ」 https://www.youtube.com/watch?v=DCscXrYDxzA

 9. 日本生命 「モクセイの花」(ニッセイのおばちゃん)

 https://www.youtube.com/watch?v=md7EF4mm614

10. ファミリーマート 「あなたとコンビに」

 https://www.youtube.com/watch?v=fqt1lWOIJa8

 次点 レナウン 「わんさか娘」 https://www.youtube.com/watch?v=EvqFvUeDYno

 ここに挙げたのはほんの一部で、実際にCMなどで使われたものは、この3倍以上に上る。それほどCM業界では重鎮であり、彼を起用すればヒット間違いなしの状況が続いた。

 彼が凄いのは、CM作品だけに留まらない。テレビドラマなどの主題歌や有名歌手に楽曲を提供し、重賞を獲得している点も特筆しなければならない。ほんの5曲を提示しただけでも彼の凄さを窺い知れよう。

  •  1.科学忍者隊ガッチャマン初期オープニング、のちエンディング「倒せ!ギャラクター」、
                初期エンディング、のちオープニング「ガッチャマンの歌」/子門真人
  •   https://www.youtube.com/watch?v=_sxKcF4VE9s

  •  2.魔法使いサリーオープニング「魔法使いサリーのうた」
  •   https://www.youtube.com/watch?v=0F0xAFaJApk

  •  3.ひみつのアッコちゃんオープニング「ひみつのアッコちゃん」、
                    エンディング「すきすきソング」/水森亜土
  •   https://www.youtube.com/watch?v=KykhC2-WP7s

  •  4.まんが日本昔ばなしエンディング「にんげんっていいな」
  •   https://www.youtube.com/watch?v=EGQSWNgi7iE

  •  5.花の子ルンルンオープニング「花の子ルンルン」/堀江美都子、
                 エンディング「女の子って」/猪股裕子、小林亜星
  •   https://www.youtube.com/watch?v=vaXuVSR3Tk8

     そして大ヒットした名曲

     1. 北の宿から ※『第18回日本レコード大賞』(1976年)大賞受賞、東京セレナーデ(都はるみ)
      https://www.youtube.com/watch?v=QKmma_bRdQE

  •  2. 野に咲く花のように(ダ・カーポ)※『裸の大将放浪記』挿入歌
  •   https://www.youtube.com/watch?v=mjkOFpyKSiQ
  •  3. ピンポンパン体操 ※『ママとあそぼう!ピンポンパン』挿入歌 ※200万枚を超す大ヒット
      https://www.youtube.com/watch?v=1BO7KwRplj4

     どうでしたか?彼の偉大さを身にしみて感じてくれたことと思う。私は小さい頃から彼の曲を間接的に身体で覚えてきた世代なので、彼の存在感はもとより、人間性など素晴らしい人物と崇拝している。最近はテレビなどであまりお目にかかれなくなっているので、残念でならない。もしかして健康的なことなのか・・・。84歳になられてはいるが、私は引退はされていないと思うし、まだまだ私たちを感動させる作品を残していただけることを願っている。

     記事作成:1月15日(日)

    2017年1月14日 (土)

    衝撃的だった芸能人の自殺

     2016年も日本では自殺者の数が3万人を超えた。同じく年間の交通事故死者数が4,000人を割ったことを考えれば、9倍以上にも上る。そして2013年の統計では、日本の自殺者数は世界で7番目に多い。これは先進国では1位で、アジアでは3位の韓国に次いで多い。
     神様から与えられた、たったひとつのかけがえのない命を自らの意思で絶つからには、そこには人には言えぬ悩みや病気を苦に、あるいは介護疲れ、育児ノイローゼ、家庭問題、うつ病、仕事のストレス、人間関係、借金苦、生活苦などさまざまな理由があるにちがいない。
     私は残された家族、周囲への影響、迷惑を考えれば、自殺を踏みとどまり、誰かのサポートを得ながら、生きていれば、やがていつかは光が見えることもあると信じている。残念ながら、日本では、自殺が大きな社会問題になりながら、そうした支援体制が十分ではないために、毎年、自殺者が絶えないでいる。
     そこで今回は、過去、芸能人の自殺で世間に衝撃を与えたと思われる事例を、私の主観で10ケース選んでみた。自ら死を選んだその理由とは一体何だったのだろうか。

