2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

社会

2017年11月15日 (水)

疑惑だらけの暗殺事件

 歴史は事実ばかりとは限らない。都合の良いように書き換えられたり、偽造や捏造されて、真実が闇に葬られたケースもあり、その結果、謎が謎を呼ぶ暗殺事件が山ほどある。黒幕(真犯人)は他にいるのに、それ以上捜査の手が及ばず、誤った認識が事実として伝えられていることは数多く存在しているに違いない。本日は、過去の歴史に残る出来事において、疑惑が絶えないような暗殺事件を取り上げたい。

 1 織田信長

 通説では1582年6月に起きた本能寺の変で、家臣であった明智光秀の謀反により、襲撃を受け、本能寺に火を放ち、自らが自決したとされている。しかし、肝心の信長の首が晒されなかった。遺体すら見つかっていない。
 その明智光秀もまた山崎の戦いで農民に化けて逃走中に農民に竹やりで突かれて絶命したとされるが、その後、それは影武者であって、生き延びて、天下とりの共謀者である徳川家康にかくまわれていたという説も根強く残っている。

https://www.youtube.com/watch?v=I77wL6wxPnI

https://www.youtube.com/watch?v=51-7yxDs6Dw

 2 坂本龍馬

 土佐郷士株を持つ裕福な商家に生まれ、脱藩した後は志士として活動し、貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中(後の海援隊)を結成した。薩長同盟の斡旋、大政奉還の成立に尽力するなど倒幕および明治維新に影響を与えるなど、重要な働きをした。大政奉還成立の1ヶ月後に近江屋事件で暗殺された。

 慶應3年11月15日、龍馬は宿にしていた河原町の蛸薬師で醤油商を営む近江屋新助宅母屋の二階にいた。当日は陸援隊の中岡慎太郎や土佐藩士の岡本健三郎、画家の淡海槐堂などの訪問を受けている。午後8時頃、龍馬と中岡が話していたところ、十津川郷士と名乗る男達数人が来訪し面会を求めて来た。従僕の藤吉が取り次いだところで、来訪者はそのまま二階に上がって藤吉を斬り、龍馬たちのいる部屋に押し入った。龍馬達は帯刀しておらず、龍馬はまず額を深く斬られ、その他数か所を斬られて、ほとんど即死に近い形で殺害された。享年33(満31歳没)。

 当初は新選組の関与が強く疑われた。また、海援隊士たちは紀州藩による、いろは丸事件の報復を疑い、12月6日に陸奥陽之助らが紀州藩御用人・三浦休太郎を襲撃して、三浦の護衛に当たっていた新選組と斬り合いになっている(天満屋事件)。慶応4年(1868年)4月に下総国流山で出頭し捕縛された新選組局長・近藤勇は土佐藩士の強い主張によって斬首に処された。また、新選組に所属していた大石鍬次郎は龍馬殺害の疑いで捕縛され拷問の末に自らが龍馬を殺害したと自白するも、後に撤回している。
 明治3年(1870年)、箱館戦争で降伏し捕虜になった元見廻組の今井信郎が、取り調べ最中に、与頭・佐々木只三郎とその部下6人(今井信郎・渡辺吉太郎・高橋安次郎・桂隼之助・土肥伴蔵・桜井大三郎)が坂本龍馬を殺害したと供述し、これが現在では定説になっている。
 その一方で、薩摩藩黒幕説やフリーメイソン陰謀説まで様々な異説が生まれ現在まで取り沙汰されている。

 2 伊藤博文暗殺

 長州藩の私塾である松下村塾に学び、幕末期の尊王攘夷・倒幕運動に参加。維新後は薩長の藩閥政権内で力を伸ばし、岩倉使節団の副使、参議兼工部卿、初代兵庫県知事(官選)を務め、大日本帝国憲法の起草の中心となる。初代・第5代・第7代・第10代の内閣総理大臣および初代枢密院議長、初代貴族院議長、初代韓国統監を歴任した。内政では、立憲政友会を結成し初代総裁となったこと、外交では日清戦争の勝利に伴う日清講和条約の起草・調印により清國から朝鮮を独立させた(第一条)ことが特記できる。元老。  

 1909年、ハルビン駅で朝鮮民族主義活動家の韓国人安重根に暗殺された。

 事件当時より情報が錯綜したため、被害者や犯人の数について様々な憶測が流れた。1909年10月27日付の各新聞の中にも、三井物産会社着電をもとに「五六名の韓国人に狙撃され」たと報じたものや、大連発本社着電をもとにした東京日日新聞の「歓迎者に混じ居たる韓人数名に狙撃され」たと報じたものがあり、逮捕者も蔡家溝で新たに「拳銃を持てる朝鮮人2名を捕縛」と報じられていたため、これらを原因として複数犯の印象が最初に広がったことは事実であろう。しばらくした後に目撃者談をまとめた新聞報道と安の供述、そして秘書官等の電報とは、総合して見ればほぼ符合していることがわかるが、襲撃では何発が発砲されたか、狙撃手は1人か複数かには異説があり、単独犯行ではなかったという主張や、背後に国家的陰謀があったという主張がある。

 その後、安はロシア官憲に逮捕されて日本の関東都督府に引き渡され、1910年3月26日に処刑された。

 https://www.youtube.com/watch?v=zPWnlxSt9l0

 3 ジョン・F・ケネディ

 ケネディ大統領暗殺事件(ケネディだいとうりょうあんさつじけん、Assassination of John  F. Kennedy)は、1963年11月22日金曜日、現地時間12時30分にテキサス州を遊説中 であった第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディがダラス市内のパレード中に 銃撃され死亡した事件である。 犯人とされたリー・ハーヴェイ・オズワルドは、2日後に ダラス警察署の中でジャック・ルビーに撃たれて殺され、裁判の場に立つつことはなかった。そして後にウォーレン委員会の公式調査報告でオズワルドの単独犯行として大統領が後方から撃たれたとする結論に対して、数々の疑惑が出るなど、長年にわたって真相についての議論が続いている。ライフルによる遠距離からの狙撃で、3発の弾丸を発射するのにかかった時間はわずか8.4秒。にもかかわらず、3発中2発が命中し、うち一発は頭部を打ち抜くという精密さ。獄中で殺害された狙撃犯のオズワルド。4発目の弾丸を撃ったとみられる、2人目の狙撃手の存在――。様々な陰謀論が飛び交うこの事件、米政府による証拠資料の閲覧制限により、未だその真相は明らかになっていない。陰謀説も多い事件として半世紀が過ぎた現在でも論議を呼んでいる。

 狙撃の瞬間映像(閲覧注意) https://www.youtube.com/watch?v=iU83R7rpXQY

 4 キング牧師暗殺事件

 アメリカ合衆国のプロテスタントバプテスト派の牧師である。「キング牧師」の名で知られ、アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者として活動した。
 「I Have a Dream」(私には夢がある)で知られる有名な演説を行った人物。1964年のノーベル平和賞受賞者。2004年の議会名誉黄金勲章受章者。アメリカの人種差別(特にアフリカ系アメリカ人に対する差別)の歴史を語る上で重要な人物の一人である。
 1968年4月4日に遊説活動中のテネシー州メンフィスにあるメイソン・テンプルで “en:I've Been to the Mountaintop”(私は山頂に達した)と遊。その後メンフィス市内のロレイン・モーテルのバルコニーでその夜の集会での演奏音楽の曲目を打ち合わせ中に、白人男性で累犯のならず者、ジェームズ・アール・レイに撃たれる。弾丸は喉から脊髄に達し病院に搬送されたが、間もなく死亡した。墓標には「ついに自由を得た」と穿たれている。レイは国外に逃亡し、数ヵ月後、ロンドンのヒースロー空港で逮捕され、懲役99年の判決を受ける。自供の3日後に、「自分は陰謀に巻き込まれたのであって、犯人は別にいる」と証言を翻した。それが単なる命乞いの保身だったのか、あるいは誰かに暗殺を依頼されただけで、真犯人が他にいることを訴えたものだったのかは本人しかわからない。
 その後、彼は服役中の1998年4月23日にC型肝炎による腎不全で死去した。

 5 アキノ氏暗殺事件 

 1983年8月21日 - ベニグノ・アキノ元フィリピン上院議員がマニラ国際空港に到着後射殺される(ベニグノ・アキノ暗殺事件)。独裁体制を敷いたフェルディナンド・マルコス大統領時代、国民に広く人気があったベニグノ・アキノは、マルコス政権にとっての脅威であり国外追放されていたが、追放先のアメリカ合衆国から帰国した際、マニラ国際空港で暗殺された。ニノイの死後、エドゥサ革命によりマルコス政権は崩壊し、ベニグノの妻コラソン・アキノ(コリー)がフィリピン大統領に就任した。
 暗殺の直前、飛行機内にフィリピン兵士たちが機内に乗り込み、無理やり飛行機から引きずり下ろした。そして彼を兵士たちが一世砲撃し、射殺したのだった。

 しかし、事件後にフィリピン政府は、「アキノ氏は空港警備員を装った男によって射殺され、その場で犯人は射殺された」と発表した。ニノイに同行取材していた日本人ジャーナリストの若宮清は、連行していた兵士がニノイを撃つのを目撃したと語った。しかし、マルコス独裁体制下にあった時のフィリピン政府は乗客らの目撃証言を黙殺し、事件は政府や軍部とは無関係の、フィリピン共産党傘下ゲリラ組織「新人民軍」のロランド・ガルマン(Rolando Galman)なる人物の単独犯行であると発表した。

 6 金正男暗殺事件

 2017年2月13日、北朝鮮) の第2代最高指導者金正日の長男である金正男が、マレーシア・クアラルンプール国際空港からマカオに出国する際、空港内で北朝鮮の工作員とみられる人物から依頼された女2人に猛毒のVXガスにて毒殺された。北朝鮮の工作員が大金を渡して現地の女性に殺害方法を指示した。もちろん黒幕は金正男の腹違いの兄である金正恩であることは明白だ。しかし、工作員が事件発生直後に北朝鮮に逃げ帰り、かくまっている以上、マレーシア当局の捜査が及ぶことは無く、真相は闇の中に消え去ったままだ。

