2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私のPVライブラリー

2014年5月26日 (月)

プロジェクトX風PV集

 かつて世のサラリーマンや技術者、開発者たちに夢と希望を与えた名番組があった。それはNHKが制作し、2000年3月から2005年12月まで放映された「プロジェクトX~挑戦者たち~」であった。国井雅比古と久保純子がMCを務め、その後膳場貴子にバトンを渡した。ナレーションは田口トモロヲで、あの独特な語る口調が感動を倍加させた。あの社会的影響が大きく、人々に勇気と希望を与え続けた番組が終了し、早くも9年異近く経過した。ではさっそく当時を振り返りつつ、私が好きだったテーマを10作品挙げると・・・

 1位 「炎上 男たちは飛び込んだ」(ホテルニュージャパン火災)

http://v.youku.com/v_show/id_XMjkzMDk1ODky.html

 2位 「窓際族が世界規格を作った VHS・執念の逆転劇」

http://v.youku.com/v_show/id_XMjc0MjMyNTI0.html?from=y1.2-1-85.3.1-1.1-1-1-0

 3位 「不屈のドラマ 瀬戸大橋」(瀬戸大橋・本州四国連絡橋)

 4位 「友の死を越えて 青函トンネル・24年の大工事」

http://v.youku.com/v_show/id_XMjc0MjMyMTUy.html

 5位 「つっぱり生徒と泣き虫先生~伏見工業ラグビー部・日本一への挑戦~」

http://v.youku.com/v_show/id_XMjc5Nzk3NTA4.html

 6位 「厳冬黒四ダム 断崖絶壁の輸送作戦」

http://v.youku.com/v_show/id_XMjc1MjY5ODc2.html

 7位 「奇跡の心臓手術に挑む」(バチスタ手術・湘南鎌倉総合病院 )

http://v.youku.com/v_show/id_XMjk3NDcwMDY0.html

 8位 「東京タワー 恋人たちの戦い」

http://v.youku.com/v_show/id_XMjk3ODEyMjA0.html

 9位 「執念が生んだ新幹線 老友90歳・飛行機が姿を変えた」

http://v.youku.com/v_show/id_XMjc0MzU3NDI0.html

10位 「激闘・男たちのH2ロケット」(H2ロケット開発・宇宙開発事業団)

 こうしてみると、モノづくりのできる理系の仕事は羨ましい気がする。このドラマを盛り上げたのが番組オープニングの「地上の星」と感動を呼んだ「ヘッドライト・テールライト」の名曲だ。共に歌姫「中島みゆき」が歌った。

 さて、以上は本物のプロジェクトXだが、著作権の問題があってリンクできないが、「YouTube」には、この名作をもじって個々に作られた痛烈な社会風刺風のもどき作品や、人生のイベントを演出するパロディ風のパクリ作品がたくさんアップされている。それは、さながら日本生命のPV風にも似たドラマチックな力作揃いである。今日は、その中から感動的な3作品を取り上げたい。

 1 東日本大震災 自衛隊、消防士に感謝

 2 福島第一原発事故を収束せよ

http://www.youtube.com/watch?v=odXANj740tQ

 3 プロジェクトXオープニング編集映像

 私は個人的に、このような「ドキュメンタリー」形式の再現番組が好きだった。紆余曲折と失敗の連続、苦労に苦労を重ねた末にようやくたどり着いた商品開発。成功の裏には、研究者や技術開発者の苦難や決して諦めめない不屈の闘志を始め、数えきれないドラマがあったに相違ない。名もない企業戦士にスポットを当て、他のサラリーマンにも勇気と希望を与えた話題作がこの番組だった。後継として現在放送中なのは「プロフェッショナル仕事の流儀」である。テーマソングの「progress」も素晴らしい。
 最近は、こうしたドキュメンタリー番組が少なくなった気がする。もう少し、このような励みになる人生訓のような番組を提供してほしいと願わざるを得ない。NHKにはぜひ英断をお願いしたいものだ。

 最後に「ヘッドライト・テールライト」でお別れしたいと思います。本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

 記事作成:5月4日(日)

2012年12月 7日 (金)

