2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

テレビCM

2018年1月31日 (水)

2018年1月期のCMベスト5

 その時期に流行ったり、何度も繰り返し放送され、注目を浴びた見慣れたCMを特集して掲載しているこの記事。今回もこの1月に放送されたCMから個人的に気に入っているCMを5作品お送りします。

 1位 第94回箱根駅伝 みんな、がんばれ(理由)篇 60秒   SAPPORO

 「走る選手全員を応援したくなってしまう」。その理由のひとつとして、それぞれがスタートラインにたどり着くまでに様々な背景があり、それぞれが負けられない想いを抱えている。そんなことが挙げられると思います。各選手たちの「止まれない理由」、それを箱根を走る姿と重ねながら見せていくことで、なぜ箱根駅伝を観る私たちがこんなに熱くなるのか、なぜ思わず全員を応援したくなってしまうのかをもう一度思い出してもらう。そんなCMを目指しました。

 2位 Tokyo Desney Resort 「夢がかなう場所」

 いつの時代も東京ディズニーランド&シーは夢の国。大人でも子どもに帰れる不思議な魔力を秘めている。小さい頃に憧れた空想世界を具現し、一歩ランドに足を踏み入れればそこは魔法にかかったかのようにお伽の国へといざなってくれる。そんな夢の世界を演出した秀作CM。

 60秒はコチラ https://www.youtube.com/watch?v=Knoqi57egUo

 3位 日本生命

 毎回、オリンピック直前にはアスリート達を応援するCMで秀でている。今年は45歳にして8回目の五輪出場を果たした葛西紀明選手。亡き母が残した言葉を胸に最後の?飛躍を誓う涙ものの内容。

 「どん底から這い上がってくるお母さんは楽しみに待っています。」

 どんな時も母は強し・・・。

 4位 ユーキャン 「佐々木希」篇

 

 https://www.youtube.com/watch?v=Id-mS8x1ESE

 食生活アドバイザーの資格取得にチャレンジした女優の佐々木希。忙しい合間を縫ってユーキャンのサポートで勉強し、見事合格。しかし、この資格取得の目的が、夫である渡部建を喜ばせるためだとしたら、少し複雑・・・。
 年末年始はこのCMばかり流れていた。

 5位 コインチェック

 出川哲朗が兄と弟の二役を演じている傑作CM。単純なやりとりだが、彼がやるとなぜか笑える。
 しかし、1月20日以降の週に、大変なことが起きた。ビットコインで580億円の流出が出たという報道があった。若き27歳の和田社長が目を真っ赤にはらして記者会見で謝罪した。やはりセキュリティーが脆弱だったようで、ハッカーが不正操作すればこのような甚大な被害が出る。たぶん、こういうずる賢い輩は中国人の仕業だろう。
 これが原因かは不明だが、それ以降、このCMはパタッとやらなくなった。いくら一攫千金の夢とはいえ、実体のないものに投資するのは危険極まりない博打行為だったという訳だ。
 今となっては出川哲朗の「知らないんだ~」という台詞が痛々しい。本当に知らなかったのは「コインチェック」そのものだったと・・・。

2017年12月28日 (木)

2017年12月期のCMベスト5

 一昨年から2か月に一度ずつお送りして来た、その時期に流行ったり、何度も繰り返し放送され、注目を浴びた見慣れたCMを特集して掲載しているこの記事。しかし、あまりにも秀作が多いため、昨年からは毎月末に傑作CMを紹介しています。今回もこの12月に放送されたCMから気に入っているCMを5作品お送りします。

 1位 竹内涼真「レディーボーデン」

 第2話 https://www.youtube.com/watch?v=YhMvMNbBF3Q

 第3話 https://www.youtube.com/watch?v=-dTiRoZVRpM

 2位 日清どん兵衛

 星野源と吉岡里帆の「ほのぼのどん狐夫婦」のCMシリーズもツボに嵌ってきた。

 3位 ガぶっといっちゃえ!ww0秒チキンラーメンやってみた! 新垣結衣

 4位 カロリーメイト

 この時期から受験生の追い込みとなる。私も現役・一浪時代に経験し、春は本当に来るのかと不安に駆られていた。いっそ逃げ出してしまいたいと考えた時もあった。そんな受験生を激励するCMがカロリーメイトだ。