     1 田宮二郎 猟銃自殺 まるでヘミングウェイ・・・

      映画、ドラマ、さらにはクイズ番組の司会者としても大活躍した往年のスター・田宮二郎 が自殺をとげたのは1978年8月25日のこと。人気ドラマ『白い巨塔』(フジテレビ)の放映中に、自ら足で猟銃を引くという壮絶な最期だった。享年43歳で、これからもっと主演を張れる逸材だった。
     過密スケジュール、心労が田宮の身体を蝕み、異変が表面化していく。現場で異常な言動を重ね、家庭内でもささいなことで激昂するようになったのだ。旧知の精神科医に診断されたのは「うつ病」だった。(exciteニュースより)

     均整取れた日本人離れした顔立ちとクールな振る舞いで女性ファンを中心に人気が高かった。私も「白い巨塔」は大好きなドラマだったし、「クイズタイムショック」も大好きで毎週見ていた。それだけに彼の猟銃による自殺は当時、13歳だった私には衝撃的だった。血液型はB

     彼の息子で俳優の田宮五郎も47歳で亡くなった。

     2 沖雅也 高層ホテルから飛び降り

     〈おやじ、涅槃で待つ〉 沖が養叔父だった日景氏に宛てた遺書にこう書き残して、ホテルの最上階から飛び降りたのは1983年6月12日である。「日景は、私に『沖の自殺は、事故みたいなものだった』と話していました」
     「沖はホモではなく、女好きの普通の男でした。日景は嫉妬深くて束縛するタイプで、沖はそれに嫌気がさしていた。で、日景の財布から50万円抜き取って家出し、ホテルに2日間滞在。日景氏は生前、沖は自殺する3年前から躁鬱病だった、と明かしている。
     「さらに沖が亡くなった後、日景は、彼が飛び降りる直前に声を掛けたというガードマンにも話を聞いた。すると、飛び降りたというより、バルコニーの縁に座っていた沖に“何やってんだ”と声を掛けたら、驚くような感じで振り向き、バランスを崩して落ちた、と説明したというのです」
     沖が当時、精神的に不安定であったことは間違いない。ただ、日景氏は、沖は本気で死のうとは思っていなかった、と見ていたのだ。(デイリー新潮より)

     私は「太陽にほえろ!」のニヒルなスコッチ刑事役、「俺たちは天使だ」の麻生探偵役、そして姿三四郎の桧垣源三郎役などを見ていたので、私も自殺以前に訪れたことがあった京王プラザホテルから身を投げて自殺を図ったというのは、衝撃以外のなにものでもなかった。血液型はB

    映像はコチラ

    https://www.youtube.com/watch?v=z-9SKUEI9HM&list=PLCE7E38DFAD043A2A

     3 岡田有希子 所属事務所の屋上から投身

     1980年代中期のトップアイドルの一人。ポスト松田聖子として期待され、活躍 していたが、アイドルとしての絶頂期に自殺してしまった。それは衝撃的だった。当時の報道では思いを寄せる俳優にフラれたことがきっかけで(真相は謎だが)、自宅マンションで手首を切り、それでも死に切れず、ガス自殺未遂、更にはその治療直後に所属する四谷の芸能事務所の屋上近くから投身自殺を遂げてしまった。
     1986年4月8日の夕方に【放送していた「夕やけニャンニャン」の番組中、ニュース速報で伝えられ、我が目と耳を疑った。その時、自分は大学3年生で東京(三軒茶屋)に住んでいた。私は彼女の熱烈なファンではなかったが、人気アイドル歌手の衝撃の急死のニュースはショックだった。もちろん若者にも大きな影響と波紋を与えた。

     彼女は名古屋市熱田区の出身で、1983年にオーディション番組『スター誕生!』の第46回決戦大会チャンピオンとなり、芸能界入りした。1984年4月に『ファースト・デイト』でアイドル歌手としてデビュー。同年、日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。「ユッコ」の愛称でファンから慕われた。1986年1月、カネボウのキャンペーン・ソング『くちびるNetwork』がオリコン初登場1位となる。憧れだった歌手として順風満帆そのものだったのに、あのようなショッキングな自殺をしたことがあまりにも唐突で信じがたい事実だった。その後、後にユッコ・シンドロームと呼ばれることになる、類例のない規模の後追い自殺(ウェルテル効果)が起こり、当時の衆議院文教委員会で取り上げられる大きな社会問題になった。その人数はなんと115人とも言われた。O型。