感動PVをあなたに・・・

 あの多大な犠牲者を出した震災から早1年8ヶ月あまり。未だ復興は遠い。中央では愚かな政治家たちが覇権争いばかりを繰り広げ、衆院解散、総選挙への道を選択した。復興策を棚上げし、意図的な政治空白を作り、被災地を蔑ろにしようという魂胆だ。しかも許せないのは、自分が所属し、お世話になった政党を旗色が悪いとみるやいなや、平然と捨て去る愚行の数々。このままでは負けると見るや、こぞって民主党を離党し、平気で魂を売り、勝ち馬に乗ろうとする輩ばかり。つまりは保身術ばかり。国民の方を見ずして、自らの延命策ばかりを模索するゴロつき政治家どもだ。実に嘆かわしい。私たち被災者は冷めた視線でそうした動向を見ている。今日はそうした大局を忘れ、震災の復興を遠ざけている彼らに、もう一度初心に回帰してもらうために、爪の垢を煎じて飲ませたく、立派な振る舞いで国を救った方々と、それに纏わる映像を見せ、政治家の本分を取り戻してもらうと共に、政治に携わる者の本懐を遂げてもらいたく、本日のテーマを設定した。

<東日本大震災編>

 1 小さな応援団

http://www.youtube.com/watch?v=x-VPKbsII8k&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=_wTh3cJCQAU&feature=related

 防衛出動であれ、災害派遣であれ、日本を護れるのは彼らしかいない­。その厳しい現実を、この震災を通して多くの国民が自覚し認識した­と思う。まずは、献身的にご尽力頂いた隊員各位に、心から感謝したい。在京の大手マスコミが自衛隊の美談を、国民から遠ざけようとして­も国民はもう騙されはしない。「大代保育園」の職員の皆さん、ありがとうございました。子供たちを正しく指導されている姿勢が伝わってきます。

 2 命懸けで放水作業に当たった消防隊員を労う石原前東京都知事

 3 子供たちを助けた後、津波で亡くなった外国人の女性英語教師(2分5秒より)

 あの震災から1年と余月の月日が流れました。甚大な災害を風化させたくないと思っています。

 4 球史に残る選手宣誓

 「宣誓。私たちは16年前、阪神淡路大震災の年に生まれました。­今、東日本大震災で多くの尊い命が奪われ、私たちの心は悲しみで­いっぱいです。被災地ではすべての方々­が一丸となり、仲間ととも­に頑張っておられます。人は、仲間に支えられることで大きな困難­を乗り越えることができると信じています。私たちに今できること­。それはこ­の大会を精いっぱい元気を出して戦うことです。がんば­ろう!日本。生かされている命に感謝し、全身全霊で正々堂々とプ­レーすることを誓います。」

http://www.youtube.com/watch?v=BtxEA6uiUWk&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=EODBnLkGZUo&feature=related

 さて、この動画を見てみなさんはどう思ったでしょうか。震災の出来事を、遠い昔の単なる流行遅れと思ってしまっていたのではないでしょうか。嫌な思い出や出来事に蓋をしていなかったでしょうか。人の記憶は次々と新しいニュースに以前の出来事がかき消されていってしまう。まるでペンキの上塗りのように。私たち福島県民は、原発処理もままならない状況下にありながら、相変わらずの内輪もめの茶番劇のさなかに晒されている。いっこうに出口が見えない放射性物質の汚染疑惑の中にいるのだ。政治家たちの愚行を目の当たりにし、希望も持てないような毎日だ。おそらく総選挙後は再び自民党政権が始動するだろう。自ら首相の座を降り、政権を投げ出してしっぽを巻いて辞任した安倍晋三に、果たしてもう一度日本を託して大丈夫なのか?私は不安でならない。先の総選挙で、間違いのない選択をしたいものである。今まさに「日本再考」の重大な転換期である。この動画を見て、今の日本に何が必要かを見直し、日本の行く末を憂い、ビジョンを携えて、真剣に考え抜いた舵取りをしてもらいたいものである。

 記事作成:11月13日(火)

2012年10月20日 (土)

私のPVライブラリー55

 今日は以前にも似たような特集をお送りしたが、手に汗握る興奮とドキドキ感を追求した緊迫感を描写したようなサウンドとPVをお送りしたい。死と背中合わせのスリルと恍惚感、そして手に汗握るようなスピード感を満喫してほしい。

