2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

血液型

2017年7月24日 (月)

世界で活躍するB型アーティスト

 おことわり

 血液型B型の人は、こぞって血液型による性格診断をひどく嫌う。血液型で人の性格など決まらないと決まって言い張る。反論や批判好きで他人と同じことをやりたがらない性質そのもので、否定してもこれは忽然とした事実なのだ。だから、B型の人が無機になって血液型を非難しても、それがB型の性格なのだから、仕方あるまい。
 今回の記事は、B型の方を蔑む趣旨ではなく、褒め称えるものであるため、あまり目くじら立てずにご覧いただきたいと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 当ブログで何度も書いてきたが、楽天的でプレッシャーに強いB型は、強烈な個性と光彩を放ち、凝り性な面から、その道を極めるためにカリスマ的な存在になり、その存在は世界に知れ渡ることになる。それはスポーツ界で顕著で、世界をまたにかけて活躍したアスリートにはB型が多い。一例を挙げると・・・ 

 野茂英雄・・・トルネード投法という超個性的ファームで三振の山を築き、ドクターKという
       異名をとり、野茂マニアというファンがいた。二度のノーヒッターは圧巻だった。
 イチロー・・・ふりこ打法で、若くして才能を発揮。ストイックでカリスマ的存在はB型の典
       型だ。

Nomo Ichiro

 青木功・・・人に教えるときは説教調。自分本位で他人への配慮に欠ける
  松山英樹・・・ゴルフはB型のスポーツ 岡本綾子、宮里藍、丸山茂樹、片山晋呉も

Aoki Matsuyama

 中野浩一・・・前人未到のスプリント10連覇を達成。1対1の心理戦には滅法強い
 釜本邦茂・・・エースストライカー。オリンピックで3位に入った時の得点王

Nakano Kamamoto

 伊達公子・・・年齢を感じさせないプレーが真骨頂
 田村(谷)亮子・・・若くして年齢以上の活躍 YAWARAちゃんとして絶大な人気を誇った

Datekimiko Tamuraryoko

 野村忠宏・・・オリンピック三連覇の大偉業達成 この人もストイックで自己中
 北島康介・・・オリンピック2大会連続4種目で金メダル プレッシャーを跳ね除ける精神
         力

Nomura Kitajima

 福原 愛・・・幼少期から才能を発揮。泣き虫愛ちゃんで国民的な人気を博した。
 浅田真央・・・14歳から世界のトップに君臨した。年齢を感じさせない活躍はB型そのも
        のだ。

Fukuhara_2 Asadamao

 羽生結弦・・・全世界にファンを持つカリスマスケーター。中国や韓国にもファンが多いの
        はB型の特徴 
 萩野公介・・・水泳界の若きエース。同じ血液型の北島康介を尊敬し、無類の強さを発揮

Hanyu Hagino

 上のアスリートで私がコメントした部分は、B型の典型だ。世界を股に駆けて活躍する逸材で、プレッシャーを楽しみに変え、信じられない成績や記録を残す。若くして年不相応の活躍を示し、多くの熱狂的なファンを持ち、国民的な人気を得るのがB型の特徴だ。
 そしてマイペースな性格は、団体競技ではなく、個人種目で天賦の才能を発揮する。独自のトレーニング方法をマスターし、凝り性な性格からストイックなまでに自分を追い込む。そして不思議とそのカリスマ性から国民的な人気を得る方々が多い。
  そして体型が細く骨ばっている骨太体質で無駄な肉がつかないため、故障が少ない。イチローや伊達公子のように40代を過ぎても現役を貫ける。

 では、今回は世界中にその名が知れ渡り、活躍しているB型アーティストを紹介したい。

 坂本龍一・・・YMO時代から「博士」として崇め奉られる存在。イギリスでもテクノサウンド
        は大絶賛され、活動の拠点をニューヨークに見出した。

 YOSHIKI・・・全世界に幅広いファンを持つ。激しいバチ捌きで、運動量が激しい。首を
       痛め、脊椎の手術をすることとなった。細身で骨ばっていて、細い顔と長髪、
       目が切れ長で細く、キツネ目なのも、韓国に多いB型の特徴だ。同じB型の早
       乙女太一や京本政樹もこのタイプ。女性では田中裕子もダブる。

 きゃりーぱみゅぱみゅ・・・ヨーロッパや海外のアーティストにも大人気の独特なファッショ
           ンとユニークで超個性的な楽曲。カリスマ的な存在で、世界中に熱狂的
           なファンを持つ。

 記事作成:5月15日(月)

2017年7月19日 (水)

最近のイケメン俳優事情

 以前はイケメンと言えばO型が圧倒的に多かった。

 木村拓哉、向井理、小栗旬、妻扶木聡、竹野内豊、福士蒼汰、福山雅治などだ。しかし、彼らの多数が結婚し、独身女性は他のアイドルや俳優にシフトし、結果「推しメンズ」はA型が持て囃されるケースが多くなった。

 A型の性格は真面目で几帳面。誠実で責任感が強い好青年タイプが多い。したがって、女性に優しく接し、B型のようなプレイボーイ風で遊ばれる心配はなさそうで安心できる点が挙げられる。
 では、最近、正統派イケメンとしてモテまくっているA型俳優や芸能人を列挙したい。それぞれURLをクリックすればとっておきのYouTube映像が見られます。

 中島健人・・・男性アイドルグループ・Sexy Zoneのメンバー。 東京都出身。2012年2月27
        日、明治学院大学社会学部にAO入試で合格したことを発表し、大学に進学

 https://www.youtube.com/watch?v=xImTQg8pdp8

 https://www.youtube.com/watch?v=3rJnGVVX_kU

 佐藤 健・・・1989年3月21日生まれの28歳 高校2年時に初めて訪れた原宿でスカウ
         ト。仮面ライダー電王役で連続テレビドラマに初主演した。

 https://www.youtube.com/watch?v=bWHd5_W4QPg

 松坂桃李・・・1988年10月17日生まれの28歳 「チャレンジFBモデル2008オーディショ
          ン」にてグランプリを受賞し、雑誌『FINEBOYS』専属モデルで芸能活動を
          開始した。183cmの長身

 https://www.youtube.com/watch?v=K7NuFD-RLVc

 https://www.youtube.com/watch?v=cZ5yknIldnk

 綾野 剛・・・1982年1月26日生まれの36歳 2012年に放送されたNHKの連続テレビ小
        説『カーネーション』で認知度を上げ、2013年には日本アカデミー賞新人俳優
        賞を受賞した実力派。

 https://www.youtube.com/watch?v=XNHHSBXYfWQ 

 https://www.youtube.com/watch?v=Df2F7cS66OM 

 菅田将暉・・・1993年2月21日生まれの24歳 第21回ジュノン・スーパーボーイコンテス
         トで最終審査まで残ったことから芸能界デビュー。auの鬼ちゃん役。

 https://www.youtube.com/watch?v=hHM5VJQ5NRg

 https://www.youtube.com/watch?v=s2N9JRUIqFc

 竹内涼真・・・1993年4月26日生まれの24歳 立正大学に在学中
        今年公募したビューネくんのCMで髪の毛くしゃくしゃが話題に 「青空エー
        ル」にも出演した。身長185cmと長身

 齋藤 工・・・1981年8月22日生まれの35歳 高校生の頃から雑誌『MEN'S NON-NO』や
        『POPEYE』などで、「TAKUMI」の名前でモデルとして活動、雑誌のほかショー
        にも出演されていた。身長は184cmもある。 昼顔が大ヒット中

 https://www.youtube.com/watch?v=1mC1FkzzD9E

 山崎賢人・・・1994年9月7日生まれの22歳 中学3年生のときに原宿竹下通りでスカウト
        され芸能活動を開始。雑誌『ピチレモン』でメンズモデルとして活動していた。

 