     4 沖田浩之 首吊り

     アイドル歌手から俳優に転身を図ったが、師匠の津川雅彦から「芝居が下手」とか強く叱責され、思いつめることが多かった。そして1999年3月27日首吊り自殺を遂げた。自殺の原因は当時、仕事が減っていたことに悩んでの自殺ではないかと囁かれた。なお沖田だけでなく、弁護士の祖父、企業経営者であった父(1996年9月)、父の生前から経営を引き継いでいた兄(2002年4月)など、置鮎家は3代で4人の自殺者を出している。血液型はA

     5 上原美優 首吊り

     「貧乏アイドル」として貧しい家庭でのエピソードを明るく話し、プラチナムプロダクションの看板タレントの一角までに成長。グラビアタレントとしてその愛くるしい笑顔を振りまき、人気があった。

     2007年のクリスマス(当時20歳)に恋人に振られた寂しさから睡眠薬を服用し自殺を図ったが一命を取り止めた。
    2010年3月29日に母親が心筋梗塞で他界した。本人は仕事で最期を看取れなかったものの、家族全員で揃って葬儀を終えたが、彼女のショックは大きく以後精神的に不安定な様子が見られたという。
     2011年5月11日午後11時頃、東京都目黒区のマンション自室で交際中の一般男性と過ごしていたが、「2時間ほど一人にしてほしい」と男性を外出させたという。その後、外出先の男性の携帯電話に死をほのめかすメールが送られ、折り返し電話をかけても彼女が出なかったため、男性が上原宅に向かったところ、自室のドアにスカーフとベルトで首を吊っており、5月12日午前3時37分、病院で死亡が確認された。満24歳没 血液型はA


      
     6 可愛かずみ 投身

     1997年5月9日、当時、交際が噂されていた元ヤクルト投手、川崎憲次郎の自宅マンションから飛び降り自殺を図った。その年の七夕婚が噂されていただけに、突然の破局が自殺の引き金となったといわれた。その後、川崎氏は交際報道があった女性が、自分の住むマンションから飛び降り自殺を図ったにもかかわらず、ノーコメントを貫いた。

     私は同年代だったが、高校時代に放送していた「オレたちひょうきん族」の「ひょうきんベストテン」で「中森明菜」になりきって歌っていた姿や、片岡鶴太郎主演の「季節はずれの海岸物語」の準ヒロイン「徳子」役を演じていた姿を忘れることはできない。血液型はA

     7 松本友里 首吊り

     1984年にアイドル歌手としてデビューした。2004年10月に、松平健だけが出演した舞台を松本が観劇したことで交際に発展した。2005年10月11日、松平と入籍した。

     2010年6月に母・和歌鈴子が死去した。その頃から母親の介護疲れや死別の影響などにより、うつ状態となる。
     2010年11月15日午前3時ごろ、自宅のドアノブにロープで首をつっているのを泊まり込みのベビーシッターが発見し警察に通報、死亡が確認された。遺書の有無は明らかにされていない。血液型はA

    https://www.youtube.com/watch?v=TF85LarRj1I

     8 甲斐智枝美 首吊り

     もっとも衝撃的な亡くなり方をした元アイドル。愛息の目の前で首を吊って亡くなったのだ。
     彼女は1979年、日本テレビの人気オーディション番組「スター誕生!」で第29代グランドチャンピオンを獲得。これをきっかけに芸能界入り。1980年、ポスト山口百恵を狙ったホリプロ所属のアイドルとしてシングル曲「スタア」で歌手デビュー。
     2006年7月10日、2階の寝室で首を吊っていたところを中学校3年生(当時)の長男が発見した。救急隊員が駆けつけたが、午前6時45分ごろ、心肺停止を確認。習志野署が検死を行い、自殺と断定した。43歳没。血液型はA

    https://www.youtube.com/watch?v=vFwLp-m0Re0

     9 古尾谷雅人 

     味と曲のある細身の俳優として活躍していた。2003年3月25日、東京都文京区の自宅で首つり自殺を図り死去。45歳没。晩年は事務所兼自宅マンションの住宅ローンや、亡父の遺産相続をめぐって継母との民事裁判を抱えていた。