「受験に in ゼリー編」

https://www.youtube.com/watch?v=Tu0X49b1Xc0

「カゴメ」

https://www.youtube.com/watch?v=q8D0USuQOLk

 5位 JRA

  クリスマス前にさんざん流れていた「有馬記念」のCM。競馬の後もイブの夜を仲間と一緒に過ごしたい男と、それぞれに予定があって解散を希望する他のメンバー。そのギャップに笑えた。

2017年12月 3日 (日)

彼氏・彼女が欲しくなる名作 Xmas CM

 クリスマスまで一か月を切り、街角にはイルミネーションが夜の闇を鮮やかに照らし、いやがおうにもクリスマスムードを掻き立てる季節、テレビをつければ、同じように甘い恋人同士の映像が流れている。師走にお馴染みの光景が今年もやって来た。
 過去、何度も当ブログで、クリスマスを彩るCMを特集して来たが、今年はその中でも名作と思えるものを4つお送りしたい。

 1 ペプシネックス CM Pepsi NEX 「X'mas Lover」篇   

 

 B’zの「いつかのメリークリスマス」が切なくて、冬の情景にはピッタリ。待ち合わせ場所になかなか現れない彼氏にしびれを切らす彼女の表情が堪らない。目隠しからバッグハグは女子の憧れのシチュエーションだろう。
 ♪「い~つまでも手を繋いでいられる気がしていた~」からの「好きな人をもっと好きになる季節です」はジーンと来るナレーション。本音が垣間見えて共感できる。
 私にも20代の頃、このようなシーンが何度かあった。今見るともどかしさ半分、微笑ましく思えること半分だ。

 2 アルペン CM 加藤晴彦 1996年 「待ち合わせクリスマスツリー」篇

 アルペンのCMは1980年代頃から始まり、出演者を替えて繰り返し放送されて来た。クリスマス直前にスキー場がオープンし、大晦日・正月、バレンタインデーまでドラマチックなゲレンデシーンが展開する。そこでは誰もが純愛ドラマや映画の主人公になり得る要素を秘めている。

 3 新垣結衣Mobage cm   

 恋人が出来て初めて迎えるクリスマスデート。彼氏を待つ時間の長さ。彼氏が来ない時間、不安に駆られている彼女の表情が切ない。やがて大遅刻して待ち合わせ場所に現れた彼氏。曇りがちの表情が一瞬で変わるその瞬間が素敵だ。

 4 東京ディズニーシー クリスマスウィッシーズ CM(2010年)   

 彼女の本心がいじらしい。ディズニーランドはカップルで訪れると恋の魔法が醒めないようだ。

 今回は毎回ダントツ1位にしている「JR東海」を敢えて掲載しませんでした。

 最後に、てっぱんクリスマスCM動画をどうぞ!

クリスマスに聞きたい曲!定番の邦楽クリスマスソング。おすすめの名曲や人気曲 2017

https://www.youtube.com/watch?v=F71AcFBUG-o

 さて、年甲斐もなくはしゃいだ記事を書いてしまったが、クリスマスシーズンは誰もが心躍り、メルヘンチックな雰囲気に浸りたくなる。そんな光景を彩り、鮮やかに演出してくれるCMを今日は紹介しました。

 記事作成:11月27日(月)

2017年11月30日 (木)

2017年11月期のCMベスト5

 一昨年から2か月に一度ずつお送りして来た、その時期に流行ったり、何度も繰り返し放送され、注目を浴びた見慣れたCMを特集して掲載しているこの記事。しかし、あまりにも秀作が多いため、昨年からは毎月末に傑作CMを紹介しています。今回もこの11月に放送されたCMから気に入っているCMを5作品お送りします。

 1位 日清のどん兵衛CM 「ふっくらマフラー 篇」

 2位 JRA 騎手の斤量

 3位 七十七銀行「すすめ、未来へ。」白石麻衣篇

 これは妙で、我が福島県では全く同じCMなのにラスト部分が「七十七銀行」ではなく、福島市に本社を置く「東邦銀行」と流れる。これは地方銀行の共同制作&共同スポンサーなのか?