 さて、このような歴史に残る重大事件において、犯人とされる人物は、替え玉であったり、巧妙な工作によって、真犯人に仕立て上げられただけかもしれない。だから口封じのために殺されるケースが多いのではないだろうか。

 ほかにも、土方歳三の箱館戦争のさなかの戦死、国鉄三大事件である下山事件や松川事件の真相は闇に葬られてしまっているし、帝銀事件も平澤貞通被告は、死刑が確定しながら、無実を叫び続け、死刑執行もされず、獄中で病死するに至った特異な事件となった。

 記事作成:11月4日(土)

2017年9月23日 (土)

判断ミスが大惨事を招いたケース

 今回の記事は、災害で亡くなった方を冒涜したり、関係者感情を逆撫でしたり蔑む意図は全くありません。災害時にちょっとした油断で命を落としたり、少しの判断ミスが取り返しの付かない重大かつ深刻な結果を招く事例が多々あり、危機管理を高めて欲しいとの切なる願いからあえてここに記すものであることを予めお断りし、これらを理解した上でご覧ください。

  ヒューマンエラーという言葉がある。日本語で言うと「判断ミス」とか「人災」がこれにあたる。自然災害ではなく、正しい判断をすれば回避可能だった事故だ。今回はこれをテーマにしたい。

 白虎隊の悲劇は起こらなかった?

 15~18歳くらいの若年層で組織された会津藩士中二番隊、通称「白虎隊士」。彼らは幕末の動乱の時代にあって、会津戊辰戦争で戦い、自刃したことでその悲劇の象徴としてあまりにも有名。戸の口原の先頭で果敢に薩長軍に挑み、命からがら敗走し、辿り着いた飯盛山。その中腹で彼らが見たものは会津のシンボル、若松城(鶴ヶ城)が炎に包まれている情景だった。落城し、会津が負けたと悟った彼らは、そこで自刃を果たし尽きた。しかし、彼らが目にした城下の火災は武家屋敷などの火災であって、まだ城は落ちてはいなかった。唯一の生き残り、飯沼貞吉によって、白虎隊の悲劇が後世に語り継がれることになった。
 判断ミスがひとつの部隊を全滅寸前に追い込んだわけだが、もう少し、周囲を観察できる目があれば、ひょっとするとあの惨劇は起こらなかったかもしれない。
 あの史実があって、お国のために命を尽くし果てたからこそ、白虎隊伝説が武勇伝として美化されて現世に残されてきたが、若き命を散らさずに済んだのかと思えば、悲しみは倍加されてしまう。

 青函連絡船・洞爺丸沈没事故

 1954年(昭和29年)9月26日に青函航路で台風第15 号により起こった、日本国有鉄道(国鉄)の青函連絡船洞爺丸が沈没した海難事故である。死者・行方不明者あわせて1155人に及ぶ、日本海難史上最大の惨事となった。
 洞爺丸台風が襲来したこの日、青森へ向かっていた渡島丸(貨物専用船)より海峡中央から「風速25メートル、波8、うねり6、動揺22度、針路南東で難航中」との通報が入る。危険を感じた後続の第六青函丸・第十一青函丸は海峡にさしかかったところで運航を中止して引き返した。函館では土砂降りの後に、風が収まり晴れ間ものぞき台風の目が通過したことを思わせた。当時の函館海洋気象台の観測では気圧は983.3ミリバールで、中央気象台の発表した台風の中心気圧より高かったが、風速は15時に19.4メートルに達したのち衰え、17時には17.3メートル、18時にはさらに13.7メートルに弱まっている。台風の速度から見て天候の回復は早いものになるとみて、海峡の気象状況を検討した結果、自身の気象判断に絶対の自信を持っていた近藤平市船長は出航を決断。17時40分頃、出航時刻を18時30分とすることを発表した。
 18時39分、青森に向けて遅れ4便として出航した。乗員乗客は合わせて1,337人。出航して間もなく、南南西からの風が著しく強くなる。
 22時45分頃、函館港防波堤灯台付近の地点(337°、2500m)に右舷側に約135度傾斜し沈没。最後には船体がほぼ裏返しで海底に煙突が刺さった状態になったといい、この洞爺丸だけでも乗員乗客あわせて1,314名中1,155人が死亡または行方不明となった。生存者159名。

 日本海中部地震 (秋田)

 1983年(昭和58年)5月26日11時59分57秒に、秋田県能代市西方沖80 km(北緯40度21.6分、東経139度4.4分、深さ14 km)の地点で発生した逆断層型の地震。地震の規模はM7.7。
 当時日本海側で発生した最大級の地震であり、秋田県・青森県・山形県の日本海側で10 mを超える津波による被害が出た。国内での死者は104人に上り、そのうち100人が津波による犠牲者である。家屋の全半壊3049棟、船舶沈没または流失706隻。被害総額は約518億円。
 津波による死者の内訳は41人が護岸工事中の作業員、釣り人が18人、遠足中の小学生13人などであった。地震発生が晴天の昼間、当日の波が穏やかだった等の事情により、沿岸には作業船、漁船、レジャー船などが多数出船していた。そのため、直ちに救助作業や遺体の収容作業が行われ、遺体が収容できなかった行方不明者は無かった。津波は概ね10分位の周期であった。
 最大の悲劇は小学生の多くが犠牲になったことだ。男鹿市の加茂青砂では、遠足で訪れていた北秋田郡合川町立合川南小学校の児童43人と引率教諭たちが津波に襲われた。多くは漁船や付近の女性などに救出されたが、児童13人が死亡した。遺留品の散乱する現場の空撮映像が全国ニュースで配信されたこともあって、県民や国内はもとより日本国外にも大きな衝撃を与えた。
 この判断ミスは、遠足で海岸に来てお弁当を食べていた小学生の引率教師だ。大地震が起きたらすぐに海から逃げなくてはならないのに、避難が遅れ、結果として13名の幼い命が海の藻屑と消えた。明らかに引率者の危機管理能力の弱さが、尊い小学生の命を奪った。

 大川小の悲劇

 日本海中部地震の教訓が生かされず、同じ轍を踏んでしまった。河口付近にある宮城県の大川小学校。2011年3月11日午後2時46分が運命を分けた自国。あれほどの未曾有の揺れが襲った東日本大震災において、しかも大津波警報が発令しているさなかの危機管理力が欠如した結果、教員11名、小学生74名がみすみす津波に巻き込まれ、犠牲になった。津波の襲来を予想しながら、なぜわざわざ危険な川沿いの道路を一列になって移動したのか?この判断ミスが大惨事を招いた。この大川小学校の悲劇は、私は自然災害ではなく人災と断言したい。急斜面だが学校の裏山に即座に登っていれば、全員助かったと予想できる。当日、校長が出張不在で、最高責任者の指示を仰げなかったのもこの判断ミスを招いた原因。海から数キロ離れていたため、津波が川を遡上してここまで来ないだろうという甘すぎる判断があった。小学生のゆっくりした歩行速度も致命的で、そこに容赦なく津波が襲い、幼い小学生たちを飲み込んでいったのだった。「まさかここまで来ないだろう」という甘い判断が取り返しが付かない大惨事を招いたのだ。
 在校生108名のうち74名が亡くなった。つまり7割の児童が犠牲になったのだ。教員は子供の命を最優先して決断をしなければならない。10人以上の教師が川沿いを通行するのは危険と誰も異議を唱えなかったのか?犠牲者の身内には悔いが残る判断ミスだった。 

https://www.youtube.com/watch?v=wcqCwnWxEPw

https://www.youtube.com/watch?v=wcqCwnWxEPw

 御嶽山噴火

スマホや動画サイトの普及により、だれもが目の前でおきた事件や事故を撮影し、SNSに挙げたり、テレビ局に情報を提供している。さながら素人が報道記者になりえる。しかし、これが命取りになるケースがある。2年前の御嶽山噴火では、登山客が目の前で噴火が起きたのに記念撮影のごとき動画撮影に熱中。逃げ遅れて噴石に当たって絶命したケースがあった。バインダーを通すと目の前に差し迫っている危機にあまり恐怖を感じず、結果的に災害に巻き込まれて命を落としてしまう。自業自得といえばそれまでだが、まさかそこで自分が亡くなるとは考えもしないで犠牲になっている筈だ。言い方は悪いが、命の危険が差し迫っているのに、呑気にカメラを構えているから命を失うのだ。その「まさか」のとっさの判断で生死を分けるということを・・・。 



 那須雪崩事故

 こちらも痛ましい事故。今年の3月27日、栃木県那須町茶臼岳にある「那須温泉ファミリースキー場」で栃木県高体連主催の「春山安全登山講習」中の高校生ら8人が表層雪崩に巻き込まれて死亡した事故。
 事故が発生した27日は、未明から大雪となり、「雪崩注意報」が発表されていることを、教員が当日朝6時に確認し、当初の茶臼岳登山を中止し、那須温泉ファミリースキー場周辺でのラッセル訓練に変更していた。雪崩の発生しやすい気象条件であることを知りながら、雪上での訓練を実施し、結果的に8名の尊い人命が失われてしまったのだった。
 これは明らかに集団心理が招いた人災。主催の教員は被害者遺族に謝罪はもちろんだが、損害賠償を負わなければならない。せっかく時間と費用をかけて計画したのだから、登山に替わる何かを実行しなければならないという無駄な責任感と使命感が招いた事故だ。こういうケースでは、生徒の身の安全を最優先し、中止しなければならない主催者判断なのに、あえてやっという足跡を残すことに終始した結果、こうした事故に繋がった。

https://www.youtube.com/watch?v=zFvKa-9_G2o

https://www.youtube.com/watch?v=GJ6-xWq5i30

 このような判断に至った原因と経緯、それに責任の所在を明らかにしてほしい。でなければ、犠牲になった若い命、遺族はいつまでたっても浮かばれない。あってはならない重大事故は現に起きてしまった。尊い命は、一度失われれば、ゲームのようにリセットして甦ることは二度とないのだから。

 記事作成:9月9日(土)

2017年9月21日 (木)

英雄たちのミステリー集

 学校で習う日本史はどこまでが事実なのか?最近疑いの眼差しを向けている。それは幼少期に歴史教科書に書いてあった足利尊氏の絵が実は単なる足軽だったことが判明したり、銀閣寺を建てた室町幕府8代将軍の足利義政、源頼朝、武田信玄、西郷隆盛の肖像画なども偽物であった。そうした事実を目の当たりにすると、私たちが教え込まれた史実も疑念を持って見た方が面白みがある。自分で勝手に空想や妄想ができるからだ。そうした視点で私と意識を重ねる番組がかつてあったので、それを紹介しながら、私が疑問に思う歴史英雄たちのミステリーに迫りたい。真偽のほどは不明だが、これをご覧になるあなた自身の判断に任せたい。

1 織田信長の遺体はどこへ?

https://www.youtube.com/watch?v=XjOovqBVnp8

2 幕末の英雄・新撰組副長「土方歳三」の亡骸は?