 ディーン・フジオカ・・・1980年8月19日生まれ36歳 5カ国語(日本語、英語、中国語、広
              東語、インドネシア語)を操るマルチリンガル。実妹は、元チェキッ
              娘の藤岡麻美。

 https://www.youtube.com/watch?v=ibAj65GX-y4

 東出昌大・・・1988年2月1日生まれの29歳。高校時代にメンズノンノ専属モデルオーディ
         ションでグランプリを獲得しデビュー。パリコレクにも出演するなどモデルと
         して活躍した。NHKのテレビ小説での共演が縁で女優・杏と結婚した。

 https://www.youtube.com/watch?v=EPU1BrXqLnk

 高杉真宙・・・1996年7月4日生まれの21歳 小学生の頃に花火大会で女の子と間違わ
         れてスカウトされて芸能界入り。ファブリースのCMにも出演中。

 https://www.youtube.com/watch?v=i--U4pPMchk

 https://www.youtube.com/watch?v=giJa-Uq4TmU

 志尊淳・・・1995年3月5日生まれの22歳 男性俳優集団D-BOYSおよびD2のメンバー 
        2014年、『烈車戦隊トッキュウジャー』の主演・ライト / トッキュウ1号役を務め
        る。

 https://www.youtube.com/watch?v=pNPk3H3KSlc

 https://www.youtube.com/watch?v=glpDyPD54As

 上に挙げた12人の方々は今をときめくイケメン芸能人だが、いずれもA型。王子さま風でいずれも誠実さがにじみ出ている。他にも松田翔太、三浦翔平、松本潤らがA型のイケメン。

  さて、少し前までA型でイケメン人気俳優といえば、織田裕二、市原隼人、滝沢秀明、生田斗真、藤木直人、大沢たかお、山下智久、小出恵介、玉木宏らだった。彼らも30代を越え、アイドルではなくなったため、一気に世代交代が進んだ。

 今日の記事は、やや独断と偏見が過ぎるが、イケメン事情もだいぶ変わってきた。しかし、福山雅治や向井理がそうであったように、結婚して特定の女性のものになってしまうと、女性は急激に熱が冷めてしまうようで、別の誰かに乗り換える傾向が強い。そういう意味では、今日取り上げた俳優陣は、今後さらにブレイクする可能性を秘めていると言って過言ではない。

 記事作成:7月17日(月)

2016年12月26日 (月)

なぜB型は世界で輝けるのか

 また血液型の話題で恐縮だが、B型は日本人の約22%しかいないのに、やたらと目立つ存在だ。他の類を見ない強烈な個性を持ち、独創的な発想と行動力で存在感を光らせる。そして日本を出て世界で輝ける素質を持っている方がことのほか多い。それはB型の根本性質によるところが大きい。他人の真似事を嫌い、行動は型破りでマイペース。前向きな楽天家で、プレッシャーを楽しみに変える発想、好奇心旺盛で凝り性。世界に出ても、あまり萎縮しないで本来の実力を遺憾なく発揮できることからカリスマ的かつスーパースター的な存在になる。そして若くから才能を開花させて実力を発揮するため、誰からも好かれ、応援してもらえる。つまり、国民的な人気を得ることができる。では「論より証拠」。そんなB型の方々を紹介したい。

 <世界で活躍する日本人スポーツアスリート>(全員がB型)

 青木功・・・かつてジャンボ尾崎、中島常幸らと「BIG3」を形成。ハワイアンOPで優勝する
       などの活躍を見せた。話し方はつっけんどんで印象が良くない部分はあったが
       ゴルフの実績は凄かった。

 ジャンボ尾崎・・・尾崎3兄弟の長男。ゴルフはB型と言われるが、それは緻密な計算(風
          向き、芝目、距離、クラブ選択など)が必要だからだが、彼の場合は、豪
                      快な飛距離にもファンはカリスマ的魅力を感じた。
      

 岡本綾子・・・主に1980年代に活躍した女子ゴルファー。現在のように女子ゴルフがメ
        ジャーになる前に、海外ツアーで何度も優勝を飾った真の実力派。やはりB
                  型らしく、インタビューではあまり愛想が良くない部分があり、冷めた印象を
                  与えた。

 山口 香・・・女子の柔道人口が少なく、オリンピック種目になる前で世界大会が開催さ
        れる前に君臨した第一人者。全日本体重別選手権で前人未到の10連覇を
        達成した。

 中野浩一・・・競輪界を支え、「世界選手権個人スプリント10連覇」を達成した。ケイリンを
        世界に知らしめる役割を果たした。 

 釜本邦茂・・・メキシコオリンピックで銅メダルを獲得した時の立役者。自身もエースストラ
        イカーとして得点を量産し、見事得点王に輝いた。

 伊達公子・・・引退した後、数年間のブランクを置いて、再び現役に復活するのは通常は
         ありえないのだが、常識を覆してそれをやってのけるのがB型の真骨頂。

 杉山 愛・・・彼女は4大トーナメントで、ダブルスで優勝を果たすほどの腕前の持ち主。

 田村(谷)亮子・・・年齢には似使わぬ活躍を見せるのがB型。彼女は中学生の頃から
           頭角を現し、「YAWARAちゃん」の異名をとり、カリスマ的な人気を得
           た。B型には信者のような熱狂的なファンがつく典型例。

 野村忠宏・・・彼は柔道でシドニー、アテネ、北京とオリンピック3連覇を達成した。ストイ
        ックな練習と天才的な技の切れ味を発揮し、前人未到の偉業をサラリと成し
        遂げてしまう。周囲が注目してもケロッとしているのはB型ならでは。

 北島康介・・・彼もアテネ、北京でオリンピック連覇を成し遂げた。しかも100mと200m
        平泳ぎの両方で金メダルを獲得。日本水泳界を牽引し、一目置かれる存在
        レザーレーサーが流行した時も、マイペースで自己流を貫き、「泳ぐのは僕
        たちだ」というTシャツを着て、反論したのは記憶に新しい。ちなみに後継者
        の萩野公介もB型。

 松山英樹・・・同じ姓の俳優松山ケンイチ似ている。理由はB型同士だから。彼は若手な
        がら、カッコつけではなく、ストイックなまでに練習に専念している。きっと将来
        はメジャーの大会でも優勝を浚う大物に上り詰めるに違いない。

 浅田真央・・・彼女は若くして才能を発揮した。残念ながら、年齢制限でピーク時に五輪
        出場はならなかったが、彼女の人気はカリスマ的。幅広い年齢層で熱狂的な
        ファンがいて、全国民に愛される特異な存在だ。

 羽生結生・・・こちらも熱狂的な声援を送る女性ファンがリンクを埋め尽くす。まさにカリス
        マ。彼は駆け引きなしで心のそこから応援したくなってしまう存在。4回転ジャ
        ンプ成功に飽くなき執念を燃やし、それが母性本能をくすぐるのだ。GPファ
        イナル4連覇は日本男子初の快挙で、それでも本人は満足していない。

 野茂英雄・・・彼は半回転し、打者に背を向ける「トルネード」という超個性的な投法を編
        み出した。彼は無口でクール。自分の野球哲学をひたすら追求し続けた。
        奪三振王としてミスターKという異名までとった。日本人初のポスティングシス
        テムでメジャーに移籍し、2回もノーヒットノーランを達成し、「ノモマニア」と呼
        ばれるほどの人気を博した。彼もマイペースを貫き通した野球人だった。

 イチロー・・・彼はいわずもがなだが、誰もが納得する実績。弱冠20歳にして当時の最高
        記録だった200本安打を達成。天才の名をほしいままにした。すべてが記録
        尽くめで初ものづくし。日米通算では世界一の安打数を記録。孤高の天才
        で、カリスマ。しかし周囲が騒いでも彼はいたってクール。今は、トレードを重
        ねながらも、50歳まで現役を貫こうとストイックなまでに自分を追い込むトレ
        ーニングを実践している。よって怪我が極端に少ない。

 亀田3兄弟・・・彼らは単なるやんちゃ坊主なだけだが、オーソドックスな練習法だった
         り、通り一遍到な対応では絶対に世界では勝てない。羽目を外しても、常
         識外とか型破りといわれるくらいのほうが実力を発揮し戦果は残せる。

 基本的にB型の体型は、全身が骨張っていて、余分な贅肉がなく、痩せ型で強靭な肉体の持ち主。ストイックなまでに徹底したトレーニング方法を実行し、怪我が少ないのが長く現役生活を続けられる要因で、さらには楽天的な思考でプレッシャーに強く、世界で活躍できる。
 日本ハムの大谷翔平もB型なので、メジャーに行っても注目され、活躍できると思う。すでにその片鱗はあるし、実力が他の比ではない。

 他にもミスタープロ野球の長嶋茂雄、世界の盗塁王・福本豊、犠打数世界一の川相昌弘、1年生からPLの4番を務め、怪物と呼ばれた清原和博らはこの型だ。

 <芸能界(歌手・タレント)>

 きゃりーぱみゅぱみゅ・・・すでに多くの欧米諸国でLIVEを行い、男女を問わず世界中に
              熱狂的なファンがいる。かわいいファッションと独創的なダンスで世
              界を席巻している。曲も風変わりでエキセントリック。