 西野七瀬 篇 https://www.youtube.com/watch?v=L0ZEfxtGUAw

 桜井玲香 篇 https://www.youtube.com/watch?v=q2bGk3rNIrg

 4位 花王 ロリエ スリムガード はたらく女子の1日篇

 元アイドルで女優の真野恵里が出演しているCM
 26歳 B型

 5位 レイク

 上地雄輔、朝比奈彩のO型コンビが出演している。朝比奈彩は小顔で9頭身はあるほどスタイル抜群。可愛すぎる。

 お手玉篇はコチラ https://www.youtube.com/watch?v=YQHCQIJEj5s

2017年10月31日 (火)

2017年10月期のCMベスト5

 一昨年から2か月に一度ずつお送りして来た、その時期に流行ったり、何度も繰り返し放送され、注目を浴びた見慣れたCMを特集して掲載しているこの記事。しかし、あまりにも秀作が多いため、昨年からは毎月末に傑作CMを紹介しています。今回もこの10月に放送されたCMから気に入っているCMを5作品お送りします。

 1位 日清どん兵衛 吉岡里帆

 今年ブレイクした女優No.1の吉岡里帆が猫耳ならぬ狐耳をつけて登場。クールな星野源を相手にやきもちを焼くストーリー。なるほど、この可愛さはNo.1になるのも頷ける。

 2位 indeed

https://www.youtube.com/watch?v=Mg-fJHli41s

 斎藤工と泉里香が共演している「バイト情報誌」のCM 「幸せなら手をたたこう」の曲に乗せて2人が様々な職業に扮する。

 3位  サカイ引越センター

 サラリーマンには付き物の転勤。恋人と離れ離れになって遠距離恋愛になることも多いが、女性の決断を描いた秀作。このCMは今月だけではなく1年程度前から流れている。このシリーズ記事でこれまで掲載できなかったため、今回、ここで取り上げました。

 4位 レノアハピネス

 鈴木亮平・連佛美沙子が共演しているシリーズCMで、今回は香りから出逢いがあるというなかなかないシチュエーション。

 5位 KOSE CARTE CLINITY カルテクリニティ 佐久間由衣

 ゼクシーのCMにも出演中の佐久間由衣さんの新CM。美しい女性は化粧品メーカーが放っておかない。あの色白はやはりO型だった。

2017年10月26日 (木)

これがバブル時代のCMだ!

 平野ノラが1980年代のバブル時代の世間を代弁してくれている。当時、私は高校、大学、社会人2年目までを過ごした人生の絶頂期と重なる。それだけに時代は、空前の好景気に沸いたし、潤いと豊かさの時代だった。そんな中、それらを象徴するかのようにその時代風刺をCMに垣間見ることが出来る。
 今日はそんなバブル期を象徴するCM作品を特集したい。

 コカ・コーラ

 この時代は「爽やかテイィティー I Feel Coke」の爽やか系のコーラCMが一世を風靡していた。季節に応じて様々なシリーズが制作された。スタイル抜群の外国人人モデルやハーフを起用したり、当時、毎回登場した松本孝美さんが微笑んで私たちを癒してくれた。

