2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

芸能・アイドル

2017年10月24日 (火)

芸能人のお宝映像~素が出た瞬間編~

 作りは完璧であっても、昔からファンだった異性芸能人を目の当たりにし、素に戻ってしまう瞬間はあるようだ。今回は秘蔵VTRの中からそんなテーマで映像を発掘してお送りしたい。題して「芸能人の素が出た瞬間」だ。ではどうぞ!

 松田聖子編

 福岡県久留米出身の彼女、本名は「蒲池法子」という松田聖子が、幼少の頃から大ファンだった郷ひろみと同じ番組で共演した時の模様。どんなに取り繕うとしても、本人が目の前にいる緊張感から声は上ずり、胸キュンギャルに変わってしまうほのぼの映像を2つ紹介します。

 夜のヒットスタジオの冒頭メドレー

 

 マイクを渡すときのウキウキ感と共に、舞い上がって照れてしまい、しおらしくなる聖子ちゃんが可愛いすぎる。一ファンに戻ってしまう瞬間映像。これは貴重だ。

 近くに郷ひろみがいるため声が裏返る聖子

 歌に入る前にチラ見で憧れの郷ひろみがいることを確認。しかし、ドキドキと緊張しすぎたためか、途中で声が上ずり、裏返ってしまい、苦笑い。
 聖子は昔から郷ひろみひと筋だったが、音楽番組(ザ・ベストテン/レッツゴーヤング)では、田原俊彦とカップルに仕立てようとする演出が多かった。トシちゃんファンの絶叫が毎回ホールにこだましていた。

 郷ひろみと寄り添い、コントのセリフを忘れる聖子

 浴衣姿の聖子姫を抱く郷ひろみ。お互い興奮気味でセリフが出て来なくなるひとコマ。

 山口百恵編

 TBSドラマの赤いシリーズや映画で何度も共演した二人。人気絶頂アイドルと超イケメン俳優カップル。誰もが二人の恋愛、そして結婚を祝福した。映像は、親密交際が噂される中でのワンシーンで、百恵が賞を獲得した際に、三浦友和が海外から祝福の電話を入れたシーン。彼の声を聴いて、素直に喜ぶ百恵。平静を予想どころか地が出てしまい、全く隠しきれていない。幸せの真っ只中にいることを印象づけた。

 2人が出逢うきっかけとなった「ラブラブショー」(1分19秒後から)

 https://www.youtube.com/watch?v=fwtJkBc9IpU

 結婚の噂などない時の山口百恵と三浦友和

 https://www.youtube.com/watch?v=dSuDocGMXmQ

 山口百恵は1970年代、松田聖子は1980年代に共にトップアイドルとして君臨した。その後は国民的なアイドルスターはグループユニットのAKB48を除き、久しく出ていない。全国民がこぞって応援したくなるような大スターだ。不思議だが、ふたりともA型なのは偶然なのか?その後を継いだ中森明菜も同型なのは単なる偶然の一致なのか?不思議だ。

 記事作成:10月9日(月)

 

2017年10月19日 (木)

グループ・ユニットの物故者

 10月に「鶴岡雅義と東京ロマンチカ」のヴォーカルの  が亡くなった。昭和のムード歌謡をリードしたひとりだった。私が幼少から学生の頃に活躍していた方々が、近年になって亡くなられるニュースを耳にすることが多くなり、同じ時代を生きた者として残念に思う。
 そこで今日は、懐かしいグループやユニットで亡くなられた方と、今もご存命で活躍中の方をトリアージの如く列挙したい。なお年齢は2017年10月6日時点

 <コーラスグループ系>

 内山田洋とクールファイブ

 オリジナルメンバーは全員九州出身。元々ジャズ、ラテンなど幅広いレパートリーを持つバンドであり、テレビで演奏する機会は少なかったもののコンサートでは各自のパートの楽器で独奏するコーナーが必ず存在していた。

Coolfive

 物故者・・・内山田洋 
 ご存命・・・前川清・宮本悦朗・小林正樹・岩城茂美・森本繁 
 旧メンバー・・・宮内タカユキ・なかえいじ・大沢充・西田涼馬・山上哲也

 ボーカルの前川清ばかりが目立つが、リーダーは故・内山田洋だった。もともとはバンドだったと聞いて驚きだった。「長崎は今日も雨だった」「中の島ブルース」、「東京砂漠」などヒット曲も多かった。

 和田弘とマヒナスターズ

 スチールギター奏者の和田弘をリーダーとする音楽グループ。ハワイアン、ムード歌謡の第一人者として知られる。山口銀次、和田弘、三島敏夫らが、「バッキー白片とアロハハワイアンズ」退団後、1953年にハワイアンバンド「山口銀次とマヒナスターズ」として結成。翌1954年、リーダーの山口銀次が脱退、アロハハワインズ復帰後は、和田弘がリーダーとなり「和田弘とマヒナスターズ」に改名する。
 ハワイアンのメロディ、作曲家・吉田正のコーラスを手本にして新しい歌謡曲の要素を作り出した第一人者でもある。
 1960年代には、松尾和子らの女性歌手をむかえるスタイルをとり、第2回日本レコード大賞を受賞した「誰よりも君を愛す」、当時としては驚異的な300万枚の売上を記録した「お座敷小唄」をはじめ、「寒い朝」「愛して愛して愛しちゃったのよ」「ウナ・セラ・ディ東京」など多数のヒット曲を残した。

Wadahiroshi

 物故者・・・和田弘・三原さと志・三島敏夫・日高利昭・佐々木敢一
 ご存命・・・田淵純・松平直樹・白片興・白片修・向坂卓人・山田敏夫

 ダークダックス

男性の重唱団(ボーカルグループ)で、全員が慶應義塾大学出身というエリートグループ。メンバー数は活動の中心時期には長らく4人だった。ただし、1951年の結成当初は3人。メンバーの逝去にともない、現在は1人。タキシードをビシッとキメてダンディのイメージがあった。

Darkdacks

 物故者・・・高見澤宏・佐々木行・喜早哲
 ご存命・・・遠山一(87歳)

 ボニージャックス

 男性4人の重唱団である。1958年に結成された。早稲田大学グリークラブに所属していたメンバーによって結成、アマチュアとして歌っていた。その後、レパートリーの幅広さでは他の追随を許さず、世界各国の民謡、歌曲、ジャズ、童謡から軍歌、CM曲、テレビ主題歌、ラジオ主題歌、社歌、寮歌など、通算5000曲以上にのぼるという。

Bonie

 物故者・・・元メンバー・大町正人
 ご存命・・・西脇久夫(81歳)・吉田秀行(52歳)・鹿島武臣(83歳)・玉田元康(83歳)

 デューク・エイセス

 1955年に結成された男性4人からなる日本の重唱団。黒人霊歌や「にほんのうた」シリーズなどをレパートリーとしているほか、ジャズコーラスグループとしても活動。

Duke

 物故者・・・元メンバー・和田昭治、谷口安正、飯野知彦
 ご存命・・・大須賀ひでき(61歳)・岩田元(47歳)・谷道夫(82歳)・槙野義孝(81歳)

 <お笑い系>

 クレイジーキャッツ

 元々は「キューバン・キャッツ」の名で活動を開始したが、進駐軍のキャンプ回りをしていた際、演奏中に洗面器で頭を叩くギャグが大受けし、“You're crazy!”と言われたことから「クレージーキャッツ」に改名したとされている。渡辺プロダクション所属。数多くのバラエティ番組に出演し、コントを演じるようになってからコントグループと見られるようになってしまった。しかしながら、下記の通り各人は音楽の経験やテクニックという点で卓越した点を持っており、単なるコントグループ、コミックバンドとは全く違う、「音楽の質の高さ」を兼ね備えた異色のバンドともいえる。

Crazycats

 物故者・・・ハナ肇・植木等・谷啓・安田伸・石橋エータロー・桜井センリ
 ご存命・・・犬塚弘

 チャンバラトリオ

 時代劇風のチャンバラを主題とした、剣劇に加えハリセンを使っての体を張ったネタを披露した。 結成時は3人組だったため名前をトリオとしたが、4人組だった時代が長い。最末期の生存メンバーが2人となって以降も一貫して名前は変更されなかった。

 物故者・・・山根伸介・南方英二・前田竹千代
 ご存命・・・志茂山高也・伊吹太郎・結城哲也・山根一輝

 レッツゴー三匹

 ルーキー新一率いる「ルーキー爆笑劇団」の座員だった正児、じゅん、一修(のち脱退)が、同劇団の活動停止に伴い旗揚げした。

Lets_go_three

 物故者・・・レッツゴー一修・レッツゴーじゅん
 ご存命・・・レッツゴー正児(77歳)・長作(74歳)

 <アイドル系グループ>

 フォーリーブス

 1967年4月1日結成、1968年9月5日レコードデビュー、1978年8月31日解散したジャニーズ事務所のアイドルグループ。1968年9月5日、CBSソニーの国内契約第1号アーティストとして、シングル「オリビアの調べ」にてレコードデビュー。
 1970年にはブロマイドの売上げが男性歌手部門の1位になり、衰退期にあったグループ・サウンズのザ・タイガースなどに代わり、新御三家が台頭するまでの間、トップアイドルとなった。「ブルドッグ」など奇抜な衣裳と振り付けで人気があった。

Fourleaves

 物故者・・・北公次・青山孝史
 ご存命・・・おりも政夫(64歳)・江木俊夫(65歳)
 脱退メンバー・永田英二 

 ザ・ピーナッツ

 日本の双子の元女性歌手(デュオ)、女優である。愛知県知多郡常滑町生まれ、同県名古屋市育ち。略称「ピーナッツ」。 発売したシングル、LPの累計売上は1000万枚以上に達する。私は「シャボン玉ホリデー」や「モスラ」のイメージが強い。しかし、今でもカラオケで歌われるデュエット曲で一世を風靡した。「コーヒールンバ」。「ふりむかないで」「恋のバカンス」など大ヒット曲を連発した。

The_pinuts

 物故者・・・伊藤エミ・ユミ
 
 キャンディーズ

 1970年代に活躍した日本の女性3人組のアイドルグループ。「年下の男の子」「ハートのエースが出てこない」「春一番」「暑中お見舞い申し上げます」「微笑がえし」など大ヒット曲を連発した人気アイドルだった。しかし「ふつうの女の子に戻りたい」という名言を残し、解散した。後楽園球場で行われたラストコンサートは伝説となった。

Candies

 物故者・・・田中好子
 ご存命・・・伊藤蘭(62歳)・藤村美樹(61歳)

 ザ・チェッカーズ

 1980年代から1990年代前半にかけて活動した男性7人によって構成された日本のポップスバンド。福岡県久留米市にて結成。「ギザギザハートの子守唄」でデビュー後。「涙のリクエスト」、「星屑のステージ」、「あの娘とスキャンダル」、「OH !POPSTAR」など大ヒットを連発した。仲違いによって解散したのは残念だ。