 諸説あって判然としない。(Yahoo!知恵袋の回答例より)

①五稜郭内→願乗寺説

土方の遺体は従士が担いで五稜郭に持ち帰り、伊庭八郎などと共に埋葬されたという説
明治11年の五稜郭土塁修復工事の際に夥しい遺体が発見され、それらは願乗寺に改葬され土方も含まれるという説
しかし願乗寺はその後何度も火災などにあった為、いまではどこに箱館戦争の戦死者を葬ったのか判らなくなってしまったという。
尚、大正時代に五稜郭から戦死地である一本木に改葬した説もあるが、上記の願乗寺改葬の方が数十年も前なので疑わしい

②大円寺説
土方の馬方であった吉田という男が土方の遺体を回収して五稜郭で通夜を行った後に、大円寺に葬ったという説
境内の二本松下に葬ったという説と、50年後に無縁塚に改葬されたという説があるがいづれも信用度は低い

③七重村の閻魔堂説
実は七重村に閻魔堂は存在しない
七重浜の近くの閻魔堂として極楽寺閻魔堂がある
島田魁が戦死した土方の遺体をお堂の床下に埋め、明治二十年に改葬したという
ただし、当時の閻魔堂は現存せず、現在の閻魔堂は建物も位置も違うモノだという

④碧血碑説
新政府の意向により、箱舘戦争の五稜郭側死者の埋葬は禁じられていたが、これに逆らって埋葬を強行した博徒の親分がいた
この親分は③の説の閻魔堂から土方の遺体を発見して火葬、碧血碑に合葬下という説
②の説の後日談に「高等の位地に改葬した」というのがあり、これが境内ではなく高台と解釈し碧血碑もしくは函館山のどこかと解釈する説もある

http://www.asahi-net.or.jp/~DG8H-NSYM/hijikata-maisouchi.html

⑤近藤勇が武士として切腹ではなく罪人として斬首・晒し首となった上に、明治政府が五稜郭側死者の埋葬を禁じたりしていたので、人知れず秘かに埋葬されたが混乱の中埋葬したので場所がわからなくなったという説
同じように、場所は把握していたが知っている者が後世に語り継がなかった為にわからなくなったとも、今でも秘密にされているという説もある

 新説?ロシアで生きていた?

 

3 源義経は平泉で討たれていない?チンギスハンになったという説は?

 平家を滅ぼした立役者でありながら、兄・頼朝と不仲になり、追われる身となり、弁慶を伴い、奥州へ落ち延びたが、やはて討伐軍によって平泉で自害したとされるが、頼朝に贈られた首は偽物で、それは家臣の杉目太郎行信のものだった。
 その後、命からがら生き延びた彼は、北海道に渡った。それが証拠に平取村には義経神社が存在するし、神居岬には彼が大陸へと逃げた伝説まで残っている。

4 平将門の祟りとは?

伝承では、将門の首級は平安京まで送られ東の市、都大路で晒されたが、3日目に夜空に舞い上がり故郷に向かって飛んでゆき、数カ所に落ちたとされる。伝承地は数か所あり、いずれも平将門の首塚とされている。

その中でも最も著名なのが、東京都千代田区大手町一丁目2番1号外(地図)にある首塚である。かつては盛土と、内部に石室ないし石廓とみられるものがあったので、古墳であったと考えられている。

 平将門の怨霊が記録に残っているのは江戸時代であるが、それ以前にも太田道灌が江戸城を築いて、その後に主君に忙殺されるなどがあった。そして、江戸時代になると、平将門の首塚近くに施設を建てたり何か物を盗んだものに対しては必ず祟るようになったのである。  

 江戸時代の文献に残っているのは、成田山にある東光寺に保管されていた「将門の犬屏風」が盗賊に盗まれた時であった。盗賊らはその絵を売り払ってしまったのだが、その後盗賊の一人が狂って「犬の絵を八幡宮へ返せ…返せ…」と大声で喚きだす。見かねた盗賊の頭は絵を買い戻し、東光寺に返したところ、その症状が治ったのだという。 関東大震災後、首塚の上に大蔵省の仮庁舎を建てた時はその無礼に怒り、将門の祟りが爆発した。当時の大蔵大臣を含め、関係者数十名が次々と変死する事件が起きた。いずれも平将門など落ち武者などに殺される夢にうなされて変死する、または事故死してしまったのである。昭和2年4月27日に将門の供養が行われ、神田明神の宮司によって実施され祟りは収まった。ように見えたのだが、昭和15年6月に再び事件は起こった。突如落雷が大蔵省を襲い、大火事となったのだ。その落雷現場が将門の首塚付近であったことから、祟りではないかというウワサが立ち上ったのだ。 また、この首塚などを含めて、平将門ゆかりの神社として「鳥越神社」「兜神社」「神田明神」「将門首塚」「筑土八幡神社」「水稲荷神社」「鎧神社」があり、これらをすべてつなぐと北斗七星の形になるとして有名だ。そして、それらの神社で平将門の名誉を傷つけると、死を賜るということになります。

5 関が原で東軍に寝返った小早川秀秋の裏切り

https://www.youtube.com/watch?v=8ZuZJDFGGfg

弱冠21歳という若き将だった小早川秀秋。関ヶ原の戦いで、まさかの裏切り行為で東軍の徳川方につき、結果、石田三成率いる西軍は敗れた。その後、この裏切り行為に対し、落ち武者の霊が小早川の枕元に夜な夜な立ち、小早川は発狂して死んだとされる。

6 女子どもを容赦なく撫で斬りした伊達政宗の殺戮

 通説では800人なで斬りと言われている小手森城の戦いだが、我が福島県の郷土史によれば、実際は1,200人と言われている。

 天下を得て平定をするには、敵対するものを殺戮しなければならないのが戦の掟。しかし、怨みを晴らす意味で無抵抗の女性や子どもまで手にかけた政宗の所業は常軌を逸している。天下人として奉られている戦国時代の英傑たちは、実は大量殺人者であり、地獄に落ちて当然の身柄だ。
 私も4年前にここを訪れたが、死者の怨念が未だに渦巻く地に足を踏み入れてしまった結果、その祟りに遭い、脚を痛めてしまった。もう二度と訪れたくない場所だ。

7 キリストの墓が青森にある不思議

 謎だらけの歴史。史実では測りきれない陰の部分に光を当てると予想外の新説が姿を現す。すべてが正しく伝えてあると思い込むのは危険で、実は天下を握った人物に都合の良いように伝記が書き換えられていたり、全くのでたらめを、さも事実のように語り継いできた経緯があるのではないか?そう考えると歴史教科書も眉唾で、何を根拠にそう判断したのかさえも疑いたくなる。
 当時はテレビもVTRもPCもなく、それを客観的に記録しただけだし、実際にその場面を見てもいない者が読者のウケを狙って歌舞伎のようにフィクション化した可能性も十分ある。

 記事作成:9月16日(土)

 

2017年8月29日 (火)

不祥事だらけの現代の政治家たち

  ここ数年の若手政治家達の常軌を逸した振る舞いに心底政治は腐敗し、堕落していると悲観している。当の本人達はその責任すら感じていないことに腹立たしくさえ思う。

 政治への志が薄い輩に、「著名人」というネームバリューだけを有難がって各政党が出馬を要請し、単なる人気取りで当選した者が、結果蓋を開けてみればさまざまな不祥事を引き起こしている。

 野々村竜太郎

 ご存知、記者会見で、大の大人がみっともないほど号泣し、言い訳ばかりを展開した張本人。自らの主観でしか物事の判断ができず、自らを客観視できずに、やりたい放題やったくせに、いざ、それを咎められると、自分の功績を主張し、罪の意識や責任のかけらもなく、自己弁護に終始する情けない輩。こういう愚輩はもはや政治家ではなく「政治屋」でしかない。議員という地位をありがたがっているだけで、その地位に胡坐をかいて、正当な判断や行動が出来なくなった典型例だ。結果、300万円もの「政務調査費」を不正に流用し、それが詐欺罪として告発され、執行猶予4年付きの懲役3年の刑を受けた。彼は47歳(不正発覚時は43歳)だが、もう政治家として政治生命は絶たれ、再起は不能といえる。

  豊田真由子

 子供ですら「このハゲー」を連発するほどの悪意に満ちた流行語を生んだ張本人。元秘書に対する罵声や暴力の数々。A型らしく、プライドが高く、気に入らないものをとことん攻撃する。そのくせ内弁慶のくせに外面よく振舞う。感情にムラがあってヒステリック。かと思えばぶりっ子。実に扱いにくい性質だ。自分が一番偉いと勘違い甚だしく、高慢ちきで傲慢すぎる態度。こういう輩が東大出身者と聞いただけで反吐が出る。東大出身者は常識も持たない輩なのかと目と耳を疑う。だとしたら我が慶應のほうがまだましだ。
 この議員は一体どこへ雲隠れしているのか?このまま逃げおおせると思っているのだろうか?ほとぼりが冷める一定期間、マスコミの関心や追及を交わし、時機が来れば、再起を期するとでも思っているのか?国会議員の風上にも置けない。