     彼の姿は「北の国から」のダンプ運転手役や「丑三つの村」での殺人鬼の役が強く印象に残っている。血液型はB

    https://www.youtube.com/watch?v=jdbmZjSHTsw

    10 牧伸二 川への飛び込み

     ウクレレ漫談で寄席や演芸を大いに盛り上げた。

     2002年に脳出血で療養とリハビリを余儀なくされるが、復帰後の2003年に文化庁長官賞を受賞。
     2011年7月3日、自宅でタバコの火の不始末からボヤを起こした。自身と妻、娘の3人で消火にあたり、消防車が到着した頃にはほぼ鎮火していた。
     2013年4月29日午前0時15分頃、東京都大田区の多摩川丸子橋付近で投身し、病院に搬送されたが死亡が確認された。入水自殺とみられる。78歳没。

     前日の28日午後1時半に上野広小路亭で舞台に出演し、その後、午後4時10分から浅草東洋館でも舞台に出演する予定だったが、「少しお茶を飲んでくる」と言って席を立ち、午後3時頃に喫茶店を出た後行方不明になっていた。

    https://www.youtube.com/watch?v=PNDsZksxkAU

     他にも日本テレビの米森麻美、大杉君枝、TBSの松宮一彦、川田亜子アナらが衝撃的な自殺を遂げ、当時は大きな話題となった。米森と大杉は日テレ出身の女子アナで、持病や育児ノイローゼがその原因と見られている。ほかにも時を置かずに日テレは山本真純アナも自殺を遂げた。いずれも育児ノイローゼからうつ病に陥ったとも言われている。若い方の自殺は、ことのほか衝撃が大きい。
     また自殺するのは落語家や漫才師にも多い。桂三木助や二代目桂枝雀、Wヤングの中田治雄、大平シロ―などもそうだ。

     シンガーでは「X-JAPAN」のhideの死も衝撃的だった。女優では戸川京子さんの死も当時、大きな話題となった。宇多田ヒカルの実母の歌手・藤圭子もまた投身自殺で自ら命を絶った。

     不審死

     尾崎豊、伊丹十三、坂井泉水、飯島愛 

     政治家の自殺

     新井将敬、松岡利勝、中川一郎、永田寿康

     作家

     芥川龍之介、川端康成、太宰治、三島由紀夫

     作家は自殺しているケースが多い。特に太宰治は二度、心中を図り、無実の女性を巻き込んでいる。芥川龍之介は服毒、私が崇拝する三島由紀夫は自衛隊駐屯地で隊員に決起を呼びかけたが誰も賛同せず、もはやこれまでと割腹自殺を図った。ノーベル賞作家の川端康成は執筆稼動をしていた逗子市のマンションでガス管をくわえて自殺を遂げた。

     今回の記事は、故人の名誉を傷つけるものではなく、かつて芸能界で、しかも第一線で活躍されていた方々の姿を偲ぶためのものであり、絶頂期の時にファンを置き去りにしてどうして死を選んだのか、それを明記したかったのだ。愛する家族を残し、自ら死を選ぶからにはそれ相応の苦しい胸の内や誰にも言えぬ悩みを抱えていたに相違ない。
     そして若ければ若いほど、その自殺という手段での絶命は、ファンの衝撃度は大きいだけに、ぎりぎりのところで踏みとどまって欲しかったというのが私の切なる願いだ。

     

     記事作成:平成28年12月初旬~1月4日(水)

    2017年1月 8日 (日)

    伝説の男⑱ ~全米を熱狂させた男~

     かつてこんなに凄い日本人パフォーマーがいただろうか?彼の名は蛯名健一(通称エビケン)という。彼はキレキレのブレイクダンスで、全米No.1ダンサーの称号を手に入れた。その妙技たるや、他には絶対に真似できないオリジナルなダンスだ。客を圧倒し、興奮のるつぼに巻き込むそのド派手なアクションは他の追従を許さない。

     あの辛口コメンテーターだらけの「アメリカズ・ゴット・タレント」での壮絶喝采

     彼はこのパフォーマンスで賞金100万ドル(約1億円)を獲得した。のっけから観衆を圧倒するオリジナルテクニックとロボットモーションでのアクション。そしてマトリックス張りの反り返り、

     日本での必見「凱旋パフォーマンス」はコチラ

     フラッシュアクションでは空を飛んでるようにしか見えない。これまでブレイクダンスを行ったパファーマーは五万といたが、彼ほど、様々なダンスを融合し、独自ワールドを築き上げたダンサーはいない。では一体「エビケン」とは何者なのか?プロフを掲載したい。