 坂本龍一・・・通称「教授」。YMO時代から独特なテクノポップサウンドを生み出し、全世
        界にファンがいる。芸術性に長け、独創的で他の追随を許さない。彼の天賦
        の才能は誰も真似できないし、世界最高峰だ。

 YOSHIKI・・・X-Japanのドラマーであり、ピアニストでもあるスーパーアーティスト。ビ
        ジュアル系の風貌で、カリスマ性が高い。激しいドラムビーターと思いきや、
        しっとりとしたピアノ聴かせる才能は圧巻。

 ローラ・・・ネアカであっけらかんとした天然少女はB型女性の特徴。マイペースで他人な
      どお構いなし。自分の興味関心、つまり本能の赴くまま行動する。周囲は微笑ま
      しく彼女を見守ることだろう。

 他には歌手でB型は、矢沢永吉、尾崎豊がそうで、いずれもその道のカリスマだ。司会者でも大橋巨泉、土居まさる、徳光和夫、宮根誠司、玉置宏、鈴木健二ら往年の名司会者やアナウンサーはB型が多かった。

 <政治家>

 鈴木宗男・・・やってることは破天荒だが、持論を譲らず、自分の信念で動く。ロシアで独
        自に外交活動を展開し、宗男ハウスなるものを建て、独自路線で交渉してい
        る。

 安倍晋三・・・現総理。外交交渉も上手で、首相在任も歴代4位になった。信望が厚く、
        精力的に動き、世界のキャスティングボードを握るまでの存在感を示してい
        る。しかし、この度の日ロ首脳会談はがっかりした。最大の懸案だった北方
        領土問題はなんら触れることが出来ず、プーチンに数千億円もの経済協力
        を約束させられただけ。金だけとられて何一つ見返りがない結果。いいよう
        にあしらわれただけに終わった。日本人首相の外交ベタはどうにかならない
        のか!

 こう考えると、次期首相に有力な石波茂もB型なので、安倍首相とは盟友と言える。ほかにB型は丸川珠代、塩崎恭久、二階俊博、石井啓一、橋下徹、東国原英夫らだ。

 <中国で認められる日本人>(中国人が好きな日本人はやはりB型)

 田中角栄

 首相だった1972年に、中国を訪れ、日中戦争以降、不仲だった日中関係を改善する「日中平和友好条約」を締結した。その友好の証としてパンダ「ランランとカンカン」が贈られた。

 福原愛

 幼い頃から卓球の最強国である中国に「卓球留学」。あの愛嬌溢れる愛ちゃんスマイルを振りまき、小国日本と蔑する日本人アスリートを応援する中国人が続出した。また、中国語を話せるのも彼女の強みで、中国人は彼女を同胞と見て応援しているに違いない。

 高倉健

 寡黙で実直な人柄は中国人の心を打つようだ。派手な振る舞いは一切なく、人間臭さや物言わぬ性格が、彼を大きな人物像として崇めるのだろう。

 実際に中国人はB型やB型を認めるO型が多い。同じB型を応援するのは、何か共通性があったり、相通じるものや共感できるものがあるからにほかならない。目に見えぬ働きだ。

 さて、好き勝手書き綴った感があるが、B型は日本人の4割近くを占めるA型とは真逆で、A型にはないものをたくさん持っている。強烈な個性だったり、天賦の才能だったり。他人と同じことをしたくない性質や口が悪かったり、束縛されるのを嫌うため、あまのじゃくで変わり者という印象を与えるかもしれないが、ひとつのことに執着し、とことん凝って追求することで、他には無い職人肌のような芸達者の域に達するのだろう。

 そして周囲の目を気にせず、マイペースな発想が余計なプレッシャーを事前に回避できているし、自分自身が何より好きだという概念が自分の個性や長所を伸ばす原動力になっている。

 このマイペースさがB型の最大の特徴ではあるが、それゆえ、社会批判や反骨精神も多い。世の中への反発心が強くなりすぎると法律に触れることもあるが、周囲の遠慮や支援もあって、思う存分、実力を発揮できるのだ。B型は決して奢らず、謙虚な気持ちを持ち続ければ、人間関係を円満に行えるはずだ。度を越すと、周囲は自分のことを理解してくれないと「うつ病」など精神的疾患を引き起こす危険がある。常に人間関係を意識し、我を出すのはそこそこにしておけば間違いない。B型は、例示したように、世界で活躍できる逸材があるのだから。

 記事作成:12月15日(木)

2016年11月18日 (金)

その道のプロはやっぱりB型?

 久し振りに血液型の話題だが、私が常々思うのは、B型は日本人の約22%、つまり5人にひとりしかいないのに、やたらと目立つ存在で、その道のプロであったり、大物(ドン)といわれる存在であったり、天才と称されるカリスマ的存在として崇められる。これは常に前向きで物怖じしない性格でマイペース、そして好きなことへの強い執着心、そして凝り性のため、物事の真髄を追求する姿勢や強烈な個性の持ち主というのも人々が憧れを抱くからだ。
 ではその道のプロにはどんな人がいるか、B型だけを取り上げて列挙したい。

 司会・・・大橋巨泉(故人)、土居まさる(故人)、徳光和夫、宮根誠司、玉置宏

 芸人・・・明石家さんま、横山やすし(故人)、ザキヤマ、山田邦子、青木隆治

 他にも大多数の芸人はB型が多い。生来のエンターテイなーで独特な個性の持ち主の独創的な芸風はB型には勝てない。それは相手を喜ばそうとしてやっているのではなく、自分自身が一番好きなこの型は、自分が一番楽しい方法を自然にやっているから、わざとらしさがないのだ。

 スポーツ・・・イチロー、羽生結弦、浅田真央、谷亮子、福原愛、長嶋茂雄、山口香
        青木功、尾崎将司、丸山茂樹、片山真吾、中野浩一、北島康介、伊達公子
        野村忠宏、釜本邦茂、円谷幸吉、岡本綾子、杉山愛、大谷翔平

 世界を相手に渡り合えるのは、プレッシャーに強く、マイペース精神の持ち主のB型だ。いずれもその道のプロであり、個性的で職人気質。カリスマ的な存在となる。
 また、ゴルファーはB型が圧倒的に多い。日本へ賞金稼ぎに来る韓国プロは大部分がB。個人の腕が物を言うスポーツはB型には敵わない。
 

 政治家・・・田中角栄(故人)、安倍晋三、小沢一郎、東国原英夫、橋下徹、鈴木宗男

 初志貫徹のためにはなりふり構わぬ、猪突猛進型のB型ならでは。田中角栄は日中友好で国交を正常化した。人間ブルドーザーの異名は、そのものズバリだ。大阪府知事、大阪市長で固定概念を覆した橋下徹も我が道を行き、徹底した政策を断行した。

 歴史上の人物・・・坂本龍馬、伊達政宗、西郷隆盛

 俳優・・・森繁久弥(故人)、高倉健(故人)、田宮二郎(故人)、緒形拳(故人)、松平健
      高橋英樹、沖雅也(故人)、渡哲也、渥美清(故人)、西田敏行

 女優・・・夏目雅子(故人)、綾瀬はるか、大島優子

 監督・・・黒澤明、森田芳三

 小説家・・・眉村卓、筒井康隆

 漫画家・・・山剛昌、藤子A不二雄、井上雄彦、松本零士.、堤幸彦

 芸術家・・・篠原勝之

 モデル・・・益若つばさ、鈴木奈々、ダレノガレ明美、小倉優子

 歌手・・・尾崎豊(故人)、坂本龍一、YOSHIKI、岩田剛典、菊池桃子、矢沢永吉、Hyde
      
 カリスマ的な存在で、熱狂的なファンがつくのがB型アーティストの宿命。特にロックバンドはB型が圧倒する。

 タレント・・・ローラ

 B型は自己中心的なところがあるが、なぜか世間から浮いた存在にはならない。それは強いこだわりというか執着心があって、脇目も振らず猪突猛進で突っ走るからだ。そしてそれが自然体でわざとらしさがない。しかし、人から見れば凝り性な分、風変わりな人という印象を持たれやすい。B型の才能を高く評価するのはO型で、B型の行動を面白く興味を持って見られる。そしてA型も、自分にないものを多く持っているB型に憧れる傾向がある。

 記事作成:9月6日(火)

2016年11月 7日 (月)