 1.TOP GUN (Highway to the Danger Zone)

 1986年に公開された、トム・クルーズ主演の「空のF1」の異名をとる、アメリカ空軍ジェット戦闘機パイロットたちの過酷な訓練の模様を描いた話題作。女性教官との禁断の愛や命知らずの乗組員たちの友情を描写した。全米興行成績1位を記録し、日本でも1987年度の洋画配給収入1位を記録した。本作の大ヒットにより、主演のトム・クルーズは一躍トップスターの仲間入りを果たした。助演のヴァル・キルマー、メグ・ライアン、ティム・ロビンスら、若手俳優の出世作としても知られる。

 歌っていたのは「ケニー・ロギンス」。1984年のアメリカ映画の話題作「フット・ルース」の主題歌を歌い、全米1位を獲得して一躍トップ・スターの仲間入りを果たした。

 2.F1 THEME (TRUTH)

 主に1980年代後半から90年代にかけて、フジテレビが一手に引き受けてF1GPシリーーズを放送し、話題になった。世界各地を転々とし、年間16戦の総合ポイントで総合優勝を争った。数々の名ドライバーを生み出した。アラン・プロスト、アイルトン・セナ、ネルソン・ピケ、ナイジェル・マンセル。ミヒャエル・シューマッハ、バリチェロなどが常に優勝争いの先頭にいた。日本でも初のF1ドライバーとなった中嶋悟や鈴木亜久里なども参戦した。注目を浴びたのはドライバーだけでなく、チームワークスのマシンにも注目が集まった。とりわけ日本からもホンダやTOYOTAが技術提供し、セナを専属ドライバーに起用した「マクラーレンホンダ」や「ウィリアズスホンダ」はその時期、無敵の強さを誇った。

 この曲を演奏していたのはT-SQUARE。まるでジャズ系のブラバンをそのままプロ化したようなバンドで、歌は一切歌わず、曲の演奏に終始した。

 3.汚れた英雄

 1982年に公開された角川春樹監修の日本映画。初めてバイクレーサーの生涯に焦点を当て、息詰まるようなデッドヒートやレースのスリル感、勝負に賭ける飽くなき執念などを描いた秀作だった。伝説の天才ライダー・北野晶夫を演じたのは絶世の美男子だった草刈正雄。そのレース中の吹き替えを担当したのが、福島県原町市(現南相馬市)出身の日本屈指のライダー・平忠彦。ストレートでは300km/h近い超高速でサーキット駆け巡る様相は、万が一転倒やコースアウトしてクラッシュすれば、間違いなく死を招く危険との背中合わせの緊張感が漂っていた。

 特に、ローズマリー・バトラーが歌った主題歌は、そのレースの臨場感を盛り上げるに十分な曲だった。

 ここで苦言を呈するが、くれぐれもこれらを聴きながら車の運転はしないでほしい。思いのほか強気になって、アクセルを踏む足に力が入ってしまうからだ。

 記事作成:8月5日(日)~10月20日(土)

2012年9月28日 (金)

私のPVライブラリー54

 <うつくしまの誇り>

 今日は我が故郷、福島の有名な観光地や名所旧跡、祭事などを取り上げて紹介したVTRをお送りしたい。震災の原発事故によって、全国から「汚染地帯」というレッテルを貼られた「福島県」。昨年来、悔しさで溢れた時期を越え、ようやく平穏を取り戻しつつある。しかし、最近も心ない生態系学者の不用意な発言で、ようやく取り戻しつつあった自信を削がれた形となった。それでも福島県民は決して屈しないし、風評被害にも負けない。なぜなら、私たち福島県人は、最高の風土と雄大な自然に恵まれ、心豊かな人間に育ったからだ。それでは、我が福島県の今なお美しい風景の数々をご覧下さい。