 上西早百合

 もっとも政治家としての資質に欠ける。政治を道楽にしている張本人だ。あのなる不利構わぬ言動、本来中立で平等な立場であるべき議員を意にも介さず、常に上から目線で持論を発信し続けている。特筆すべきは、サッカーのサポーターの批判をツイッターで展開し、しかも議員とは思えぬ汚い言葉遣いで罵る始末。自分の考えなり主張を議場で行うならまだしも、こうした土俵の外でしか物言いができないとはちゃんちゃらおかしい。本末転倒も甚だしい。公設秘書がいなければ、正当な判断もできず、ヒステリックになり感情論で持論を展開することしかできない愚直議員だ。そうした不満を解決し、平和裏に解決するよう努力するのが議員の本懐だろう。それを自分の稚拙な発想で、解決困難と見るや、攻撃的にインスタの世界でしか自己主張できず、批判的な発言に終始する。所属政党だった「日本維新の会」だが、自分の不適切な行動(本会議を欠席し、他党の議員と酒盛りや男性秘書と不倫旅行疑惑)や過激な言動が基で除名処分されたのに、反省の色もない。こんなのは政治家としての資質云々ではなく、ひとりの人間として許せない。支援者をバカにするのにもほどがある。彼女は34歳。人間としても政治家としても未熟なのに、議員という地位に溺れたひとりと言える。何様のつもりだと言いたい。

https://www.youtube.com/watch?v=vgYIjVvPGx0

 8月29日、早朝、北朝鮮のミサイル発射に伴い、初めて発令された「Jアラート」。このシステムに対してもこの女は噛み付いた。だったら、お前がこのシステムに替わる新システムを作ってみろよ。人のやることに批判や文句しか言えない分際で、偉そうなことばかり並べてんじゃない。それを実現して国民生活に貢献するのが政治家の使命だろうが。この女がやっていることは単なるクレーマーだ。二度とこういう政治家としての資格もない輩に一票を投じてはならない。失職に追い込むべきだ。

 橋本健(神戸市議)

 公の場である新幹線の車内で、悪びれた様子も無く、堂々と恋人繋ぎで爆睡。良識の微塵もない。通常の感覚なら、妻子がいる身で、他人とこのようなスキャンダルに見舞われたら、有権者への裏切り行為と自覚し、潔く議員辞職してナンボ。にもかかわらず、会見では責任を感じている素振りを示し、その場を乗り切りたいという姿勢しか感じない。表の顔と裏の顔はまったく違うと私は見抜いていた。案の定、次々と不祥事が露呈した。
 週刊誌のすっぱ抜き記事によれば、橋本市議が政務調査費で不明瞭な会計処理を行い、議会に虚偽の報告を行っていたという告発だ。知人が経営しているという、実存しないと思われる印刷業者に、自らの活動報告を行うチラシを4~8万部、印刷の発注をした。そして合計額720万円も政務調査費として計上した。実はこれが架空発注で、まんまとだまし取った詐欺罪という疑惑がもたれている。
 しかも印刷したチラシを、自らあるいは支援者と朝方までかけて街頭で配布したり、選挙区内の各家庭のポスティングしてまわったと釈明。しかし、そのチラシを見たものが誰もいないという。配りきれない残部は、すべて廃棄したと平然とのたまう。政務調査費は、私たちの税金が使われている。国民や市民の血税であるのにもかかわらず、それを捨てているのと同じだ。廃棄したという発言も私はでっち上げだと私は思っている。
 実態を探られないように、証拠隠滅で捨てたと言っているのに過ぎない。始めから印刷チラシなど存在しない。おそらく、さもチラシを作成しているかのように偽チラシを一部、自力で作っておいたに相違ない。いざマスコミなどに暴露された際に弁明措置として、予め用意しておいたのだ。8万部など嘘八百で、廃棄したというのも嘘。証拠があがらないように自作自演しているだけ。橋本市議は不正を暴かれぬよう、計算づくで、用意周到に汚職を隠す手立てを打っていたと見える。
 後日、案の定、印刷業者は橋本健議員に頼まれて、偽の領収書を発行したと証言した。
 結局は嘘に嘘で塗り固めた腰抜け野郎で詐欺行為を正当化しようと画策していただけだ。こんな釈明でやり過ごせるとでも思っているのだろうか?
 これは極めて悪質であり、おそらくは同じような手口で、だまし取り、今井議員との交際費や遊興費に充てていたと見られる。よって、同じ野々村議員が懲役3年を喰らったように、彼は再犯の恐れもあるし、実刑も予想される。まぁ「天網恢恢疎にして漏らさず」とは彼のことだろう。こんな嘘つき議員は、政治の世界から抹殺したほうが神戸市民のためだ。


 
 その後の調べで、橋本氏がチラシのデザインを発注したと主張している神戸市の業者A氏の代理人弁護士が26日、橋本氏からA氏に疑惑を否定するよう「想定問答」がメールで送られてきていたことを明らかにした。橋本氏は25日に「精査する時間をいただきたい」との文書を出していたが、この日、A氏側が橋本氏から“口裏合わせ”を依頼されたととれるメール文面を公開した。

 これでもう嘘は通らないし、もう言い逃れできない。
  結局、この男は大嘘つきということが公になった。おそらく、今井議員とは一線を越えていないと語った会見もすべて自分の保身からでた嘘であることは明確だ。あらかた政務調査費を詐取した720万円で、白のGT-Rでも買って、それで今井絵理子議員と車内デートしていたに違いない。いいご身分だ。しかし、この遊興費のツケはあまりにも大きい。市民を裏切った張本人が議員を続けられるはずがない。自滅というか身から出た錆だ。

 今井絵理子

 妻子ある議員と交際し、週刊誌に告発された。橋本健議員のみが会見で事情説明させ、当の本人はこの件に関して黙して語らずの姿勢を貫いた。恋人関係にないものが、恋人繋ぎで身を任せて電車内で熟睡などできるのか?ホテルで密会し、何もないとか「一線を越えていない」など、誰が信用できるのか?保身から真実を隠蔽し、偽証しているに過ぎない。公職にある議員である以上、自らの軽率な行動に対して説明責任は生じるし、逃げおおせるものではない。

 他にも多くの不祥事で名が挙がっているのは、ゲス不倫の宮崎謙介前代議士、路チューの中川郁子農水政務官(あの不審死を遂げた、中川昭一夫人)、金銭トラブルの武藤貴也氏。不倫報道の中川俊直衆院議員。
 不祥事続出が問題視されているのは自民党の2012年当選組の新人議員ばかり。政治へのたいした志もなく、公私の「私」を優先する人間ばかりだ。生活の手段として政治を選んだか、あるいはかっこつけでなったとしか思えない連中ばかりだ。政治家という肩書きをあり難がっている俗物ばかりだ。日本という国は、個性的だったり、有名人というだけでチヤホヤして投票する無計画で非常識な有権者も多いという点も問題だ。

 さて、最近の30代40代の若手議員の動向を見ても、にわか仕込みでなったに過ぎず、「天職」という立志の観念が薄すぎる。彼らは「天職」ではなく、「転職」しているだけ。選挙の時だけ、いい顔をして国民に迎合し、いざ当選を果たせば党の宣伝媒体となり、単なる番犬に成り下がる。
 一番許せないのは、政治家=公人であり、公職にある者が、何の罪悪感も無く、不倫を働いたり、政務調査費をちょろまかするという不正が罷り通るという事実だ。しかも、離党すれば所属政党に迷惑はかからないと、まるでトカゲの尻尾切りの如く、責任追及を免れようと画策する。一般人であっても不倫一つで会社はクビになり、社会的制裁を受ける。公職者はより大きな代償を払って当然ではないのか?

 断っておくが、こういう輩は、本職、あるいは公職を担っているという意識が薄い。バイト感覚で政治をやられたら、国民はたまったものではない。不祥事を働いたものは、国民の審判(弾劾)を仰ぐべきで、失職となることもあり得ることを法律で明記すべきだ。

 そうでもしない限り、こうした「俄か議員」は、ますます増えるであろう。こうなると、国民を最優先した執政などありえない。自らの保身や弁解や弁明に追われ、事実を歪曲し、平気で嘘を突き通す。政治家としての資質はゼロで、政治姿勢を疑わざるを得ない。

 なぜ私が、政治の腐敗や資質無き政治家を糾弾したいのかといえば、私が尊敬している今は亡き祖父が政治家だったからだ。明治人らしく、自分にも厳しい人で、不正は断じて許せない、生粋の会津気質を持った人だった。2期8年務め上げた後、政治家を長くやると癒着やしがらみがあってやりづらくなると、スパッと辞め、その後は一銭にもならぬ、慈善活動に日々明け暮れた。スポーツを通して県民の健康を増進する新たな団体も立ち上げ、会長として体力の向上のために活動し、総理大臣賞や文部大臣賞まで受賞するまでに育て上げた。そういう人のため世のために献身的に活動した人を身近に見ていたため、政治家の不祥事は断罪したくてたまらないのだ。

 大阪維新の会議員が国会で暴言

 

 国民の信託を得て、政治の世界に身を投じたのならば、公人としての自覚を持ち、全体の奉仕者としての立ち居振る舞いをしてもらいたい。そして国民の期待に応えられるよう全力で取り組む姿勢を見せてほしいものだ。そして、不祥事を犯しているという自覚があれば、潔く辞職をしてほしいものだ。