 尾道を舞台にした下の作品も良かった。人生の縮図を見ているようだった。

 実は私が大好きだったのは下の「Yes Coke Yes」の作品

 大学の学食を舞台にしたノリの良い作品。大学生たちの共感を呼び、だれもが憧れた一体感がなんとも言えない。 ブラックキャッツの高田誠一さんが出演した。

 そして「Coke Is It」も爽やかさが漂う。

 三井のリハウス

 国民的美少女となった宮沢りえを一躍有名にした代表的なCMがこれ。このCMは美少女タレントの登竜門となり、その後も夏帆や井上真央、川口春奈らが出演し、毎回「あの美少女は誰?」と話題になった。

 日産アートフォース・シルビア

 ホンダプレリュードとトヨタソアラと並ぶバブル時代の三大デートカーのひとつ。街を流せば必ず一日10台は見かけた流行カー。女性は決まってワンレンスタイル、ブランドのバッグや指輪で着飾っていた。

 アルペン

 1980年代後半に巻き起こったのがスキーブームとRV車ブーム。映画「私をスキーに連れてって」が公開されるや、カラフルなスキーウエアに身を包んだ若者が、深夜発のスキーツアーバスでわんさかゲレンデを訪れた。誰もが主人公になれるようなドラマチックな展開を期待していたように思う。私も昭和63年に1シーズンに30回も通い詰め、密かに腕を上げる努力をしたものだ。

 さて、こうして見ると、いかにバブル期が輝いていたかわかる。今のCMとは勢いが違うし、日本経済、産業界が生き生きしていた。

 記事作成:10月9日(月)

2017年9月30日 (土)

2017年9月期のCMベスト5

 一昨年から2か月に一度ずつお送りして来た、その時期に流行ったり、何度も繰り返し放送され、注目を浴びた見慣れたCMを特集して掲載しているこの記事。しかし、あまりにも秀作が多いため、昨年からは毎月末に傑作CMを紹介しています。今回もこの9月に放送されたCMから気に入っているCMを5作品お送りします。

 1位 「ツール・ド・東北」メッセージCM『この道』

 福島県民の私にとってこのCMは琴線に触れる。未だに放射線の影響で故郷を離れ、見知らぬ土地で生活を送っている方々が多くいる。この道は少年期を過ごした頃のままで、やがて未来へと続いている。39歳で父親を病気で亡くした自分は、子供のころに父親にしてもらった数多くのことを、自分の子供に返せてはいない。

 2位 吉岡里帆 「DIC」企業ブランドCM「今日は何色?」編 

 3位 ゼクシィCM「私は、あなたと結婚したいのです」噴水篇   

 ゼクシィCM「私は、あなたと結婚したいのです」風船篇   

https://www.youtube.com/watch?v=FuH-38iyOD0

 この女優さんは今年、ブレイク中の「佐久間由衣」。22歳のO型。やはりこの色白はO型だった。本業はモデルだが、2015年にはフジテレビ系土ドラ『トランジットガールズ』でドラマ初主演を飾っている。
 2017年前期NHK連続テレビ小説『ひよっこ』に有村架純演じるヒロインの幼なじみ役で出演。女性1,293人が参加したオーディションで決定した。

 4位 JRA タオラブユー

 5位 雪見だいふく 土屋太凰

2017年9月 7日 (木)

2017年福島県内のCM特集

 2017年の今年、我が福島県内で放送されている、私がお気に入りのCMを紹介したい。なんとすべて月曜日の「めざましテレビ」内で見られるのだ。残念ながら動画サイトにはアップされていないものもあるので、画像でどうぞ!

 1 はしもと住宅店

 6:37頃のCMと6:57頃からの天気予報で別バージョンが流れる。

 天気予報はコチラ

Img_4954_r Img_4955_r
Img_4956_r Img_4958_r
Img_4959_r Img_4960_r

 2 郡山女子大学オープンキャンパス

 こちらは月曜日を含め、毎日6時台に流れている。いろいろなバージョンが放送されている。BGMの英語の曲が気に入っているが、曲名が不明。誰かご存知でしたら、コメントを今回に限り開けますのでお知らせください。