1 花ほとばしる滝桜

樹齢1000年。薄紅色の無数の花が、ほとばしる滝のよう。国の天然記念物。
福島県三春町。JR郡山駅から磐越東線で15分。磐越道・船引三春ICから7キロ。

3 皐月彩彩

田植えを終え、新緑がいっそう輝きを増す福島県の5月の風景。緑、光、澄んだ空気が美しい皐月を演出し、初夏へと移ろう。

4 春待ちの飯豊連峰

福島・新潟・山形の3県にまたがる飯豊連邦。2000メートル前後の個性的な峰が並ぶ。
晴れた日には日本海を望むこともできる

5 春浅き尾瀬

湿原植物の宝庫といわれる尾瀬。冬の眠りから目を覚ますと、美しいミズバショウが多くのハイカーを迎える。日本の自然・環境保護運動の象徴ともなっている。

6 新緑の奥会津に響く汽笛 

豪雪地帯を走るJR只見線(会津若松~新潟・小出)。SLの雄姿は、人々の心を魅了する。車窓から眺める奥会津の自然は、まさに絶景。

10 滝にしみいるエゾハルゼミ

福島市の高湯不動滝。木々の間を高さ30mに渡って落ちていく。5月下旬から7月にかけてエゾハルゼミが特徴のある鳴声を奏でる。

11 真夏の夜の雪

福島県桑折町産ヶ沢川。ゲンジボタルが幻想的な世界を醸し出す。美しい光の舞は、まるで真夏の夜の雪のよう。福島市から北へ車で約30分。

12 相馬野馬追

福島県北東部に1000以上前から伝わる国の重要無形民俗文化財「相馬野馬追」。毎年7月に開催。それは、勇壮な戦国絵巻である。しかし、東日本大震災の影響で2011年­は、神旗争奪戦や甲冑競馬などの中心行事は中止となった。

13 滝がかなでる涼風

福島県を代表する5つの滝を紹介している。小野川不動滝(磐梯高原・北塩原村)、ひびくらの滝(県南部・棚倉町)、江竜田(えりゅうだ)の滝(県南部鮫川村)、三条の滝(­尾瀬)、銚子ヶ滝(郡山市熱海町)。涼やかなシンフォニーが心を癒す。

14 三春職人横丁

滝桜で知られる福島県三春町。多くの職人が軒を連ねたなつかしい風情が残る。その通りは、いまも職人横丁と呼ばれる。郡山駅からJR磐越東線で20分、三春駅。

15 地上の銀河



福島県の阿武隈山系に広がる田村市都路町。なだらかな丘一面を1万本の竹灯の明かりが包み込む。ふるさとへの思いを込めて毎年8月第一土曜日に開催されてきたが、2011­年は震災の影響で見送られた。

16 風と風車とひまわりと

福島県郡山市湖南町。猪苗代湖の南に位置する標高1,000メートルの布引(ぬのびき)高原では、4万本のひまわりが、高原の夏に彩を添える。33基の大きな風車は、3万­5,000世帯分の電力を生み出している。

17 釈迦堂川を染める花火
福島県のほぼ中央に位置する須賀川市の夏の風物詩「釈迦堂川全国花火大会」。1万発の花火が夏の夜空を彩る。2011年は、東日本大震災の犠牲者の追悼と復興を祈念して8­月20日(土)に行われる。テーマは、「復興へ 立ちあがろう福島」。
18 塩屋埼灯台
福島県いわき市にある塩屋埼灯台は、1899年(明治32年)に発点灯した。白亜の美しい灯台である。はるか40キロ先まで灯りを届ける。付近の海岸は、東日本大震災の津­波で被害を被った。灯台の近くには、美空ひばりの「みだれ髪」の歌碑などが立つ。
19 ほんとうの空に揺れるちょうちん
安達太良山のふもと福島県二本松市に370年前から伝わる「二本松のちょうちん祭り」。幻想的な灯が城下町に揺れる。2011年は、復興のへの思いを込めて開催された。
二本松市では、10月15日(土)から11月13日(日)まで、伝統の菊人形が開催される。入場は無料。また、市内には「智恵子抄」で知られる高村智恵子の生家などもある­。
智恵子の愛した「ほんとうの空」に今日も元気がこだまする。安達太良山の裾野に映える山里に夕映射すところ。古の歴史を辿りながら先人たちに思いを馳せる。酒、泉湧く湯の郷、霞ヶ城の秋は菊の香りに心癒され、幼き頃に夢を育みし大地。過去・現在・未来に生きる母のふるさと
20 草もみじ燃ゆる尾瀬