B型の代表顔選手権

 血液型の話題を極端に嫌い、それに関しては反論と批判をしたがるB型についてあえて取り上げたい。したがって血液型の話題について迷惑な人はここで当ブログから退去願います。

 私のB型のイメージは、過去何度も当ブログの血液型ネタで紹介している通り、細身でスタイルが良く、顔もほっそり型の人が多い。性格はマイペースで、人に左右されず我が道を行くタイプ。自分自身が大好きで、話し上手でプレイボーイ。女性にモテモテで、しかし照れ症のため、一対一で付き合うことはできない。凝り性で、趣味が個性的。ロック好きで車好きが多い。束縛されず自由に振る舞いたいので、結婚して家庭に留まりたくないタイプ。その道のプロで、カリスマ性があるなど。
 私は個人的に、その血液型で顔立ちや性質も分類化できると思っている。

 イケメンタイプ(B型の典型顔)

 京本政樹、堂本光一、山田涼介

Kyomoto Domoto Yamada

 イケメンなので、周囲からちやほやされるタイプだ。甘いマスクと顔のつくりが3人とも似ている。俳優の真剣佑もこのタイプ。

 話し上手で女性にモテるが、強烈で誤解を受けやすいタイプ

 ユースケ・サンタマリア、宮根誠司・橋下徹

Yusuke Miyane Hashimoto

 自分の行動を棚上げして、他人の動向を批判したり、自らの主観で歯に衣を着せぬ発言で、誤解を招き、思わぬ批判を浴びるが、本人はケロッとしている。

 美男子で女子が熱狂するタイプ

 岩田剛典、尾崎豊、玉森裕太

Iwata Ozaki Tamamori

 とにかく女性受けが良く、モテモテの美男子。他にも瑛太がこの部類。

 面長&切れ長の目

 明石家さんま、柱谷哲二、YOSHIKI

Sanma Hashiratani Yoshiki

 この顔立ちは韓国人に多い。

 スポーツ界のカリスマ(色黒でごっつい系)

  釜本邦茂、青木功、尾崎将司

Kamamoto Aoki Ozakimasashi

 その道のプロとか職人気質で真っ黒に日焼けしているのが共通項。

 

 松山ケンイチ、松山英樹、松田龍平

Matsuyama Matsuyamahide Matsuda

 松山ケンイチは高畑祐太にも似ているが。

 カリスマアスリート

イチロー、北島康介

Ichiro Kitajima

 神と崇められる孤高の存在。天性の素質に加え、努力を怠らないストイックなアスリート

 精悍な顔つきの正統派イケメン

 速水もこみち、川崎麻世、大谷翔平

Hayami Kawasaki Otani

 スーパーイケメンで均整の取れた顔立ち。共通点は長身で小顔。誰が見てもイケメンと認める方々

 プレイボーイタイプ

 羽賀研二、藤森慎吾、鬼龍院翔、手越祐也

Hagakenji Hujimori
Kiryuin Tegoshi

 どうみても遊び人風で、平気でいろんな女に手を出して、不幸に追いやりそうな印象
 自分のペースでやりたい放題でルール無視のような雰囲気がある。そこに惹かれる女性も多い。

 爽やか好青年系

 中山秀征、野村宏伸、岡田准一

Nakayama Nomurahironobu Okada

 1980年代に人気があった面々と根強い人気のV6岡田は年上世代にも好かれる

 男臭い番長風イケメン

 清水宏次朗、松村雄基、嶋大輔

Shimizu Matsumura Shima

 松村雄基は尾崎豊にも似ていると思う。いずれもリーゼントが似合っていた。

 可愛い王子様風

 羽生結弦、

Hanyu3

 可愛い系で誰からも応援して貰える国民的な人気を集めるタイプ。やや中性的な魅力に溢れる。

 さて、今回は私の個人的な思い込みから掲載した感が強いが、いずれも血液型によってその顔立ちや雰囲気、そして性格まで分類できる気がする。こうしたB型男性にホレやすいのがA型女性だ。自分に持っていない部分をたくさん持ち、カリスマ性があるので応援しやすいし、好きになりやすい。スタイリッシュでかっこが良いイケメンが多いので、女性もひとめぼれしたり、熱狂的なファンになりがちだ。こうした血液型による特性を知っておくと、自分の性格診断にも役立てると思う。

 記事作成:10月23日(日)

2016年9月25日 (日)

躍進著しいAB型芸能人

 以前、当ブログで「AB型の逆襲」という血液型の記事を書いたことがある。日本人の1割のも満たない希少のこの型だが、芸能の世界ではその存在が際立つ。男性俳優では、堤真一、岡田将生、反町隆史、独自の世界を持つ柳沢慎吾や稲川淳二もいる。では今回のテーマでいう女性タレントや女優はどんな人がいるか探ってみたい。

 広瀬すず

 ここ2年は、テレビドラマ、映画、CMに出ずっぱり。昨年の「海街diary」、「ちやはふる」、今年公開の「四月は君の嘘」、「怒り」、「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」と連チャンだし、CMも彼女を見ない日はない。SeeBreaze、明星一平ちゃん、明治チョコレート、レオパレスなどCM女王状態。

 高畑充希

 NHKの連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で主演を務めたかと思えば、映画「植物図鑑」でヒロインを演じたり多忙の人気女優。CMも「ダイハツ」、「ドコモ」、「バファリンルナ」、「かんぽ生命」などに出演し、まさに引っ張りだこだ。

Hirosesuzu Takahata

 橋本環奈

 来年の有名私大進学を目指して目下、受験勉強中らしいが、あの天使のような可愛らしさは群を抜いている。東京進出で、どんどんメジャーになっていくのは確実。

 志田未来

 意外にも芸歴は長い。子役からずっとテレビ業界で活躍してきたので、そのイメージが大きいが、演技力は卓越している。戸田恵梨香に似ている。

Kanna Shidamiku

 佐々木希

 色白で、秋田美人を絵に描いたような美肌女優。スタイル抜群で、モデルとして大活躍。男で彼女が嫌いだという人を見たことも聞いたことがない。

 戸田恵梨香

 彼女も中学生の頃から、TVなどの露出は凄かった。やはり小悪魔的な不思議な魅力に満ち溢れていた。ライアーゲームが出世作だが、医療系ドラマなどハマリ役。

Sasakinozomi Toda

 松下奈緒

 ピアノ奏者にして女優と、芸達者な存在。目鼻立ちがくっきりした美人。ゲゲゲの女房に出演するずっと前に、出始めた頃に出演したCM「壮健美茶」で、お色気満載のスタイルを披露した。

 木村文乃

 彼女は知的で落ち着いたイメージがあるが、結構やんちゃな性格。「行くぜ東北!」のシリーズCMでは、その本性を暴露していたと思う。AB型はやはり、表には出さない隠れた顔や秘密のベールに覆われている雰囲気を感じる。

Matsushita Kimura

 百田夏菜子

 元気印のアイドルだが、自分が明るく元気に振舞うことで、周囲にもパワーを与える存在。

 佐々木彩夏

 彼女も百田と同様、「ももクロ」のメンバー。一時期、足の骨折でぽっちゃり太った。彼女も激しい踊りがウリだが、AB型は元来、疲れに滅法弱い。身体も壊し易く、変調を訴えることが多々あるのはそのせい。

Momokuro

 渡辺麻友

 AKBでセンターを獲得するほどのアイドル性ぴか一の存在感。屈託のない笑顔と優しい人柄がにじみ出ており、誰からも好かれるキャラだと思う。

 高橋みなみ

 AKBでは総監督として、大人数のあの国民的アイドルグループを牽引した。誰もが彼女に一目置き、信頼を寄せていた。リーダー性があって、求心力も凄すぎた。

Minami_mayu

  橋本マナミ

 妖艶とかお色気ムンムンで、「愛人キャラ」がすっかり身についている。男をその気にさせる独特の雰囲気を持っているが、AB特有の小悪魔的な魅力に溢れている。

 中村アン

 彼女も妖艶な魅力に溢れている。やはり、どこか秘密があるような思わせぶりタレントで、小悪魔的な印象を抱く。

Manami Nakamura

 五明祐子(モデル)

1973年2月9日みずがめ座神奈川出身 身長172cm
 テレビのCMやファッション雑誌などで見ない日はないほどの超人気モデル。18歳で「non-no」にて応募総数5029通の中からトップで選ばれデビュー。30歳で「LEE」の看板モデルの地位を不動のものにする。年齢を感じさせないキュートな若々しさで同年代の女性から支持を得ている。