  しかし不正や汚職は若手ばかりではない。安倍首相だって我が身が危ない。加計学園問題もお茶を濁して平行線を辿るだけ。いっこうに解決の糸口が見えない。真実は闇の中という印象。ひょっとすると、野党の攻撃の矛先を変えるために、意表をつく衆議院解散総選挙に打って出る可能性もゼロではない。首相がその職を追われる事件は過去にも多くあった。ロッキード事件(田中角栄)、リクルート事件(竹下登)、そして加計学園(安倍晋三)。偶然だろうが、3人ともB型首相。小沢一郎も東京佐川急便事件で5億円もの政治献金を受け取っており、一・六戦争に発展した。六は梶山静六だ。小沢一郎もなぜかB型。政治でいざこざが多いのは批判好きなこの型が圧倒的に多いのも不思議だ。

 最後に、若いながらも政治家の資質が垣間見れる真の志を持った政治家・小泉進次郎の男気を紹介したい。先輩議員に対して、自分の考えを堂々と主張できるのは、政治に対しての思い入れがあって、ブレない政治信条で真摯に向き合っている証拠だ。

 記事作成:8月25日(金)

2017年8月 2日 (水)

相次ぐ議員の不祥事

 私の亡き祖父が議員をしていたこともあって、政治に関しての関心は強いほうだと思っている。私の祖父は明治時代生まれの生粋の会津人、つまり生真面目で曲がったことが大嫌い。「ならぬものはならぬ」という会津の教えをきっちり守りぬいた人だった。
 もし祖父が、今の政治家の現状を見たら、きっと憂い嘆くに相違ない。

 今年に入って汚職とまでは言えないにしても、国民の公選によって選ばれる公職であるはずの国会議員や地方議員の不祥事が後を断たない。負の連鎖はどこまで続くのだろうか?まずは今年よろしくない話題で渦中となった政治家を列挙したい。

 豊田真由子

 埼玉県選出の衆議院議員。今年、もっとも注目された国会議員。元秘書に対する暴言や暴力の数々で話題をさらった。流行語になりそうな「このハゲー!」は人の人格をも蔑み、パワハラの極みだ。厳しい叱責や恫喝を繰り返し、秘書は辞職に追い込まれた。
 この人の言動や暴利的な振る舞いを目の当たりにすると、政治家は傲慢で、自分が一番偉いと勘違いしていると思えてしまう。そして「○○でちゅ~」などと赤ちゃん言葉でぶりっ子を決め込んだり、自分を「真由子様だろ~!」と呼ばせたり、二重人格ぶりは気まぐれなA型の性格そのもの。


 
 そして、週刊誌などに取り上げられ、マスコミの集中砲火を浴びると、政治家や芸能人の常套手段である「体調不良」による「入院」で逃げ、それ以上の追及を回避する最低行動。元はといえば、自らの言動に端を発してこうなったのに、被害者を主張。アホかと言いたい。身から出た錆を責任転嫁し、復活を画策する。
 こうした輩が教育を司る「文科省の政務官」をしていたというのもおこがましい。政治家の隅にも置けない。即刻議員辞職すべきである。東京大学法学部卒、ハーバード大学大学院を修了している超エリートであっても、人間としてクズだ。

 ほとぼりが冷めたころに復帰しようと思っているだろうが、有権者の目はそんなに甘くはない。

 中川俊直

 この議員は政治家としてというより、ひとりの人間としてイカれている。常識も持たない稚拙な輩が親の七光りで政治の世界にクビを突っ込んだお坊ちゃまとしかいいようがない。
 妻子ある身でありながら、あろうことか「重婚」という罪を犯した。しかも相手の女性にはウェディングドレスを着せて、幸福そうな笑顔でツーショット。罪の意識など微塵もなさそうな様子だった。これはもう結婚詐欺の類だろう。政治家である前に人間としてやってはいけないことだ。
 女性問題が発覚してから3ヶ月も経過した頃に、ようやく釈明会見を開いた。不倫女性と挙式写真を撮った経緯を「夢をかなえてあげようと思った」と説明。「相手の要望がかなって良かった」と話すと、報道陣から失笑が漏れた。

 父親は自民党の要職を歴任した中川秀直氏。彼もまた女性問題でスキャンダルを引き起こして引責辞任した。やはり血は争えない。

 稲田防衛大臣

 PK日報保管問題で、失言や委員会対応での答弁がしどろもどろになるなどで、引責辞任に追い込まれた。これまでも野党の追及に苦しい答弁を繰り返し、なぜか矢面に立たされ続けた。安倍首相の抜群の信頼で、将来の首相候補とまで言わしめた稲田氏だが、相次ぐ批判にさらされた。早稲田大学法学部卒のエリートながら、防衛省の法律もあまり知らず、しどろもどろになるなど、その適性を問われていた。元弁護士だったとは思えない慌てふためきぶりだ。

 それにしても政治の世界での「怪」は、引責辞任した閣僚が、一定のほとぼり期間を過ぎると、他のポストで再入閣したり、もっと重要な大臣になるのは不可解でならない。

 野田民進党幹事長の辞任

 先の東京都議会選挙で、結党以来の大敗を喫し、引責辞任をとった形。首相経験者ながら、小池都民ファーストの勢いを止められなかった。やはり、民主党時代のふがいなさ、第一野党としての政策論争不足は否めなかった。政策に関して自民党への批判や揚げ足取りに終始し、民進独自の対案も出せない脳無し野党ぶりを露呈しただけ。分裂や結合を繰り返してきた寄せ集め集団では、意思疎通や統率力がままならなかったのは定石だろう。

 蓮舫代表

 こちらも二重国籍問題がターニングポイントとなり、都議選でボロ負けして党の分裂を招き、幹事長選びが難航し、自分では無理と悟ったのだろう。予算委員会の質疑では勢い良く他人の批判を繰り返したが、自らの襟を正せなかったということか・・・。

 橋本健・今井絵里子議員

 婚姻関係が破綻しているとはいえ、妻子ある議員が、あろうことか、昔からファンだったというミーハーな理由で元SPEEDの今井議員と不倫関係を築き、ホテルでの密会や新幹線の車内で堂々と手を繋いで寝入るなどと人目も憚らず横柄な振る舞いは言語道断で、議員を名乗る資格もない輩だ。支援者や投票した有権者へ謝罪すべきだ。
 一方の今井議員も、離婚後も障害のある子を持つ母親として議員活動を頑張っているという姿とは裏腹で、裏の顔は常軌を逸した行動で世間を騒がせた。
 一般社会なら、スキャンダルはその会社には留まれないものだが、政治家は常識がないと見えて、離党やポスト辞任だけでことを済ませ、その場を凌ごうとする。議員辞職などは必要ないと軽視しているようだ。国民の信託に応えているとう到底思えない。

 今は、一般人がスマホなどで特ダネを撮影し、それを週刊誌に投稿する時代。衆人環視の目は一層厳しくなっている。芸能人や政治家は、公人としての自覚を持ち、スキャンダルに巻き込まれないように、日々の行動には襟を正してまっとうな生活を心がけて欲しいhものだ。

 さて、いろいろと近頃の不祥事に対して、不満をぶちまけてしまったが、政治家たるもの、公人としての自覚があまりにも欠如しているから、このよう軽率な行動が問題化するのだ。こうした自覚のない政治家は、即刻、潔く議員を辞職し、ひとりの人間としてやり直すべきだろう。清き一票を投じた市民や国民への裏切り行為以外の何物でもないのだから。

 記事作成:7月31日(月)

  追記(8月4日)

 8月3日にこれらの不祥事をまるで清算するかのように、第3次安倍改造内閣が発足した。本人曰く、揶揄された「お友達内閣」から脱却した「仕事し内閣」という、ベテランばかりを集めた布陣で結成したようだが、それだったらこれまでは「仕事しない内閣」だったのかと疑念を感じる。しかも子どもたちの健やかな成長をサポートするはずの文科大臣の人事が大間違いだ。安倍首相が本命と位置づけていた伊吹文明氏が固辞し、代役とした指名したのが林芳正氏だった。しかもこの新大臣、自覚もなにもなく、「なんで俺なんだろう」と漏らしたという。この程度の人物が、あろうことか文科大臣とは世も末だ。

2017年7月17日 (月)

1980年代の光と影

 「1980年代」と聞けば、誰もが思い浮かべるのは「バブル景気」に沸き、経済や雇用がすこぶる好調で、裕福な古き佳き時代だったと回想するに違いない。
 例えば、世間一般の印象ではアイドルブーム、洋楽ブーム、スーパーファミコン、聖子ちゃんカット、ぶりっ子、チェッカーズ、寺尾聰、女子大生&女子高生ブーム、250ccバイク、ワープロ、CDの登場、家庭用VTRの普及、ジャズダンス、漫才ブームなどが挙げられる。
 しかし、一方では飽食のあまり、世俗的にテレビなどではあまりよろしくないことも多く流行することが多かった。今日の記事は、1980年代の光と影と題し、その繁栄の時代にあって恐るべき副産物にスポットを当てたい。やや表現が露骨な部分があるが、個人の感想として受け止めていただければ幸いです。

 1 利己主義的思想(風潮)

 8時だョ!全員集合では、志村けんが「七つの子」の替え歌で子供たちを扇動した。「カラスの勝手でしょ!」は無責任や干渉されるのを排除したい傾向。この番組では、スイカや食べ物をぞんざいに扱い、食い散らかしたり、食べ物を無駄にしていた。
 また、利己主義的思想を助長したのが、「赤信号、みんなで渡れば怖くない」という風潮で、短絡的発想で運命共同体で悪いほうへ流される時代観を描写していた。

 2 つっぱりブーム

 ポマードを塗りたくったバリバリリーゼントのソリ入れヘアースタイルに黒い革ジャン、サングラスと地方の田舎者にありがちなガラの悪い連中が時代の寵児となった。その名は「横浜銀蠅」。世間から見放された若者たちの救済などと建て前は立派だったが、今、考えれば、大麻や覚醒剤に何度も染まって逮捕歴が複数回ある輩を教祖と崇め、不良たちを束ねていたとは本末転倒だ。このせいでぺしゃんこカバンやスケバンなどが流行った。