自然の宝庫、尾瀬の晩秋。真っ赤に紅葉した湿原は、"草もみじ"といわれる。そして日ごとに静かな冬が近づいてくる。長い冬の眠りへ。

21 錦秋の磐越西線

福島県の郡山駅と新潟県の新津駅を結ぶJR磐越西線。自然豊かな会津路を走る、ロマンあふれる鉄道である。週末にはSLも運行され、その雄姿は鉄道ファンなど多くの人々を­魅了する。

22 ぬくもりの手焼きせんべい

福島市で100年続く「手焼きせんべい 紺野屋」。炭火と手焼きにこだわる老舗。名物の「さくらせんべい」は、淡いピンク色が美しい。炭火で焼き上げられる様は、まるでつぼみが開くかのよう。

23 悠々只見川

尾瀬を源流とし、福島県の会津地方を流れる只見川。
山々の間をゆったりと流れる。
屋形船によるライン下り(只見川山峡下り)では、日本の原風景ともいえる雄大な眺めと四季の彩を心ゆくまで堪能できる。

24 弔いの炎 松明あかし

松明あかしは、福島県須賀川市で400年あまり続く火祭り。伊達政宗との戦いで討死した須賀川城主 二階堂家の霊を弔うために始められたとされる。毎年11月中旬に行われる。2011年は、東京電力福島第一原発の事故による放射能問題をうけて、全国からカヤや竹などの提­供が数多くあり、放射性物質が検出されない材料が使われた。

25 銀杏舞う長床

福島県の会津地方、喜多方市にある国指定重要文化財・新宮熊野神社長床(しんぐうくまのじんじゃながとこ)。間口27m奥行き12mの拝殿は、平安末期から鎌倉初期の時代­に建立されたとされる。かつては、山伏の修行の場だったともいわれる。境内にある樹齢800年の大きないちょうの木は、秋深まる頃、黄金色の葉で長床を包む。晩秋の風物詩­である。

26 おいしさ届けるオレンジ色のカーテン 

福島県の北部、伊達市梁川町の五十沢(いさざわ)地区。あんぽ柿が特産。あんぽ柿は、渋柿を硫黄で燻蒸(くんじょう)する独特の製法で作られる。半生状の甘い果肉が特色。
初雪の知らせが届く頃、五十沢地区はオレンジ色のカーテンで包まれる。

27 男気たぎる裸まいり

福島県の会津地方、柳津町の福満虚空蔵尊 円蔵寺に伝わる新春の祈願祭「七日堂裸まいり」。下帯ひとつの男達が、厳寒の中、本堂の大鰐口めがけて一本の綱をよじ登る。健康と幸せを願って、真冬を熱くする男たちの祭­である。

28 寒冴ゆる裏磐梯

福島県の代表的な観光地「裏磐梯」。降り積もった雪は、いくつもの芸術作品を生み出し、さながら"自然のアートミュージアム"となる。寒さが冴える冬の裏磐梯である。

29 厳冬の輝き

猪苗代湖・天神浜で真冬に見られる「しぶき氷」。そのクリスタルな輝きは、厳しい寒さが作り出す自然の芸術品。

 本日お送りしたのは地元のテレビ局FTVが制作したもので、「いっしょに歩こうふくしま」と銘打って、福島県民を勇気づけるためのメッセージフィルムである。これらの美しい風景に触れるたびに、私たちは思う。震災や風評被害に負けず、あの美しい景色を再び取り戻そうと・・・。「うつくしま福島」。これは私たち福島県民の合言葉のようなものだ。「福島復興」、「福島再生」。私たちに課せられたこの使命を全うしていきたい。

 記事作成:9月4日(火)

2012年9月20日 (木)

私のPVライブラリー53

 涙、涙の感動PVを発掘したので今日はそれを紹介したい。日本中を熱狂と感動の渦に巻き込んだ、この夏開催されたロンドンオリンピック閉幕から早一ヶ月。時の経過とともに、次第にあの時の興奮や感激が薄らいできているような気がした。そこで今回は、とりわけ記憶に残るシーンが多かった体操競技に関し、あまり放送されない「陰の努力」にスポットをあてた秀逸のPVをご覧いただきたい。大会前の練習風景や苦悩などが描かれ、正直あの舞台に立てるのは神が選んだトップアスリート達だと思ったし、彼らこそ真の日本代表だと実感した。そんな彼らの見えざる部分をぜひ見ていただきた。