 筧美和子

 テラスハウスで若者の支持を得た。スタイル抜群で、モデルが本業だが、最近はドラマやバラエティにも進出し、その活動を広げている。

Gomyo Kakei

 吉木りさ

 彼女もモデルが本業だが、コメンテーターやクイズの回答者、バラエティ、旅番組など引っ張りだこ。

 滝川クリステル

 ご存知、「お・も・て・な・し」のパフォーマンスとフランス語のプレゼンで、東京五輪誘致に貢献した。もともとキャスターだけに、本番に強く、常に落ち着いた知性を感じる大人の女性という印象。

Yoshikirisa Takigawa

 三ト麻美

 彼女も誰からも好かれるキャラで、好きな女子アナ3連覇を達成する。決して偉ぶったり、鼻にかけるような傲慢さが無いので、親しみ易い印象と、バラエティもそつなくこなす柔軟性で、安定感がある。たぶん、来年には日テレを退社し、フリーになるのではないかという噂がある。ああ見えて慶應義塾大卒の才媛だ。

 大江麻理子

 彼女はフェリス出身だけに、育ちがよいお嬢様という雰囲気に満ちている。決して驕りや高ぶることをせず、素のまま番組に登場した。男女を問わず好かれる特異な性質を持っていると思う。

 江藤愛

 TBSで「昼おび」でMCを務め、徐々にTBSの顔になってきた。ほんわかした魅力があり、いつも笑顔という印象がある。アナウンサーの王道の青学出身。

Miura Ohemariko Etoh

 ほかにも菅野美穂、広瀬アリス、氷川あさみ、ベッキー、鈴木杏樹、江角マキ子、小池栄子、今井美樹、浅野ゆう子、高橋ひとみ、根本りつ子、酒井美紀、宮地真緒、手塚理美、大原麗子(故人)などがいるが、いずれも小悪魔的な魅力がある方ばかりだ。そして共通しているのは美しい黒髪のロングヘアーということだ。

 記事作成:9月13日(火)

2016年7月 9日 (土)

歴代主砲の体型と血液型

 おことわり

 この記事は、「血液型別性格診断」の要素を多分に含んだ記事となっています。最近、当方のこのテーマ記事に対し、Yahoo!知恵袋などに名指しで批判や中傷するコメントを書いている方がおり、現在係争中です。
 当方が掲載している記事は、あくまで個人の長年の経験に基づく調査結果を記したものであり、あくまで「ひとりごと」として公開しているものです。
 「血液型別性格診断」に関して、信用していない方、批判的な考えをお持ちの方は、読まずにここで退去願います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私は少年時代から日本のプロ野球の大ファンで、足かけ40年以上も見続けてきた。特に世界のホームラン王の王貞治選手が大好きで、ファンレターを送ったこともあったほどだ。私は個人的に野球の魅力はホームランだと考えている。その時代時代で活躍したホームランアーティストに思いを馳せる時、或る疑問が浮かぶ。それは歴代ホームラン王や主砲と言われた強打者の体型には大別して2つに分けられるのだ。体型が太めでいかにも力でスタンドまで運ぶタイプと、細身ながらその抜群の反射神経とスィングの速さで遠くまで飛ばすタイプだ。
 では、今回は、歴代のホームラン王や強打者を回顧し、彼らを体型別と血液型別に分類して検証したい。なお、所属球団は私がイメージが強いものを掲載しました。

 A型の強打者

 大柄体型                   細身体型

 田淵幸一(阪神)   474本        原  辰徳(巨人)      382本
 山崎武司(中日)   403本        小笠原道大(日本ハム) 378本
 山内一弘(大毎)   396本        有藤道世(ロッテ)       348本 
 江藤慎一(中日)   367本        加藤英司(阪急)       347本
 江藤智(広島)     364本        松原   誠(大洋)      331本
 阿部慎之助(巨人・現役)364本      城島健司(ダイエー)   244本
   
    柏原純一(日本ハム)232本   

 O型の強打者

 大柄体型                   細身体型

 落合博満(ロッテ)   510本       王  貞治(巨人)   868本
 張本  勲(東映)    504本         大島康徳(中日)    382本
 ラミレス(ヤクルト)   380本        田代富雄(大洋)   278本
 松井秀喜(巨人)   332本         宇野  勝(中日)   338本   
 大杉勝男(ヤクルト) 486本        衣笠祥雄(広島)   504本
 中村紀洋(近鉄)   404本        金本知憲(阪神)   476本
 中村剛也(西武)   320本        高橋由伸(巨人)   321本  
 豊田泰光(西鉄)   263本        秋山幸二(西武)   437本
 土井正博(近鉄)   465本        真弓明信(阪神)   292本
 大豊泰昭(中日)   277本        和田一浩(西武)   319本
  青田  昇(巨人)   265本        石嶺和彦(オリックス)269本

 B型強打者

 大柄体型                   細身体型

 野村克也(南海)   657本       山本浩二(広島)   536本
 門田博光(南海)   567本       清原和博(西武)   525本
 松中信彦(ダイエー) 352本       長嶋茂雄(巨人)   444本
 前田智徳(広島)   295本        掛布雅之(阪神)   349本
 中西  太(西鉄)   244本       谷沢健一(中日)   273本
  水谷実雄(阪急)   244本       新井貴浩(広島・現役)293本
  広澤克己(ヤクルト) 306本

 AB型強打者

 大柄体型                   細身体型

 村田修一(横浜・現役)328本       池山隆寛(ヤクルト) 304本
                          小久保裕紀(ダイエー)413本

 血液型不明外国人強打者

 大柄体型                    細身体型

 L・リー(ロッテ)     283本        T・ローズ(近鉄)      464本
 ブーマー(阪急)     277本        ブライアント(近鉄)     259本
 マニエル(近鉄)     189本        ペタジーニ(ヤクルト)  233本
 カブレラ(西武)     357本         C・ジョーンズ(近鉄)   246本  
 レオン(大洋)      268本
 T・ウッズ(中日)     240本

 日本人の血液型不明強打者

 長池徳士(阪急)    338本
 田中幸雄(日本ハム) 287本
 木俣達彦(中日)    285本
 藤井康雄(オリックス) 282本

 さて、今回はこのようなすみ分けをしたが、実際は、プロ野球選手は入団した頃は、細身体型でも、食生活やトレーニングによって、徐々に肉がついて大柄な体型に変っていくのが普通だ。松井選手だって、入団時はかなり細かったが、引退時にはプロの速球に負けないように大柄な体型に変っている。それほどプロ生活は劇的に体型の変化を生む職業と言えるだろう。

 さて、今年(2016年)は、巨人は監督が変り、だいぶ苦戦を強いられている。セ・リーグは交流戦で毎年の如くだが、大負けし、借金を背負っても2位に留まるという不可思議な現象が起き、広島の独走を許している。超細身で野球選手にしては小柄なヤクルトの山田選手がホームランを量産して独走態勢を築いている。いったいあの小さな身体でどこにそんなパワーがあるのかと疑問に思ってしまう。外国人選手を除き、二塁手でホームランキングなどあまり聞いた験しがない。おそらくは新しいタイプの強打者と言えるだろう。

 記事作成:7月3日(日)

2016年7月 2日 (土)

血液型別選手権

 おことわり

 この記事は、「血液型別性格診断」の要素を多分に含んだ記事となっています。最近、当方のこのテーマ記事に対し、Yahoo!知恵袋などに名指しで批判や中傷するコメントを書いている方がおり、現在係争中です。
 当方が掲載している記事は、あくまで個人の長年の経験に基づく調査結果を記したものであり、あくまで「ひとりごと」として公開しているものです。
 「血液型別性格診断」に関して、信用していない方、批判的な考えをお持ちの方は、読まずにここで退去願います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 4年ほど前にも同名の記事を書いたことがあるが、その際は女性芸能人限定だった。今回は4種類血液型がある中で、私がその代表と思しき有名人を日本人限定でれぞれ50人ずつ挙げたい。面白い傾向が見られるに違いない。

  A型(日本人の約37%) O型(約32%)   B型(約22%)   AB型(約9%)

 1位 石原裕次郎      王 貞治        イチロー         大鵬
 2位 小泉純一郎      吉永小百合      長嶋茂雄         力道山
 3位 田中将大        美空ひばり       田中角栄         アントニオ猪木
 4位 三浦知良        吉田 茂        明石家さんま      太宰治
 5位 織田信長        木村拓哉        黒澤  明                石原慎太郎
 6位 佐藤栄作       ジャイアント馬場      矢沢永吉         本田圭佑
 7位 桑田圭祐        タモリ          高倉 健          橋本龍太郎
 8位 錦織 圭         松井秀喜        坂本龍馬         稲葉浩志
 9位 内村航平        ビートたけし      北島康介         高橋みなみ
10位 松田優作        徳川家康        ローラ           北の湖