     蛯名健一

     1974年5月25日生まれの42歳。職業は振付家、ダンスパフォーマー、日本芸術専門学校特別講師となっている。
     1994年にアメリカ合衆国の大学に留学し、在学中に独学でダンスを始めた。フリースタイルのヒップホップ、マイム、ジャズ、エスニック・ダンスなどを組み合わせた独自のスタイルを特長としている。
     2006年から2007年、ニューヨークのアポロ・シアターで行なわれた『Apollo Amateur Night 』で7回連続優勝し、年間優勝者となった。2001年、彼がリーダーを務めるダンスチームBiTriPが『Apollo Amateur Night 』で優勝していたため、彼は2回年間優勝した唯一の人物となった。『Angelina Ballerina: The Next Steps 』に出演し、マネキン人形に命が宿る様子をダンスで表現しつつ、自身の半生について語った。
     2013年、米NBCネットワークで放送されたオーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』のシーズン8に参加。自身が「dance-ish Performance(ダンスのような演目)」と称するパフォーマンスを披露して、オーディションを勝ち進み全米の注目を集めた。最終的に日本人としては初めて優勝し、賞金100万ドルを獲得した。
     2013年9月29日よりペンシルバニア州ヨークを皮切りに11月17日のニューヨーク州ウエストバリーまで『アメリカズ・ゴット・タレント・ライヴ』の全米ツアー公演に出演する。
     現在は高級ショークラブのThe BOX(ニューヨーク、ロンドン)、The ACT(ラスベガス)に出演中である。
     日本人でアメリカンドリームを成し遂げた数少ないエンターテイナーだ。

    神芸

     では最後に彼の凄さを特集した「情熱大陸」をどうぞ!

     「見せ方で世界をアッと言わせたい」。それが彼の真骨頂だ。

     記事作成:1月6日(金)

    2017年1月 7日 (土)

    アンチエイジングの女性⑩

     この記事も今回で10回を迎える事となった。私は女性はいつまでも美しくありたいと願い、化粧はもちろんだが、日頃の肌ケアは欠かさないものと思っている。最近は、歳不相応のお若い方が多いように思う。そんなアンチエイジングを実践されている方をこれまで紹介して来たが、いよいよ二桁人数を数えるまでに至った。今回ぜひとも紹介したい女性はこの方です。

     西村由紀江

     彼女はピアニストであり、作曲でもある。彼女はテレビドラマ「101回目のプロポーズ」のBGMを担当した。もちろんプロのピアニストのため、その腕前は折り紙つきだが、彼女が凄いのはその年齢に合わない美貌。その秘訣は「たかの友梨」監修のテレビCM、「エステファクトオールワンジェル」に出演していることでもわかるが、美しい美肌。とても50歳近いとは思えない。

     では彼女の出演しているCMをどうぞ!

     20年前の29歳の時の映像はコチラ。ほとんど変わっていない。

     さらに26年前の23歳時の映像がコチラ

     鶴瓶さんは劇的に変わったのに、西村さんはさほど変化がないのが凄い。あの美しさの秘訣は何なのか?やはり「エステファクトオールワンジェル」の賜物?

     続いて彼女の経歴をどうぞ

     1967年5月8日生まれの49歳。職業は作曲家・ピアニスト。血液型はO型
     大阪府豊中市出身。桐朋学園大学ピアノ科卒業。株式会社モデラート所属。

     3歳でピアノを始め、小学生時代にヤマハ・ジュニア・オリジナル・コンサート(JOC)に参加し世界各国を演奏旅行。桐朋学園大学在学中の1986年にアルバム「Angelique」を制作。
     1991年にテレビドラマ 『101回目のプロポーズ』 の音楽を担当し、同タイトルのサウンドトラックはオリコン3位。ドラマ 『親愛なる者へ』のBGMも担当。1998年にドニー・イェン監督・主演の映画『ドニー・イェン COOL』の音楽を担当した。

     2006年に映画『子ぎつねヘレン』 の音楽を、NHK教育テレビの趣味講座番組 『趣味悠々』で『西村由紀江のやさしいピアノレッスン 世界の名曲を弾いてみよう』 の講師を担当。2007年12月、『趣味悠々・選』 として再々放送された。