Checkers

 物故者・・・徳永善也
 ご存命・・・藤井郁弥・武内亨・高杢禎彦・大土井裕二・鶴久政治・藤井尚之
 

 <シンガー系グループ>

 シュガー

 3人組女声コーラス・グループ。元々はバンドとして結成されたため、デビュー当初は3人とも楽器を演奏しながら歌っていたが、活動後期には得意分野であるコーラスに特化して楽器を持たずに歌うこともあった。代表曲『ウエディング・ ベル」

Sugar

 物故者・・・毛利公子(29歳)
 ご存命・・・笠松美樹(57歳)・長沢久美子(57歳)

 X-Japan

 ヴィジュアル系ロックバンド。1989年にX(エックス)としてメジャーデビューし、1992年にX JAPANに改名。1997年9月22日に解散を発表し、同年12月31日にラストステージで活動を一旦終了。2007年10月22日に再結成。通称、X。
 1982年、千葉県館山市で当時高校生だったYOSHIKIとToshlを中心に結成。LAメタルに影響を受けた派手なルックスで、後続のバンドにビジュアル、音楽の両面で大きな影響を与えた。

Xjapan

 物故者・・・HIDE・TAIJI・TERRY
 ご存命・・・Toshi・PATA・HEATH・SUGIZO・

 L⇔R

1991年にミニアルバム「L」でデビュー。以後 13枚のシングル、7枚のアルバムを発表するが、1997年に活動休止だが現在は事実上解散状態。その後メンバーは個々にソロで活動。

 物故者・・・黒澤健一
 ご存命・・・黒澤秀樹・木下裕晴
 元メンバー・・・嶺川貴子

 class

 男性デュオグループ。デビュー曲の「夏の日の1993」は販売枚数170万枚を超えるミリオンヒットを記録した。1996年に解散したが、2003年に再結成。

 物故者・・・津久井克行
 ご存命・・・日浦孝則・岡崎公聡

 柳ジョージ&レイニーウッド

 柳ジョージを中心に結成された、日本のロック及びR&B バンド。1975年結成、1981年解散。名曲「雨に泣いてる」

 物故者・・・柳ジョージ(63歳で死去)
 ご存命・・・上綱克彦・石井清澄・ミッキーヤマモト・四ツ田ヨシヒロ・鈴木明男

 記事作成:10月6日(金)

2017年9月29日 (金)

芸能人「慶早」戦

 一般的に「早慶」という呼称が通例かもしれないが、私はOBでもあるので「慶早」と呼ぶのがなわらしだ。
 テレビ業界には、とりわけアナウンサーを中心に、この両校の出身者がやたらと多い。在学中にミスキャンパスになれば、半ば在京テレビ局への就職が約束されたかのような有様だ。 また、歌手や俳優などの芸能人の中にも両校のOBが多いことに驚く。
 そこで今日は、芸能人を始めとする著名人の中で「慶應義塾大学」と「早稲田大学」の出身者を列挙したい。流行り廃りが激しいこの業界では、やはり賢くないと生き残れないということが顕著になると思う。なお赤字表記は亡くなられた方

 <アナウンサー>

 慶応義塾大学出身者    早稲田大学出身者

 榎並大二郎               三宅正治 
 中村光宏                 軽部真一
 松尾由美子               宮澤  智
 竹内由恵                 三上真奈
 青木裕子                 宮司愛海
 弘中綾香                 竹内友佳
 大木優紀                 長野翼
 大下容子                 石本沙織
 上條倫子                 鈴木  唯
 久保田裕佳               菊間千乃
 久保純子                 八木亜希子
 岩本乃蒼                 近江友里恵  
 中島芽生                 寺門亜衣子
 徳島えりか                古閑陽子
 郡司恭子                 宮崎宣子
 水ト麻美                  馬場典子
 鈴江奈々                 下平さやか
 永井美奈子               須黒清華
 宇内梨沙                 岡副麻希 
 秋沢淳子                 上野優花
 福島弓子                 半井小絵
 松村未央                 堀尾正明
 秋元優里                 吉田照美
 平井理央                 寺川俊平 
 中野美奈子                久米宏
 紺野あさ美                酒主義久
 秋元玲奈                 野島 卓
 小川知子                 佐野瑞樹
 遠藤玲子                 笠井信輔
 萩野志保子               藺草英己(FTV)
 内田恭子                 土井敏之
 井田由美                               阿部華也子
 根本美緒              鈴木康一郎(元FTV)
 小澤陽子
 伊藤利尋
 角澤照治
 森本毅郎
 脊山麻理子
 坪井直樹
 立本信吾
 田中大貴
 須田哲夫
 藤井弘輝
 辻岡義堂
 藤井貴彦
 ラルフ鈴木
 寺島淳司
 藤森祥平
 釜井美由紀(TUF)
 宮崎緑 
 大橋照子
 

 <俳優・女優・歌手・タレント>

 慶応義塾大学出身者    早稲田大学出身者
 
 石原裕次郎                 堺  雅人
 加山雄三                   内野聖陽
 石坂浩二                   藤木直人
 中村雅俊                   北大路欣也
 石原良純                   松本幸四郎
 小出恵介                   長塚京三
 水嶋ヒロ                    藤村俊二
 ミッツマングローブ             森繁久弥
 櫻井翔                     石田純一
 岩田剛典                   タモリ
 尾崎裕哉                   上田晋也
 市川猿之助                 ラサール石井
 中田敦彦                   小島よしお
 DaiGo (メンタリスト)             小田和正
 KABAちゃん                   小室哲哉
 別所哲也                     デーモン小暮
   中川勝彦                               渡瀬恒彦
                            假屋崎省吾

 竹内まりや                 市川紗椰
 二階堂ふみ                吉永早百合 
 トリンドル玲奈                室井  滋
 菊池麻衣子                橋田壽賀子 
 黒柳徹子                  箕輪はるか 
 miwa               
  一青 窈
 谷村有美
 二谷友里恵
 紺野美沙子
 
 <スポーツアスリート>

 慶応義塾大学出身者    早稲田大学出身者

 高橋由伸                 鳥谷 敬
 武藤嘉紀                 青木宣親 
 反町康治                 斎藤佑樹
 柳田将洋                    岡田彰布
 山縣亮太                    岡田武史
                           釜本邦茂
                           川淵三郎
                           瀬戸大也
                           五郎丸歩
                           萩原健司・次晴
                     坂井聖人
                     渡辺一平
                     羽生結弦
                     有原航平
                     ディーン元気 
                     柿谷曜一朗
                     福井優也   

                渡部香生子
                星 奈津美
                福原 愛
                荒川静香
                八木沼純子
                

 <文化人> 
    
 慶応義塾大学出身者    早稲田大学出身者

 池上彰                 田原総一朗
 木村太郎               辛坊治郎
 櫻井よしこ               尾木直樹
 宮崎哲哉               乙武洋匡
 阿川佐和子             やくみつる
 八代英輝               北村晴男 
 荒俣 宏                村上春樹
 玄侑宗久               野坂昭好
 向井千秋               永 六輔
 
梅沢由香里            筑紫哲也
 
壇ふみ               大橋巨泉
 つかこうへい               五木寛之
                        綿矢りさ
                        俵 万智
                        小保方晴子

 <政界>

 慶応義塾大学出身者    早稲田大学出身者

 小泉純一郎             竹下 登
 小沢一郎               海部俊樹
 海江田万里             小渕恵三
 石破 茂                森 喜朗
 石原伸晃               福田康夫 
 甘利 明                野田佳彦
 河野太郎               渡邊喜美
 長妻 昭                東国原英夫 
 橋本龍太郎             橋下 徹
                        稲田朋美
                        小渕優子

  記事作成:9月15日(金)
 

2017年9月21日 (木)

魔性と呼ばれた女たち

 今日の話題は、別段批判をするためではない。とかく女性は年齢が若い時(10~20代)にチヤホヤされ、男性は歳とともにかっこよさが増す。特に芸能界はそうした傾向が強い。そんな特異な世界において、生存競争は激しく、生き残るためには話題づくりが不可欠のようで、生活面も派手になりがちだ。10代で人気が出すぎると、通常の教育を受けられず、一般常識や教養、社会規範が育たず、時に常軌を逸した言動や行動で世間を驚かせたりする。女性の場合、「魔性の女」と呼ばれる人がいるのは、そうした理由からかもしれない。
 今日の話題は、ファンの人には申し訳ないが、一時期、魔性と呼ばれた芸能人を取り上げたい。 

 石原真理子

  現在は石原真理として活動している。スキャンダル女優として世間のバッシングを浴びた。彼女に対するマスコミの冷たく、厳しい追及は凄まじかった。しかし、デビュー当初は、代表作となるテレビドラマ「ふぞろいの林檎たち」シリーズなどを通じて、1980年代は清純派女優として人気を得た。
 しかし、交際相手の13人の名前一覧や男性遍歴の3人がいるなど、プレイガール振りを発揮。
 2009年(平成21年)2月25日、かつて交際していた玉置浩二と婚約(再婚)したが、米国人の前夫との結婚が解消されていないため、婚姻届は受理されていなかった。同年8月24日、石原真理に芸名を変更。同年9月に玉置とは破局状態となった事が報じられた。
 平成29年8月に弁当とお茶を盗んだとして万引き容疑で逮捕された。

 林葉直子 

 1980年代から1990年代にかけてライトノベル(ティーンズ向け小説)を執筆。その後も「かとりまさる」というペンネームで漫画原作を執筆する。

 1994年5月29日、心身ともに疲労を感じ極限状態にあるのですべての活動を停止ししばらく休養したい、棋士としての処遇は日本将棋連盟理事会の決定に従うという旨の休養願いを提出。 6月9日、10日の対局に現われなかったとで、6月11日の失踪報道となる。7月18日に滞在先のイギリスから帰国。将棋連盟から10月末日までの出場停止と約150万円の損害金の支払いなどの処分を受けた。そして翌年の1995年8月24日に、将棋連盟を追われる様に去る。段位は女流五段だった。

 1995年、将棋連盟を退会した同時期に写真集『CONFESSION 告白』にてヘアヌードを発表。続く一連の写真集でも豊胸術後の乳房をはじめ、肢体を露出させる。

 1998年、将棋界に衝撃が走った。当時、将棋界で確固たる地位を確立していた 中原誠・十六世名人が、将棋界のアイドル的存在だった元女流棋士・林葉直子(当時29歳)と不倫関係にあると『週刊文春』が報じたのだ。ワイドショーから報道番組まで、テレビは連日この一大スキャンダルの話題を取り上げた。
六本木で「Woo Curry」というインド料理店を経営する(2004年開店、翌2005年11月閉店)。タレント、タロット占い師としても活動する。2006年ころに自己破産し、1億2千万円の実家を差し押さえられる。