11位 川上哲治        勝 新太郎       浅田真央         小林 旭 
12位 山口百恵        松任谷由実      尾崎 豊         広瀬すず
13位 萩本欽一        三船敏郎        森繁久弥         市川海老蔵
14位 具志堅用高      氷室京介        渡 哲也         松岡修造
15位 坂井泉水        豊臣秀吉        渥美 清                堤真一
16位 吉田拓郎        中田英寿          緒形 拳         三浦友和
17位 松田聖子        香川真司          伊達政宗         戸田恵梨香
18位 原 辰徳         落合博満         野村忠宏         坂上二郎 
19位 志村けん        武田鉄矢         羽生結弦         桑田真澄
20位 本田宗一郎       松山千春        福原 愛          渡辺麻友

21位 郷ひろみ                 高橋尚子              綾瀬はるか       西城秀樹
22位 加山雄三          中村俊輔       岩田剛典          佐々木 希
23位 沢田研二        TAKAHIRO       尾崎将司        役所広司
24位 北大路欣也      川端康成      二谷英明       岩隈久志
25位 萬屋錦之助            風間杜夫       宍戸 錠       横峯さくら
26位 西嶋秀俊        所ジョージ      森 光子          DAIGO
27位 松嶋菜々子      吉田沙保里      東国原英夫            橋本環奈
28位 石原さとみ       松坂大輔      青木功          先代・園楽
29位 里見浩太朗      星野仙一        小沢一郎        柳沢慎吾 
30位 長渕 剛        丹波哲郎      きゃりーぱみゅぱみゅ   羽生善治

31位  櫻井 翔         岡本太郎       安倍晋三              藤田まこと
32位 前田敦子        向井 理        中野浩一        田中真紀子
33位 舘ひろし        北川景子       高島 彩                内野聖陽
34位 山下泰裕        加藤綾子         大島優子        柴田恭兵
35位 久米 宏        広末涼子       野村克也         反町隆史 
36位 岩崎恭子        小泉今日子     杉山 愛                稲川淳二
37位 愛川欽也        佐々木主浩     釜本邦茂        古舘伊知郎
38位  香取慎吾        福士蒼汰       伊達公子        坂上 忍
39位 佐藤 健        中曽根康広       宮根誠司        ベッキー
40位 ファンキー加藤     田中邦衛      天知 茂                松下奈緒

41位 能年玲奈         中村雅俊      谷 亮子       安住紳一郎
42位  千代の富士              津川雅彦              西田敏行              相葉雅紀
43位 中居正広        堺  雅人       田宮二郎       谷村新司 
44位 松本清張        鶴  瓶        円谷幸吉       内村光良
45位 黒柳徹子        瀬古利彦      八代亜紀        香川照之
46位 司馬遼太郎       貴乃花        坂本龍一        菅野美穂
47位 清水宏保        和田アキ子      大橋巨泉       小泉孝太郎 
48位 ダルビッシュ有     草刈正雄       高橋英樹        高畑充希
49位 浜崎あゆみ       倉本 聡        清原和博              島田紳助
50位 宇多田ヒカル      壇 蜜         橋下 徹         中村アン

 さて、この順位はあくまで私個人の見解であって、日本国民の総意ではない。やはり天才肌のB型は、若くして才能を発揮し、プレッシャーをはねのけて世界を舞台に活躍している方々が圧倒的に多い。そんな個性的なB型は日本人の約2割しかいないとは思えないくらい目立つ。マイペースで反骨精神の塊のこの型は、凝り性で他の真似事を嫌い、オンリーワンを目指す方向性が、こうした実績を生む。そしてB型は、個性を尊重するO型の支援を受けやすい。A型とは敵対しやすいが、もともと自分にはない才能を高く評価し、重用するA型は、B型の才能を妬まずに、尊敬する傾向がある。A型は同じA型をあまり評価しないので、他の血液型に興味を持ち易い。だからB型は、一見自分勝手でマイペース、気の向くまま自由奔放に生きているにもかかわらず、世間からはみ出さず、多少我が強くて反骨精神や社会への反発が強いB型をうまく社会が受け入れているのだ。

 一方、A型は皆、自己抑制が強く、派手さはない。井の中の蛙状態。プレッシャーに弱い。A型の共通項としてあるのは、几帳面で真面目。口数は多くて早口の方が多いが、行動は謙虚で、でしゃばることはない。他人に迷惑を掛ける行為を一番嫌う。一見落ち着いて見える方々が多いためか紳士の印象を受ける。しかし出る杭は打たれるという概念の基、表舞台に出ることをせず、プレッシャーに弱い。

 また、O型はスポーツ、特に球技で実力を発揮する方が多く、何に対しても肯定的で、あまり敵を作らない。スポーツや芸能では国民的人気を得る方が多いし、俳優は演技派と呼ばれる方が多く、カッコをつけず、本音や生き様で勝負するタイプが多い。

 AB型は、世間一般では「天才肌」と評されるが、私はそうは思わない。AB型は洞察力に優れ、人間関係をそつなくこなす。よって、調整役や秘書には打ってつけ。事務的な能力に長けている。だから司会業が適材適所。独特な世界観を持ち、古典的な芸能にも興味が高いし、AB型特有の霊感に優れた方や、人の心理を読むのがうまい。マジシャンも多いのもうなづける。

 さて、また余計なテーマでさぞかし憤慨している方が多いと思うが、私が37年間研究してきた血液型別性格診断の集大成が当ブログには集約してある。これまで血液型関連の記事を50以上記して来たが、ぜひ時間があれば「血液型」のカテゴリーをご覧ください。人間関係を円滑に遂行する上でのヒントがあると思いますよ。

 記事作成:6月20日(月)

 

                                                                

    


 

 

2016年6月11日 (土)

’80年代アイドル列伝~B型編~

 これまで幾度も当ブログにおいて、80年代はアイドルパラダイスだったことを記載した。それは70年代のトップアイドルだった山口百恵が寿引退し、そのポストを狙い、各プロダクションがしのぎを削って、次々とアイドル候補者たちをスカウトしては市場に投入したからにほかならない。平日夕方に放送した「夕やけニャンニャン」の「アイドルを探せ」のコーナーまで誕生し、自己応募もあるが、街角で可愛い素人の女の子を見つけて番組に出演させ、生放送中に特技など自己PRさせて評価するオーディション番組だった。合格すると「おニャン子クラブ」のメンバーになり、番組に出演できるという類だった。やや「スター誕生」のパクリのような気もしないではないが。また、歌謡番組やアイドルが出演できる番組も多かった。「ヤンヤン歌うスタジオ」、「たのきん全力投球!」、「レッツゴーヤング」、「アイドルパンチ」などアイドルが愛嬌を振りまくにはうってつけの番組が目白押しだった。こうした経緯もあって、この時代は、アイドルが隆盛を極めたのだった。
 今回は、A級、B級を問わず、1980年代を闊歩したB型アイドルを取り上げたい。どれだけこの型が幅を利かせていたかが窺い知れると思う。

 菊池桃子

 ヤングマガジンやMOMOKOクラブのグラビアを何度も飾った。フォトジェニックにも最適だし、くっきり二重のぱっちりまぶたが特徴で、アンニュイな印象も醸したアイドル。「パンツの穴」のデビューも衝撃的だったが、個人的には「SUMMER EYES」と「卒業」がお気に入りだった。卒業は伊豆の漁村を舞台にドラマ化された。
 彼女は熱狂的なファンが多かった。

 南野陽子

http://www.youtube.com/watch?v=-t3ryo9MgEI

http://www.youtube.com/watch?v=6ZYtM_B-kB0&list=RD020B4WjTdyNm0

http://www.youtube.com/watch?v=-Um9ie_U3Xo

 「ナンノこれしき」とか「熱っぽいの!」が好きだった。アゴのホクロがチャームポイントで、彼女も菊池桃子と同様カリスマ的な人気を博した。私的には「はいからさんが通る」の明治時代の着物姿がお気に入りだった。しかし、一番印象的なのは鉄仮面伝説が異様な「スケバン刑事Ⅱ」だ。ロングの黒髪に酔わされた。