  どう見ても「ダウンタウンブギウギバンド」の二番煎じという雰囲気は否めなかった。

 3 愛人バンク「ゆうぐれ族」

 1982年(昭和57年)に、東京都江戸川区出身の短大卒を自称(実際は中卒)する筒見待 子が、愛人を持ちたい男性と、お金を得たい女性とを仲介し愛人契約させるため、都内に 会員制の愛人バンク「ゆうぐれ族」を設立した。お揃いの黒いTシャツの美人スタッフが運営し、目をひいた。
 しかし、「売春斡旋」ということになり、警察に摘発され、解散に追い込まれた。この存在が、その後の援助交際や不倫文化、性に関しての緩い貞操観念が助長されたと言える。

 4 なめ猫

 これも「横浜銀蠅」と同時期に登場したツッパリ猫のキャラクター。三毛猫に革ジャンを着せてバンドをやらせるという設定。今もその名残で「Y-mobile」のCMで似たキャラが使われている。
 今見ると笑えるが、当時はマジで人気があって、ブロマイド(古い・・・)が飛ぶように売れた。

 5 暴走族

 善良な市民の安眠を妨げるように、深夜に爆音を轟かせて、交通ルールを無視し、我が物顔で走り回る。現在は集団危険行為で免許取り消しの対象になったが、市民には迷惑千万だ。
 特に「七夕暴走」やバイクで事故った仲間の「弔い暴走」、「初日の出暴走」は常軌を逸していた。ニケツで蛇行運転、特攻服にマスク、手には鉄パイプというスタイルだった。今ではあまり見かけなくなったが、当時はそれが日本国内あちこちに出没していた。一般のドライバーにとっては迷惑極まりなく、巻き込まれて事故る危険が常につきまとった。
 ここ郡山にも熱海に本拠を置く暴走族グループがあった。今は徒党を組んでということは少ないが、単独や少数でインター線沿いを往復して安眠妨害する輩がいる。
 世間から逸脱したアウトローで、社会への反発心とか反抗心しか感じない。
 また、80年代には、ナンパ族が大勢いた。郡山のさくら通りにも土曜日深夜ともなれば、飲み会を終えて歩いて帰る若い女性をナンパするために、改造車などがさくら通りを埋め尽くし、手当たり次第に声をかけてナンパしていた。風紀を乱し、治安もよろしくない時期だった。

 6 ユッコシンドローム

 ユッコとは「ポスト聖子」として人気アイドル歌手だった岡田有希子だ。新人賞を総なめにして人気絶頂だった彼女が、思いを寄せる男性俳優との恋愛感情のもつれから、自分が所属する事務所のビル屋上から飛び降り自殺を遂げた。その衝撃的なニュースは日本国内を駆け巡り、悲観したファンで、後追い自殺する若者が続出した。

 7 校内暴力

 暴走族もそうだが、過度な受験戦争から落ちこぼれという現象が生まれ、校内暴力などが横行し、学校が荒れた時期でもあった。家庭内暴力やいじめも社会問題化した。
 そんな時代を反映して「スクールウォーズ」や「積み木くずし」という話題作が生まれた。
 また、シャコタンブギや湘南爆走族、ルーレット族、峠の走り屋、ローリング族、ゼロヨン族などが流行した。私が住む郡山市でも土曜の夜ともなれば、母成峠でローリング族、西部工業団地の直線道路でゼロヨンレースが行われ、深夜に爆音を轟かせていた。

 8 VHS対ベータ戦争

 家庭用VTRが急速に普及した1980年代。しかし、各メーカーがVHS方式とベータ方式に二分し、消費者を困惑させた。VHSはビクター、松下、日立、、シャープが採用し、一方のベータはソニー、東芝、サンヨーなどで、真っ向対決の様相を呈していた。
 この2つの方式は互換性が全く無く、テープの形状も大きさも違うし、録画方式も異なっていた。消費者は究極の選択に大いに頭を悩ませたのだった。
 私は、これまでシャープ(VHS)、日立マスタックス(VHS)、ビクター、日立、ソニー(8ミリ)、ソニー(Wデッキ)、パナソニック(HDD)、東芝(HDDレコーダー)、東芝レグザ(ブルーレイ)と9台も所有した。

 9 宗教ブーム

 金余り現象が思わぬ新興宗教ブームをもたらせた。様々な怪しげな新興宗教ががこぞって設立された。イエスの箱舟事件、謎の白装束軍団のパナウエーブ研究所や高橋代表率いるライフスペース、オウム真理教もその一例。これが、1990年代の宗教団体のカルト教団の組織的犯罪へと移行して行った。思わぬ副産物に世間は驚愕し恐怖に戦いた。

 https://www.youtube.com/watch?v=_vlmPsG_P4Y

10 風俗業界の隆盛

 11PM、トゥナイト、独占おとなの時間、TV海賊チャンネル、オールナイトフジなどのお色気ムンムン番組の影響で、様々な性風俗が乱舞した。AV(アダルトビデオ)が解禁され、ビニ本などが登場し、いろいろと影響を受けた若者も多かったに違いない。昔から春画や日活などのピンク映画、ブルーフィルムはあったが、決して子供の目に触れることはなかったが、この頃は巷に簡単に広がった。AVは家庭内で簡単に男女の性交場面をしかも生々しい動画映像でみることが可能になった。

 それでは最後に、私が印象に残る「80年代もの」をランキングでどうぞ!

 1 バブル景気(不動産高騰)
 2 洋楽(TOTO・シカゴ・ポリス・イーグルス・カルチャークラブ・シンディローパー・マイケ
      ルジャクソン・ホイットニーヒューストン・ワム・ケニーロギンス・ブルーススプリン
      グスティーン・ボズスキャッグス・バンヘイレン・エアサプライほか)
 3 洋画(ゴーストバスターズ・ET・フットルース・トップガン・愛と青春の旅立ち)
 4 アイドルブーム(松田聖子・中森明菜・小泉今日子・おニャン子クラブ・南野陽子)
 5 たのきんトリオ(田原俊彦・野村義男・近藤真彦)
 6 甲子園大会(荒木大輔・KKコンビ) 甲子園ギャル
 7 つっぱりブーム
 8 バイクブーム(RZ・VT・γ・KR・CBX・CBR・TZR・YZR・VFなど)
 9 テクノポップ (YMO・TMN)
10 倉本ドラマ 北の国から・昨日、悲別で
11 オレたちひょうきん族
12 男女7人夏物語・男女7人秋物語
13 ダンスブーム CHA-CHA-CHA・ブレイクダンス・ジャズダンス・ランバダ
14 24時間テレビ
15 漫才ブーム(B&B・やすきよ・ツービート・コント赤信号・紳助竜助・のりおほか)
16 チャレンジ番組(鳥人間コンテスト・アメリカ横断ウルトラクイズ)
17 プールバー
18 浜田省吾(Sand Castle)

 記事作成:7月14日(金)

2017年7月13日 (木)

日本人の発想~○○と言えば~

 7年前に「日本三大○○」というテーマで記事を書いたことがあるが、今回は、日本人が考えるイメージについて取り上げたい。ある事象を挙げ、日本人なら何をイメージするか?それを上位3つ書き出したい。さてあなたの発想も同じだろうか?平凡?それとも非凡?アットランダムにどうぞ!

 1 ヘルメットと言えば?  Arai・SHOEI・NGK

 2 ガムと言えば? ロッテ・明治・江崎グリコ  

 3 銀行と言えば? 三菱東京UFJ・みずほフィナンシャル・三井住友フィナンシャル ゆうちょ銀
             行?

 4 商社と言えば? 三井物産、伊藤忠商事、三菱商事

 5 生命保険と言えば? 日本生命・かんぽ生命・第一生命

 6 証券会社と言えば? 野村證券・日興シティHD・日興コーディアル

 7 損害保険と言えば? 東京海上日動火災・三井住友海上火災・損保ジャパン

 8 麺と言えば? ラーメン・蕎麦・うどん

 9 チョコレートと言えば? 明治製菓・森永製菓・ロッテ

10 洋風パンと言えば?  クロワッサン・ワッフル・フランスパン

11 和風パンと言えば? カレーパン・小倉アンパン・クリームパン

12 お坊ちゃま大学と言えば? 学習院大・成城大・玉川大

13 美術大学と言えば? 東京藝大・多摩美術大・武蔵野美術大

14 国産自動車メーカーと言えば? TOYOTA・日産・ホンダ    三菱・スバル・マツダ

15 国産軽自動車メーカーと言えば? ダイハツ・スズキ・三菱

16 国産トラックメーカーと言えば? いすゞ・日野自動車

17 国産バイクメーカーと言えば? ホンダ・YAHAMA・スズキ   通はカワサキ

18 国産PCメーカーと言えば? NEC・富士通・東芝Dynabook

19 消費者金融と言えば? プロミス・アイフル・アコム

20 クレジットカードと言えば? JCB・三井住友VISA・三菱UFJニコス

21 都市型百貨店と言えば? 三越伊勢丹HD・高島屋・Jフロントリテイリング

22 大手スーパーと言えば? イオン・セブン&アイHD・ユニー

23 コンビニと言えば? セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート

24 ファミレスと言えば? デニーズ・ガスト・すかいらーく

25 家電量販店と言えば? ヤマダ電機・エディオン・ヨドバシカメラ
        郡山では? ヤマダ電機・ケーズデンキ・コジマ

26 ホームセンターと言えば? DCMJapanHD・カインズ・コーナン商事

27 ドラッグストアと言えば? マツモトキヨシ・ツルハドラッグ・カワチ薬品

28 調味料と言えば? 味の素・キューピー・キッコーマン

29 乳製品と言えば? 明治乳業・森永乳業・ヤクルト本社  雪印は?

30 ハムと言えば? 日本ハム・丸大ハム・伊藤ハム    プリマハムは?