     2007年4月1日に財団法人ヤマハ音楽振興会より独立し、個人事務所である株式会社モデラートにて活動する。同年9月、自叙伝「あなたが輝くとき」を出版。

    Nisimura1 Nishimura2

     どうですか?この美肌。色白の点はやはりO型って印象。何度も言うが、彼女は今年49歳になられた。アンチエイジングを実践している彼女は、やはり肌のお手入れは欠かさなかった。O型は、吉永小百合に代表されるように色白で、美肌の方が多い。それは天性の部分もあるが、やはり紫外線対策やシミ、小じわを防ぐため努力を怠っていない証拠だ。同じO型の平愛梨や中条あやみさんに似ている。やはり血液型が同じだと雰囲気や顔の造りも似るという私の持論はまたここでも証明されると思う。

     記事作成:12月27日(火)

    2016年12月 6日 (火)

    好きになった芸能人

     今日は、ミーハー根性丸出しで恥ずかしながら、私のアイドル好き遍歴を暴露したい。だから何なの?と思われがちだが、私が歩んだ半生で、一体どんなタイプが好きになったのか整理したい。そして備忘録として押さえておきたい。なお赤で記した人は特に好きだった芸能人だ。

    <小学生>

    天地真理 O型 恋する夏の日 小学生の頃、初めて好きになったアイドルだった。

    フィンガー5 O型 学園天国 メンバーの大多数がO型 

    桜田淳子 O型 秋田美人 私の青い鳥 エンジェルハットと色白丸顔が可愛いかった。

    岡田奈々 O型 俺達のシリーズ、青春の坂道

    林寛子 B型 素敵なラブリーボーイ がんばれレッドベッキーズ

    Amachi Sakurada

     <中学生>

    石野真子 A型 狼なんか怖くない 私の首領 ファンクラブに入っていた

    榊原郁恵 B型 夏のお嬢さん 郡山駅のホームでサインを貰ったことがある

    木之内みどり O型 刑事犬カール 野球狂の詩 横浜いれぶん 無鉄砲 

    蛯名由紀子 B型 ガラスのうさぎ

    手塚さとみ AB型 真ん中分けのストレートな黒髪がチャームポイント。美脚もうっとり

    大場久美子 A型 コメットさん 

    森下愛子 AB型 サード

    早瀬優香子 A型 俺はあばれはっちゃく 宮村瞳役

    夏樹陽子 A型 江戸川乱歩シリーズ 腐食の構造

    桂木文 O型 翔んだカップル

    久保田早紀 B型 異邦人 ソバージュで大人の色気があった

    IshinomakoIkueHayaseyukako

     <高校生>

    伊藤つかさ O型 少女人形 アイコ16歳

    城山美佳子 AB型 ドラマ

    山本みどり B型 女優

    三浦リカ A型 この頃は栗田ひろみや竹井みどり、大谷直子らが出ずっぱりだった。

    竹下景子 A型 姿三四郎 クイズダービー この指とまれ お嫁さんにしたい女優No.1

    市毛良枝 O型 復顔 お嫁さんにしたい女優No.1 ヌード披露にびっくり

    宮崎美子 A型 ミノルタX-7のCM 

    白石まるみ O型 ヤングモデル フォトジェニック

    叶 和貴子 B型 江戸川乱歩のパノラマ島奇談 

    小泉今日子 O型 真っ赤な女の子 あんみつ姫 丸顔色白でO型の典型顔

    伊藤さやか B型 陽あたり良好! 