 伊藤美紀

https://www.youtube.com/watch?v=Bdzy-AW3a2w

https://www.youtube.com/watch?v=bWGEaZxYQRM

 吹田明日香

https://www.youtube.com/watch?v=0JOq6Jx6934

https://www.youtube.com/watch?v=9JbgVv5pKsg

 松本伊代

https://www.youtube.com/watch?v=XoFoiuxW9eA

https://www.youtube.com/watch?v=OEcsHSlvYWU

https://www.youtube.com/watch?v=mX1Pp6y2cnw

 現在はヒロミの夫人だが、当時は田原俊彦の妹としてデビューした。スリムな体型と甘ったるい歌い方が魅力だった。バックダンサー兼コーラスの「キャプテン」も人気を博した。

 堀ちえみ

 潮風の少女でデビューした時には、人形のように可愛かった。清純派アイドルの典型だった。

 三原順子

 「3年B組金八先生」の大人びた不良少女役でブレイク。「ドラム」でレコードデビューした彼女も今や政治家。変われば変わるものだ。最大のヒット曲は、妖艶さを醸した「セクシーナイト」は、ベストテンにランキングされた。出演した際、久米宏の「恋人はいますか」と聞かれて、アイドルとは思えぬ物腰で、しっかり「はい」と答えるあたりが普通のアイドルとは違う大人の対応だった。それがケンちゃんシリーズで子役から出演していた宮脇康之とはびっくり仰天だった。

 吉田真里子

https://www.youtube.com/watch?v=VGFBi8ZIOW4

 彼女はミスマガジン出身で、水着グラビアを飾って、中高生の間で抜群の人気を博した。「とまどい」でデビューし、アルバムも出した。とにかくベビーフェイスで可愛らしかった。私は彼女のフォトエッセイ集を購入した。歌が上手いアイドルの一人だった。

 松尾羽純

 1980年代に一世を風靡した土曜日深夜のお楽しみ、女子大生が闊歩した「オールナイトFuji」。終了時刻が未定で、いろいろな体験をさせて、お色気とチャーミング、そして時々知性を感じさせる内容だった。結構バカ騒ぎの様相を呈していた。そのメンバーで編成された「オールナイターズ」。その中でも人気があった3人娘が「おかわりシスターズ」としてCDデビューを果たした。その中で一番可愛かったのが彼女。

 倉沢淳美

https://www.youtube.com/watch?v=8YA1CRkEwOs

 テレビ朝日の「欽どこ」から生まれた3つ子の姉妹「わらべ」の中で、「かなえ」を演じ、そのぽっちゃり系ながら可愛らしく、あどけない雰囲気で人気No.1となり、ソロデビューも果たした。デビュー曲「プロフィール」では、文字通り、歌詞が自分自身のプロフだった。しかし、握手会でファンに手首を刃物で切られる事件に遭い、連日芸能ニュースで取り上げられた。

 三田寛子

https://www.youtube.com/watch?v=A00iJXOT5N4

https://www.youtube.com/watch?v=JCyPe7fXCq0

 珍しい京美人アイドル。京ことばを隠さずに使っていて、少し違う印象のアイドル像を築いた。歌舞伎の中村橋之助と結婚した。

 荻野目洋子

https://www.youtube.com/watch?v=9y3J2rEYQ3I

 私は大学生時代、よく原宿散策を楽しんでいたが、竹下通りにあったHARADA'Sというカジュアルショップで買い物していたら、いきなり彼女が撮影で、目の前に現れビビった記憶がある。彼女の代表曲は「ダンシングヒーロー」。実姉は「荻野目慶子」。とにかく歌の上手さはぴか一だった。華麗なステップも人気の一助だった。

 芳本美代子

https://www.youtube.com/watch?v=5DmjjPbFHQ4

https://www.youtube.com/watch?v=2LdgeUuLXCU

 「みっちょん」の愛称で人気があった。私は北海道に住んでいた時に、見に訪れた「札幌雪まつり」の大通り会場で、巨大雪像の上で歌う生の彼女を見たことがある。雪まつり会場からの生放送だったようだ。B型らしくアクティブな印象がある。 

 工藤夕貴

https://www.youtube.com/watch?v=aWKFdwNVAW8

https://www.youtube.com/watch?v=LmOFYyNHRa4

 伊藤麻衣子

https://www.youtube.com/watch?v=VyJ_ShUjjNU

https://www.youtube.com/watch?v=_uFoz4M400o

https://www.youtube.com/watch?v=yJ3BsWapQP0

 清純派アイドルでデビューしたのに、ベビーフェイスで可愛らしい顔立ちで人気が出ると思ったが、伸び悩み、180度方向転換したイメチェンを実行し、TBS系列の大映テレビの「不良少女と呼ばれて」で汚れ役に挑戦。

 伊藤さやか

 過去、何度も当ブログで取り上げた彼女。日テレ系のドラマ「陽あたり良好!」の岸本かすみ役で人気爆発した。本人はロック歌手を目指したが、世間のイメージとのギャップに苦しんだようだ。B型もロック好きが多い。

 志村香

https://www.youtube.com/watch?v=Hdu_TTs1Bsc

https://www.youtube.com/watch?v=73829fHkjtY

 松本典子

https://www.youtube.com/watch?v=hpfDGcb7Bhw

https://www.youtube.com/watch?v=STl-toaaykA

 当時は人気絶頂だった。正統派アイドルだった。しかし、「志村けんのだいじょぶだ~」などバラエティに多く出演するようになった。ヤクルトスワローズの笘篠賢治選手と結婚し、一時期、芸能界を離れていた。現在もあまり、テレビなどで見ることは少なかった、天真爛漫で、よく笑うアイドルだった。

 酒井法子

https://www.youtube.com/watch?v=kmIpgr4NI7A

 「のりピー」語を使い、独特な世界観を醸したベビーフェイス系アイドルだった。まさかの覚せい剤事件で有罪判決を受けることになったが、今は立ち直り、復帰している。

 田村英里子

https://www.youtube.com/watch?v=KnkQEAVg3xE

https://www.youtube.com/watch?v=UDdIIKw_g58

 相田翔子(WINK)

 1980年代後半から90年代を彩った2人組デュオがWINKだった。まるでフランス人形のような雰囲気満載だった。外国のカヴァーが多かったが、彼女たちの歌はことごとくベストテンで1位になったし、あの特徴ある踊りも大いに流行った。彼女は天然が入っていて、トークも最高に面白い。

 河合その子

https://www.youtube.com/watch?v=bmAM87GjKhs

https://www.youtube.com/watch?v=1lAte6k7E8E

 フジテレビ「夕やけニャンニャン」の「アイドルを探せ」でおニャン子クラブのメンバー入り。当時は最年長者で、ソロデビューするために、真っ先に卒業した。とにかくお人形のような風貌と可愛らしさで、人気は抜群で、しかもアイドルにしては歌が上手く、ピアノの弾き語りも行った。現在は作曲家の後藤次利夫人。

 渡辺美奈代

https://www.youtube.com/watch?v=rny7ER3Ptts

https://www.youtube.com/watch?v=-TwOSWX9UVI

https://www.youtube.com/watch?v=hgc-i3HMxgY

 おニャン子メンバーにはB型が多かった。彼女もスリムで細かった。「瞳に約束」や「TOO ADULT」がヒットした。

 渡辺満里奈

https://www.youtube.com/watch?v=vZ99zE800Qk

https://www.youtube.com/watch?v=rIB9bKpdRgU

 彼女もおニャン子クラブのメンバー。「アイドルを探せ」のコーナーでタップを披露した。今は名倉潤の奥さんに。

 工藤静香

https://www.youtube.com/watch?v=q2bIalL3eno 「くちびるから媚薬」

https://www.youtube.com/watch?v=XVIz1l-H4dA 「嵐の予感」

https://www.youtube.com/watch?v=NpRB3saXTpY 「MUGO・ん・・・色っぽい」

 ご存知、現在は木村拓哉夫人だが、当時はおニャン子クラブの一員で、その歌の上手さで引っ張りだこ。「うしろ髪ひかれ隊」のメンバーでもあり、その後、ソロで活動し、ヒット曲を連発した。