 一朝一夕にあのような離れ業が完成したわけではないし、そこには血の滲むような練習があった。汗とホコリにまみれながら、その先にある何かを必死で探し求めて練習を積み重ね、苦悩に満ちた日々を乗り越え、やっとの思いで出場権を勝ち取った選手たち。それが今大会の日本勢の大躍進という結果につながったのだろう。特に体操が長年かけて築き上げたのは、つま先まで伸び、綺麗に揃った美しさであった。技と派手さよりも一つ一つの動作を完璧に仕上げ、崩れやムラのない体操こそ、日本の原点であったことを痛切に思い知らされた大会だった。そしてその結果を得てもなお周囲への感謝を忘れない選手たちに、これからの活躍も大いに期待できるような気がする。「がんばれNIPPON!」。

 記事作成:8月24日(金)

2012年8月23日 (木)

私のPVライブラリー52

 これまでこのテーマで何度かこのシリーズをお伝えした。それはスポーツのハイライト場面を凝縮し、JRA風にアレンジした感動的な映像だ。私が大好きなシリーズだ。磐越西線編まであるということは制作者はもしかして私と同郷かもしれない。何故か目頭が熱くなり、鳥肌が立つような映像の数々。今回はそれを私が好きな順にランキングして5本紹介したい。製作者本人の紹介文、この映像に寄せられたコメントも合わせてご覧ください。

 第1位 木村拓也

 この記事を書く少し前に、映像が権利者によりブロックされ、見ることができなくなってしまいました。とても感動的で涙なくしては見られない作品でした。亡き父と息子の姿を重ね合わせた秀作で、もう見ることができないのが残念でなりません。再アップを期待しましょう。代わりに追悼試合の模様をどうぞ!

しっかりしてるなぁ。阿部選手と握手する時は帽子も取って見た目は子供だけど立派な選手...父親(現役の時野木村選手)­のように見えた。木村コーチは最高の選手であり、コーチだった。将来は、立派な選手になって巨人に入団してほしい。それは、原監督も思っているだろうし昔からの巨人ファンの僕も心からそう思っています。

ホームランを打った谷もすごいけど、サインに2度も首を振ってまでストレートで真っ向勝負をしたピッ­チャーにもカッコいいと思う。カープの高橋健投手の真っ向勝負に脱帽!こんなぶつかり合いの追悼試合を天国からキムタクがにっこり笑っ­て見てたと思います!

ヤバい。 めっちゃ感動した。 この時初めて野球の神様っているんだって思った。

 第2位 オグリキャップ ラストラン

オグリキャップ・・・最後までアイドルホースだったんだなぁ。大川さんは確かライアン推しだったんだっけ?そんな大川さんも死去する前に有馬記念のグラスワンダーを当てた­んだよね?競馬界の偉大な人だったな・・・

あの日あの場所にいて、17万人を超える人達と同じ時間を共有出­来たことがすばらしい思い出です。武豊がウイニングランをして4コーナーを回ってきたときに、それ­まで競馬場のあちらこちらでバラバラに起きては消えていた小さいオグリコールが、だんだん一­つにまとまっていってスタンド前に来たとき、そのすべてが一つになった時の地鳴りのよ­うなオグリコール鳥肌が立つような感動は今でも忘れられません

私の中ではシンボリルドルフ、オグリキャップ、ディープインパクトが三大最強馬だと思っています。

 第3位 イチローが教えてくれたこと

BGMはイム・ヒョンジュの『序曲(Overture)』という曲でアルバム『The Lotus(ロータス)』に収録されています。

本当に素晴らしい、凄い。。。鳥肌が立ちました。魂を揺さぶられる映像だと思う。作者の方に、心より感謝!人間って愚かなこともたくさんするけど­、この映像を見るたびに「実は人って、捨てたもんじゃないぞ!」て思えます。