    藤吉久美子 AB型 日本郵便CM 落ち葉の中から開脚して起き上がって現れるCM

    TsukasaTakeshitaIchige

     <大学生>

    菊池桃子 B型 卒業 雪に書いたラブレター 大学生の頃大好きだった

    田中美佐子 O型 ダイヤモンドは傷つかない 黒髪のロングはトレードマーク

    叶和貴子 B型 土曜ワイド劇場 和服美人 

    松尾羽純 B型 オールナイトフジ おかわりシスターズ 恋をアンコール

    新田恵利 O型 おニャン子クラブNo.4 冬のオペラグラス 

    河合その子 B型 おニャン子クラブNo.12 涙の茉利花LOVE 青いスタスィオン

    富川春美 O型 おニャン子クラブNo.14

    永田ルリ子 O型 おニャン子クラブNo.18

    島田奈美 O型 内気なキューピッド パステルブルーのため息 今でも大好きだ

    南野陽子 B型 スケバン刑事 ハイカラさんが通る

    相田翔子 B型 WINK 淋しい熱帯魚

    小出広美 A型 サンデーズ 

    立花理佐 A型 君はDon't Cry

    KikuchiTanakaShimadanami

     <社会人20代>

    有森也実 O型 東京ラブストーリー

    石田ゆり子 A型 君のためにできること

    森高千里 O型 17才 私がオバさんになっても 私の夏

    鶴田真由 O型 かっぱえびせんCM ドラマ、映画多数

    ジョイ・ウォン B型 チャイニーズゴーストストーリー

    羽藤淳子 A型 元KFBアナウンサー あいうえお天気目玉焼きLサイズ

    Moritaka Tsurutamayu

            Jyoiwon

     <社会人30代>

    優香 O型 エリスCM 志村けんのだいじょぶだ~

    小野真弓 O型 アコムCM グラビアアイドル

    安田美沙子 O型 アイフルCM

    坂井泉水 A型 ZARD 揺れる想い 負けないで 心開いて

    小倉優子 B型 モデル ゆうこりん こりん星

    広末涼子 O型 鉄道員

    松嶋菜々子 A型 GTO やまとなでしこ ホワイトアウト

    Yasuda Sakaiizumi

    <社会人40代>

    チェ・ジゥ A型 冬のソナタ 竹下景子さんの若い頃に似ている

    長野美郷 O型 めざましテレビ めざまし土曜日

    皆藤愛子 B型 めざましテレビ

    吉高由里子 O型 蛇にピアス 蛯名由紀子に似ていると思った

    夏帆 A型 学校へ行こうMAX

    吉岡美穂 A型 グラビアアイドル

    東原亜季 A型 グラビアアイドル

    山本梓 A型 グラビアアイドル

    潮田玲子 A型 バドミントン オグシオ

    Che_juNaganomisatoYoshitaka

    浅尾美和 O型 ビーチバレー

    キム・テヒ O型 僕とスターの99日 爽健美茶CM

    山岸舞彩 O型 サンサタ、NEWS ZEROキャスター

    瀧本美織 O型 てっぱん

    小池里奈 O型 グラビアアイドル

    戸田恵梨香 AB型 ライアーゲーム デスノート ファンモンPV

    本仮屋ユイカ A型 スィングガールズ

    南沢奈央 O型 才色兼備の女優 赤い糸

    Yamagishimai Takimoto

    桜庭ななみ 
    O型 三菱地所CM ドラマ多数

    有村架純 B型 あまちゃん ビリギャル au、JRAなどCM女王

    鈴木えみ AB型 ケツメイシ サクラのPV

    加藤綾子 O型 元フジテレビアナウンサー めざましテレビ ホンマでっかTV

    小野紗由利 A型 FCTアナウンサー ゴジてれChu ! ゴジてれ×SUN

    梅田澪理 A型 元TUFアナウンサー げっきんチェック

    Sakuraba8 Onosayuri

     <社会人50代>

    新井恵理那 O型 女子アナ

    岡村真美子 A型 気象予報士・ピアニスト

    佐々木希 AB型 秋田美人 

    柳ゆり菜 O型 グラビアモデル

    広瀬すず AB型 シーブリーズCM CM女王 ちやはふる 四月は彼女の嘘

    土屋太鳳 O型 まれ 下町ロケット 花子とアン 青空エール

    名切万里菜 A型 FTVアナウンサー 長崎県出身 青山学院大学卒

    日向瑠菜 O型 関西発!海釣り派 釣りガール

    伊藤友里 O型 セントフォース所属フリーアナ 「サンデーモーニング」

    伊藤弘美 O型 フジテレビアナウンサー

    Okamura Hirosesuzu

    Nakiri9_2 Hinataruna

    Photo

     O型 38人 A型 23人 B型 16人 AB型 7人

     こうして見ると、圧倒的にO型が多い。理由は色白で丸顔。ほんわかした癒し系の雰囲気がたまらない。とげとげしていないし、何か安心して見ていられる。最近の若いアイドルは、娘のような目線で温かく見守ってあげたいという感じて見てしまう。思わず頑張れ!って応援したくなる。意外にもB型が少ないし、日本人の約4割を占めるA型も比較的少ない。見てわかる通り、私の好みは綺麗系ではなく可愛い系、妹にしたいタイプが多い気がする。これが末っ子の私の趣向だったということだ。