31 ビールと言えば? キリン・アサヒ・サッポロ

32 清涼飲料水メーカーと言えば? サントリー・キリンビバリッジ・アサヒ飲料

33 ジュースと言えば? コカコーラ・ポカリスエット・三ツ矢サイダー

34 緑茶と言えば? 伊藤園・アサヒ飲料

35 医薬品メーカーと言えば? 武田薬品・アステラス製薬・第一三共

36 コスメメーカーと言えば? 資生堂・カネボウ・コーセー

37 家庭用品と言えば?  花王・ユニチャーム・ライオン

38 サニタリー(トイレ・バス)と言えば? LIXIL・TOTO・トクラス

39 英語検定と言えば? STEP・TOEIC・TOUFL

40 家電メーカーと言えば? 日立製作所・パナソニック・ソニー

41 国産時計メーカーと言えば? カシオ計算機・シチズン・セイコー

42 デジカメと言えば? キャノン・ソニー・オリンパス

43 造船メーカーと言えば? 三菱重工・川崎重工業・IHI

44 大手ゼネコンと言えば? 鹿島建設・大成建設・清水建設

45 ハウジングメーカーと言えば? セキスイハウス・ダイワハウス・ミサワホーム

46 ガソリンスタンドと言えば? エネオス・出光興産・コスモ石油 昔はエッソ 昭和シェ
                   ル モービル 

47 新聞と言えば? 読売新聞・朝日新聞・毎日新聞社

48 スマホと言えば? NTTドコモ・au・ソフトバンク

49 ネット検索と言えば? ヤフー・グーグル・エキサイト

50 プロバイダーと言えば? @nigty・BIGLOBE・OCN

51 旅行会社と言えば? JTB・近畿日本ツーリスト・日本旅行

52 海外旅行と言えば? JTB・H.I.S・阪急交通公社

53 全国展開ホテルと言えば? ルートイン・東横イン・プリンスホテル

54 ゲーム機器と言えば? プレステ・ニンテンドーDS・Wii

55 パチンコと言えば? マルハン・ダイナム・ガイア

56 映画会社と言えば? 東宝・東映・松竹

57 宅配と言えば? 日本通運・ヤマト運輸・佐川急便

58 鉄道業界と言えば? JRグループ・東急電鉄・近鉄

59 航空会社と言えば? 日本航空・全日本空輸・スカイマーク

60 国産タイヤメーカーと言えば? ブリジストン・ダンロップ・ヨコハマ   TOYOは?

61 少年誌と言えば? 少年ジャンプ・少年マガジン・少年サンデー  チャンピオンは?

62 スポーツ誌と言えば? スポニチ・サンケイスポーツ・スポーツ報知

63 週刊誌と言えば? 週刊文春・週刊新潮・サンデー毎日

64 人気週刊誌と言えば? ミスターBike・週刊ベースボール・Hotdog press

65 スポーツ番組と言えば? プロ野球ニュース・サンデースポーツ・ユアタイム

66 1980年代のお色気番組と言えば? 11PM・トゥナイト・独占おとなの時間

67 かつてのワイドショーと言えば? アフタヌーンショー・3時のあなた・おもいっきりテレ
   ビ

68 朝の情報番組と言えば? めざましテレビ・ZIP!・とくダネ!

69 スポーツ中継と言えば? 大相撲・ナイター・Jリーグ

70 お酒と言えば? ビール・日本酒・焼酎             ワイン、ウィスキーは?

71 クリスマスソングと言えば? クリスマスイブ・ラストクリスマス・ホワイトクリスマス

72 歴代総理大臣と言えば? 吉田茂・佐藤栄作・田中角栄

73 昔の福島の地酒と言えば? 花春・栄川・奥の松   末廣・夢心・ほまれは?

74 福島を代表する地酒と言えば? 飛露喜・大七・国権

75 子供に人気メニューと言えば? カレー・ハンバーグ・スパゲティ

76 日本を代表する食事と言えば? 寿司・すき焼き・かつ丼

77 さんぽ番組と言えば?  ブラタモリ・有吉さんぽ・モヤモヤさま~ず2

78 旅番組と言えば? いい旅夢気分・小さな旅・新日本紀行

79 歴代のクイズ番組と言えば? アメリカ横断ウルトラクイズ・タイムショック・クイズ
   100人に聞きました

80 週刊情報番組 ブロードキャスター・サンデーモーニング・テレビコロンブス

81 歴史発掘番組と言えば? 知ってるつもり?! 驚き桃の木20世紀・その時歴史は
    動いた?

82 ためになる番組  TVスクランブル・プロジェクトX・NHK特集

83 動物番組 志村どうぶつ園・野生の王国・動物奇想天外

84 映画番組と言えば? 金曜ロードショー・ゴールデン洋画劇場・世界名作劇場

85 ロングランアニメと言えば? ドラえもん・サザエさん・ちびまる子ちゃん

86 長寿番組と言えば? 笑点・徹子の部屋・新婚さんいらっしゃい

87 プリンターと言えば? エプソン・キャノン・hp

88 夏の風物詩と言えば? 花火・蚊取り線香・祭り   スイカ・カキ氷・海水浴?

 さて、アットランダムに好き放題書き綴ったが、いかがでしたか?陳腐な記事で心苦しいですが、私自身のイメージは凡人ならではの発想力しかない。

 記事作成:7月10日(月)

2017年7月 5日 (水)

政治の恥

 日本人の「政治離れ」といわれて久しいが、自民党の強引な政治手法でますます拍車がかかる昨今だ。18歳選挙権の導入で、若い世代に政治への関心を持ってもらおうという趣旨は良かったが、うわべだけ作り変えても、肝心の政治を行う側の資質が低下しているようでは本末転倒だ。
 今回は最近に起きた出来事で、その資質を疑うような政治家の愚行について取り上げたい。 

 文科省の汚点

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り、内閣府が文部科学省に早期開学を促したとされる文書について、文科省は「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」との記述がある文書が省内に存在したとする再調査結果を公表した。これを受け、内閣府も調査を実施することを決めた。
 健やかな子どもの成長のために教育を管轄する文部科学省。この清廉潔白でなければならない省庁にあって、不正行為が罷り通る非常事態。嘘で固めた政治でどうして子供の成長を管理できよう。言った言わないで弁解ばかり。そして「総理のご意向」などと記載された動かぬ証拠が出てきた、やっと事実を認め、謝罪をする始末。無責任にもほどがある。こんな無責任な輩に子どもたちの教育を語ってほしくはない。

 くだらない民進党の牛歩戦術

 採決を時間切れに追い込む戦略だが、大の大人がみっともない愚弄行為。しかも墓穴を掘ってタイムオーバーで反対票も投じられない棄権状態に・・・。
 このような奇策というか愚策はかつて売上税導入に反対する社会党を筆頭とする野党がこぞってこうした稚拙な政治行動に走った。これが日本の将来を考える政治家がやる行動なのか?あまりにも情けない。こんな政治家どもを選んだ有権者も落胆しているのは言うに及ばない。

 現に民進党に政権を担うだけの人材はいないだろう。国民の信託を得て政権交代を実現した旧民主党。しかし、早々と党首の鳩山由紀夫はそそくさと政権を丸投げした張本人。こんな愚相に国民はまんまとだまされた。景気のいい文言を並べてマニフェストを訴えながら、実現不能と見るや、無責任にも匙を投げてさっさと辞任。こんな輩はいくらサラブレッドでも政治家とは呼べない。

 共謀罪(テロ準備罪)を強行採決する数の力に物言わせる自民党の奢り

 自らの汚点を覆い隠すために十分な審議も行わず、採決ありきで、中間報告を割愛しての強行策を実施。委員会採決を行わずにいきなりの本会議での採決強行をおこない、法案を成立させた。2020年の東京五輪開催に向け、是が非でもテロ防止策が必要と考え、このような強行採決に踏み切ったのだろうが、数の力で押し切るこの戦略は憂慮すべきだ。正当な判断もないままに、勢いで採決したのは大問題だ。
 しかも野党も下らない野次を飛ばして審議を妨害するしか手がない。

 これは本丸である「憲法9条改正」に向けた試金石でしかない。憲法改正までこのような数に物言わせて十分な議論や審議もなく、一方的に押し切られたらたまったもんじゃない。
 北朝鮮の有事に向け、憲法改正は絶対に必要だが、十分な審議と国民の賛同があって初めて行われるのが憲法改正論議の原点だ。

 臭いものには蓋の体質

 閣僚の失言や問題発言で、時として辞任に追い込まれる大臣や官僚。特に自民党などの政権与党は数の力に物言わせて、常軌を逸した言動で国民の怒りを買うケースがほとんどだ。復興大臣の被災者の気持ちを踏みにじる非人道的発言で罷免されたケースを始め、多くの政治家が軽率な発言でその真意や責任を追及される。しかし、党に迷惑がかかると一時離党するが、ほとぼりが覚めた頃にまたのこのこと復党する。今回は秘書への暴言や暴力が明るみになった豊田真由子議員。政治家の資質そのものを疑いたくなる。ヒステリックに喚き散らし、秘書を怒鳴り、「このハゲー」とか「ふざけんなよバカ!」とか「死ねば?生きてる価値ないだろう」と言い放ち、赤ちゃん言葉で人を罵倒する。これで東大卒のエリートというから世も末だ。こうした振る舞いは奢り以外の何物でもない。彼女もまた政治家の資格そのものがないのは明らかなのに、一時離党で急場を凌ごうとしている。
 さらに、姑息にも一時入院してマスコミの追求を逃れようと画策までしている。こういう輩は政治を語る資格などない。人間的にイカれている。

  こういう輩を個性的などとチヤホヤしてはいけない。芸能界ならこれで務まるキャラだが、政治をつかさどるものは感情に流されて罵詈雑言を吐くものではない。仮にも国民の信託を得て国会議員としての地位にいられるわけで、こうした振る舞いを見て有権者はどう思うのだろうか?また、外国人が見たら、日本の政治はどうなっているんだ?資質に欠けるものが政治の世界にいるのか?と疑念を抱くだろう。即刻議員を辞職するか、暴行罪や脅迫罪で逮捕すべきだろう。