 2017年のCMは絵面が違うが、動画サイトにアップされていないので、去年のものを掲載いたしました。

 3 JR東日本「フルーティアふくしま」

Img_4961_r Img_4962_r
Img_4963_r Img_4964_r
Img_4965_r Img_4966_r

 この夏(7~8月)は数多くこのCMが流れている。

 「フルーティアふくしま」の運行はコチラ http://jr-sendai.com/train/fruitea/

 4 ホンダCars福島

 こちらは7:56頃のCMと「めざましじゃんけん」前の天気予報で別バージョンが流れる。
 登場するディーラーのセールスレディーのおっちょこちょいの失敗場面が流れ、共感が持てる。このモデル(女優?)さんの名前をご存知の方はお知らせください。

Img_4967_r Img_4968_r
 よく車のショールームに置いてあるお子様用のおもちゃで遊ぶ女性ディーラー。「出発進行!」と車を走らせて遊んでいると、上司に見つかり、「終点です・・・」と罰が悪そうな表情。
 他のバージョンでは「課長、俺様からお電話です」というのもある。

こちらが天気予報 郡山駅前の風景が随所に使われている。
Img_4977_r Img_4978_r
Img_4979_r Img_4982_r
Img_4983_r Img_4984_r
                        消防署前の公園を疾走

Img_4985_r Img_4986_r
         続いてBig-i前の階段を全力で駆け上がる

Img_4987_r_2 Img_4988_rImg_4989_r Img_4991_r
  そしてアティをバックに駅西口ペデストリアンデッキ上を走る
 全体的に青味がかっていて、早朝に撮影されたと見られる

Img_4992_r Img_4993_r
 さらには「Big-i」をバックに弾ける笑顔で叫ぼうとしている絵

Img_4995_r Img_4994_r

 ラストシーンは歩道橋上からアティ方面を向いて何かを叫ぶ!別バージョンCMで「車を買うならホンダCarsふくしま!」と叫んでいることが判明した。別のバージョンでは「車を買うなら今がチャ~ンス!」と叫んでいる。

 郡山駅前でロケした地元CMには「駅前コンタクト」や「東邦銀行」、「福島民友」のCMがある。

 5 いわき平競輪「ガールズケイリン編」

 こちらは月~金まで毎日流れている。主に7時56分頃だ。歴代いろいろなシリーズがあった。今のBGMが気に入っている。

「初めてのレース編」 https://www.youtube.com/watch?v=omtfsuU-Y-g

「施設編」 https://www.youtube.com/watch?v=AMOAvPWUNtg

 ♪さぁ いわきの鐘が鳴る~ 汐風のターン駆け抜けて~
                   遠くから同じ感動 追いかけてい~る~♪

 さて、今日は5編のローカルCMをお送りしましたが、もちろんこれだけではない。「スパリゾートハワイアンズ」や「三万石」、「柏屋」などの全国区のCMは割愛させていただきました。ひと昔前までは、福島のCMと言えば、「大七」や「花春」の地酒や観光ホテル、印刷業などのCMが多かったが、時代は変わったようで、今日紹介したCMはメジャーなものだ。
 しかし、今日紹介したCMも来年の今頃はもう見られない。だからあえて今日取り上げた次第だ。2017年夏、こんなCMが福島を彩っていたことを残しておきたくて・・・。
 

 記事作成:8月21日(月)

2017年8月31日 (木)

2017年8月期のCMベスト5

 一昨年から2か月に一度ずつお送りして来た、その時期に流行ったり、何度も繰り返し放送され、注目を浴びた見慣れたCMを特集して掲載しているこの記事。しかし、あまりにも秀作が多いため、昨年からは毎月末に傑作CMを紹介しています。今回もこの8月に放送されたCMから気に入っているCMを5作品お送りします。