     ちなみにどうでもいいことだが、嫌いな芸能人やアスリートは、和田アキ子、石橋貴明、中森明菜、沢尻エリカ、張本勲だ。何様?と思えるようにとがっていたり、気性が荒く、不機嫌そうに振舞う方々やたいした実力も無いのに気勢だけは一丁前という輩は好かない。

     今回は私の個人的な趣向にお付き合い頂き、ありがとうございました。

     記事作成:11月25日(金)

    2016年12月 4日 (日)

    芸能界美人姉妹

     親の七光りという言葉があるが、親が俳優や女優であれば、芸能界で活躍するチャンスは多いかもしれないが、犯罪で逮捕スキャンダルなど不祥事も多いようだ。
     芸能界は特殊な世界で、一般常識が通じないし、変装しないと街も歩けない。衆人環視の中で生活するのは本当に辛いと思う。そんな中、姉妹で活躍している芸能人がいる。今日はそこにスポットを当てたい。
     芸能界で美人姉妹といえば、真野響子・梓、石野真子・陽子、石田ゆり子・ひかり、中山美穂・忍らがいたが、最近はより美しい方々が増えている。では私が気に入っている美人姉妹を取り上げたい。

     1 小林麻耶 麻央(2人ともA型)

     小林麻央は姉の麻耶よりも先に結婚した。嫁いだ先は歌舞伎界のプリンス、市川海老蔵だった。しかし、歌舞伎座の呪いを受けるかのような不幸な出来事が相次いで身に降りかかった。夫、海老蔵の暴行事件、自身の乳がん発症など。姉妹仲はとても良いが、心配の種が絶えない。

     2 本仮屋ユイカ・リイナ姉妹(2人ともA型)

     本仮屋ユイカは清純派女優だが、女子アナである妹のリイナがやはり姉より先に結婚した。リイナは青山学院大学在学中から、ユイカも妹ということで世間から注目されたが、その美形の容姿でも評判だった。姉より先に結婚するケースが最近は頻繁に起きている。

     3 柳いろは ゆり菜 (姉はA型で妹はO型)

     一昨年、NHK朝ドラ『マッサン』で、悩殺ボディを披露したグラビアアイドル・柳ゆり菜と、その姉である柳いろはが、姉妹そろって「あまりにエロい」と、グラドルファンの間で話題となっている。姉のいろはは、福島テレビの競馬中継で解説のアシスタントとして出演している。

     4 能瀬あんな えれな 香里奈 (長女A型、次女O型、三女A型)

     この3姉妹はいずれもスカウトされてモデルとして芸能界入りした。誰もが認めるスタイル抜群で超美形。小顔で八頭身はある。天は二物を与えてしまったようだ。

     5 広瀬アリス すず(2人ともAB型)

     すずは今やCM女王で、映画、ドラマにも引っ張りだこ。ふたりとも日本人離れした目鼻立ちがくっきりで、瞳が大きい。

     6 秋元優里 玲奈

    Akimoto

     女子アナの姉妹。姉の優里はフジテレビ局アナだが、ジャニーズのイケメン俳優・生田斗真の弟で同じフジテレビのアナウンサーの年下で後輩アナの竜聖と結婚した。しかし、残念ながら、現在、別居し、離婚協議中。そして妹の玲奈は、テレビ東京の女子アナ。両者共に慶應義塾大学卒で父親は大使館の参事官を転々とした外交官。ゆえに、帰国子女で、英語はお手の物。個人的には私は、妹の秋元玲奈がお気に入りだ。

     さて、結論めいたことを言うようだが、こうして数組の美人姉妹芸能人を挙げれば、やはり姉が美人だと妹も綺麗だったり、可愛いいのは間違いない事実だ。ほかにも美人姉妹といえば、双子の三倉茉奈佳奈(ふたりともO型)も外せない。妹の佳奈のほうが先に結婚した。しっかり者で慎重派の姉よりも行動派の妹のほうが恋も成就しやすいのだろうか?芸能人ではないが、アスリートでも女子フィギュアの本田真凜(A型)、望結(O型)姉妹がいる。 

     記事作成:11月13日(日)

    より以前の記事一覧

    福島県の天気


    無料ブログはココログ