 こうしてみると、彼女の場合、魔性というよりも波乱万丈の人生を送っている。

 宮沢りえ

 彼女も浮き沈みの激しい人生を送っている。美少女として早くから芸能界で注目され、モデルや女優、歌手としてオールマイティーに活躍。マネージャーを務める実の母親との二人三脚で一見順風満帆な芸能生活を送っていた。
 すると突如18歳でヌード写真集「サンタフェ」を発売し、世間に衝撃を与え、さらには貴乃花関(当時貴花田)との婚約解消事件、また男性との交際、さらに拒食症の噂など、芸能マスコミからのバッシング報道が相次ぎ、アメリカサンディエゴへの移住を発表するなど、一時期は芸能活動休止状態となった。

 激痩せから回復して来たと見られる頃から、徐々に芸能活動を再開し、2002年の『たそがれ清兵衛』で落ち着いた演技を見せ、映画の成功以降は、女優としての活動の幅が広がり、本格派女優としての評価が定着しつつある。2009年2月、妊娠6か月であることを所属事務所からのFAXで発表。後日の2月20日の報道で、相手は40歳代のハワイ在住、日本人実業家で元プロサーファーであることが明らかになった。同年4月上旬に婚姻届を提出。同月6日に東京都内で挙式した。同年5月20日に女児を出産した。
 2012年5月8日、一部のメディアにより離婚することが報じられ、同日に所属事務所からのFAXで離婚協議中であることを認めた。2016年3月18日に正式に離婚を発表した。

 そして現在は週刊誌によればV6の森田剛との交際が取り沙汰されている。

 葉月里緒菜

 1995年、映画で共演した真田広之との不倫が報じられた。雑誌「週刊朝」誌上でのインタビューでは「恋愛相手に奥さんがいても平気です」と語り、真田は当時の妻・手塚理美と離婚するなど、「魔性の女」と呼ばれ、以降バッシングを受けることになるが1998年にハワイ州在住の寿司職人と電撃結婚するも、わずか2ヶ月で離婚。2004年に別の男性と再婚、同年11月7日に長女を出産。2017年5月、2年前(2015年)に2度目の離婚をしていたことが明らかになった。
 1998年、篠山紀信撮影のヌード写真集を出し話題となる。様子が見て取れる
 彼女の生き様を見ていると、ひとつ歯車が狂うと転落していくことを実感できる。しかし最後の女の武器である「ヌード」で、起死回生や捲土重来を期すというのもわかりやすい。

 斉藤由貴

 過去の尾崎豊、川崎麻世に対する恋愛感情に続き、またしても文春砲で50代医師との不倫が取り沙汰された。女優としてのイメージダウンは避けられない不祥事だ。B型の彼女はマイペースで自由奔放、ゆえに規範意識も薄いと見えて同じ轍を何度も踏んでいる。

 高岡早紀

 保坂尚輝と離婚後、恋多き女として週刊誌に取り上げられ、芸能リポーターの格好の標的となった。悩ましいくらいの豊満なポロポーションと色気仕掛けで男性のハートを鷲掴みにした感がある。

1994年、映画 『忠臣蔵外伝 四谷怪談』に出演し、ヌードを披露。同作品では日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞などを受賞する。翌年には、篠山紀信撮影のヘアヌード写真集 『one, two, three』を出版。映画、写真集と相次いでヌードを公開した。
 俳優の保阪尚希とは1996年に結婚後、保阪との間には1998年に長男、2000年に次男と二人の男の子がもうけている。2004年に保阪と離婚後、2011年に女児をもうけた。
 彼女の軽率な振る舞いは首をかしげることが多い。子供のことを最優先してほしかった気がしてならない。父親が誰なのかわからない子を産んで、子供が気の毒の思えてしまう。「シングルマザー」というと格好がいいが、父親の顔を知らない子供は不幸ではないのか?

 華原朋美

 プロデューサーとして楽曲を提供していた小室哲哉に恋愛感情を抱いていたが、失恋し傷心のため薬物依存で何度も緊急搬送される騒ぎを起こした。一節によると自傷行為をしたと報じられた。精神状態が崩壊し、一時休業状態に追い込まれた。こちらも恋多き女と言え、そのため自分自身が傷つきなかなか立ち直れない印象。

 矢口真理

 元モー娘。というアイドルだった彼女、元夫である中村 と結婚し、身長差婚と呼ばれた。しかし、別の男性との浮気現場を夫に目撃され、それが原因で離婚。世間の非難を浴び、一時謹慎生活を送るに至った。

 ほかにも大竹しのぶ、荻野目慶子、吉高由里子、南野陽子らがこのテーマに合致する方々だと思う。

 まぁ好き勝手に書きたい放題書いたが、ファンの人には怒り心頭かも知れないが、こうした振る舞いは一般人に与える影響が大きいため、身の振り方には細心の注意を払って欲しいものだ。芸能人として、自覚と責任を持って行動をして貰いたい。

 記事作成:9月12日(火)

2017年9月16日 (土)

丸山夏鈴さんの墓参り~夢を叶え、そして旅立ったアイドル~

 本宮市にある「日輪寺」、そこは今から4年前の2013年9月23日、私が伊達政宗の足跡を追って訪ねた場所だった。しかし、今回はそれが目的ではない。その2年後、郡山市出身のアイドルで2015年に夭折した「丸山夏鈴」さんがこの境内にある墓地に眠っていることを知り、その墓参りで再訪することになった。
 不思議なことに、生前の彼女は、若くして夭折したアイドルということくらいしか知らなかった私だったが、最近になって彼女の存在が徐々に私の中でクローズアップして来た。重い病と闘い、息を引き取る最後の最後までアイドルとして生き続けた彼女の姿は、痛々しい部分もあったが、精一杯生きた証を遺した彼女の生き様に感銘を受け、同じ年齢くらいの娘のいる私にとっては胸に迫るものがあった。
 よって今回は彼女の活躍を振り返るとともに、墓参りの模様をお送りしたい。

 なお、彼女の墓所は、多くのファンの方々にもお参りしていただきたいというご家族の意向で公開されていますが、当ブログをご覧になった方は、冷やかしや物見遊山の軽率な気持で訪れないようお願い申し上げます。故人が眠る神聖な場所であることを念頭に置いて神妙な気持でお参りしていただきたいと思います。

 では最初に、彼女の経歴をここに記したい。

 「丸山夏鈴」

 1993年8月2日、郡山市生まれ (夏に生まれたから「夏鈴」)血液型はA

Maruyama 小学2年の時に脳腫瘍が発見され、摘出手術を行ったという経緯がある。その後、デビューまでに中学2年時には1回、高校3年の時には2回の手術を受けている。手術による入院中、テレビで見たアイドルの姿に影響を受け、自分も彼女たちのようになりたいと思うようになったことをブログに綴っている。
 尚志高校時代は生徒会長を務めていた。
 2012年、ネットで見つけたミスiD2013のオーディションに入院中でありながら応募を行い、一次審査を通過した。その後、一般投票の期間中に芸能事務所HappyStrikeへの所属が決定し、7月からアイドルとしての活動をスタートさせる。
 2013年の入院中に脳腫瘍が肺へ転移したことが確認され、治療を続けていたものの手術は困難な状態であった。病気は徐々に進行しており、2015年2月に「Eternal Summer」のPVとジャケット写真を撮影した頃には頬が痩けていたため、病気の進行が顕著になっていた。しかし、発売記念イベントでは座りながら「Eternal Summer」をアコースティックギターの伴奏によるゆっくりとしたテンポで歌うなど、身体への負担を減らしながらアイドル活動を継続していた。その後、2015年3月末に入院して公の場での活動は休止状態となったが、4月5日よりYouTubeを通じてスマートフォンを使った自撮り映像を毎日配信し、5月21日夜まで撮影と配信を行っていた。
 5月22日、昼食後に容態が急変し、13時10分に死去。葬儀は5月25日に福島県郡山市にて、生前の本人の希望や母親・まち子の判断により、一般のファンも参列可能な形で華やかに執り行われた。戒名は「唄安夏鈴清信女」 (Wikipediaより)

 未だに閲覧者が絶えないオフィシャルブログ「かりんの夢への階段」はコチラ

 https://ameblo.jp/pukarin-cho/

 最期の瞬間まで更新し続けたTwitterはコチラ

 https://twitter.com/karin_maruyama

  ではお墓参り当日の経過を記したい。

 9月16日(土)くもり

 翌日には台風18号が襲来し、天気が崩れるため、行くならこの日しかなかった。来週がお彼岸だが、あいにく私は仕事でそれも叶わない。よって16日に行動に移した。

 自宅6:28発ー6:32イオンフェスタ前ー6:39東北病院信号を右折ーコクブン理容左折ー日輪寺6:43着(15分)11km

Img_5170_r Img_5171_r
Img_5174_r Img_5173_r

 7:00 広い墓地の中から丸山家の墓を探すが見つからず。事前の調査で、そばに木のある場所だということは「Yahoo!画像」で知っていたため、木の周辺を探して一周してようやく発見。本堂の左の細い坂道を登り、天然記念物のシダレザクラをくぐりその先を右に折れて20m先の左側に「丸山家の墓」を見つけた。
 しかし、墓石には「夏鈴」の文字もなければ彼女の戒名も一切刻まれていない。そこで人違いだったらいけないので、さらに広い墓地を2~3回捜索。4号線の上に架かる橋に出る。太陽GSの右上にある墓地だ。

Img_5175_r Img_5176_r
  橋の上から郡山方面         本宮市内方面

 戻ったら、他の参拝客が近くにいて、いったん時間を潰すために本堂に戻る。「仙道第4番安達30番札所崋蔵院」の文字。また石段の下には震災時に崩壊した本堂の屋根の鬼瓦が左右に移設してあった。
 7:25再度墓の前へ。本人のお墓か確認取れなかったが、後ろの塔婆を見たら2本のうち新しいほうに「夏鈴」の文字が見え、ここで間違いないと確信。3~4回墓地を隅々まで捜索したが、他に「丸山家」という文字が刻まれた墓石はなかった。
 早速、前夜に購入した花を供えて手をあわせる。しかし、水がない。彼女のトレードマークのひまわりが両側に供えてあったがどちらも造花だった。失礼のないように気を遣いながらお参りする。その後、本堂に備えてある桶と柄杓を借り、水を入れて坂を登って花筒に水を足す。そして何度も合掌して拝礼。その隣には小さなお地蔵さま。そこに備えてあるカーネーションも造花だった。この墓と正対するように向かい側には、ここの住職が建立した「心」と刻まれた墓石が建っていた。