 1位 午後の紅茶 「おちつけ、恋心。」篇

 60秒バージョンはコチラ

https://www.youtube.com/watch?v=_GBxB7FXaiQ

 この夏、一番多く流れたCM

 2位 amazon prime アマゾンプライム

 おばあちゃん思いの孫が取った行動に涙腺崩壊の素敵なCM。亡き夫と若い頃にタンデムツーリングした写真立てを見つけた孫が、懐かしい想い出を甦らせようと、アマゾンでヘルメットをプレゼントし、バイクの後ろにおばあちゃんを乗せて菜の花畑の一本道を仲良くツーリング。素晴らしい作品。

 90秒バージョンはコチラ https://www.youtube.com/watch?v=Y2b9U6qu5SU

 3位 「首都医校」 清原果那主演

 2017年度TVCMのメッセージは「医療人になろうと思う。」
医療人を目指すきっかけは、誰にでもある些細なこと。
誰かの力になりたい、自分が誰かにしてもらった嬉しいことを
誰かに届けたいという気持ちは、特別なことではありません。
あなたのそばにもきっとある。
それが、今回のTVCMのテーマです。

 キャッチコピー「医療人に、なろうと思う。」は、身近にある支えに気づき、次は自分が誰かの支えになる、と決心した人の言葉。
医療人を目指すひとり1人の強い気持ちに、首都医校は応えます。

 4位 はしもと住宅店

 ソーラーサーキット・木造注文住宅「はしもと住宅店」のTVCMです。福島県では「めざましテレビ」の月曜日放送中の6:57~:58に流れているCM。

 月曜日、私の出勤間際に流れるため、かなり気持ちが穏やかになって癒されて送り出される。
 同じ日のこのCMの少し前の天気予報の中でも別バージョンが映像として流れる。妻がベッドの上で手紙を読む絵づらのやつだ。

 この時間のCMは1年交代で変わっていく。「ナプロフクシマ」、「T×T GARAGE」、「学法石川高校」などがこれまで流れていた。

 5位 ポカリ夏休みバージョン

 吉田羊と鈴木梨央が親子を演じているシリーズCMで結構この夏休みヴァージョンは私のお気に入りだ。

「夏が来たなら 思い出して~ひと夏の冒険 おっと注意~熱中症~」

「放っておいて、放っておけない~、熱中症~」

 さて、本日はこの夏、ひっきりなしに流れていたCMを特集してみました。4位の「はしもと住宅」を除けば、おそらく見覚えのあるものばかりだと思う。ひと夏の想い出として、備忘録的にまとめてみました。

 記事作成:8月初旬~8月21日(月)

2017年8月23日 (水)

涙腺崩壊CM集

 この歳にならないと共感を得ない感動がある。それは自分が親の世代になって初めて理解できる共感で、若い時分には決して味わえない感動だ。
 今日は、そうした年齢を積み重ねて初めてわかる人生のストーリーを回顧させてくれるCMを取り上げたい。

 1 登校の日「ママの想い アナザーエンディング編」   

ママの愛情を描いた感動のショートムービー「ママの想い」

https://www.youtube.com/watch?v=puvotwscvsg

mother's wish
「きみのランドセルは、ママの想いが詰まったお守りだから。」

今年で18年目迎える「ママポケットランドセル」は先輩ママのあったらいいなを詰め込んだオリジナルブランドです。
最新モデルはママポケット史上最大の大容量化!(前年120%)
ママポケットランドセルの特徴である全面のママポケットが開閉しやすいよう下まで大きく開くようになった他、全体的にサイズアップした為、荷物の多くなる高学年になっても全てランドセルに仕舞えお子様の手が塞がらず安全に登校できます。

6年間、ママのように寄り添うランドセル。
元気に成長していくこどもを見守りたい。そんなこどもを想うママの声をカタチにしました。

 2 君よ前へ進め

 私にも年頃の娘がいて、こうして大事に育てた娘が、いつか親元を離れ、嫁いで行くのかと思うと、切なくなる。一緒に過ごした時間とは愛情の深さを物語る。こうした人生のひとコマひとコマが愛おしく感じる年齢に自分もなったということだ。

 記事作成:8月11日(金)

より以前の記事一覧

福島県の天気


無料ブログはココログ