 また度々標的にされるのが稲田防衛大臣の周囲を顧みない問題発言。何度発言を撤回したことか。予算委員会での答弁ではしどろもどろになる場面が多々あった。本当に自衛隊法や防衛に関する知識は備わっているのか?甚だ疑問だ。森友学園や加計学園の問題でも総理は逃げの一手。情けない。

 足を引っ張ることしか頭にない野党

 重箱の隅を突いて、与党がやることには端から反対や異論。大臣の発言の言葉尻をとらえて責任追及や審議ストップなどの愚策しかない。政策論争で論破できるだけの博識のある議員が少ないために、このような行動しか出来ないのは政治の恥だ。
 日本国民や日本国の将来を考えての真の政治家たる言動を出来る者があまりにも少ない。自らの保身や党の方針に黙って従うイエスマンしかいない。
 政治家としての信条や目標が無い者がかに多いことか。

 そして7月2日(日)投開票で行われた東京都議会議員選挙で、自民党が過半数どころか改選前議席の半数以下にまで追い込まれた。驕りで強行してきた法案通過に都民が待ったをかけた形だ。「都民ファースト」の躍進は目覚しいが、政権交代で景気の良いマニフェストを掲げ、その後、政権を丸投げした愚相「鳩山由紀夫」の二の舞だけにはならないでほしい。都民の圧倒的な支持を受け、第一党に躍進したのだから、それ相応の地に足をつけた政治を励行して欲しいと願う。
 「豊洲市場移転」や「東京五輪開催」に伴う費用負担問題など難問が山積している都政。与党としてそのような舵取りをするか、お手並み拝見というところだ。

 記事作成:6月15日(木)~7月3日(月)

2017年6月21日 (水)

世界に誇れる日本人50傑

 毎年のように日本人がノーベル賞を受賞している。日本の才能は世界に響き渡っている。日本人は繊細で手先が器用。細かい作業が得意。したがって、最先端科学や高度に進んだ工業技術が発展してきた。そんな日本にあって、私が個人的な偏見で世界に誇れる人物を50人セレクトしてお送りしたいと思う。

 1位 野口英世 細菌学者にして医学者 黄熱病の研究で成果を挙げた。

 2位 安倍晋三 ついにあの小泉純一郎の首相在任期間を超えた。盤石だ。

 3位 宮崎駿 ジブリで世界各国から賞賛される。

 4位 昭和天皇 若くして即位され、63年と7日続いた。

 5位 イチロー 日米通算で世界一の安打数を記録した。

 6位 本田宗一郎 世界のHONDAの創始者 技術者としても秀逸していた。

 7位 安藤百福 インスタントラーメンの発明者

 8位 王貞治 868本の本塁打を放った世界のホームラン王 敬遠も多かった。

 9位 松下幸之助 松下電器の創始者で経営の神様 ナショナルからパナソニックに

10位 内村航平 個人総合40連勝 世界選手権6連覇 全日本は10連覇 絶対王者

11位 高橋尚子 シドニー五輪女子マラソンで日本人初の金メダルを獲得 国民栄誉賞

12位 伊調 馨 女子レスリングでオリンピック4連覇の大偉業を達成  

13位 中野浩一  1970年代から80年代にかけて世界スプリント10連覇を達成した。

14位 羽生弦結 男子フィギュアのソチ五輪で日本人初の金メダルを獲得

15位 錦織 圭 エアKと呼ばれ、全米オープンテニスで日本人初に準優勝

16位 北島康介 アテネ五輪・北京五輪で100m・200m平泳ぎで連続金メダルを獲得

17位 中村修二 元東芝の研究員で、青色発光ダイオードを開発 現在は米の教授

18位 坂本九 スキヤキソングで全米で大ヒットした歌手 日航機墜落事故で亡くなった。

19位 高梨沙羅 スキーのジャンプでワールドカップチャンピオン

20位 野茂英雄 メジャーへの門戸を開いたパイオニア トルネード投法でドクターK

21位 円谷幸吉 東京五輪の男子マラソンで銅メダルを獲得

22位 新海 誠 「君の名は」で世界中で有名になったアニメ監督

23位 釜本邦茂 メキシコ五輪男子サッカー銅メダルの立役者で自身も得点王を獲得

24位 北野 武 芸人でありながら芸術の分野で成功 カンヌ映画祭で賞を獲得

25位 黒澤 明 映画の名監督 「乱」など合戦シーンを仕切らせたら右に出る者はない

26位 村上春樹 世界中に「ハルキスト」がいる小説家。「ノルウェイの森」

27位 アキラ ペルーの女子バレーナショナルチームの監督

28位 八田興一 台湾のダムを建設することに生涯を捧げた。

29位 東條英機 第二次世界大戦時の首相 A級戦犯として処刑された。

30位 香川慎司 ドルトムントで大活躍 日本のエースとして代表として活躍中

31位 坂本龍一 テクノサウンドの先駆YMOのメンバーでシンセサイザーやピアノ奏者

32位 浅田真央 若くしてその才能を発揮し、世界選手権で優勝 国民的スケーター

33位 山本五十六 太平洋戦争時に連合艦隊を率いた。

34位 菊地凛子 女優 「バベル」など国際的に評価が高い 夫は染谷将太

35位 高倉 健 寡黙な孤高の俳優 多くを語らず、真の男の姿を見せた

36位 円谷英二 ゴジラ・ウルトラマンの生みの親 須賀川出身

37位 手塚治虫  漫画の神様 ジャングル大帝レオ ブラックジャックなど

38位 藤子不二雄 ドラえもんの作者 世界各国で翻訳され愛されている 

39位 美空ひばり 元祖歌姫 日活スタートして戦後、復興のシンボル

40位 AKB48 アジアに進出し、現地のアイドルグループの先駆者となった

41位 岩崎恭子 バルセロナ五輪で14歳の中学生にして平泳ぎで金メダル

42位 なでしこJAPAN 震災年にW杯で優勝し、被災者に希望を与えた

43位 田中将大 24連勝で負けなし 楽天を初の日本一に導いた

44位 武 豊 若くして天才ジョッキーと呼ばれ、過去最多のGⅠ獲得数を誇る

45位 松井秀喜 ヤンキースで大活躍 ワールドシリーズでMVPを獲得した

46位 桑田佳祐 独特な早口ソングで一世を風靡したメロディメーカー

47位 X-JAPAN 海外にファンを多く持つ世界的ロックバンド

48位 吉田 茂 サンフランシスコ条約で調印 日本の復権に貢献した大政治家

49位 沢村栄治 戦前、日米野球で大リーガーを切り切り舞いさせた

50位 小泉純一郎 北朝鮮に拉致を認めさせ、拉致家族の帰国に貢献した

次点 大谷翔平 期待度は大きいが、今シーズンは足の怪我で出遅れたことで次点

 世界に影響を与え、日本力を見せつけた人物には、やはりスポーツアスリートが多い。産業や経済の発展に寄与した人物やノーベル賞受賞者、文学の分野は希少。まぁ学のない私が選ぶとこんなものか・・・。
 いずれも世界に日本の存在をアピールした人物には間違いない。このような方々の成功や功績があって、今の日本の地位がある。

 記事作成:5月27日(土)

2017年6月 8日 (木)

悲惨な歩きスマホ事故集

 私は未だにガラケーだ。文明の利器に乗り遅れているステレオタイプの人間だ。大学生の子供たちはi-phoneを使用し、親が旧式の一か月の使用料が1,305円で甘んじているご時世だ。
 しかし、負け惜しみではないが、PCで光通信を入れているし、wi-fiも可能な設備を導入しているため、不便は感じない。そんなにスマホに必要性を感じないし、私がスマホを持ったら、使い方を誤り、かつてインベーダーゲームにのめり込んだように、暇さえあればいじくりまわしている、そんな時間の無駄な生活を送るのが見え透いているからだ。

 それに、歩きスマホがどれだけ危険な行為かを動画で証明したい。

 1 池に落ちて二児の母親が溺死(中国)

 残された子供はこの先どうなるのか・・・母親の不注意で子供まで一生を棒に振ることになるとは。

 2 歩きスマホで池に転落して逆ギレするババア

 自分が悪いのに、天罰下って逆ギレするとは自己中の塊 こういう輩は反省などしないだろうし、同じことを繰り返すに違いない。自分で馬鹿を見るのは結構だが、他人を巻き込んだり迷惑を掛けるのは言語道断!

 3 歩きスマホで悲惨な目に遭う女性

 もう笑うしかない結末。自業自得とか「ざまぁ」などという声が聞こえてきそうだ。前を注意していなかった末の悪夢だ。

 4 危険、歩きスマホ!迷惑、交差点で!!   

 事故に遭ってやっと自分の愚かな行為に気づくのだろう。歩きスマホがどれほど危険かってことを。そういう痛い目に遭わないと気づかない残念な人たちが今の世の中大勢いるということだ。

 5 歩きスマホは危ない

 これらの映像に共通しているのは、スマホ操作に夢中になるあまり、周囲の安全をないがしろにしている点。つまり自分の世界に入り込んで周りが見えていない。

 https://www.youtube.com/watch?v=tYg2bSaAXuI

 今の社会問題として

 「ポケモンGO!」を運転中に行い、歩行者を撥ね、死に至らしめてから、事の重大さに気づいた愚か者もいるだろうが、みんなやってるとか大したことはないと高を喰っていると、取り返しがつかないことになる。人生を棒に振ったり、一生償う日々が始まるのだ。その背負った十字架は重過ぎる。そうならないための戒めの動画だと自覚してほしい。少しでも事故防止の啓発になればと考え、今回の記事をしたためた次第だ。

 記事作成:5月16日(火)

より以前の記事一覧

福島県の天気


無料ブログはココログ