Img_5178_r Img_5179_r
Img_5180_r Img_5181_r

 7:35日輪寺発(通勤ラッシュの時間帯)ー7:43ビール園前ー7:49バイパスを降りる
ー7:53BIG買い物ー8:11帰宅 往復の走行距離23.3km

 お墓の場所を探してタイムロスしたが、40分もあれば自宅から往復可能だとわかった。

 芸能人の墓参りを実施したのは5年前以来二度目だ。その時は天知茂、坂井泉水、石原裕次郎の墓所を回って、在りし日の彼らの功績を偲び、静かに手を合わせたのだった。
 今回は僅か21歳という若さで、早すぎる旅立ちをした丸山夏鈴さんだけに、感慨深いものがあった。まだまだ遣り残したことがたくさんあったに違いない。幼少の頃から命の病と闘い、それでも決して挫けずに、向日葵のような明るい笑顔を周囲に振りまく天使のような存在だった。そして自分の夢であったアイドルになるために、懸命に努力した。その甲斐あって、自分の夢を手繰り寄せ、叶えてアイドルになった。
 そして死の間際までブログで近況を発信続けた。彼女の生き様とその存在は何年経っても決して色褪せず、ファンの方々の心に生き続けていくに違いない。それが証拠に2年以上経った今、月命日でもないのに、彼女のお墓にはお花が供えてある。それほど彼女の人生は、ファンの心に焼き付いているし、夢や希望を追いかける大切さを一生をかけて伝えてくれたのだ。
 若くして天国へと旅立った彼女の人生を忘れず、私自身も恥ずかしくない生き方をしていこうと心を新たにした次第だ。彼女は私にとって娘のような存在だが、亡くなった後も、彼女に元気を貰っている。ちょっとした仕事の悩みや躓きにも、彼女の体験した辛さや苦しみを思えば、これしきのことでへこたれてはならないと思っている。

 最後に、彼女が亡くなった後に、テレビ報道されたドキュメンタリー映像をここに刻み込みたいと思います。

 告別式の模様が「めざましテレビ」で放送された際の映像

 https://www.youtube.com/watch?v=6CgZkT-Jhb4

 改めて彼女のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 記事作成:9月16日(土)

2017年9月15日 (金)

有名人が亡くなった年齢一覧

 昨日に引き続き、芸能人の年齢に纏わる話題を提供したいと思う。それは人それぞれ寿命が違うように、亡くなる年齢も異なっている。「美人薄命」という言葉のように、私がこよなく好きだったZARDのヴォーカルの坂井泉水さんは40歳でこの世を去ってしまった。もちろん岡田有希子さんのように自ら命を絶った方は、平均寿命よりも遥かに早く亡くなっているし、本田美奈子さんのように予期せぬ病魔に侵され、若くして志半ばで天国へ召された方も多い。
 人生は「太く短く生きるか」、「細く長く生きるか」のどちらかのような気もするが、かつて一世を風靡した俳優や女優、そして歌手の人たちが一体何歳で亡くなったのかについて今回はスポットを当てたい。

 91歳以上 
     杉村春子 金田一春彦 小野田寛郎 森光子 市川崑 淡路のり子 池部良
     市川右太衛門 水木しげる 松下幸之助 田端義夫 原節子 森繁久弥
     安藤百福 川上哲治 小森和子

 90歳 三國連太郎 山村聰 松村達雄
 89歳 吉田茂 横山大観 金田一京助 淀川長治 岡田嘉子
 88歳 黒澤明 志賀直哉 山崎豊子 笠智衆
 87歳 昭和天皇 宮澤喜一 大滝秀治 淡島千景 市川房枝 柳家小さん
 86歳 高峰秀子 木下恵介 小林桂樹
 85歳 土井たか子 野坂昭如

 84歳 船越英二 岡本太郎
 83歳 納谷悟郎 井上靖 鶴岡一人 高倉健 高橋昌也 丹波哲郎 岡本太郎
      本田宗一郎 岡本太郎 北杜夫 浜田幸一  永六輔 小沢昭一
 82歳 宇津井健 平幹二朗 永井一郎 千秋実 来宮良子  大橋巨泉
 81歳 佐藤慶 菅原文太 藤山一郎 上原健 二谷英明 芦田伸介

 80歳 大島渚 植木等 片岡千恵蔵 和田勉 江戸家猫八 加藤芳郎 ミヤコ蝶々
      牟田悌三  北村和夫
 79歳 横溝正史 今村昌平 塩沢とき 永井荷風  並木路子 平尾昌晃 藤本義一
 78歳 谷啓 大沢啓二 牧伸二  草薙幸二郎
 77歳 三船敏郎 三波春夫 児玉清 花菱アチャコ 長門裕之 田村高廣 宮尾すすむ
      仲谷昇 高松英郎
 76歳 三遊亭円楽 藤田まこと 北大路魯山人 フランク永井 岸田今日子
      長谷川一夫 遠藤実 嵐寛寿郎 坂上二郎 南田洋子 竹下登 志村喬
      犬養毅 水野晴郎 藤岡琢也
 75歳 井上ひさし 立川談志 横山ノック 藤村富美男 島倉千代子 加藤嘉
            田中角栄 勝海舟 岡田英次

 74歳 青島幸男 水谷八重子 西村晃
 73歳 宇野重吉 龍虎 斎藤晴彦 村田英雄 湯川秀樹 西村晃 殿山泰司
      大友柳太朗
 72歳 野沢那智 小暮実千代 小野ヤスシ 名古屋章 水原茂 筑紫哲也 
      遠藤周作 古賀政男 夏八木勲 中谷一郎 山岡久乃 川端康成

 72歳未満は死因も記載いたします。

 71歳 原田芳雄(病死)金子信雄(病死)緒形拳(病死)星新一(病死)荒井注(病死)
      高峰三枝子(病死)新珠三千代(病死)伊藤エミ(病死) 棟方志功 司馬遼太郎
      川端康成(自殺)深作欣二(病死)大鵬幸喜(病死)赤塚不二夫(病死)
      長谷川町子(病死) 三原脩(病死) いかりや長介(病死) 

 70歳 江戸川乱歩(病死)吉川英治(病死)阿久悠(病死)地井武男(病死)
      稲尾和久(病死)海老一染太郎(病死)細川俊之(病死)岡田真澄(病死)
      笠置シズ子(病死)乙羽信子(病死)林隆三(病死)
 69歳  尾崎紀世彦(病死)米長邦雄(病死)大山康晴(病死)蟹江敬三(病死)
      千利休(切腹)大坂志郎(病死)
 68歳 渥美清(病死)橋本龍太郎(病死)円谷英二(病死)鈴木その子(病死)
      横山光輝(病死)伊達政宗(病死)中条静夫(病死)
 67歳 春日八郎(病死)三ツ矢歌子(病死)
 66歳 市川団十郎(病死)福澤諭吉(病死)小林千登勢(病死)

 65歳 三橋美智也(病死)大瀧詠一(病死)勝新太郎(病死)榎本健一(病死)
      小林昭二(病死)峰岸徹(病死)
 64歳 萬屋錦之介(病死)石立鉄男(病死)小林一茶(病死)京塚昌子(病死)
 63歳 東條英機(処刑)伊丹十三(自殺)オードリーヘップバーン(病死)城達也(病死)  
      はらたいら(病死)北公次(病死)
 62歳 藤本弘(病死)山田康雄(病死)大原麗子(病死)藤圭子(自殺)鶴田浩二(病死)
      萩原流行(事故死)ジョニー大倉(病死) 若山富三郎(病死)萩昌弘(病死)
      小坂一也(病死)小渕恵三(病死)
 61歳 ジャイアント馬場(病死)森田芳光(病死)千代の富士貢(病死)

 60歳 手塚治(病死)小津安二郎(病死)石ノ森章太郎(病死)鈴木ヒロミツ(病死)
 59歳 坂東三津五郎(病死)夏夕介(病死)レオナルド熊(病死)
 58歳 忌野清志郎(病死)開高健(病死)荻島真一(病死)
 57歳 坂口良子(病死)中村勘三郎(病死)青山孝史(病死)
 56歳 双葉山(病死)

 55歳 田中好子(病死)成田三樹夫(病死)
 54歳 林家三平(病死) 天知茂(病死) 小池朝雄(病死)川谷拓三(病死)
 53歳 平尾誠二(病死) 熊谷俊哉(病死)
 52歳 美空ひばり(病死)石原裕次郎(病死)
 51歳 横山やすし(病死)阪東妻三郎(病死)早乙女愛(病死)川口浩(病死)

 50歳 マイケルジャクソン(不審死) 松尾芭蕉(病死)スティーブマックイーン(病死)
 49歳 ジャンボ鶴田(病死)清水由貴子(自殺) 山下清(病死)明日香(病死)
            西郷隆盛(戦死)
 48歳 逸見政孝(病死)川口浩(病死)河島英五(病死)アル・カポネ(病死)
      ホィットニーヒューストン(不審死)太地喜和子(事故死)松山英太郎(病死)
 47歳 寺山修司(病死)出門英(病死)ジュディガーランド(自殺)織田信長(謀反)
 46歳 村下孝蔵(病死)三沢光晴(事故死)アンドレザジャイアント(病死)
      J・F・ケネディ(暗殺)三浦洋一(病死)

 45歳 三島由紀夫(自殺) 引田天功(病死) 江利チエミ(病死)古尾谷雅人(自殺)
      フレディマーキュリー(病死)
 44歳 田中実(自殺)たこ八郎(水死)
 43歳 坂本九(事故死) 植村直己(遭難)田宮二郎(自殺)甲斐智枝美(自殺)
      ナタリーウッド(事故死)岸田森(病死)
 42歳 松本友里(自殺)水原弘(病死)伊良部秀輝(自殺)テレサ・テン(不審死)
      ブルーザーブロディ(刺殺)エルヴィスプレスリー(病死)
      ゲーリーコールマン(病死)
 41歳 ジャッキー佐藤(病死)

 40歳 松田優作(病死)ジョン・レノン(殺害)橋本真也(病死)坂井泉水(不審死)
      伊藤俊人(病死)徳永善也(病死)
 39歳 力道山(刺殺)
 38歳 太宰治(自殺)本田美奈子(病死)奥大介(事故死)
 37歳 市川雷蔵 佐田啓治(事故死) 戸川京子(自殺)桜塚やっくん(事故死)
      宮沢賢治(病死)
 36歳 沖田浩之(自殺)池田貴族(病死)飯島愛(不審死)ダイアナ(事故死)

 35歳 泉政行(病死)芥川龍之介(自殺)アンディ・フグ(病死)
 34歳 小林麻央(病死)アイルトンセナ(事故死)土方歳三(戦死)松田直樹(病死)
 33歳 近藤勇(斬首)
 32歳 中川勝彦(病死)津田恒美(病死)可愛かずみ(自殺)阿部典史(事故死)
 31歳 沖雅也(自殺)坂本龍馬(暗殺)

 30歳 羽生未来(病死)
 29歳 川田亜子(自殺)毛利公子(病死)
 28歳
 27歳 沢村栄治(戦死)円谷幸吉(自殺) 夏目雅子(病死)ジミヘンドリックス(不審死)
      高杉晋作(病死)
 26歳 尾崎豊(不審死) ニックドレイク(不審死) 岡田れいな(病死)
      加藤大治郎(事故死) 石川啄木(病死)