 かわいさとみ

https://www.youtube.com/watch?v=m8Iaa12WiG4

 ピアノを弾く清楚なイメージのアイドルだったが、なぜかヌードアイドルとして人気を博した。

 中山忍

https://www.youtube.com/watch?v=C9eH3sAGFZc

https://www.youtube.com/watch?v=GuKxFUHM1qc

 中山美穂の実妹。「パンツの穴」でデビュー。とにかくキュートな印象。ちょっとロリがはいったアンニュイさが魅力だった。

 本田理沙

https://www.youtube.com/watch?v=G0h2QxqpGBc

 私は同じB型の「田村英里子」とダブって見える。派手系のポップス系アイドルだったという印象が強い。

 斎藤由貴

https://www.youtube.com/watch?v=oSqTaVzqPIk 「卒業」

 初代スケバン刑事の麻宮サキとして出演。NHKのはね駒のヒロインとしても活躍した。「卒業」が大ヒットしてベストテン番組にも出演した。個人的には、同じB型で若手女優として人気があった「小川範子」に似ていると思った。

 中村由真

https://www.youtube.com/watch?v=o3xw3eatIHs

https://www.youtube.com/watch?v=dAlSe1DSVus

 3代目「スケバン刑事」で風間3姉妹のひとりとして登場。硬派系アイドルという印象だった。ジャニーズの男闘呼組の前田耕陽と結婚したが、その後離婚。外国に在住している。

 個人的な見解だが、この時代、B型が多くデビューした背景には、他人の真似ではない強烈な個性と、物怖じせず、前向きな発想、プレッシャーにも強い特徴によるところが大きい。A型は従順で、右習えの点があって、多くのアイドルの中では才能が埋もれてしまう傾向がある。多くのアイドルの中で生き残るには、他には見られない個性や特技、歌唱力がないとダメだ。よって、B型のもつ天性の明るさや裏表や屈託の無い笑顔などが世に受け入れられたのだろう。

 ちなみに1980年代のA型のアイドルは・・・

  松田聖子、中森明菜、薬師丸ひろ子、柏原芳恵、石川秀美、早見優、立花理佐、岩井小百合、井森美幸、森尾由美、大沢逸美、浅香唯、大西結花、佐野量子、渡辺桂子、菊地陽子、伊藤智恵理、水野きみこ、松本友里、甲斐智枝美、真璃子、桑田靖子、小出広美などだった。

 1980年代のO型のアイドルは・・・

 河合奈保子、小泉今日子、中山美穂、伊藤つかさ、島田奈美、坂上俊恵、浜田朱里、原真祐美、岩崎良美、新田恵利、高井麻巳子、岩井由紀子、西村知美、本田美奈子、西田ひかる、岡田有希子、水谷麻里、仁藤優子、鹿取洋子、小林千絵、徳丸純子、石川ひとみ

 1980年代のAB型アイドル

 富田靖子、石野陽子、杉浦幸、川島なお美

 現代では広瀬すず、佐々木希、橋本環奈、渡辺麻友、高橋みなみなどAB型アイドル全盛だが、当時は少なかった。70年代の手塚さとみ、浅野ゆう子、斉藤とも子、森下愛子、香坂みゆきなどのほうが遥かに多く、80年代はAB型アイドルは不作だった。

 記事作成:平成26年9月~平成28年5月13日

2016年6月 8日 (水)

2016 パ・リーグチームの血液型比較

  昨日に引き続き、プロ野球チームの主力やスタメン選手たちの血液型から、そのチームの特徴を検証しようというこのテーマ記事をお送りします。本日は、今や実力だけでなく、セ・リーグを凌ぐ人気のパ・リーグを取り上げたい。血液型のバランスでいかにチーム事情が異なるのか、その傾向を探るものだ。ではさっそく見て行きたい。

<パ・リーグ>

 ソフトバンク

 1 中村  O型   5 長谷川 AB型   9 本多 O型
 2 今宮  O型   6 松田    O型
 3 柳田 AB型   7 城所    B型
 4 内川  B型   8 鶴岡    A型

 DH制のパ・リーグでは、スタメン9人が野手だが、なんとソフトバンクはO型だらけ。4人がO型でB型とAB型が2名ずつ。日本人の4割近くを占めるA型はたったひとり。これは、監督の工藤がO型で、それゆえ選手はO型とB型を中心に配置する典型例。怪我や故障が多かったり、変に真面目でプレッシャーに弱いことと、PR不足のA型を嫌ってしまうからだ。 
 主な主力投手

 A型 千賀、東浜、森福、寺原、森
 O型 和田、松坂、摂津、岡本
 B型 武田
AB型
 不明 バンデンハーク、サファテ、スアレス

 エース級はO型が多い。A型の投手は多いものの、好不調の波が激しく、故障も多い面々

 ロッテ

 1 岡田    O型    5 角中  A型   9 中村 A型
 2 高濱    A型    6 井上  A型
 3 清田    A型    7 鈴木大 O型
 4 デスパイネ ?    8 吉田  O型
                         
 主な主力投手

 A型 大嶺、石川、涌井、内、西野、南、香月
 O型 唐川、松永、二木
 B型
AB型 藤岡

 ロッテはO型のバレンタイン監督時代には、選手はO型とB型だらけだった。同じO型の伊東監督は、スタメンのB型はゼロ。パワーヒッターの多いO型と小技が利くA型という配置。主力投手はB型がゼロと言う怪奇現象。主力投手の大多数がA型。珍しい配置。

 日本ハム

 1 陽   A型      5  近藤  O型   9 中島  A型
 2 西川  A型       6 レアード ?
 3 田中  O型         7 谷口  B型
 4 中田  O型        8 大野  O型
 
 主な主力投手

 A型 増井、谷元、齋藤
 O型 宮西、井口、吉川、榎下
 B型 大谷、高梨
AB型 加藤、有原
 不明 メンドーサ、バース、マーティン

 緻密で管理野球を徹底するA型監督の栗山は、主力投手はO型を多く配置。しかしスタメンは、クリーンナップをO型で揃え、小技のA型を1・2番に据えた布陣。A型監督にとって扱いづらいB型は少ない。

西武

 1 秋山  A型    5 浅村  O型     9 外崎  O型
 2 栗山  O型    6 坂田  A型  
 3 メヒア  ?     7 山川  A型
 4 中村  O型    8 岸谷  O型
 
 主な主力投手

 A型 岸、野上、藤原、小石、牧田、武隈
 O型 十亀
 B型 菊池、高橋
AB型 増田、
 不明 郭、バスケス、C.C.リー

 O型の田邊監督は、主戦級投手にA型を揃えている。なぜかO型が極端に少ない。しかし、打線はO型とA型に綺麗に分類できる。やはりスラッガーはO型に限るようで、動体視力に優れているために長打力にかけてはO型にはかなわないようだ。しかし、楽天家のB型がスタメンに一人もいないのが気になる。プッシャーに強いB型を置かないと、変化が無くなる。

 楽天

 1 岡島   B型   5 今江 B型    9 嶋  A型 
 2 銀次   A型   6 茂木 O型
 3 松井   O型   7 ゴームズ ?
 4 ウィーラー ?   8 藤田 O型
 
 主な主力投手

 A型 則本、松井裕、塩見、濱矢、釜田、安楽、横山、辛島
 O型 美馬、
 B型 戸村、金刃、青山、福山
AB型
 不明 プリガム、ミコライオ、

 監督はA型の梨田。面白いことに、投手陣の編成はA型が圧倒し、ついでB。O型とAB型はほとんどいない。梨田監督は、同じA型だった仰木監督とイメージがダブる。

 オリックス

 1 吉田   B型   5  ボグセビック ?    9 西野 O型
 2 小谷野  O型   6 中島     A型
 3 糸井   A型   7 T-岡田    B型 
 4 モレル  ?    8  伊藤     B型
 
 主な主力投手

 A型 吉田一、岸田、近藤
 O型 平野、金子、東明、塚原
 B型 松葉、佐藤達、西、梅田
AB型
不明 ディクソン

 O型監督の福良は、エース級はO型、そして敵を欺く技巧派のB型を多く配置。オリックスはスタメンにB型が多い。A型とO型は2人ずつ。小谷野の2番は疑問だが、T-岡田が7番を打つオーダーはかなり贅沢。中島は3番タイプだと思っている。西武時代は良かったが、やはりメジャーに行ってダメになった典型パターン。

 選手起用やスタメンの配置など、チームの血液型の傾向によって、味があるというか、チームカラーも異なって見える。私は名球会のメンバーを見ると、野球はO型とB型の世界と見ている。この血液型の傾向も、プロ野球の見方、楽しみ方のひとつにしてもらえると異なる視野で観戦できると思う。

 記事作成:5月18日(水)

より以前の記事一覧

福島県の天気


無料ブログはココログ