 第4位 さらば、シンボリルドルフ

10月4日、シンボリ牧場にて最初の無敗の三冠馬、シンボリルドルフが亡くなりました。30歳でした。主の中で一番好きではないかもしれないけれど、実力は一番だと思­っています。これからは天国でビゼンニシキとケンカしながら、スズマッハにかみつきながら、ゴールドウェイを押し倒しながら、今の日本競馬、息子であるトウカイテイオー、­そして一番の理解者である岡部幸雄さんを見守っていてください。合掌。

 第5位 巨人・大道 2009日本シリーズ 感動の一打

バット短く 息長く。「綺麗なヒットはいらない。」という言葉に感動しました。大道選­手感動をありがとう。

 明日はオリンピックシーズンになると流れる「ニッセイ」のCM特集をお送りします。

 記事作成:8月3日(金)

2012年8月 9日 (木)

私のPVライブラリー51

 Sheena Eastonは紛れもなく世界の歌姫の中でも3本の指に入る歌唱力と人気を誇ったシンガーだ。

 シーナ・イーストンは、シーナ・シャリー・オール(Sheena Shirley Orr)として1959年4月27日にスコットランド、グラスゴー郊外のベルズヒルで生まれた。1980年に『モダン・ガール(Modern Girl)』でデビューした。さらに続く『9 To 5 (モーニング・トレイン)(Morning Train (Nine to Five))』は、ビルボード(Billboard)誌で、1981年5月2日に週間ランキング第1位を獲得した。1981年ビルボード誌年間ランキングは、第22位。同年には『007 ユア・アイズ・オンリー』の主題歌「ユア・アイズ・オンリー」を歌い、タイトル・バックにも登場した。翌1982年には、第24回グラミー賞で主要4部門の一つである最優秀新人賞を受賞する。1984年には、中南米ツアーとスペイン語のアルバム「スペインの休日」の製作を行い、第27回グラミー賞でラテン部門を受賞した。

 Morning Train 1981年

 Modern Girl

He wakes and says, "hello", turns on the breakfast show
She fixes coffee while he takes a shower
"Hey, that was great", he said, "I wish we could stay in bed"
"But I got to be at work in less than an hour"
She manages a smile as he walks out the door
She's a modern girl who's been through this movie before

Chorus:

She don't build her world 'round no single man
But she's gettin' by, doin' what she can
She is free to be, what she wants to be
'N all she wants to be, is a modern girl
Na na na na na, na na na na na, na na na na na
She's a modern girl

It looks like rain again, she takes the train again
She's on her way again through London town
Where she eats a tangerine, flicks through a magazine
Until it's time to leave her dreams on the underground
She walks to the office like everyone else
An independent lady takin' care of herself

(Chorus)

(Instrumental break)

She's been dreaming 'bout him all day long
As soon as she gets home, it's him on the telephone
He asks her to dinner, she says, "I'm not free"
"Tonight I'm gonna stay at home and watch my TV"

I don't build my world 'round no single man
But I'm (she's) gettin' by, doin' what I (she) can
I (she is) am free to be, what I (she) want(s) to be
'N all I (she) want(s) to be, is a modern girl

Na na na na na, na na na na na, na na na na na
She's a modern girl
Na na na na na, na na na na na, na na na na na,
She's a modern girl

(Repeat and fade)

  Your Eyes Only 1981年

  ロジャームアが演じたジェームズボンドと言えば「007Your Eyes Only」だ。そのテーマソングを歌っていたのが彼女だった。

 さて、今週に渡ってお送りした、世界の歌姫はいかがでしたか?自他共に認める人気アーティストたちである。80年代を代表する彼女たちは、一時代を築いた面々である。本当はここにマドンナとホイットニー・ヒューストンを入れれば完璧だったが、諸般の事情で割愛させていただいた。この時代は、バブルの絶頂期とあって、物心ともに潤い、裕福な時代であった。そんな「古き佳き時代」の遺産かもしれないが、こうした名曲たち、そして素晴らしいアーティストに巡り合えたことを幸せに思ってやまない。

  記事作成:7月7日(土)

2012年8月 8日 (水)