 25歳 沖田総司(病死)
 24歳 ジェームズディーン(事故死)上原美優(自殺)神戸みゆき(病死)
 23歳 大場政夫(事故死)堀江しのぶ(病死)高橋徹(事故死)
 22歳
 21歳 赤木圭一郎(事故死)

 20歳 
 19歳 志賀真理子(事故死)柳原尋美(事故死)富沢祥也(事故死)
 18歳 岡田有希子(自殺)
 17歳 山田かまち(感電死)遠藤康子(自殺)
 16歳 高橋良明(事故死)
 15歳

 記事作成:9月5日(火)

2017年9月14日 (木)

THE 同い年(芸能人編)③

 今日は13歳~40歳までの若年層の方を取り上げ、3回シリーズにしたいと思います。この年代では亡くなられた方は少なく、夭逝ということになる。

http://jimbutsu.com/cat/nendai.php

 40歳(1977年生まれ)小沢真珠 松岡昌宏 北川悠仁 新井貴浩 香取慎吾 田中美里
                                  長谷川博己 松田直樹 ほしのあき 柏原崇 黒田俊介 上原さくら
                紺野まひる 福留孝介 伊東美咲 山口もえ 伊勢みずほ

                                 菅野美穂 氷川きよし 堤下敦 荒木雅博 安室奈美恵 劇団ひとり                  
                石川亜沙美 斉藤和巳
藤崎奈々子 西尾由佳理 滝川クリステル
                市川海老蔵 松たか子 大河内奈々子

  
 
 39歳(1978年生まれ)浜口京子 金子貴俊 板倉俊之 古瀬絵理 酒井美紀 中澤佑二
                                  菊川怜 竹下佳江 持田香織 遠藤久美子 鈴木尚広 原沙知絵
                                  大野均 佐藤敦之 大橋卓弥 永井大 釈由美子 麻生久美子
                                  中村俊輔 野口みずき
岩崎恭子 矢井田瞳 白石美帆 澤穂希
                                  浜崎あゆみ 京野ことみ 大江麻理子 小西真奈美 長瀬智也
                                  椎名林檎 松田悟志 矢田亜希子 柏原収史 高橋みゆき
                                  平野ノラ DAIGO 大橋未歩 


 38歳(1979年生まれ)堂本光一 賀集利樹 山崎静代 岩村明憲 春日俊彰 高島彩
                                  森田剛 馬渕英俚可 渋井陽子 阿部慎之助 小笠原満男 堂本剛
                                 五十嵐亮太 能見篤史 中村仁美 国仲涼子 映美くらら 春日俊彰
                                 小林麻耶 奥菜恵 松尾由美子 杉村太蔵 稲本潤一 小野伸二
                                  蛯原友里 ともさかりえ 仲間由紀恵 遠野なぎこ 上村愛子
                                  中野美奈子 吉川ひなの 押切もえ 中越典子笛木優子


 37歳(1980年生まれ)大島美幸 玉木宏 水樹奈々 石川雅規 遠藤保仁 吉岡美穂
               桐谷健太 佐藤隆太 優木まおみ 山田まりや 竹内結子
                                 ATSUSHI 井上和香 田中麗奈 眞鍋かをり 又吉直樹 末續慎吾
                                 鈴木桂治 優香 西野亮廣 吉村崇 広末涼子 藤川球児 朝青龍
                                 愛内里菜 島谷ひとみ 酒井若菜 松坂大輔 矢野謙次 田臥勇太

                                 榎本加奈子 秦基博 杉内俊哉 鬼束ちひろ 中村憲剛 岡田准一
                                 小島よしお 小池栄子 大野智 樽美酒研二 壇蜜 高橋一生
                                 妻夫木聡 長谷川穂積 伊藤綾子 田畑智子 村田修一 村主章枝
               ディーンフジオカ


 36歳(1981年生まれ)新山千春 乙葉 北川弘美 要潤 和田毅 小野真弓 長野翼
                                 横山裕 松井大輔 田中賢介 川崎宗則 宮崎大輔 鳥谷敬 AI
                                 滝沢沙織 星野真里 糸井嘉男 柴咲コウ 安倍なつみ 森下千里
                                 ジェロ 安達祐実 MEGUMI 廣瀬智美 高橋真麻 今井翼 キンタロー。
               尾野真千子 内山理名 片瀬那奈 池脇千鶴 白鳥久美子
         
                       安めぐみ 荒川静香 斎藤工 山本梓


 35歳(1982年生まれ)青木宣親 櫻井翔 綾野剛 向井理 鈴木亜美 狩野英孝 攝津正
                                 山川恵里佳 佐藤寿人 とにかく明るい安村 福士加代子 冨永愛
                                 安田美沙子 黒田勇樹 内海哲也 熊田曜子 牧田明久
手島優
                                 上野由岐子 古閑美保 中島裕之 内川聖一 石垣佑磨 大塚愛
                                 三船美佳 成宮寛 北島康介 吉田沙保里 肘井美佳 真木よう子
                                 森泉 倉木麻衣 深田恭子 東原亜希 倖田來未 加藤あい 小栗旬
               瑛太

                                 

 34歳(1983年生まれ)青木裕子 田中美保 上原多香子 宇多田ヒカル中島美嘉 ソニン
                 川島永嗣 福士誠治 風間俊介 水川あさみ 本田朋子 今江敏晃
                                  松本潤 中丸雄一 伊藤由奈 今井絵理子 潮田玲子 前田愛
         
       小林麻央 秋元優里 小倉優子 金子千尋 山口鉄也 伊藤淳史
                川田裕美 松田龍平 山田孝之 近藤春菜 磯山さやか
                                 

 33歳(1984年生まれ)皆藤愛子 香里奈 吉岡聖恵 ベッキー 土屋アンナ 野村佑香
                                 里田まい 島袋寛子 小山慶一郎 平原綾香 生野陽子 美馬怜子
                                 若槻千夏 伊調馨 鬼龍院翔 藤井リナ 山田優 西岡剛
 栗原恵
                                 森山未來 平岡祐太 安田章大 吉見一起 生田斗真 栗山千明
                                 
道端ジェシカ 浅尾拓也 木村カエラ 錦戸亮 えなりかずき 寺川綾
                                 長野久義 TAKAHIRO 小出恵介 平愛梨


 32歳(1985年生まれ)石川梨華 宮間あや 森下悠里 松下奈緒 藤本美貴 松山ケンイチ
               綾瀬はるか 山下智久 吉澤ひとみ 加藤綾子 中川翔子 芹那 
                                 大倉忠義 福田萌 宮里藍 相武紗季 加藤ローサ 加藤夏希
                                 木南晴夏 大沢あかね 蒼井優 松田翔太 石川直樹 鈴木えみ
               上戸彩 後藤真希 川澄奈穂美 成瀬善久 益若つばさ 江藤愛
                                 満島ひかり 宮崎あおい ギャル曽根 貫地谷しほり 横峯さくら
  
                                 
枡田絵理奈 城田優 伊東大貴 秋元玲奈    


 31歳(1986年生まれ)竹内由恵 川村ゆきえ 柳原可奈子 金田哲 市川由衣 川嶋あい
               
亀梨和也 三倉佳奈茉奈 相内優香 五郎丸歩 篠田麻里子
                                 佐藤唯 沢尻エリカ 岡崎慎司 澤部佑 上野樹里 小平奈緒
                                 本橋麻里 本田圭佑 比嘉愛未 上田桃子 涌井秀章 松浦亜弥
                                 諸見里しのぶ 末永遥 森福允彦 興梠慎三 ダルビッシュ有   
                                北川景子 長友佑都 美馬学 あばれる君 西島隆弘 神田沙也加

                                 片岡安祐美 紗栄子 田中みな実 石原さとみ 稀勢の里
                            木村沙織 長野美郷



 30歳(1987年生まれ)井上真央 陽岱鋼 市原隼人 山岸舞彩 香椎由宇 川内優輝
                                 栃煌山
織田信成 YUI 水卜麻美 鈴木杏 上原美優 紺野あさ美
                                黒川芽以 長澤まさみ 田中理恵 辻希美 福原美穂 藤ヶ谷太輔
                                 原幹恵 加藤シゲアキ 伊藤みき 山﨑夕貴 伊藤友里 本仮屋ユイカ
               松本薫 滝沢ななえ 木村文乃 渡辺直美 広瀬麻知子 青山テルマ
                                 佐藤渚 手越祐也 有村智恵 木下優樹菜 迫田さおり 安藤美姫
                                 絢香 倉科カナ 浅利陽介 高見侑里


 29歳(1988年生まれ)山本裕典 東出昌大 加護亜依 福井優也 榮倉奈々 内田篤人
                                 前田健太 秋山翔吾 小嶋陽菜 竹内友佳 瀬戸康史 黒木メイサ
                                 三浦翔平 斎藤佑樹 新垣結衣 MayJ. 加藤ミリヤ 中尾明慶
                                 鈴木奈々 藤井美菜 浅田舞 吉高由里子 秋元才加 戸田恵梨香
                                 吉田麻也 重盛さと美 福田彩乃 堀北真希 柳田悠岐 泉里香
                                 大島優子 松坂桃李 菜々緒 田中将大 福原愛 坂本勇人
                                 高梨臨 佐藤かよ 佐々木希 伊藤弘美 中村静香
                                 

 28歳(1989年生まれ)内村航平 亀田大毅 多部未華子 香川真司 西野カナ 佐藤健
                                 中田翔 獣神サンダー・ライガー 南明奈 溝端淳平 道重さゆみ
                         
      柏原竜二 黒川智花 岡田将生 鈴木ちなみ 菅野智之 仲里依紗
                                 桐谷美玲 木戸愛 錦織圭 新井恵理那 石黒英雄 三上真奈


 27歳(1990年生まれ)柿谷曜一朗 入江陵介 玉森裕太 柳楽優弥 三浦春馬 すみれ
                                小川泰弘 中川大志 南沢奈央 岩坂名奈 新鍋理沙 宮澤佐江
                                星奈津美 菊地亜美 福田沙紀 浅田真央 水原希子 則本昂大
                                ブルゾンちえみ 黒木華 宮澤智 曽田麻衣子 林美沙希 ローラ
                                 
 

 26歳(1991年生まれ)大政絢 福田典子 蓮佛美沙子 北乃きい 高橋みなみ 石井優希
                                舟山久美子 原口元気 菊池雄星 波瑠 北原里英 夏帆 板野友美

                                前田敦子 坂口健太郎 亀田和毅 柏木由紀 山本美月 松井玲奈
                                堂林翔太 瀧本美織 須田亜香里 筒香嘉智 高畑充希 宮司愛海
               永島優美 小野彩香


 25歳(1992年生まれ)トリンドル玲奈 松山英樹 嗣永桃子 水沢エレナ 二見梓 柴崎岳
                                本田翼 石橋杏奈 山田哲人 八木かなえ 門脇麦 白石麻衣
                               剛力彩芽 染谷将太 桜庭ななみ 峯岸みなみ 指原莉乃 横山由依
                                忽那汐里