私のPVライブラリー50

 杏里の楽曲にある「オリビアを聴きながら」の本家本元のシンガーが今日紹介する彼女である。彼女の歌手歴は長い。1970年代からアメリカのポップス界を牽引してきたシンガーだ。彼女の名はオリビア・ニュートンジョンである。美しいロングのブロンドヘアーがトレードマークで、名曲「Take Me Home(カントリー・ロード)」は彼女の代名詞でもある。この時代は、カーペンターズと人気を二分していた感がある。今日は彼女の数多いヒット曲の中でも私が特に好きな3曲をセレクトしたい。

 Have You Never Been Mellow (そよ風の誘惑) 1975年

 オリビア=日本人ウケしそうな清楚なイメージだった。

 フィジカル 1981年

 トレードマークのロングヘアーをバッサリ切り落とし、大胆なイメージチェンジでアクティブを前面に押し出した作品だった。当時、私は高校生。かなり刺激を受けた。

 XANADU(ザナドゥー) 1980年

 オリビアが円熟味を増した頃の大ヒット曲。妖艶な魅力に溢れた作品に仕上がっている。

記事作成:7月7日(土)

2012年8月 7日 (火)

私のPVライブラリー49

 今週は世界の歌姫として自他共に認める歌のうまい実力派シンガーをお送りしている。第2回目の今日はBelinda Carlisle のHeaven is a place on earth をお送りしたい。

 

Ooh, baby, do you know what that's worth?
Ooh heaven is a place on earth
They say in heaven love comes first
We'll make heaven a place on earth
Ooh heaven is a place on earth

When the night falls down
I wait for you
And you come around
And the world's alive
With the sound of kids
On the street outside

When you walk into the room
You pull me close and we start to move
And we're spinning with the stars above
And you lift me up in a wave of love...

Ooh, baby, do you know what that's worth?
Ooh heaven is a place on earth
They say in heaven love comes first
We'll make heaven a place on earth
Ooh heaven is a place on earth

When I feel alone
I reach for you
And you bring me home
When I'm lost at sea
I hear your voice
And it carries me

In this world we're just beginning
To understand the miracle of living
Baby I was afraid before
But I'm not afraid anymore

Ooh, baby, do you know what that's worth?
Ooh heaven is a place on earth
They say in heaven love comes first
We'll make heaven a place on earth
Ooh heaven is a place on earth

http://www.youtube.com/watch?v=ngmakCXGe7M

 1987年にリリースされたこの曲は、CMのBGMとして今も使用されている。伸びのある美しい高音に魅了される。良い曲は決して色褪せない。

 記事作成:7月7日(土)

2012年8月 6日 (月)

私のPVライブラリー48

 今週は4回シリーズで、私が有意義な人生を過ごした時期(大学時代)に流行っていた、私も大好きだった曲を取り上げたい。特に「世界の歌姫」と言っても過言でないグループや実力派シンガーたちをセレクトしたい。

 <Manic Monday by Bangles>

Six o'clock already I was just in the middle of a dream
I was kissin' Valentino by a crystal blue Italian stream
But I can't be late 'cause then I guess I just won't get paid
These are the days when you wish your bed was already made.

It's just another manic Monday (oh-woe)
I wish it was Sunday (oh-woe)
'Cause that's my Funday (oh-woe)
My I don't have to runday (oh)
It's just another manic Monday.

Have to catch an early train, got to be to work by nine
And if I had an air-o-plane, I still couldn't make it on time
'Cause it takes me so long just to figure out what I'm gonna wear
Blame it on the train but the boss is already there.

It's just another manic Monday (oh-woe)
I wish it was Sunday (oh-woe)
'Cause that's my Funday (oh-woe)
My I don't have to runday (oh)
It's just another manic Monday.

All of my nights why did my lover have to pick last night to get down (last night, last night)
Doesn't it matter that I have to feed the both of us, employment's down
He tells me in his bedroom voice:
"C'mon feal the noise" (ba ba ba baaaa)
Time, it goes so fast (when you're having fun).

It's just another manic Monday
I wish it was Sunday
'Cause that's my Funday
My I don't have to runday
It's just another manic Monday
I wish it was Sunday
'Cause that's my funday
My I don't have to runday
It's just another manic Monday.

ベストな和訳を制作した方のブログはこちらをどうぞ!

http://hanimaru.blog1.fc2.com/blog-entry-406.html

記事作成:7月7日(土)

より以前の記事一覧

福島県の天気


無料ブログはココログ