 24歳(1993年生まれ)きゃりーぱみゅぱみゅ 千賀滉大 有村架純 菅田将暉 石川佳純
                                 岩渕真奈 山田涼介 志田未来 福士蒼汰 高城れに 丸山夏鈴
                                 中島裕翔 小池里奈 加藤凌平 高畑裕太 野村周平 小島瑠璃子
                                 西内まりや 武井咲 知念侑李 朝比奈彩 新木優子 堤礼実 のん
               竹内涼真 吉岡里帆 山本彩 


 23歳(1994年生まれ)中山優馬 川島海荷 筧美和子 渡辺麻友 島崎遥香 高木美帆
                                 藤浪晋太郎 百田夏菜子 福田麻由子 萩野公介 桃田賢斗
                                 山﨑賢人 二階堂ふみ 清野菜名 須賀健太 村上佳菜子 栗原類
                                 浅野拓磨 清水富美加 羽生結弦 広瀬アリス 家入レオ中島健人
               久慈暁子 大谷翔平 


 22歳(1995年生まれ)土屋太鳳 川口春奈 川栄李奈 松岡茉優 有安杏果 早見あかり
                                 玉井詩織 松井裕樹 入山杏奈 生駒里奈 桐生祥秀 りゅうちぇる


  21歳(1996年生まれ)橋本愛 木崎ゆりあ 佐々木彩夏 高杉真宙 井手口陽介
                                 高梨沙羅 渡部香生子 美山加恋 松井愛莉 池田エライザ
                                 阿部華也子

 
 20歳(1997年生まれ)中条あやみ 芳根京子 松井珠理奈 武田玲奈 桜井日奈子
               杉咲花 


 19歳(1998年生まれ)飯豊まりえ 宮脇咲良 中川大志 広瀬すず 福原遥 藤田ニコル
               松野莉奈


 18歳(1999年生まれ)橋本環奈 清宮幸太郎 中村奨成 華村あすか 永野芽郁
               大橋のぞみ 


 17歳(2000年生まれ)岡田結実 池江璃花子 平野美宇 浜辺美波 

 16歳(2001年生まれ)加藤清史郎 久間田淋加 久保建英 本田真凜 香音

 15歳(2002年生まれ)山田萌々香 藤井聡太 清原伽耶

 14歳(2003年生まれ)張本智和

 13歳(2004年生まれ)芦田愛菜 本田望結 鈴木福 小林星蘭 谷花音

 1993年生まれは黄金世代と言える、今をときめくアイドルや人気絶頂の俳優・女優がこの年は突出している。

 また、たとえばジャニーズなどは年齢(先輩後輩)の区別無く「○○くん」と呼び合うので、実年齢が不明なことが多い。しかし、このように年齢別に列挙すると、あの有名人は○○歳だったのかとはっきりする。今回の記事は2017年現在の年齢になるため、来年になればあまり役に立たない記事になるが、何かの参考にしてもらえたら嬉しい。

 記事作成:9月5日(火)

2017年9月13日 (水)

THE 同い年(芸能人編)②

 今日は昨日のテーマの続編で、芸能人などの有名人たちの同じ年齢の方々をグループ分けした記事をお送りします。本日は41歳~60歳までの中年世代の方を取り上げたいと思います。昨日同様、年齢は2017年時点でのもので、赤字はすでに亡くなられた方です。

http://jimbutsu.com/cat/nendai.php

 60歳(1957年生まれ)柴門ふみ 友里千賀子 かたせ梨乃 古尾谷雅人 森末慎二
               山下泰裕 大竹しのぶ 名取裕子 戸田恵子 東国原英夫
               美木良介 永井龍雲 城みつる 田口トモロヲ  増田惠子
                                 山本みどり 桑野信義 ジャッキー佐藤
 
 59歳(1958年生まれ)八神純子 石川さゆり 時任三郎 松原千明 ASKA 未唯 秋元康
               織田哲郎 田中義剛 萬田久子 桜田淳子 小宮悦子 久本雅美
               布施博 辰巳琢郎 陣内孝則 井上純一 石川優子 室井滋
               岩崎宏美 安藤優子 小室哲哉 原田真二 宮崎美子 早乙女愛
               
竹井みどり 伊藤咲子 栗田貫一     

 58歳(1959年生まれ)ダンカン 飯田哲也 吉田鋼太郎 柴田理恵 山口百恵 京本政樹
               北野誠 山下久美子 竹井みどり 榊原郁恵 片平なぎさ 椎名恵
                                 古手川祐子 石川ひとみ 真行寺君枝 小西博之 原日出子
                                 杉山清貴 森公美子 平田勝男  赤井英和 渡辺謙 大島さと子
               田中美佐子 井出らっきょ 八木弘和 高城澪 太川陽介
               岡田奈々 林寛子 池上季実子 
 
 57歳(1960年生まれ)大場久美子 桑江知子 荒木由美子 清水ミチコ 熊谷真実
                                 コロッケ 村田雄浩 深浦加奈子 川野太郎 辻本清美 松尾貴史
               水沼貴史 東ちづる 山田邦子 浅野ゆう子 船越英一郎 黒木瞳
                                 山田かまち 麻倉未稀 渡嘉敷勝男 津田恒実 サンプラザ中野
               蜷川有紀 紺野美沙子 鈴木亜久里 松永浩美 氷室京介
                                 生瀬勝久 橋爪淳 堀江淳 石田えり 川島なお美 佐藤浩市
               西村雅彦 桂木文 エスパー伊東 岸本加世子                
 
 56歳(1961年生まれ)斉藤仁 柳葉敏郎 上島竜兵 山田雅人 石野真子 黒田アーサー
               徳永英明 田原俊彦 浅野温子 松本隆弘 高橋克実 松野行秀
               今井雅之 栗山英樹 藤あや子 渡辺徹 哀川翔 辛島美登里
               中村久美 手塚理美 岩崎良美 三谷幸喜 斉藤慶子 杏里 
                                 ジャガー横田 マイケル富岡 藤吉久美子 梨本謙次郎 大八木淳史
 
               中井貴一 賀来千賀子 伍代夏子 渋谷哲平 遠藤憲一 石橋貴明
               宮脇康之 熊谷俊哉

 55歳(1962年生まれ)石原良純 IKKO 岡村孝子 布袋寅泰 石塚英彦 柳沢慎吾
               松田聖子 豊川悦司 松村和子 秋山幸二 天宮良 広澤克実
               中西清起 日高のり子 三沢光晴 山下規介 藤井フミヤ 浜田麻里
               武内亨 久保田利伸 高木美保 秦真司  筧利夫 風間トオル
               伊東勤 高杢禎彦 叶恭子 風見しんご 筒井真理子 渡辺いっけい
               三宅正治 寺門ジモン 日野美歌
 


 54歳(1963年生まれ)浜田雅功 尾形大作 秋本奈緒美 片桐はいり 香坂みゆき
                                 木村祐一 藤谷美和子 肥後克広 宮根誠司 佐藤竹善 池田貴族
               飯島真理 いっこく堂 唐沢寿明 ラッシャー板前 甲斐智枝美 池田聡
               
板尾創路 勝村政信 河合奈保子 ライオネス飛鳥 沢田知可子
               田中要次 斉藤学 麻生祐未 香西かおり 松本人志
島田歌穂
               リリー・フランキー 松村雄基 あめくみちこ 川崎麻世 小錦 


 53歳(1964年生まれ)稲葉浩志 近藤真彦 三原順子 杉田かおる ジミー大西 南果歩
                温水洋一 真矢みき 磯野貴理子 出川哲朗 宮本和知
                                  陣内貴美子 吹田明日香 野々村俊恵 北原佐和子 鶴久政治
                                  箭内道彦 エドはるみ 玄葉光一郎 嶋大輔 枝野幸男 徳永善也
                薬師丸ひろ子 水島かおり 石井浩郎 阿部寛 野々村真 堤真一
                椎名桔平 内村光良 高島礼子 戸川京子 いとうまい子 恵俊章                   
                つちやかおり YOU 荻野目慶子 イジリー岡田 岸谷五朗
               橋本聖子 野村真美 山口智子 向井亜紀 二谷友里恵 鶴見辰吾
                                  河野景子 真琴つばさ 林家たい平 高知東生 中野英雄
                                  藤井尚之   
               

 52歳(1965年生まれ)一路真輝 田中裕二 井上あずみ 南原清隆 吹石満 斎藤雅樹
               中井美穂 勝俣州和 野村宏伸 さくらももこ 上川隆也 吉田美和
               太田光 原田貴和子 錦織一清 小林聡美 沢口靖子 今中麻貴
                                 松本伊代 江頭2:50 中森明菜 杉本哲太 渡辺典子 渡辺久信
               藤田朋子 布川敏和 古田敦也 青嶋達也 山本昌 吉川晃司
                                 石丸幹二 石井明美 神野美伽 別所哲也 水野雄仁 仲村トオル
                                 岡本夏生 豊原功補 柏原芳恵 比企理恵 高嶋政宏
古村比呂
                                 尾崎豊 古田新太 尾美としのり 香川照之 本木雅弘 ヒロミ
 
               草刈民代  河合その子


 51歳(1966年生まれ)住田隆 財前直見 長嶋一茂 三田寛子 石黒賢 小泉今日子
               星野伸之 薬丸裕英 今田耕司 蝦名由紀子 大沢逸美 
RIKACO
                                 宮川一朗太 松本明子 広瀬香美 森尾由美 中村あゆみ スガシカオ
               パパイヤ鈴木 渡辺美里 永瀬正敏 石川秀美 デビット伊東
               早見優 佐々木健介 森口瑤子 鈴木保奈美 西村和彦 宍戸開
               中村あずさ  小谷実可子 斉藤由貴 彦麿呂 野村謙二郎
               東山紀之 高嶋政伸 安田成美 伊藤かずえ 江角マキコ
                                 国生さゆり 高井麻巳子 トータス松本 
   


 50歳(1967年生まれ)若村麻由美 ダンディ坂野 森脇健児 堀ちえみ 岸谷香 相原勇
                                伊藤つかさ 三浦知良 鈴木大地 坂本冬美 鷲尾いさ子 宇徳敬子
               ゴルゴ松本 倉沢淳美 坂上忍 南野陽子 沢村一樹 中山秀征
               北斗晶 天海祐希 東野幸治 松村邦洋 金山一彦 岡田有希子
               田中美奈子 叶美香 青田典子 伊集院光 古賀稔彦 原田知世
               秋川雅史 とよた真帆 有森成実 織田裕二 江口洋介 松岡修造
               大竹一樹 三村マサカズ 坂井泉水
  
 49歳(1968年生まれ)CHARA 長山洋子 佐々木蔵之介 舞の海 佐々木主浩
                                いしのようこ 飯島直子 相楽晴子 大沢たかお 新田恵利 下柳剛
               松本友里 大鶴義丹 松野明美 渡部篤郎 原田雅彦 鈴木京香
               夏川結衣 森口博子 河合美智子 大塚寧々 大西結花 松下由樹
               杉本彩 小島奈津子 北澤豪 武田久美子 野茂英雄 羽田美智子
                                井森美幸 つんく♂  名倉潤 荻野目洋子 濱田マリ まこと
               菊池桃子 内野聖陽


 48歳(1969年生まれ)吉田栄作 福山雅治 かとうれいこ 渡辺梓 山口智充 的場浩司
                                芳本美代子 有働由美子 千堂あきほ 森高千里 大沢樹生 HIRO
                               伊良部秀輝 槇原敬之 大神いずみ KABA.ちゃん 安永亜衣
               北村一輝 井上昌己 横田めぐみ 吉田秀彦 中西哲生 浅利純子
               鈴木杏樹 渡辺美奈代 仙道敦子 山瀬まみ 石田ゆり子 及川光博
               盛田幸妃 浅香唯 荻原健司・次晴 加勢大周 大黒摩季 東幹久 
               加藤浩次 橋下徹   


 47歳(1970年生まれ)長井秀和 ウド鈴木 千原せいじ 松本隆 相田翔子 室井佑月
                                中山美穂 桜井和寿 ちはる 原田泰造 水野真紀 クルム伊達公子   

               博多華丸 工藤静香 阿部サダヲ 鶴田真由 上田晋也 裕木奈江
                                いとうあさこ 岡村隆史 諸星和己 吉岡秀隆 宮迫博之 谷繁元信
                石井琢朗  西川貴教  池谷幸雄 八嶋智人 羽生善治 河村隆一
                なだぎ武 永作博美 原田龍二 城島茂 渡辺満里奈 アジャコング
               奥貫薫 和久井映見 西村知美 藤本敏史 国実百合  長谷川真弓  
   

 46歳(1971年生まれ)真中満 川崎憲次郎 工藤夕貴 有田哲平 酒井法子 原西孝幸
               博多大吉 つぶやきシロー ユースケサンタマリア 木村多江 西島秀俊
               西川史子 竹山隆範 島津亜矢 川原亜矢子 伊藤美紀 田中直樹
               つみきみほ 大久保佳代子 光浦靖子 米良美一 本田理沙
               中嶋朋子 藤原紀香 遠藤章造 田中律子 坂本昌行 小久保裕紀                                              ほっしゃん。萩原聖人 若林志穂  立花理佐 矢部浩之
                塚地武雄  松嶋尚美 牧瀬里穂 山崎まさよし 島田奈美 檀れい

  

 45歳(1972年生まれ)山口達也 宮下直紀 平井堅 久保純子 新庄剛志 濱口優
                西田尚美 有野晋哉 菊間千乃 藤井隆 稲森いずみ 葛山信吾
                                   椿鬼奴 品川佑 常盤貴子 高橋尚子 小高恵美 日村勇紀 ゴリ
                石田ひかり 葛西紀明 和田一浩 谷原章介 児嶋一哉 藤木直人
                稲葉篤紀 喜多嶋舞 小林綾子 中居正広 西田ひかる KEIKO
                                   梅宮アンナ 土田晃之 鈴木砂羽 長野博 松雪泰子 名波浩
                                   高岡早紀 井戸田潤 武田真治 ケンドー小林 マツコデラックス

 
 44歳(1973年生まれ)さとう珠緒 櫻井淳子 深津絵里 りょう 田村英里子 片山晋呉
                中山忍 島崎和歌子 川越達也 石井正則 青木さやか 宮沢りえ
                設楽統 中田有紀 梨花 アントキの猪木 GACKT 古坂大魔王
                袴田吉彦 小川範子 友近 安住紳一郎 篠原涼子 スギちゃん
                                  大泉洋 三浦恵理子 藤谷美紀 夏川りみ 松嶋菜々子 堺雅人                                                              イチロー 小笠原道大 マギー審司 浅野忠信 長谷川理恵 安田顕 
                池谷直樹 田村淳 稲垣吾郎 門倉有希 三浦大輔 松中信彦 
                水森かおり       
  

 43歳(1974年生まれ)高橋由美子 岡本真夜 川本真琴 陣内智則 清水宏保戸田菜穂
                千原ジュニア 照英 伊藤裕子 馬場典子 原千晶 冨澤たけし
                                  有吉弘行 レイザーラモンRG 松井秀喜 水野美紀 草なぎ剛
                                  坂上香織 華原朋美 内藤大助 国分太一 伊達みきお 室伏広治
                                  岩瀬仁紀 にしおかすみこ いしだ壱成 野村忠宏 吉田羊

                                 

 42歳(1975年生まれ)赤江珠緒 じゅんいちダビッドソン黒田博樹 相川七瀬 中村俊介
                                  吉瀬美智子 山本高広 神田うの 高橋由伸 徳井義実 船木和喜
                                本上まなみ 井端弘和 加藤晴彦 河相我聞 だいたひかる
                                  波田陽区 城彰二  米倉涼子 伊藤英明 川口能活 谷亮子
                                 大路恵美 松井稼頭央 坂口憲二 田川寿美 バカリズム
                 内田有紀 東尾理子 aiko  さかなクン
 

 41歳(1976年生まれ)中谷美紀 JUJU オダギリジョー 小島聖 くわばたりえ 金子祐介
                                  木村佳乃 タカ 森山直太朗 高見盛 井ノ原快彦 伊勢谷友介
                                  サブロー 城島健司 内田恭子 土佐礼子 里谷多英 井川遥 トシ
                                  渡辺俊介 一青窈  不動裕理 山本耕史 岩崎ひろみ 三瓶
                池内博之 観月ありさ 国分佐智子 クロちゃん 辺見えみり 小雪
               
山崎弘也 はなわ  

 記事作成:9月5日(火)

2017年9月12日 (火)

THE 同い年(芸能人編)①

 当たり前だが、世界の人々で、同じ年齢の人は減ることはあっても増えることはない。つまり今年30歳の人は、生まれた年は同じだが、30年経過した今、それよりも同級の人は減っていることになる。同じ年数を経ても、歳のとりかたは千差万別で、年齢より若く見える人もいれば、老けて見える人もいる。例えば、B'zの稲葉浩二さんと俳優の温水洋一さんは同い年だ。温水さんには失礼だが、誰が見ても稲葉さんのほうが若々しく写るに違いない。
 そこで今回は、芸能人やスポーツ選手で年齢が同じ人を記事にまとめたいと思う。意外な人が同級だったりするに違いないし、私も興味がある。基準となる年は2017年であることを付記しておきたい。また13歳から80歳までの範囲に限定させていただきます。

 なお、大勢記載することが予想されるので、今日は61歳~80歳までの高齢の方を取り上げ、3回シリーズにしたいと思います。

 参考資料 http://jimbutsu.com/cat/nendai.php  

 赤字は2017年までに亡くなられた方です。もしご存命ならばその歳になられていたという視点でご覧ください。

 80歳(1937年生まれ)柳生博 山本学 白木万理 モンキーパンチ 左とん平 
                伊東四朗 宝田日出男 加山雄三 北島三郎  森喜朗 緒形拳
 
 79歳(1938年生まれ)梅宮辰夫 本郷功次郎 島倉千代子 山城新伍 柏戸剛
                ジャイアント馬場   


 78歳(1939年生まれ)千葉真一 中村玉緒 若林豪 田部井淳子 岸田森 矢口高雄
                宮田征典 入川保則 夏八木勲 かまやつひろし

 77歳(1940年生まれ)津川雅彦 竜雷太 中村敦夫 森田公一 原田芳雄 小野ヤスシ
                鳥越俊太郎 板東英二 円谷幸吉 王貞治 張本勲 山本圭 
                                  大空眞弓 麻生太郎 土居まさる              

 76歳(1941年生まれ)岩下志麻 小林克也 萩本欽一 前田忠明 倍賞千恵子
                ラッシャー木村 仲本工事 横内正 橋爪功 渡哲也 大出俊
                徳光和夫  
                                 

 75歳(1942年生まれ)真屋順子 小松政夫 東野英心 林与一 近藤正臣 坂口征二
                地井武男 ささきいさお 中尾彬 青木功 中山仁 中山律子
                江波杏子 寺田農 カルーセル麻紀 小泉純一郎 十朱幸代
                山本陽子 松方弘樹

 74歳(1943年生まれ)樹木希林 山本亘 小林稔侍 森本レオ 北大路欣也 加藤茶
                森次晃嗣 橋幸夫 関口宏 小野寺昭 林隆三 横光克彦
                尾藤イサオ 車だん吉 加賀まりこ 梓みちよ アントニオ猪木 
                沢村忠 田村正和  太地喜和子

 73歳(1944年生まれ)吉田日出子 松原誠 小椋佳 江守徹 黒沢年男 赤座美代子
                清水紘治 竹脇無我 前田吟 原田大二郎 園まり 団しん也
                冠二郎 マイク眞木 平泉成 久米宏 渡瀬恒彦 浅利香津代
                みのもんた 香山美子 野川由美子 梨本勝

 72歳(1945年生まれ)松原智恵子 相良直美 わたせせいぞう 吉永早百合
                阿木耀子 長塚京三 黒鉄ヒロシ タモリ 藤田弓子 綿引勝彦
                水前寺清子 キートン山田  栗原小巻  おすぎとピーコ

 71歳(1946年生まれ)槇大輔 伊吹吾郎 藤岡弘 マギー司郎 上村香子 美川憲一
                荒川強啓 田村亮 中尾ミエ 木の実ナナ 堺正章 西岡徳馬
                大原麗子 阿藤快 岡本富士太 下條アトム 苅谷俊介
                石倉三郎 

 70歳(1947年生まれ)尾木直樹 高田美和 岸部一徳 高田純次 尾崎将司 井上順
                千昌夫 布施明 柴俊夫 山口果林 寺尾聰 小倉智昭
                本宮ひろ志 細野晴臣 江本孟紀 アニマル浜口 泉ピン子
                小田和正 寺泉憲 西田敏行 森進一 渡辺篤史 根津甚八
                塚原光男 北野武 大和田伸也 奥村チヨ 生田悦子 中尾ミエ
            
 69歳(1948年生まれ)岡本信人 中村晃子 森山良子 笑福亭鶴光 たかの友梨
                財津和夫 都はるみ 安藤和津 五木ひろし いしだあゆみ 
                泉谷しげる 笹野高史 誠直也 瀬川瑛子 山田久志
                前田美波里 角野卓造 井上陽水 大川栄策 柄本明
                糸井重里 由紀さおり 桝添要一 篠田三郎 谷村新司
                にしきのあきら 岡田可愛 桜木健一 沢田研二 柳ジョージ

 68歳(1949年生まれ)さとう宗幸 市村正親 南こうせつ 佐藤B作 高橋真梨子
                新藤恵美 武田鉄矢 風間杜夫 ガッツ石松 岸部四郎
                上田正樹 間寛平 伊吹剛 矢沢永吉 松田優作 堀内孝雄
                松崎しげる テリー伊藤 音無美紀子 酒井和歌子

 67歳(1950年生まれ)山本譲二 志村けん 奥田瑛二 舘ひろし 和田アキ子 大谷直子                                    大橋純子 細川たかし 八代亜紀 市毛良枝 木内みどり
                大和田獏 大島康徳 梅沢富美男 由美かおる 神田正輝
                生島ヒロシ 奈美悦子 池上彰 三遊亭円楽

 66歳(1951年生まれ)五輪真弓 本田博太郎 中村雅俊 名高達男 あだち充
                多岐川裕美 田中健 鮎川いずみ 山本リンダ 三宅裕司
                モト冬樹 藤圭子 斎藤洋介 柴田恭兵 小林薫 木之元亮
                大杉漣 江藤潤 天地真理 大地康雄 長州力 笑福亭鶴瓶
                浅茅陽子 岩城滉一 ジャンボ鶴田         

 65歳(1952年生まれ)三浦友和 真野響子 中島みゆき 峰竜太 桃井かおり
                さだまさし 鳥羽一郎 夏木マリ 風吹ジュン 沖雅也
                小柳ルミ子 水谷豊 松坂慶子 草刈正雄 中島ゆたか
                清水健太郎 夏樹陽子 ピーター
                 
 64歳(1953年生まれ)宗茂・猛 テレサ・テン 山下達郎 村下孝蔵 甲斐よしひろ
                国広富之 研ナオコ 稲垣潤一 真弓明信 梨田昌孝 関根勤
                竹下景子 三田村邦彦 石丸謙二郎 平田満 中田喜子
                三浦浩一 小林麻美 小林幸子 落合博満 島田陽子 萩原流行

 63歳(1954年生まれ)中畑清 尾崎健夫 石田純一 ルー大柴 松任谷由実 吉沢京子
                清水アキラ 南沙織 秋吉久美子 五十嵐めぐみ 天童よしみ
                高畑淳子 中島常幸 小倉久寛 清水秀彦 古舘伊知郎
                片岡鶴太郎 庄野真代 安倍晋三 檀ふみ 阿川佐和子

 62歳(1955年生まれ)渡辺えり 伊藤蘭 佐野史郎 竹内まりや 山口良一 西城秀樹
                堀尾正明 田中裕子 江川卓 内藤剛志 藤真利子 長谷川初範
                具志堅用高 明石家さんま 永島映子 大野豊 朝加真由美
                郷ひろみ ラサール石井 坂口良子 中野浩一 國村隼 川中美幸
                渡辺裕之 世良公則 松山千春 野田秀樹 所ジョージ

 61歳(1956年生まれ)大友康平 役所広司 小堺一機 榎木孝明 大地真央 野口五郎
               浅田美代子 桑田佳祐 新沼謙治 仁那晃子 佐野元春 竹中直人
                辛坊治郎 宅麻伸 叶和貴子 玄侑宗久 アン・ルイス 五代高之
                大川隆法 岡江久美子 益岡徹 長渕剛 永島敏行 渡辺真知子
                原由子 村上弘明 長谷直美 世良公則 石橋凌 山田隆夫

  やはり還暦以上のこの年代の方はちらほらと亡くなられた名優の方が見られる。しかし、一般の同世代の方々からみれば、芸能人は若い印象を受ける。やはり健康やテレビ映りなど人一倍気を遣う職業だけに、外見を重視したダイエットや美容を心がけているからだろうし、一度もお会いしていない人でも、テレビを通して見ているため、見慣れた印象があるし、一般人にはないオーラ(光彩)を放っている。
 明日は3回シリーズの2回目で、41歳から60歳までの方々を同級ごとに列挙したいと思う。

 記事作成:9月4日(月)
 

2017年9月 6日 (水)

芸能人の意外な一面

 芸能界は文字通り、芸を売ってなんぼの世界。「芸」とは誰にも真似できない歌のうまさだったり、演技に長けていたり、古典芸能の真髄を極めていたり、お笑いであったり、その手法は様々だ。一般人とは異なる天賦の才能や秀でたものを発揮して、金がとれる、文字通り才能溢れる世界だと思っている。
 しかし、一方では副業ではないものの、本業だけでなく、多方面でその類稀な才能を発揮する方もいる。例えば、絵画だ。五月みどりさんや八代亜紀さん、工藤静香さんなどは、日展に入選するほどの腕前を持つ。さすがは芸能人だと羨望の眼差しで見てしまう。
 また、片岡鶴太郎さん、榎木孝明さん、木梨憲武さん、大野智さんもまた、絵画に長けた芸能人として名高いのは周知のところだ。
 ところが、それだけではなく、意外な才能を発揮し、私たち視聴者を驚かせる芸能人もいる。それは個性的すぎてついていけない時もある。まさかあの人があんなことを・・・と奇を衒うような奇行にさえ映る。今日は、そうした芸風をも発揮する方々を取り上げたい。

 松平 健

 ご存知8代将軍「徳川吉宗」を演じた「暴れん坊将軍」の主役という印象しかなく、昔から時代劇の主役を張る大スターは、重鎮というイメージで、軽率な行動は決してとらないと思っていた。しかし、彼が、殿様にコスプレし、キンキラキンの派手な衣裳と濃い目のメイクで「マツケンサンバ」を歌った時は、呆気にとられた。しかし、熱狂的な彼のファンは、失望するどころか、熱い声援を送った。バイタリティとショーマンシップは素晴らしい。彼自身がいやいやではなく、心底楽しんでいたのがなによりだ。従来の時代劇のスターのイメージを払拭したという意味で、ある意味貴重な存在だ。これに気をよくした彼は「マツケンサンバⅠⅡⅢ」だけでなく「マツケンマハラジャ」まで出した。勢いに乗っている。

 セオリーを嫌い、形に嵌らない、自由奔放なB型でなければここまで割り切れない。場を盛り上げる適役だ。

 深田恭子

 清楚なイメージしかない女優の深田恭子(フカキョン)さん。おっとりしていて、純日本風な存在の彼女だが、一時期、あのヤッターマンに登場する悪役のドロンジョ様にコスプレしてユニットを組んで歌を歌ったことがある。意外?にも胸の谷間を惜しげもなく披露する巨乳ぶりを発揮し、ファンの度肝を抜いた。イメチェンを図ろうとしたのか?どうも違和感があった。今、動画サイトでその映像を振り返ると、相当な勇気と度胸が必要だったに違いない。

 この勇姿!今では想像が付かないほど、彼女自身も芸能界での身の置き方に悩んでいたのかもしれない。

 林家たい平

 彼は「武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科」を卒業するほど大の図画好き。
親の反対を振り切って自分の道へ進んだようだ。そして彼は現在、母校の武蔵野美術大学客員教授の肩書きも持つ。こういう芸人はほかにも「サカナくん」もいるが、たい平さんは、落語家でありながら、大学教授であり、文科大臣新人賞を受賞したほど、切れ味鋭い噺家としての地位も確立した。しかも、人間性に優れ、人の良さは天下一品で、師匠思いのところは、24時間テレビでも立証済みだ。そして師匠を勇気付けようと、100kmマラソンにも挑んだのは周知のところだ。
 私は初め、彼が笑点メンバーになったとき、わざとらしい芸風と「花火」ネタと「ふなっシー」ネタ、「おかま言葉」など、ワンパターンでつまらなすぎと感じていた。たまにルパンの真似など人のふんどしで相撲をとるなど落語家らしさがなく、ウザくてのっぴきならないうさんくさい奴だと思った。しかし、デジタル放送のデータで毎回「大喜利」が始まるや否や、視聴者がボタンを押す彼の座布団の枚数が異様に伸びている。しかもそれは毎週同じ様子だ。これは身内か埼玉県民が、かつてのオールスターのヤクルト社員のように、こぞって組織票を入れているのかとさえ勘ぐれる状況が見られる。しかも怪しいのは、まだ本人が挨拶もしていないうちから、ダントツの票数を集めているからだ。どうみても不自然だ。
 私はあの芸風は未だに好かないが、お年寄りには絶大な人気があるようだ。彼はB型で、特異の才能があって、それをカリスマ的に過大評価するご年配の方々がいるようだ。どうやら芸というよりも、人間性のよさで票を伸ばしている。
 一方で、これも訝しげなのが、新入り?の三平だ。彼は毎回0票。データ放送が故障しているのかと思えるほどで、少し票が入っても、すぐまたカウントが減り、いつの間にか0票に。親の七光りであの席にいることを視聴者は許せないのか?個人的には、たい平よりも三平のほうが断然面白い答えを述べているように思えるのだが・・・。

 沢尻エリカ・今井絵理子・上原多香子・松居一代

 かつてはガングロのイケイケギャルの風貌だった彼女。もともと気持ちにムラがあって、マスコミへの生意気対応で干された時期を経て、しばらく振りにテレビに戻ってきたら、作りなのか素なのか、すっかり人が変ったようになった。純和風のイメージで、落ち着いた物腰でしゃべるようになった。人格まで変わったようだ。やっぱりこれも一種の才能だろう。
 同じ意味では、こうした「魔性の女」っぽい印象を受けるのが、元SPEEDのメンバーの2人。今井絵理子議員と上原多香子。
 今井は、すべての責任を相手の男、橋本神戸市議に擦り付けて自分は責任逃れっぽい印象。一方、上原は不倫などが原因で、前夫TENNさんを自殺に追い込んだ張本人なのに、その舌の根も乾かぬうちに、別の男性との子を身ごもり、それが原因で結婚へという本末転倒の流れ。中学時にデビューし、チヤホヤされ、社会常識や素養が身に付かないままに、スターダムに伸し上ったためか、なりふり構わぬ言動や行動が目につく。

 私は議員、医師、警官、教員など「先生」と呼ばれるような公職にある者は、他の手本となるような行動をしなければならない。不倫して公職に留まろうとするほうがおかしい。国民の信頼を裏切ったのだから、潔く議員辞職をすべきだ。

 これらのゴシップは、ファンだった方には耳痛い話題だろうが、人の道として外れているし、良識を疑わざるを得ない。これではTENNさんは浮かばれない気がする。

 松居一代は離婚問題で雲隠れ。ファンのおばあさん宅を転々とし、動画サイトを使って自己主張を繰り返し、世の中の男性を気味悪がらせた。男への復讐心の恐ろしいことを思い知らされた印象。何かに取り付かれたように夫の秘密をすべて暴露し、「女は怖い」と誰もが感じた。執拗な怨念まで感じたのは私だけではないだろう。

 今回の記事は、「二面性」というわけではなく、やはり多芸な方が芸能人には多いということだ。やはり強烈な個性と才能が交錯する世界、それが芸能界であり、長く生き残る秘訣なのかもしれない。

 記事作成:8月17日(木)

 
 

より以前の記事一覧

福島県の天気


無料ブログはココログ